ニュース

奴隷解放宣言

奴隷解放宣言


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

共和党のほとんどのメンバーは、憲法が州の奴隷制を保護していると信じていました。しかし、タデウス・スティーブンスやチャールズ・サムナーなどの急進派共和党員の中には、南北戦争の勃発後、大統領が米国の奴隷制を廃止する権限を持っていると主張した人もいます。

1861年5月、奴隷制の強力な反対者であるベンジャミンF.バトラー将軍が、バージニア州のモンロー砦の指揮下に置かれました。その後まもなく、暴走した奴隷が保護を求めて砦に現れ始めました。奴隷所有者は暴走者を返還するよう要求した。バトラーはそれを拒否し、奴隷を「戦争の禁制品」と見なしたという声明を発表した。バトラーの行動は奴隷制との闘いに関与した人々に歓迎され、彼はすぐに急進派共和党員のお気に入りになりました。

エイブラハムリンカーンは、バトラーの行動は違憲であると信じていました。しかし、内閣会議の後、バトラーを叱責しないことが決定されました。 3か月後、セントルイスの北軍の司令官であるジョンC.フレモント少将は、ミズーリ州の南軍が所有するすべての奴隷は自由であると宣言しました。今回リンカーンはフリーモントに彼の命令を修正し、南部で積極的に働いているミズーリア人が所有する奴隷だけを解放するように頼むことに決めた。

ジョンC.フレモントが後退を拒否したとき、彼は解雇されました。リンカーンはフリーモントに次のように書いている。「それはもはや米国政府、つまり憲法と法律の政府であり、将軍または大統領が布告によって恒久的な財産の規則を作ることができるというふりをすることができる」。フリーモントは保守的なヘンリー・ハレック将軍に取って代わられた。彼はすぐに暴走した奴隷が北軍によって保護される許可を求めることを禁じる命令を出しました。

急進派共和党員は、ジョンC.フレモントを解任したことでリンカーンに激怒した。上院財政委員会のウィリアム・フェッセンデン委員長は、リンカーンの行動を「境界州の北軍の男性における弱くて不当な譲歩である。一方、チャールズ・サムナーはリンカーンに彼の行動について不平を言い、「神の力であり、神のように使わないでください。」

この状況は1862年5月に繰り返され、デイビッド・ハンター将軍が占領下の地区に黒人兵士を雇い始めました。その後すぐに、ハンターは彼の地域(ジョージア、フロリダ、サウスカロライナ)の南軍が所有するすべての奴隷が自由であるという声明を発表した。リンカーンは激怒し、財務長官のサーモンチェイスの嘆願にもかかわらず、第1サウスカロライナ(アフリカ系)連隊を解散し、彼の宣言を撤回するように彼に指示した。

1862年8月19日、ホレスグリーリーはエイブラハムリンカーンに公開書簡を書きました。 ニューヨークトリビューン デビッドハンターに彼の宣言を撤回させることについて。グリーリーは、奴隷制を戦争の主要な問題にすることに失敗し、政治的動機の道徳的原則を妥協したとして大統領を批判した。リンカーンは8月22日に有名に答えた、「この闘争における私の最も重要な目的は連合を救うことであり、奴隷制を救うことでも破壊することでもない。奴隷を解放せずに連合を救うことができれば、私はそれをするだろう。すべての奴隷を解放することによってそれを救う、私はそれをするだろう。」

ホレス・グリーリーとのこの公の論争にもかかわらず、リンカーンはすでに奴隷制度を廃止する大統領の力についての彼の見解を再考していた。彼は、戦争の出来事は「根本的で驚異的」だったと書いた。彼は、これらの出来事が解放に対する彼の考えを変えたことを認めました。彼は、彼の意見では、大統領の戦争権限が彼に奴隷を解放する権利を与えたと彼に言った、陸軍省の事務弁護士であるウィリアム・ホワイティングによってこれを助けられました。

リンカーンは副大統領のハンニバル・ハムリンと相談した後、奴隷解放宣言の最初の草案を書いた。リンカーンが征服されていない南軍の奴隷を解放する計画を内閣に告げたとき、郵便局長官はその考えに対する攻撃を主導した。ブレア首相は、リンカーンがこれを進めれば、共和党が権力を失うことになるだろうと主張した。国務長官のウィリアム・スワードはリンカーンの決定に同意したが、北軍が大規模な軍事的勝利を収めるまで発行されるべきではないと主張した。

1862年9月17日、ジョージマクレランはアンティータムでロバートE.リーを破った。北軍が2,108人を殺し、9,549人を負傷させ、753人を行方不明にした、戦争で最も費用のかかる日でした。現在、損失を取り戻すのに深刻な困難を抱えていた南軍は、2,700人が死亡、9,024人が負傷、2,000人が行方不明となった。

圧倒的な勝利にはほど遠いものの、9月22日、リンカーンは奴隷解放宣言を発表するのに十分な強さを感じました。声明は、1863年1月1日にまだ合衆国に反抗している州ではすべての奴隷が自由であると宣言されると述べた。この措置は、その日以降、北軍の軍事的支配下に置かれた州にのみ適用された。デラウェア州、ケンタッキー州、メリーランド州、ミズーリ州、バージニア州とルイジアナ州の一部など、すでに北軍が占領していた奴隷州には適用されませんでした。

リンカーンは1863年1月1日に奴隷解放宣言の最終草案に署名しました。9月22日に公開された文書には2つの大きなチャンスがありました。これには、政府が「彼らが実際の自由のために行う可能性のあるいかなる努力においても、そのような人々を抑圧するための行動をとらない」という一節の省略が含まれていました。リンカーン内閣の保守派は、この一節は政府が南部での奴隷反乱を支持する用意があることを示唆していると主張した。

他の変化は、急進派共和党員からの圧力の下で、リンカーンは北軍の元奴隷を受け入れる条項を受け入れることに同意したということでした。次の2年間で、米国の着色騎兵隊の6個連隊、米国の着色された重砲兵の11個連隊と4個連隊、米国の着色された軽砲兵の10個連隊、および米国の着色された歩兵の100個連隊と16個の会社が戦争中に育てられた。紛争の終わりまでに、19万人近くの黒人兵士と船員が北軍に仕えていました。

彼は彼自身が彼の内閣、議会、軍政監、そして人々によって追い抜かれることを許すべきではありません。彼は国の長であり、自然に前進を求めています。しかし、フリーモントの命令の彼の遅い修正では、彼が後退したいと思っているように見えます。

フリーモント将軍がミズーリ州の反政府勢力の奴隷に自由を宣言したとき、それは自由な州全体でほぼ普遍的な喜びで迎えられました。人気の本能はすぐにそれを反乱の中心に打たれた打撃として認識しました。反政府勢力が撃たれるべきであるという命令は、奴隷の自由のこの宣言の半分の重要性を持っていませんでした。しかし、その反奴隷制機能が押収法を超えている限り、大統領はすぐにそれを修正しました。彼らの奴隷の財産は、他のどの財産よりも神聖なものとして保持されなければなりません。彼らの生活よりも神聖です。共和国の生活よりも神聖です。より完全に自殺的な政策はありますか?

それは軍事的緊急事態に対応するための軍事的措置としてなされたものであり、私の判断では、それを行った司令官の責任に立ち向かうことに苦しむべきである。それはあなたがあなたの政権の支援のために頼らなければならない人々の10分の9以上によって心から承認されるでしょう。

司令官は、私の責任で、私に相談せずにそのようなことをしてはなりません。

私はあなたに言うことを邪魔しません-あなたはすでに知っている必要があります-あなたの選挙で勝利した人々の大部分、そして今私たちの国を荒廃させている反乱の無条件の抑圧を望んでいるすべての人々は、反政府勢力の奴隷に関してあなたが追求しているように見える政策。

私たちは、あなたが新しい押収法の解放条項に関するあなたの公的かつ義務的な義務の遂行において奇妙にそして悲惨なほどに怠慢であると思います。これらの規定は、自由をもって奴隷制と戦うために設計されました。彼らは、連合に忠実で、彼らに代わって血を流すことをいとわない男性は、国の同意を得て、20年の間陰謀を企て、16ヶ月間私たちの国を分裂させ破壊するために戦ってきました。なぜこれらの裏切り者はあなたによって優しく扱われるべきなのか、忠実な男性の最愛の権利を害するために、私たちは想像することはできません。

解放を支持するフリーモントの布告とハンターの命令はあなたによって即座に無効にされました。一方、ハレックのナンバー3は、奴隷制から反乱軍への逃亡者が彼の列に入るのを禁じています-非人道的で非軍事的な命令であり、アメリカのすべての裏切り者の心からの承認を受けました-同様の傾向のスコアで、あなたの反省さえ引き起こしませんでした。

同時に奴隷制を破壊することができなければ連合を救わない人々がいるなら。私は彼らに同意しません。この闘争における私の最も重要な目的は、連合を救うことであり、奴隷制を救ったり破壊したりすることではありません。奴隷を解放せずに連合を救うことができれば、私はそれをするでしょう。そして、すべての奴隷を解放することによってそれを救うことができれば、私はそれをするでしょう。そして、私がいくつかを解放し、他を放っておくことによってそれを行うことができれば、私もそうするでしょう。

西暦1863年1月1日、いずれかの州または州の指定された部分で奴隷として拘束されたすべての人は、その後、米国に反抗し、その後、永久に自由になるものとします。そして、その軍事および海軍当局を含む米国の行政機関は、そのような人の自由を認識および維持し、そのような人またはそのいずれかを抑圧するためのいかなる努力もしません。彼らの実際の自由。

1863年1月1日は、アメリカの自由と文明の進歩における記憶に残る日でした。それは自由と奴隷制の間の対立のターニングポイントでした。その後、奴隷制の反乱に死の打撃が与えられた。それまで、連邦軍はその野蛮な遺物に対して寛容でした。陸軍長官のウィリアム・H・スワードは、「連合のための戦争が終結したとしても、主人と奴隷の関係に変化はないだろう」と世界に通知した。この奴隷制支持の綱領で、反乱との戦いは2年以上にわたって行われた。それは征服の戦争ではなく、むしろ和解の戦争でした。軍の指揮下にあるマクレランは、明らかに、反政府勢力を傷つけることなく、確かに奴隷制を傷つけることなく、反乱を鎮圧しようとしており、政府は両方の点で彼と協力しているようだった。

チャールズ・サムナー、ウィリアム・ロイド・ガリソン、ウェンデル・フィリップス、ゲリット・スミス、そして北部の奴隷制反対派全体がこの政策を非難し、リンカーン氏に反対の政策を採用するよう求めたが、無駄だった。現場の将軍と内閣の評議会は、破滅の危機に瀕しているときでさえ、敗北と災害を通してこの政策を前進させることに固執していました。私たちは反乱と戦いましたが、その原因はありませんでした。そして今、1863年1月1日のこの日に、政府は解放の側に置かれるであろうという正式で厳粛な発表がなされました。この宣言はすべてを変えました。

ある朝、私の主人は、ヤンキースがモビール湾を離れて南軍の境界線を越えたこと、そして奴隷解放宣言がリンカーン大統領によって署名されたというニュースを受け取りました。愛人は奴隷に彼らの自由を告げるべきではないと提案した。しかし、マスターは、たとえ彼が彼らに言わなかったとしても、彼らがすぐにそれを見つけるので、彼が彼らに言うだろうと言いました。しかし、愛人は、私の母がもう長い間いなくなっていたので、私の母の3人の子供を飼うことができると言いました。

弱者や病弱な奴隷を除いて、すべての奴隷は彼らの自由の知らせを受けて農園を去った。これらの助けを借りて、作物が集められました。私の愛人と彼女の娘たちは台所と洗面台に行かなければなりませんでした。私の弟のヘンリーと私はチップを集めて、できる限りのことを手伝わなければなりませんでした。 12歳の妹のキャロラインが台所を手伝ってくれました。

最終的にアメリカの自由のために殉教者となったエイブラハムリンカーンのペンから送られた奴隷解放宣言は、ワシントンのエグゼクティブマンションからアメリカの人々にこれまでに送られた最も崇高で最も重要な州の紙でした。この立法行為はリンカーンをアメリカで最も偉大な政治家の高水準より上に引き上げた。彼は彼が占めていた最高の地位に非常に適した男でした。彼は自分の国の危険を見て、重要な瞬間が来たことを知っていました。彼がした強力で賢明な一歩を踏み出すことで、彼は国を破滅と恥辱から救い、神に感謝し、400万以上の心を喜ばせました。

私たちの最も重要な成功をもたらしたこの分野の軍の司令官の中には、解放政策と有色軍の使用がこれまでに対処された中で最も大きな打撃を構成すると信じている人がいることを、他の人の意見を十分に知ることができます。反乱に、そしてこれらの重要な成功の少なくとも1つは、黒人兵士の助けがなければ達成できなかったでしょう。これらの見解を持っている司令官の中には、いわゆる奴隷制度廃止運動や共和党の政治とはまったく親和性がなかったが、純粋に軍事的意見としてそれらを持っている人たちがいます。


奴隷解放宣言の背景と意義

奴隷解放宣言は、1863年1月1日にエイブラハムリンカーン大統領によって法に署名された文書であり、米国に反抗して州に奴隷にされ、拘束されていた人々を解放しました。

奴隷解放宣言の署名は、連合軍の制御が及ばない地域では執行できなかったため、実際的な意味で奴隷にされた人々の多くを解放しませんでした。しかし、それは南北戦争の勃発以来進化してきた奴隷制に対する連邦政府の政策の重要な明確化を示しました。

そしてもちろん、奴隷解放宣言を発行することによって、リンカーンは戦争の最初の年の間に論争になった立場を明らかにしました。彼が1860年に大統領に立候補したとき、共和党の立場は、奴隷制が新しい州や領土に広がることに反対するというものでした。

そして、南部の奴隷制支持国が選挙の結果を受け入れることを拒否し、脱退の危機と戦争を引き起こしたとき、奴隷制に関するリンカーンの立場は多くのアメリカ人にとって混乱しているように見えた。戦争は奴隷にされた人々を解放するだろうか?ニューヨークトリビューンの著名な編集者であるホレスグリーリーは、戦争が1年以上続いていた1862年8月に、この問題についてリンカーンに公に異議を唱えました。


奴隷解放宣言-歴史

奴隷解放宣言
デジタルヒストリーID4012

著者:エイブラハムリンカーン
日付:1863

注釈: エイブラハムリンカーン大統領は、米国に反抗している地域の奴隷を解放します。

1863年1月1日にエイブラハムリンカーン大統領が奴隷解放宣言を出したとき、国は南北戦争に巻き込まれました。宣言は即座に奴隷解放宣言を1人も解放しませんでしたが、黒人男性が北軍と海軍で奉仕することを許可しました。 20万人近くの黒人男性が北軍のために、そして最終的には人間の自由のために戦った。

布告の文言は奴隷の解放を響かせましたが、実際には意味がかなり制限されていました。それは連合から脱退したそれらの州にのみ関係していました。北がすでに支配していた南軍の地域は除外された。そしておそらく最も重要なことは、奴隷の自由は北軍の勝利に依存していたことです。


書類: 奴隷解放宣言1863年1月1日

アメリカ合衆国大統領による:

一方、9月22日、私たちの主の年に、米国大統領は、とりわけ次のことを含む布告を発行しました。

「1月の初日、私たちの主の年に、すべての人が任意の州または州の指定された部分の中で奴隷として拘束され、その人々はその後、合衆国に対して反逆するであろう。その場合、国家は、その後、永久に自由であり、その軍事および海軍当局を含む米国の行政機関は、そのような人の自由を認め、維持し、そのような人を抑圧する行為をしません。またはそれらのいずれか、彼らが実際の自由のために行うかもしれないあらゆる努力において。

「執行部は、前述の1月の初日に、宣言により、州および州の一部を指定し、その中で、その国民はそれぞれ、米国に反抗し、州またはその国民は、その日、合衆国議会において、そのような州の有資格有権者の過半数が参加した選挙で選ばれた議員によって代表されるものとする。強力な対抗する証言の、そのような国とその国民がその時米国に反抗していないという決定的な証拠とみなされます。」したがって、今、私、米国大統領のエイブラハム・リンカーンは、私の権力と政府に対する実際の武力反乱の時に、米国陸海軍の司令官として与えられた権力のおかげで、米国、そしてその反乱を鎮圧するための適切かつ必要な戦争措置として、この1月の初日に、私たちの主の年に、私たちの主の年に、そうするという私の目的に従って行います。上記の最初の日から100日間の全期間にわたって公に宣言され、次のように、それぞれの国民が今日米国に反抗している国および国の一部として命令し、指定します。

アーカンザス、テキサス、ルイジアナ、(セントバーナード、プラークミンズ、ジェファーソン、セントジョン、セントチャールズ、セントジェームスアセンション、アサンプション、テレボンヌ、ラフォーシェ、セントメアリー、セントマーチン、オーリンズの教区を除くニューオーリンズ市)ミシシッピ、アラバマ、フロリダ、ジョージア、サウスカロライナ、ノースカロライナ、バージニア(ウェストバージニアに指定された48の郡、およびバークレー、アコマック、ノーサンプトン、エリザベスシティー、ヨークの郡を除く) 、アン王女、およびノー​​フォークとポーツマスの都市を含むノーフォーク[)]は、現在のところ、この宣言が発行されなかったかのように正確に残されています。

そして、権力のおかげで、そして前述の目的のために、私は、指定された州および州の一部内で奴隷として保持されているすべての人が自由であり、今後は自由であり、米国の行政機関であることを命令し、宣言しますは、その軍および海軍当局を含め、当該人物の自由を認識し、維持します。

そして私はここに、必要な自己防衛がない限り、すべての暴力を自由に控えることができると宣言された人々に命じます。そして、許可された場合は常に、合理的な賃金で忠実に働くことを勧めます。

そして、私はさらに、そのような適切な状態の人々が、駐屯地、陣地、駅、および他の場所への米国の軍隊に受け入れられ、その軍隊のあらゆる種類の人船に受け入れられることを宣言し、知らせます。

そして、この行為に基づいて、憲法によって正当化された正義の行為であると誠実に信じられ、軍事的必要性に応じて、私は人類の思いやりのある判断と全能の神の優雅な恩恵を呼び起こします。

その証人として、私はここに手を置き、米国の印章を貼らせました。

1月のこの最初の日、私たちの主の年にワシントン市で行われ、アメリカ合衆国の独立の87年でした。


布告の写し

一方、9月22日、私たちの主の年に、米国大統領は、とりわけ次のことを含む布告を発行しました。

「1月の初日、私たちの主の年に、すべての人が任意の州または州の指定された部分の中で奴隷として拘束され、その人々はその後、合衆国に対して反逆するであろう。その場合、国家は、その後、永久に自由であり、その軍事および海軍当局を含む米国の行政機関は、そのような人の自由を認め、維持し、そのような人を抑圧する行為をしません。またはそれらのいずれか、彼らが実際の自由のために行うかもしれないあらゆる努力において。

「執行部は、前述の1月の初日に、宣言により、州および州の一部を指定し、その中で、その国民はそれぞれ、米国に反抗し、州またはその国民は、その日、合衆国議会において、そのような州の有資格有権者の過半数が参加した選挙で選ばれた議員によって代表されるものとする。強力な対抗する証言の、そのような国とその国民がその時米国に反抗していないという決定的な証拠とみなされます。」

したがって、今、私、米国大統領のエイブラハム・リンカーンは、私の権力と政府に対する実際の武力反乱の時に、米国陸海軍の司令官として与えられた権力のおかげで、米国、そしてその反乱を鎮圧するための適切かつ必要な戦争措置として、この1月の初日に、私たちの主の年に、私たちの主の年に、そうするという私の目的に従って行います。上記の最初の日から100日間の全期間にわたって公に宣言され、次のように、それぞれの国民が今日米国に反抗している国および国の一部として命令し、指定します。

アーカンザス、テキサス、ルイジアナ、(セントバーナード、プラークミンズ、ジェファーソン、セントジョン、セントチャールズ、セントジェームスアセンション、アサンプション、テレボーン、ラフォーシェ、セントメアリー、セントマーチン、オーリンズの教区を除くニューオーリンズ市)ミシシッピ、アラバマ、フロリダ、ジョージア、サウスカロライナ、ノースカロライナ、バージニア(ウェストバージニアに指定された48の郡、およびバークレー、アコマック、ノーサンプトン、エリザベスシティー、ヨークの郡を除く) 、アン王女、およびノー​​フォークとポーツマスの都市を含むノーフォーク[)]は、現在のところ、この宣言が発行されなかったかのように正確に残されています。

そして、権力のおかげで、そして前述の目的のために、私は、指定された州および州の一部内で奴隷として保持されているすべての人が自由であり、今後は自由であり、米国の行政機関であることを命令し、宣言しますは、その軍および海軍当局を含め、当該人物の自由を認識し、維持します。

そして私はここに、必要な自己防衛がない限り、すべての暴力を自由に控えることができると宣言された人々に命じます。そして、許可された場合は常に、合理的な賃金で忠実に働くことを勧めます。

そして、私はさらに、そのような適切な状態の人々が、駐屯地、陣地、駅、および他の場所への米国の軍隊に受け入れられ、その軍隊のあらゆる種類の人船に受け入れられることを宣言し、知らせます。

そして、この行為に基づいて、憲法によって正当化された正義の行為であると誠実に信じられ、軍事的必要性に応じて、私は人類の思いやりのある判断と全能の神の優雅な恩恵を呼び起こします。

その証人として、私はここに手を置き、米国の印章を貼らせました。

1月のこの最初の日、私たちの主の年にワシントン市で行われ、アメリカ合衆国の独立の87年でした。

大統領による:エイブラハムリンカーン
ウィリアム・H・スワード、国務長官。

このページの最終レビュー日は2017年5月5日です。
質問やコメントでお問い合わせください。


奴隷解放宣言、1862年9月22日

アメリカ合衆国大統領による。

私、アメリカ合衆国大統領のエイブラハム・リンカーン、およびその陸海軍の司令官は、これにより、これまでのように、憲法を実質的に回復する目的で戦争が起訴されることを宣言し、宣言します。米国と各州、およびその国民との間の関係。その関係は、中断または妨害されているか、中断される可能性があります。

私の目的は、次回の議会で、すべての奴隷州の自由な受け入れまたは拒否に金銭的援助を提供する実際的な措置の採用を再び推奨することです。いわゆる、その人々は米国に反抗することはできません。州およびその後、自主的に採用した可能性のある、またはその後自主的に採用する可能性のある、それぞれの制限内での奴隷制の即時または段階的廃止、およびアフリカ系の人々を、同意を得て、この大陸または他の場所で、そこに存在する政府の以前に取得した同意は継続されます。

私たちの主の年の1月の初日に、すべての人が任意の州または州の指定された部分の中で奴隷として拘束された場合、その人々は合衆国に対して反逆するであろう。その場合、国家はその後、永久に自由となり、その軍事および海軍当局を含む米国の執行政府は、そのような人々の自由を認め、維持し、そのような人々を抑圧するための行動または行動を行わないものとします。それらのいずれか、彼らが実際の自由のために行うかもしれないどんな努力においても。

幹部は、前述の1月の初日に、宣言により、州および州の一部(存在する場合)を指定し、その中でそれぞれの国民が米国に反抗すること、およびいずれかの州がその事実に反抗すること、またはその国民は、その日、合衆国議会において、その州の有資格有権者の過半数が参加した選挙において、選出された議員によって誠実に代表されるものとする。強力な対抗する証言は、そのような州とその国民が米国に反抗していないという決定的な証拠と見なされます。

その注意は、1862年3月13日に承認された「追加の戦争条項を作成するための法律」と題された議会制定法にここに呼び出されます。この法律は次の言葉と図にあります。

&#8220議会で上院とアメリカ合衆国下院によって制定された場合、以下は合衆国陸軍の政府のための追加の戦争条項として公布され、従われるものとします。そしてそのように観察された:
&#8220Article-米国の軍または海軍のすべての将校または人は、逃亡者を軍または労働から戻す目的で、それぞれの指揮下で軍隊を雇用することを禁じられています。そのような奉仕または労働は正当であると主張され、この条項に違反した軍法会議によって有罪とされた役員は、その奉仕から解任されるものとします。
&#8220Sec.2。そして、さらに制定されたとしても、この法律はその通過以降に発効するものとします。&#8221

また、「反乱を鎮圧し、反逆罪と反乱を罰し、反逆者の財産を押収して没収するための法律」と題された法律の第9および第10セクション、およびその他の目的で、1862年7月17日に承認されたセクションとそのセクション次の言葉と図にあります:

&#8220Sec.9。そして、さらに制定されたとしても、今後米国政府に反抗する者、または何らかの形で米国政府に援助または慰めを与え、そのような者から逃れ、その範囲内に避難する者のすべての奴隷は、軍隊とそのような人々から捕らえられた、または彼らによって捨てられ、合衆国政府の管理下にあるそのような人々のすべての奴隷と、反政府勢力によって占領され、その後の軍隊によって占領された場所にいる(または)そのような人々のすべての奴隷アメリカ合衆国は、戦争の捕虜と見なされ、彼らの奴隷制から永久に解放され、再び奴隷として拘束されることはありません。

&#8220Sec.10。そして、さらに制定されたとしても、他の州から州、準州、またはコロンビア特別区に逃亡する奴隷は、犯罪または何らかの犯罪を除いて、彼の自由を放棄したり、何らかの方法で妨害または妨害したりしてはならない。法律に反して、その逃亡者を主張する人が最初にそのような逃亡者の労働または奉仕が原因であると主張されている人が彼の合法的な所有者であり、現在の反乱で米国に対して武器を持っていないことを誓うものでない限り、また、いかなる方法でも援助と慰めを与えられず、合衆国の軍事または海軍の奉仕に従事する者は、いかなるふりをしても、他の者の奉仕または労働に対するいかなる者の主張の有効性を決定することを想定してはならない。サービスから解雇されることの苦痛で、人、またはそのような人を請求者に引き渡す。&#8221

そして、私はここに、米国の軍事および海軍の奉仕に従事するすべての人に、それぞれの奉仕の範囲内で、上記の行為およびセクションを遵守し、従い、執行するように命じます。

そして、行政はやがて、反乱の間ずっとそれに忠実であり続けるであろう合衆国のすべての市民が(合衆国とそれぞれの州との間の憲法上の関係の回復の際に、もしその関係があれば)することを勧めるでしょう。一時停止または妨害されたものとする)奴隷の喪失を含む、米国の行為によるすべての喪失を補償する。

その証人として、私はここに手を置き、米国の印章を貼らせました。

私たちの主の年である9月22日、ワシントン市で行われたのは、千八百六十二年であり、米国の独立の年である八十七日でした。

[Signed:] By the President, Abraham Lincoln,

[Signed:] William H. Seward, Secretary of State

(Emancipation Proclamation, from the holdings of the National Archives and Records Administration)


Emancipation Proclamation: Effects, Impacts, and Outcomes

There is one document from the American Civil War that is considered to be one of the most important, valuable and impactful of all documents. That document was known as the Emancipation Proclamation.

This executive order was drafted and signed by Abraham Lincoln on January 1 st , 1863, during the Civil War. Many people believe that the emancipation proclamation effectively ended slavery but the truth is far more complicated than that.

推奨読書

US History Timeline: The Dates of America’s Journey
How Old Is the United States of America?
Emancipation Proclamation: Effects, Impacts, and Outcomes

The Emancipation Proclamation was a momentous occasion in the history of the United States. It was created by Abraham Lincoln as a way to try and take advantage of the rebellion that was currently underway in the south. This rebellion was known as the Civil War, with the North and the South divided due to ideological differences.

The political situation of the Civil War was relatively dire. With the South in a state of outright rebellion, it was on Abraham Lincoln’s shoulders to try and preserve the Union at all costs. The war itself was still not recognized by the North as a war, because Abraham Lincoln refused to recognize the South as its own nation. While the South prefer to call itself the Confederate States of America, to the north they were still states of the United States of America.

Civil War Biographies

Ann Rutledge: Abraham Lincoln’s First True Love?
The Paradoxical President: Re-imagining Abraham Lincoln
The Right Arm of Custer: Colonel James H. Kidd
The Jekyll and Hyde Myth Of Nathan Bedford Forrest
William McKinley: Modern-Day Relevance of a Conflicted Past

The Emancipation Proclamation’s entire purpose was to free the slaves in the South. In fact, the Emancipation Proclamation had nothing to do with slavery in the North. The Union would still be a slave nation during the war, despite the fact that Abraham Lincoln would y be laying the ground for a greater abolitionist movement. When the proclamation was passed, it was aimed at the states that were currently in rebellion the entire purpose was to disarm the South.

During the Civil War, the Southern economy was primarily based on slavery. With the majority of men fighting in the Civil War, slaves were used primarily for reinforcing soldiers, transporting goods, and working in agricultural labor back home. The South did not have the same level of industrialism without slavery, as the North did. Essentially, when Lincoln passed to the Emancipation Proclamation it was actually an attempt to weaken the Confederate states by removing one of their strongest methods of production.

This decision was primarily pragmatic Lincoln was focused entirely on disarming the South. However, regardless of intentions, the Emancipation Proclamation signaled a shift in the purpose of the Civil War. The war was no longer simply about preserving the state of the union, the war was more or less about ending slavery. The Emancipation Proclamation was not a well-received action. It was a strange political maneuver and even most of Lincoln’s cabinet was hesitant to believe that it would be effective. The reason that the Emancipation Proclamation is such a curious document is because it was passed as under the President’s war-time powers.

Normally, the American Presidency has very little power of decree. Lawmaking and legislative control belongs to Congress. The President does have the ability to issue what is known as an executive order. Executive orders have the full backing and force of a law, but for the most part they are subject to control from Congress. The president himself has very little power outside of what Congress allows, except in wartime. As the commander-in-chief, the president has the ability to use wartime powers to enforce special laws. The Emancipation Proclamation was one of those laws that Lincoln had used his military powers to enforce.

Originally, Lincoln believed in the progressive elimination of slavery in all states. He believed that it was primarily up to the states to oversee the progressive abolition of slavery in their own individual power. Regardless of his political position on the matter, however, Lincoln had always believed that slavery was wrong. The Emancipation Proclamation served more as a military maneuver than a political maneuver. At the same time, this action cemented Lincoln as being a staunchly aggressive abolitionist and would ensure that slavery would eventually be removed from the entire United States.

One major political effect that the Emancipation Proclamation had was the fact that it invited slaves to serve in the Union Army. Such an action was a brilliant strategic choice. The decision to pass a law that told all slaves from the South that they were free and encouraging them to take up arms to join in the fight against their former masters was the brilliant tactical maneuver. Ultimately with those permissions, many freed slaves joined the Northern Army, drastically increasing their manpower. The North by the end of the war had over 200,000 African-Americans fighting for them.

The South was more or less in a state of turmoil after such an announcement. The proclamation had actually been publicized three times, the first time as a threat, the second time as a more formal announcement and then the third time as the signing of the Proclamation. When the Confederates heard the news, they were in a state of severe disrepair. One of them primary issues was that as the North advanced into territories and seized control of Southern land, they would often capture slaves. These slaves were simply restricted as contraband, not returned to their owners – the South.

When the Emancipation Proclamation was announced, all current contraband, i.e. the slaves, were freed at the stroke of midnight. There was no offer of compensation, payment, or even a fair trade to the slave-owners. These slave-holders were suddenly deprived of what they believe to be property. Combined with the sudden loss of a large number of slaves, and influx of troops that would provide the North with additional firepower, the South found itself in a very tough position. Slaves were now able to escape from the South and as soon as they made it into the North, they would be free.

Yet as important as the Emancipation Proclamation was to America’s history, its actual impact on slavery was minimal at best. If nothing more, it was a way to solidify the president’s position as an abolitionist and to ensure the fact that slavery would be ended. Slavery wasn’t officially ended in the United States of America until the 13 th Amendment was passed, in 1865.

One of the issues with the Emancipation Proclamation was that it was passed as a wartime measure. As stated before, in the United States, laws are not passed through the president, they are passed by Congress. This left the actual freedom status of the slaves up in the air. If the North were to win the war, the Emancipation Proclamation would not continue to be a constitutionally legal document. It would need to be ratified by the government in order to stay in effect.

The purpose of the Emancipation Proclamation has been muddled over the course of history. The basic line of though is that it freed the slaves. That is only partially correct, it merely freed the slaves in the South, something that wasn’t particularly enforceable due to the fact South was in a state of rebellion. What it did do however was ensure that if the North won, the South would be forced to free all of their slaves. Ultimately that would lead to the freedom of 3.1 million slaves. However, most of those slaves were not free until after the war had concluded.


Emancipation Proclamation: History & Significance

The emancipation proclamation was issued by Abraham Lincoln on January 1, 1863, during the American Civil War, declaring all “slaves within any State, or designated part of a State… then… in rebellion,… shall be then, thenceforward, and forever free.” The states affected were enumerated in the proclamation specifically exempted were slaves in parts of the South then held by Union armies. Lincoln’s issuance of the Emancipation Proclamation marked a radical change in his policy.

After outbreak of the Civil War, the slavery issue was made acute by the flight to Union lines of large numbers of slaves who volunteered to fight for their freedom and that of their fellow slaves. In these circumstances, a strict application of established policy would have required return of fugitive slaves to their masters.

Abolitionists had long been urging Lincoln to free all slaves, and public opinion supported that view. Lincoln moved slowly and cautiously none the less on March 13, 1862, the federal government forbade all Union Army officers to return fugitive slaves, thus annulling in effect the fugitive slave laws. On April 10, on Lincoln’s initiative, congress declared the federal government would compensate slave owners who freed their slaves. All slaves in the District of Columbia were freed in this way on April 16, 1862. On June 19, 1862, Congress enacted a measure prohibiting slavery in United States territories, thus defying the Supreme Court decision in the Dred Scott case, which ruled that Congress was powerless to regulate slavery in the territories.

Finally, after the union victory in the battle of Antietam, Lincoln issued a preliminary proclamation on September 22, declaring his intention of promulgating another proclamation in 100 days, freeing the slaves in the states deemed in rebellion at that time. On January 1, 1863 he issued the Emancipation proclamation, conferring liberty on about 3,120,000 slaves. With the enactment of the 13th amendment to the U.S. Constitution in effect in 1865, slavery was completely abolished.

The results of the Emancipation Proclamation were far-reaching. From then on, sympathy with the Confederacy was identified with support of slavery.


Emancipation Proclamation: The 13th Amendment

The news of the Emancipation Proclamation was greeted with joy, even though it did not free all the slaves. Because of the limitations of the proclamation, and because it depended on a Union military victory, President Lincoln recognized that the Emancipation Proclamation would have to be followed by a constitutional amendment in order to abolish slavery.

After the Senate passed a bill for an amendment in April 1864, but the House of Representatives did not, Lincoln suggested that the bill be taken up by the Republican Party in its 1864 platform for the upcoming Presidential elections.

His efforts met with success when the House passed the bill in January 1865. On February 1, 1865, President Abraham Lincoln approved the Joint Resolution of Congress submitting the proposed amendment to the state legislatures. The necessary number of states ratified it by December 6, 1865.

The 13th Amendment to the United States Constitution formally abolished slavery in the United States. It provides that ”Neither slavery nor involuntary servitude, except as a punishment for crime whereof the party shall have been duly convicted, shall exist within the United States, or any place subject to their jurisdiction.”

The struggle for complete freedom was far from finished even with the 13th Amendment. Two more amendments were added to the Constitution. Ratified in 1868, the 14th Amendment increased the liberties and rights granted by the Bill of Rights to former slaves. Two years later the 15th Amendment was ratified, giving African American men the right to vote. The Emancipation Proclamation helped make these rights and liberties available for newly freed people, as it was one of the first steps towards freedom for former slaves.

The 13th Amendment and its history are featured in the online exhibit “Our Documents.”

The story of the creation of the 13th Amendment is featured in “The Meaning and Making of Emancipation,” a free eBook created by the National Archives. You can read it on your iPad, iPhone, Nook, or other electronic device.


Emancipation Proclamation - History

The Preliminary Emancipation Proclamation
Digital History ID 433

Author: Abraham Lincoln
Date:1862

On September 22, 1862, less than a week after the Battle of Antietam, President Lincoln met with his cabinet. As one cabinet member, Samuel P. Chase, recorded in his diary, the President told them that he had "thought a great deal about the relation of this war to Slavery":

You all remember that, several weeks ago, I read to you an Order I had prepared on this subject, which, since then, my mind has been much occupied with this subject, and I have thought all along that the time for acting on it might very probably come. I think the time has come now. I wish it were a better time. I wish that we were in a better condition. The action of the army against the rebels has not been quite what I should have best liked. But they have been driven out of Maryland, and Pennsylvania is no longer in danger of invasion. When the rebel army was at Frederick, I determined, as soon as it should be driven out of Maryland, to issue a Proclamation of Emancipation such as I thought most likely to be useful. I said nothing to any one but I made the promise to myself, and (hesitating a little)--to my Maker. The rebel army is now driven out, and I am going to fulfil that promise.

The preliminary emancipation proclamation that President Lincoln issued on September 22 stated that all slaves in designated parts of the South on January 1, 1863, would be freed. The President hoped that slave emancipation would undermine the Confederacy from within. Secretary of the Navy Gideon Welles reported that the President told him that freeing the slaves was "a military necessity, absolutely essential to the preservation of the Union. The slaves [are] undeniably an element of strength to those who [have] their service, and we must decide whether that element should be with us or against us."

Fear of foreign intervention in the war also influenced Lincoln to consider emancipation. The Confederacy had assumed, mistakenly, that demand for cotton from textile mills would lead Britain to break the Union naval blockade. Nevertheless, there was a real danger of European involvement in the war. By redefining the war as a war against slavery, Lincoln hoped to generate support from European liberals.

"That on the first day of January, in the year of our Lord one thousand eight hundred and sixty-three, all persons held as slaves within any State or designated part of a State, the people whereof shall then be in rebellion against the United States, shall be then, and thenceforward, and forever, free and the Executive government of the United States, including the military and naval authority thereof, will recognize and maintain the freedom of such persons, and will do no act or acts to repress such persons, or any of them, in any efforts they may make for their actual freedom.

"That the Executive will, on the first day of January aforesaid, by proclamation, designate the States and parts of States, if any, in which the people thereof respectively, shall then be in rebellion against the United States and the fact that any State, or the people thereof, shall on that day be in good faith represented in the Congress of the United States, by members chosen thereto at elections wherein a majority of the qualified votes of such State shall have participated, shall, in the absence of strong countervailing testimony, be deemed conclusive evidence that such State, and the people thereof, are not in rebellion against the United States."

Now, therefore, I, Abraham Lincoln, President of the United States, by virtue of the power in me vested in me as commander-in-chief of the army and navy of the United States, in time of actual armed rebellion against the authority and government of the United States, and as a fit and necessary war measure for suppressing said rebellion, do, on this first day of January, in the year of our Lord one thousand eight hundred and sixty-three, and in accordance with my purpose so to do, publicly proclaimed for the full period of one hundred days from the day first above mentioned, order and designate as the States and parts of States wherein the people thereof, respectively, are this day in rebellion against the United States, the following to wit: Arkansas, Texas, Louisiana (except the Parishes of St. Bernard, Plaquemines, Jefferson, St. John, St. Charles, St. James, Ascension, Assumption, Terre Bonne, Lafourche, St. Mary, St. Martin, and Orleans, including the City of New Orleans), Mississippi, Alabama, Florida, Georgia, South Carolina, North Carolina, and Virginia (except the forty-eight country designated as West Virginia, and also the counties of Berkeley, Accomae, Northampton, Elizabeth City, York, Princess Ann, and Norfolk, including the cities of Norfolk and Portsmouth.) and which excepted parts are for the present left precisely as if this proclamation were not issued.

And by virtue of the power and for the purpose aforesaid, I do order and declare that all persons held as slaves within said designated States and parts of States are and henceforward shall be free and that the Executive government of the United States, including the military and naval authorities thereof, will recognize and maintain the freedom of said persons.

And I hereby enjoin upon the people so declared to be free to abstain from all violence, unless in necessary self-defence and I recommend to them that, in all cases when allowed, they labor faithfully for reasonable wages.

And I further declare and make known that such persons, of suitable conditions, will be received into the armed service of the United States, to garrison forts, positions, stations, and other places, and to man vessels of all sorts in said service.

And upon this act, sincerely believed to be an act of justice warranted by the Constitution upon military necessity, I invoke the considerate judgment of mankind and the gracious favor of Almighty God.

出典:Gilder Lehrman Institute

Additional information: Abraham Lincoln, Preliminary Emancipation Proclamation


Where Are the Documents Now?

“The First Reading of the Emancipation Proclamation before the Cabinet.” Painted by F.B. Carpenter engraved by A.H. Ritchie, 1866. Prints and Photographs Division, Library of Congress.

Many of the key manuscripts that record the progression of the Emancipation Proclamation from the first known draft in July 1862 to the final version of January 1, 1863 survive today.

Abraham Lincoln's handwritten draft Preliminary Emancipation Proclamation of July 22, 1862 is part of the Abraham Lincoln Papers at the Library of Congress. Artist Francis Bicknell Carpenter imagined the scene of President Lincoln first introducing the document to his cabinet in the 1864 painting First Reading of the Emancipation Proclamation, which now hangs over the west staircase of the Senate Wing in the United States Capitol. Carpenter worked on the painting at the White House for several months in 1864, and was able to consult with and observe President Lincoln. More information about the painting is available online on the United States Senate website. The painting was reproduced in numerous engravings, including those produced by A.H. Ritchie in 1866 (see LC-DIG-pga-02502 and LC-DIG-pga-03452).

Lincoln's handwritten manuscript copy of the Preliminary Emancipation Proclamation 外部の of September 22, 1862, is held by the New York State Library in Albany, New York. Abraham Lincoln donated the manuscript for a raffle held at the Albany (N.Y.) Relief Bazaar sponsored by the Albany Army Relief Association in 1864, where it was won by abolitionist Gerrit Smith. The New York State Legislature purchased the manuscript in 1865, and placed it in the New York State Library. More information on the provenance of this document is available online 外部の .

The official engrossed copies of both the Preliminary Emancipation Proclamation of September 22, 1862, and the Final Emancipation Proclamation of January 1, 1863, are held by the National Archives and Records Administration in Washington, D.C., as part of Record Group 11, General Records of the U.S. Government. A reproduction of the official engrossed copy of the Final Emancipation Proclamation is included in the Abraham Lincoln Papers at the Library of Congress.

Several documents containing comments and corrections on the Final Emancipation Proclamation Lincoln solicited from his cabinet members in December 1862 can be found in the Abraham Lincoln Papers at the Library of Congress. These include the memoranda provided to President Lincoln by Attorney General Edward Bates, Postmaster General Montgomery Blair, Treasury Secretary Salmon P. Chase, and Secretary of State William H. Seward.

The handwritten manuscript of the Final Emancipation Proclamation no longer exists. In October 1863, Mary A. Livermore wrote to Abraham Lincoln requesting that he donate the manuscript to the Northwestern Sanitary Fair in Chicago, where it would be sold to raise money for soldiers' aid provided by the Northwestern Branch of the United States Sanitary Commission. Mrs. Livermore hoped that the document ultimately would be donated to the Chicago Historical Society for preservation. Her request was echoed by Lincoln's associates Isaac N. Arnold and Owen Lovejoy. Lincoln thought that his name would be most remembered for having issued the proclamation, and as he explained to the ladies planning the fair, "I had some desire to retain the paper." "But if it shall contribute to the relief or comfort of the soldiers," he concluded, "that will be better," and he sent the precious manuscript. The manuscript copy of the Final Emancipation Proclamation was purchased at the Northwestern Sanitary Fair by Thomas Bryan, who presented it to the Soldiers' Home in Chicago, rather than the Chicago Historical Society. Unfortunately, the manuscript was destroyed in the Chicago Fire of 1871. Fortunately, before sending the original manuscript proclamation, Lincoln wisely had the document photographed for posterity, and a lithographic copy is part of the Abraham Lincoln Papers at the Library of Congress. Surviving photographs of the document show it primarily in Lincoln's own hand. The superscription and ending are in the hand of a clerk, and the printed insertions were cut from the September draft.

“Abraham Lincoln and his Emancipation Proclamation,” Cincinnati: The Strobridge Lith. Co., 1888. Prints & Photographs Division, Library of Congress.

The Final Emancipation Proclamation has been reproduced numerous times and in many different styles and formats. At the Great Central Sanitary Fair held in Philadelphia in June 1864, forty-eight limited-edition prints of the Emancipation Proclamation, signed by Lincoln, Seward, and John G. Nicolay, were offered for ten dollars apiece to raise money for soldiers' aid. At that price, however, not all of these Leland-Boker edition prints sold. The Alfred Whital Stern Collection of Lincolniana in the Rare Books and Special Collections Division, and the Prints & Photographs Division of the Library of Congress offer many examples of printings of the Emancipation Proclamation produced during and after the Civil War.

On December 25, 1862, Massachusetts historian George Livermore asked Senator Charles Sumner if he might procure the pen that Lincoln would use to sign the Final Emancipation Proclamation on January 1, 1863. Sumner, a well-known abolitionist, put the request to President Lincoln, who agreed. In thanking Sumner for his efforts, Livermore explained his desire for the pen: "No trophy from a battlefield, no sword red with blood, no service of plate with an inscription, as complimentary as the greatest rhetorician could compose, would have been to me half as acceptable as this instrument which will forever be associated with the greatest event of our country and our age." The pen 外部の is now held by the Massachusetts Historical Society.

To read more about Lincoln and Emancipation, consult the "African Americans, the Emancipation Proclamation and the Thirteenth Amendment" section on the Related Resources page of the Abraham Lincoln Papers online presentation.


ビデオを見る: 壮絶自由になった黒人奴隷がアフリカに帰って国を作った結果 (かもしれません 2022).