ニュース

パラグアPG-歴史

パラグアPG-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

パラグア

(PG:dp。243,1。115'3 ";b。17'10"、dr。6'6 "、s。10k。、cpl。30a。16-pdr。、33-pdr。 、21 pdr。)

鉄製の船体、スクーナー装備の二軸砲艦であるパラグアは、マニラシップ社(カビテ、P.I。)によって敷設されました。 1887年3月に、1888年1月にスペイン海軍向けに進水しました。

アメリカ海軍に引き継がれ、1899年5月29日に就役し、巡視船としての任務を引き受けました。パラグアと他の部隊はアメリカ陸軍と緊密に協力し、フィリピンの武装勢力への武器の輸送を防ぐためにフィリピンの海域を巡視した。島間の貿易は取り締まり、海賊行為は抑制されました。

海軍は、太平洋化の達成中およびそれ以降、フィリピン列島で積極的な沿岸支援を提供しました。海軍長官は、パラグアなどの小型砲艦が提供する貴重なサービスについて好意的にコメントし、サービス間の協力の例として彼女を称賛しました。

1911年4月19日にP.I.のカビテで廃止されたパラグアは、6月17日の海軍名簿から削除され、売却されました。


パプアニューギニア

宗教: ローマカトリック27%、プロテスタント69.4%(福音ルーテル19.5%、ユナイテッドチャーチ11.5%、7日目のアドベンティスト10%、ペンテコステ8.6%、福音同盟5.2%、英国国教会3.2%、バプテスト2.5%、その他のプロテスタント8.9%)、バハ'i 0.3%、先住民の信念およびその他の3.3%(2000年の国勢調査)

識字率: 62.4%(2011年推定)

経済概要: GDP / PPP (2013年推定):一人当たり199.6億ドル2,900ドル。 実質成長率: 5.4%. インフレーション: 3.8%. 失業: 1.9% (2008). 耕地: 0.65%. 農業: コーヒー、ココア、コプラ、パーム核、お茶、砂糖、ゴム、サツマイモ、果物、野菜、バニラ、甲殻類、鶏肉、豚肉。 労働力: 407万7千人(2013年推定)農業27.6%、産業39.1%、サービス33.3%。 業界: コプラ破砕、パーム油加工、合板生産、金、銀、銅原油生産の木材チップ生産採掘、石油精製建設、観光。 天然資源: 金、銅、銀、天然ガス、木材、石油、水産業。 輸出: 53億9,200万ドル(2013年推定):石油、金、銅鉱石、丸太、パーム油、コーヒー、ココア、ザリガニ、エビ。 輸入: 45億8700万ドル(2013年推定):機械および輸送機器、工業製品、食品、燃料、化学薬品。 主要な貿易相手国: オーストラリア、日本、中国、ドイツ、シンガポール、米国、マレーシア(2012年)。

英連邦のメンバー

コミュニケーション:電話: 使用中の本線:139,000(2012)モバイル携帯電話:270万9千(2012)。 マスコミ: 2つのテレビ局、1980年代後半から運営されている1つの民間放送局、2008年に開始された1つの国営放送局、衛星およびケーブルTVサービスが利用可能です。複数の送信ポイントといくつかのコミュニティステーションを使用して、いくつかの国際放送局の送信にアクセスできます(2009) インターネットサービスプロバイダー(ISP): 5,006 (2012). インターネットユーザー: 125,000 (2009).

交通機関:鉄道: 0キロ。 高速道路: 合計:9,349 km舗装:3,000 km未舗装:6,349 km(2011年推定)。 水路: 11,000 km(2011)。 ポートとターミナル: キンベ、ラエ、マダン、ラバウル、ウェワク。 空港: 561 (2013).

国際紛争: パプアニューギニアは、オーストラリアからの支援に依存して、商品の密輸、違法な麻薬密売、不法占拠者や脱退者など、主にインドネシアからの違法な国境を越えた活動を防いでいます。


ガウチョ

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

ガウチョ、18世紀半ばから19世紀半ばまで繁栄し、北アメリカ西部のカウボーイに似たフォークヒーローであり続けた、アルゼンチンとウルグアイのパンパス(草原)の遊牧民でカラフルな騎手と牛の手。この用語は、ブラジルのリオグランデドスル州の牛の手やその他の人々を指すためにも使用されています。

ガウチョは通常メスティーソ(ヨーロッパとインドの混合祖先の人)でしたが、時には白、黒、またはムラート(黒と白の混合祖先の)でした。彼ら自身のバラードと伝説から、ガウチョの文学—la literatura gauchesca—成長し、アルゼンチンの文化的伝統の重要な部分になりました。ガウチョの全盛期の後、19世紀後半に始まり、アルゼンチンの作家はガウチョを祝いました。例としては、ホセエルナンデスの叙事詩があります ElgauchoMartínFierro (1872)とリカルドギラルデスの小説 ドン・セグンド・ソンブラ (1926).

18世紀半ば、イギリス、オランダ、フランス、ポルトガルの商人がブエノスアイレス周辺のフロンティア地域の皮革と獣脂で収益性の高い禁制品事業を提供したとき、自由に歩き回っていた逃亡した馬や牛の大群を狩るためにガウチョが生まれました。 、驚異的に繁殖し、広大なパンパの捕食者から安全に保たれました。ガウチョの武器は投げ縄、ナイフ、そして ボーラ (またはボーラ)、革の紐と3つの鉄のボールまたは石でできた装置で、動物の足に投げ込まれて絡み、固定します。ガウチョは主に肉で生活していました。彼らのコスチュームは、現代のアルゼンチンの牛の手が今でも着用しており、 チリパ ウエストをガーディング、ウールのポンチョ、そしてアコーディオンプリーツの長いズボンと呼ばれる ボンバチャス、足首に集まり、ハイレザーブーツのトップを覆っています。ガウチョは草のマットで覆われた小さな泥小屋に住み、皮の山で寝ていました。彼らの結婚はめったに厳粛にされませんでした、そして、彼らの宗教的信念は主にローマカトリックでニスをかけられた古くからの迷信から成っていました。彼らの娯楽には、ギャンブル、飲酒、ギターの演奏、狩猟、戦闘、性行為の腕前についての犬小屋の詩の歌が含まれていました。

18世紀の終わりまでに、個人所有者はパンパスで半野生の家畜を取得し、熟練した動物取扱者としてガウチョを雇いました。 19世紀後半までに、パンパは巨大なエスタンシア(エスタンシア)に囲まれ、古い牧歌的な経済は土地のより集中的な使用に取って代わられました。純血種の動物がスクラブの群れに取って代わり、アルファルファを育てて餌を与えました。かつて自由奔放だったガウチョは、こうして農夫またはペオンになりました。

19世紀初頭、ガウチョはリオデラプラタ地域の軍隊の主力でした。この地域は、最初にスペインの植民地政権を放棄し、その後、ライバルのカウディーリョ(州の軍事指導者)間の数十年にわたる内部闘争に従事していました。と呼ばれる手に負えない騎手のグループ モントネラ 通常、ブエノスアイレス以外の州の連邦カウディーリョの下で、これらの戦争で戦った。


コンテンツ

スペインの征服者フアン・デ・アヨラス(1537年頃に亡くなりました)は、パラグアイ川を北上する途中で、アルト・ペルー(現在のボリビア)の鉱山への通路を探して、未来の都市の場所を最初に訪れた可能性があります。その後、フアン・デ・サラザール・イ・エスピノサとペドロ・デ・メンドーサの親戚であるゴンサロ・デ・メンドーサがアヨラスを探しに派遣されましたが、彼を見つけることができませんでした。川を上り下りする途中、デサラザールは左岸の湾に一時的に立ち寄り、船に補給をしました。彼は先住民が友好的であると判断し、1537年8月にそこに砦を設立することを決定しました。彼はそれをヌエストラセニョーラサンタマリアデラアスンシオンと名付けました(聖母被昇天の聖母マリア–ローマカトリック教会は8月15日に聖母被昇天の饗宴を祝います) 。 [8]

1542年に原住民はブエノスアイレスを破壊し、そこでスペイン人はアスンシオンに逃げました。このようにして、この都市は、ブラジルの一部、現在のパラグアイ、アルゼンチン北東部、つまりインディーズの巨大な州からなるスペインの大植民地の州の中心になりました。 1603年、アスンシオンはアスンシオンの最初のシノドの本拠地であり、彼らの共通語であるグアラニー語での先住民の福音宣教のガイドラインを設定しました。

1731年、ホセデアンテケライカストロの下での蜂起は、スペインの植民地支配に対する最初の反乱の1つでした。蜂起は失敗しましたが、それはクリオーロ、メスティーソ、パラグアイの先住民の間で成長していた独立精神の最初の兆候でした。この出来事はパラグアイの独立に影響を与え、その後1811年に実現しました。パラグアイのスペイン知事(ベルナルドデベラスコ)に対する待ち伏せを計画するための独立指導者間の秘密の会議は、アスンシオンのダウンタウンにあるフアナマリアデララの家で行われました。 。 1811年5月14日と5月15日の夜、反乱軍は成功し、ベラスコ知事に降伏を強いた。現在、カサデラインデペンデンシア(独立の家)として知られるララのかつての家は、博物館と歴史的建造物として運営されています。

パラグアイが独立した後、アスンシオンに大きな変化が起こりました。ガスパルロドリゲスデフランシア(1813年から1840年の事務所)の支配下で、街中に道路が建設され、通りに名前が付けられました。しかし、カルロス・アントニオ・ロペス大統領(1844年から1862年大統領)の間に、アスンシオン(およびパラグアイ)は、新大統領が新しい経済政策を実施するにつれて、さらなる進歩を見ました。ロペス大統領時代には、400以上の学校、冶金工場、南米で最初の鉄道サービスが建設されました。ロペスが亡くなった後(1862年)、息子のフランシスコソラーノロペスが新大統領になり、5年間(1864年から1870年)続いた悲惨なパラグアイ戦争を通じて国を導きました。 1869年1月1日、首都アスンシオンはジョアンデソウザダフォンセカコスタ将軍が率いるブラジル軍に墜落しました。武力紛争の終結後、ブラジル軍は1876年までアスンシオンを占領しました。

多くの歴史家[ どれの? ]は、この戦争が国の人口の3分の2を虐殺したため、都市と国の着実な衰退を引き起こしたと主張している。その後、進捗は大幅に鈍化し、経済は停滞しました。

パラグアイ戦争後、アスンシオンはゆっくりとした回復の試みを始めました。 19世紀の終わりに向かってそして20世紀の初めの間に、ヨーロッパとオスマン帝国からの移民の流れが都市にやって来ました。これにより、多くの新しい建物が建設され、アスンシオンは戦後のどの時代よりも繁栄した時代を経て、街の外観が変化しました。

1872年のアスンシオンのダウンタウン

アスンシオンは、南緯25°15 'と25°20'の緯線の間、および西経57°40 'と57°30'の子午線の間にあります。この都市はパラグアイ川の左岸にあり、この川とピルコマジョ川の合流点に近いところにあります。北西部のパラグアイ川とアスンシオン湾は、都市を南部のパラグアイとアルゼンチンのオクシデンタル地域から隔てています。街の残りの部分は中央部に囲まれています。

パラグアイ川沿いに位置するこの街は、長方形のブロックのパターンでなだらかな丘の上に広がる多くの風景を提供しています。ランバレにある丘、セロランバレなどの場所では、この地域に花が咲くラパチョの木があるため、春には壮観なショーを楽しめます。インデペンデンシア公園やカルロスアントニオロペス公園などの公園は、典型的なパラグアイの植生の広いエリアを提供し、観光客が頻繁に訪れます。市内には、カバラ、クラベル、タルマ、カチンガ、タクンブなど、いくつかの小さな丘とわずかに高いエリアがあります。

コスタネラアベニュー、アスンシオン

パラグアイ、アスンシオンの民主主義広場

地区と近隣地域編集

アスンシオンは地理的に地区に編成されており、これらは順番にさまざまな地区をまとめます。

近所 人口(2002) 近所 人口(2002) 近所 人口(2002)
1.イタ・エンラマダ 4,845 24.セミナリオ[ 要出典 ] 5,070 47.ピノサ 6,621
2.サンタアナ 5,775 25. Vista Alegre 12,611 48.ジャラ 13,554
3.バナドサンタアナ 8,374 26.PanambíRetá 2,386 49.バンコ・サン・ミゲル 953
4.ロベルトL.ペティット 20,201 27.PanambíVerá 2,591 50.タブラダヌエバ 6,573
5.リパブリカーノ 8,429 28.サンパブロ 21,787 51.ビルヘン・デル・ウエルト 4,809
6.ピリザル 4,022 29.ターミナル 4,305 52.聖母被昇天 9,983
7.サンビセンテ 15,412 30.ヒポドロモ 8,348 53.ベラビスタ 6,657
8.バニャードタクンブ 10,958 31.ナザレ 7,133 54.サントドミンゴ 2,591
9.オブレロ 19,823 32.ヴィラアウレリア 9,871 55.カニャーダデルイビレイ 3,166
10.タクンブ 13,366 33.ロスローレレス 3,517 56.ラスロマス(カルメリタス) 5,604
11.サジョニア 14,873 34.マリスカルエスティガリビア 7,711 57.マダムリンチ 8,589
12.ItáPytãPunta 4,225 35.サンクリストバル 6,618 58.サルバドールデルムンド 3,883
13.サンアントニオ 9,544 36.エレーラ 5,149 59.ニュグアス 1,342
14.フランシア博士 10,925 37.サンタマリア 4,591 60.ムボカヤティ 6,512
15.LaEncarnación 4,928 38.イタイ 3,054 61.ムブルクヤ 8,377
16.カテドラル 3,676 39.サンホルヘ 4,844 62.トリニダード 4,515
17.ジェネラルディアス 6,068 40.イクアサティ 6,687 63.VirgendeFátima 6,064
18.ペティロッシ 11,380 41.マノラ 1,898 64.サンラファエル 10,732
19.サンロケ 6,355 42.ビージャ・モラ 4,114 65.ボタニコ 9,982
20.リカルド・ブルガダ(チャカリタ) 10,455 43.レコレータ 10,230 66.ゼバロスクエ 18,553
21.サンフェリペ 5,679 44.テンベタリー 3,515 67.ロマ・ピタ 6,231
22.ラスメルセデス 4,827 45.ムブリカオ 7,691 68.サンブラス 3,651
23. Ciudad Nueva 8,584 46.ジェネラルカバレロ 8,128 69.サンタローザ 3,546
24.カルロスA.ロペス ? 70.マリスカルロペス 5,025

気候編集

アスンシオンは湿潤亜熱帯気候です(ケッペン: Cfa)熱帯サバンナ気候(ケッペン ああ)、高温多湿の夏(1月の平均27.5°Cまたは81.5°F)と穏やかな冬(7月の平均17.6°C、63.7°F)が特徴です。 [9]年間を通じて相対湿度が高いため、夏は暑さ指数が実際の気温よりも高く、冬は涼しく感じることがあります。 [ 要出典 ]年間平均気温は23°C(73°F)です。平均年間降水量は高く、年間80日以上で1,400ミリメートル(55インチ)が分布しています。 2020年10月1日の最高記録温度は42.8°C(109.0°F)でしたが、2011年6月27日の最低記録温度は-1.2°C(29.8°F)でした。

雪は現代では知られていませんが、前回の1751年6月の小氷期に降った[10]。

アスンシオンは一般的に5月から9月までの乾季が非常に短いですが、最も寒い時期は6月、7月、8月です。わずかな霜は、平均して1年に1日か2日発生する可能性があります。雨季は一年の残りをカバーします。

雨季の間、アスンシオンは一般的に高温多湿ですが、この季節の終わりに近づくと、著しく涼しくなります。対照的に、アスンシオンの乾季は心地よく穏やかです。アスンシオンの年間降水量の値は、国の北西部のグランチャコ地域で発生するパラグアイ北部から南に移動する激しい亜熱帯の夏の雷雨のために、夏の最大値を観測します。一年で最も雨が多く乾燥する月は4月と7月で、平均してそれぞれ166 mm(6.54インチ)と39 mm(1.54インチ)の降水量があります。

アスンシオンの気候データ(1971–2000)
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
記録的な高°C(°F) 42.0
(107.6)
39.6
(103.3)
40.0
(104.0)
37
(99)
35
(95)
33.0
(91.4)
33.4
(92.1)
39.2
(102.6)
42.2
(108.0)
42.8
(109.0)
40.2
(104.4)
41.7
(107.1)
42.8
(109.0)
平均最高°C(°F) 33.5
(92.3)
32.6
(90.7)
31.6
(88.9)
28.4
(83.1)
25.0
(77.0)
23.1
(73.6)
23.2
(73.8)
24.8
(76.6)
26.4
(79.5)
29.2
(84.6)
30.7
(87.3)
32.3
(90.1)
28.3
(82.9)
日平均°C(°F) 27.5
(81.5)
26.9
(80.4)
25.9
(78.6)
22.8
(73.0)
19.8
(67.6)
17.9
(64.2)
17.6
(63.7)
18.6
(65.5)
20.5
(68.9)
23.2
(73.8)
24.8
(76.6)
26.5
(79.7)
22.7
(72.9)
平均最低°C(°F) 22.8
(73.0)
22.3
(72.1)
21.3
(70.3)
18.6
(65.5)
15.7
(60.3)
13.8
(56.8)
13.1
(55.6)
14.3
(57.7)
15.9
(60.6)
18.6
(65.5)
20.1
(68.2)
21.8
(71.2)
17.9
(64.2)
記録的な低°C(°F) 12.5
(54.5)
12.5
(54.5)
9.4
(48.9)
6.8
(44.2)
2.6
(36.7)
−1.2
(29.8)
−0.6
(30.9)
0.0
(32.0)
3.6
(38.5)
7.0
(44.6)
8.8
(47.8)
10.0
(50.0)
−1.2
(29.8)
平均降雨量mm(インチ) 147.2
(5.80)
129.2
(5.09)
117.9
(4.64)
166.0
(6.54)
113.3
(4.46)
82.4
(3.24)
39.4
(1.55)
72.6
(2.86)
87.7
(3.45)
130.8
(5.15)
164.4
(6.47)
150.3
(5.92)
1,401.2
(55.17)
平均降水日数(≥1.0mm) 8 7 7 8 7 7 4 5 6 8 8 8 83
平均相対湿度(%) 68 71 72 75 76 76 70 70 66 67 67 68 70
平均月間日照時間 276 246 254 228 205 165 195 223 204 242 270 295 2,803
出典1:世界気象機関[11]
出典2:NOAAは2012年9月に更新されました。、[12]デンマーク気象協会(太陽のみ)[13]

市内の人口は約54万人です。 [1]パラグアイの600万人の約30%がグレーターアスンシオンに住んでいます。市内の総人口の65パーセントは30歳未満です。[14]

パラグアイの他の省からの国内移住の結果として、最初は1970年代の経済ブームのために、そして後に田舎の景気後退のために、人口は過去数十年の間に大幅に増加しました。ルケ、ランバレ、サンロレンツォ、フェルナンドデラモラ、マリアーノロケアロンソなど、グランアスンシオン地域の隣接する都市は、土地のコストが低く、アスンシオンに簡単にアクセスできるため、この流入のほとんどを吸収しています。この都市は、マーサーヒューマンリソースコンサルティングによって5年間住むのに最も安価な都市としてランク付けされています。 [15]

2002年の国勢調査による性別および年齢別の人口

数量(国勢調査2002) 女性
0〜4年 45,382 23,058 22,374
5〜9年 46,120 23,330 22,324
10〜14年 46,272 22,985 23,287
15〜29歳 155.675 71,885 83,790
30〜59歳 164,367 75,871 88,496
+ 60年 54,296 21,686 32,610
合計 512,112 238,815 273,297
アスンシオンの人口動態

宗教編集

アスンシオンの人口の約90%がカトリックを公言しています。 [18]アスンシオンのローマカトリック大司教区は、都市とその周辺地域を含む2,582平方キロメートル(997平方マイル)の面積をカバーし、総人口は178万人で、そのうち1,612,000人がカトリック教徒です。 [18]カトリック大司教は、Eustaquio牧師Cuquejo Verga、C.SS.Rです。 [18]パラグアイの首都には、他のキリスト教宗派、末日聖徒イエス・キリスト教会、イスラム教、仏教、ユダヤ教などの他の宗教の礼拝所もあります。 [ 要出典 ]

言語編集

パラグアイのほとんどの人々は、主要言語として2つの言語のいずれかを話します。パラグアイスペイン語(人口の56.9%が話す)とグアラニー語(90.1%が話す)です。人口の27.4%が、グアラニー語とスペイン語(クレオール語)の外来語を組み合わせたジョパラ方言を話します。他の言語は人口の4.5%によって表されます。 [ 要出典 ]

学校編集

市内には公立学校と私立学校の両方が多数あります。最も有名な公立学校は、Colegio Nacional de la Capital(1877年に設立された、市内で最も古い学校の1つ)、ColegioTécnicoNacional、Colegio Nacional Presidente Franco、ColegioNacionalAsunciónEscaladaです。最も有名な私立学校は、AmericanSchoolofAsunción、ColegioSanJosé、St。AnnesSchool、Colegio del Sol、Colegio Santa Clara、Colegio Goethe、ColegiodelaAsunción、Colegio Las Almenas、Colegio Campoalto、Colegio Dante Alighieri、Colegioです。サンフランシスコ、コレジオサンイグナシオデロヨラ、コレジオサンタテレサデヘスス、コレジオインマキュラードコラソンデマリア、サレシアニート、コレジオクリストレイ、コレジオインターナショナル。

大学編集

市内の主な大学は、アメリカナ大学とアスンシオン国立大学(国営)です。アスンシオン国立大学は1889年に設立され、40,000人を超える学生が在籍しています。 UniversidadCatólicaNuestraSeñoradelaAsunciónは1960年に設立され、現在約21,000人の学生が在籍しています。カトリカは、大聖堂の隣のダウンタウンエリアに小さなキャンパスがあり、サンタアナ地区に隣接するランバレ市に向かって外側に大きなキャンパスがあります。一方、ユニバーシダッドナシオナルは、サンロレンツォ市に約5kmのメインキャンパスがあります。 (3マイル)アスンシオンから東へ。 Uninorte、UniversidadCatólicaNuestraSeñoradelaAsunción、UniversidadAutónomadeAsunciónなどの小規模な私立大学も多数あります。

商業面では、このセクターは近年、ショッピングモールやスーパーマーケットが建設された郊外に向かって大幅に成長しています。パラグアイで唯一の証券取引所であるBVPASAはここにあります。市自体はBVPASA:MUAとして記載されています。 [ 要出典 ]

アスンシオンでは、最も重要な企業、企業、投資グループが本社を置いています。市の魅力は、その簡単な税制に起因する可能性があります。アスンシオンは、資本の投資と移動に対して無制限の税金を課しています。これに加えて、アスンシオン証券取引所は、2011年8月と比較して2012年8月に485.7%上昇しました。アスンシオン証券取引所の債券の投資家に対する所得税もありません。このようなインセンティブは、都市への重要な外国投資を引き付けます。多くのラテンアメリカの専門家によって、パラグアイはラテンアメリカとカリブ海で最高の投資環境を持つトップ3の郡のひとつとして利用されており、ビジネスを行う上で半球の最も魅力的な国であり続け、一連の法律を備えています。戦略的投資を保護し、大規模な産業プラントやインフラプロジェクトの開発に適した環境を保証します。この都市はパラグアイの経済の中心地であり、シウダーデルエステとエンカルナシオンがそれに続きます。

アスンシオンの主要な金融ビル

パラグアイ川はアスンシオンのすぐ隣を流れているため、市内にはダウンタウンエリアのリバーターミナルがあります。この港は戦略的に湾内に位置しており、ほとんどの貨物が国に出入りする場所です。サジョニア地区には小さなターミナルがあり、イタエンラマダにはシャトルポートがあり、アルゼンチンの都市クロリンダ、フォルモサのほぼ向かいにあります。

公共交通機関は頻繁に使用され、バス(地元では コレクティボ, マイクロ また バス)市内のすべての地域と周辺の寮のコミュニティに到達します。 2020年10月23日以降、これらのバスを使用するには電子カードが必要になります。 2つの異なるプロバイダーから入手可能な2つのカードがあります:「Jaha」(グアラニー語 さあ行こう)と「Más」(スペイン語 もっと).

主要な長距離バスターミナル(TOA、またはTerminaldeÓmnibusdeAsunción)は、RepúblicaArgentinaAvenueにあり、そのバスサービスは、パラグアイのすべての部門と、アルゼンチン、ブラジル、ボリビアなどの近隣諸国への国際ルートを接続しています。とウルグアイ。

シルビオペティロッシ国際空港は、首都アスンシオンの郊外、ルケにあるパラグアイの主要な国内および国際的な玄関口です。パラグアイの飛行士シルビオペトロシにちなんで名付けられ、以前はプレシデンテストロエスネル国際空港として知られていました。パラグアイで最も忙しい空港として、それはラタムパラグアイとパラネアのハブです。

この街には、ゴドイ美術館、国立美術館(19世紀の絵画が収められています)、ラエンカルナシオン教会、メトロポリタン大聖堂、パリのアンヴァリッド廃兵隊の小さなバージョンである英雄国立パンテオンがあります。 、国の英雄の多くが埋葬されている場所。その他のランドマークには、パラシオデロスロペス、古い上院の建物(2003年に議会を収容するためにオープンした近代的な建物)、カサデラインデペンデンシア(市内に残っている植民地時代の建築の数少ない例の1つ)があります。

Calle Palmaはダウンタウンのメインストリートで、いくつかの歴史的建造物、広場、ショップ、レストラン、カフェがあります。大統領官邸の前にある「マンザナデラリベラ」は、復元された一連の古い伝統的な家屋であり、街の建築の進化を紹介する博物館として機能します。古い鉄道駅は、現在ルケとアレグアの都市への観光旅行で使用されている古い列車を維持しています。

アスンシオンには、有名ブランドを販売するショップが並ぶ豪華なモールもあります。最大のショッピングモールは、ショッピングデルソルマリスカルロペスショッピング、街の中心部にあるショッピングヴィラモラ、街の郊外にあるショッピングマルチプラザ、ダウンタウンにあるモールエクセルシオールです。ピネドショッピングとサンロレンツォショッピングは、アスンシオンの一部であるサンロレンツォ市にあるアスンシオンの境界からそれぞれわずか5.6kmと9.3km(3.5マイルと5.8マイル)に位置する最新の大型ショッピングモールです。 2016年に新しいショッピングモール、ラガレリアがオープンしました。青い塔の間にあり、現在は国内最大のショッピングモールです。

アソシエーションサッカーはパラグアイの主要なスポーツであり、アスンシオンは国内で最も重要で伝統的なチームの本拠地です。これらには、オリンピア、セロポルテーニョ、クラブリベルタ、クラブナシオナル、クラブグアラニー、クラブソルデアメリカが含まれます。これらには、関連メンバー向けの独自のスタジアムとスポーツ施設があります。 Defensores del Chacoスタジアムは、国の主要なサッカースタジアムであり、アスンシオンの中心部からわずか数ブロックのサホニア近郊にあります。国立競技場であるため、ロックコンサートなどの他の活動に使用されることもあります。アスンシオンはパラグアイのラグビーユニオンの中心でもあります。

アスンシオンはまた、いくつかの交響楽団、バレエ、オペラ、演劇会社を主催しています。最もよく知られているオーケストラは、アスンシオン市交響楽団(OSCA)、国立交響楽団、北大学交響楽団です。プロのバレエ団の中で最も有名なのは、アスンシオンクラシックおよびモダンミュニシパルバレエ、ナショナルバレエ、ノーザンユニバーシティバレエです。主なオペラ会社はノーザンユニバーシティオペラカンパニーです。長年の演劇会社はArlequínTheatreFoundation'sです。伝統的な会場には、市立劇場、パラグアイ日本センター、中央銀行のグレートリリック劇場、フアンデサラザール文化センター、南北アメリカ劇場、トムジョビン劇場、アルレクイン劇場、マンザナデラリベラがあります。アスンシオンはパラグアイの建築の中心地でもあります。

アスンシオン編集の文化遺産資料の7つの宝物

文化遺産資料の7つの宝物の選択は、2009年4月と5月の間にアスンシオンで開発されました。選挙に参加したパラグアイ当局の協力を得て、「OrganizaciónCapitalAmericana delaCultura」によって推進されました。アスンシオンの重要な文化遺産を開示する意図。 [ 要出典 ]

合計45人の候補者が文化遺産資料の宝物の1つになることを選択しました。 12,417人が参加した投票の結果は次のとおりです。

アスンシオンの7つの宝物
パラシオデロスロペス パンテオンナシオナルデロスエロエス カビルド
大聖堂メトロポリターナデアスンシオン ホテルグアラニ テアトロミュニシパルイグナシオA.ペイン
IglesiadelaSantísimaTrinidad

ナイトライフ編集

ナイトライフは2つのエリアを中心に展開しています。1つは街の繁華街にあり、もう1つはナイトクラブやバーがたくさんあるマノラとラスカルメリタスの近くにあります。

新聞編集

最も読まれている新聞は次のとおりです。 ディアリオ・ラ・ナシオン, ディアリオホイ, ディアリオABC, ディアリオ・ウルティマ・ホラ、 と ディアリオ・クロニカ、最も成功しているのは ABCÚltimaHora.

テレビ編集

最も重要なテレビチャンネルはSNTであり、その他の無料放送チャンネルはパラビシオン、シュールTV、ユニカナル、ラテル、C9N、RPC、テレフトゥーロ、およびテレビパラグアイTVの公共局です。


ジャクソン、R.H。(2015)。 スペインの南アメリカのイエズス会のミッションフロンティアにおける座りがちな人々の間の人口動態の変化と民族の生存、1609-1803 :オランダ:ブリル

モンディーノ、M。(2012)。 私たちの遺産を保護します。アメリカズクォータリー , 6(2), 160-160

Roca、M。V.(2017)。 南米の2つの植民地における考古学、遺産、開発:グアラニー-イエズス会伝道(1610–1767) 。衝突またはコラボレーション(pp.117-135)。スプリンガー、チャム


パラグアPG-歴史

1499 1516 1528 1556 1580 1700

1538年スペイン人はCharcas、Upper Peru、またはChuquisacaと呼ばれる地域を1545年まで植民地化しました。
1548年ペルー副王領の一部。
1559 Audiencia de los Charcasは、ペルー北部を管理するために作成されました。
1776年R&iacuteo de laPlataの副王領の一部。
1809年ナポレオンによって追放されたスペインのブルボン王フェルナンド7世の名で名目上ペルー北部で宣言された独立国家。
1810年R&iacuteo de laPlataの州を宣言しました。
1811年ペルーに併合。
1825年ボリビア共和国、当初はRep&uacuteblica Bol&iacutevarのスタイルでした。
1836年ペルーボリビア連合の構成要素(北および南ペルー構成要素の場合)から1839年まで。
アヤクーチョ条約でボリビアに1867エーカーが付与されました。
1868年ボリビア共和国(古いスタイルは1908年まで残っています)。
チリに併合されたアントファガスタを含む1883年の太平洋岸。
1899エーカーはボリビアから独立して1900年まで。
ブラジルが購入した1903エーカー。

1541年スペインの植民地、ヌエバエストレマドゥーラ、ペルーの一部。
1778年キャプティアンシー-ペルーに従属するチリの将軍。
1810年の革命家は、名目上ナポレオンによって敗北したフェルナンド7世に有利に行動し、総督を解任します。
1810年独立宣言。
1814年スペインの1817年への再征服。
1818年独立宣言、チリ国、独立は1844年にスペインによって承認されました。
1826年チリ共和国
1932年チリ社会主義共和国、12日間しか続かなかった。

1932年チリ共和国
1883年にボリビア太平洋岸とアントファガスタ、ペルーのタラパカ、タンカ、アリ​​カが併合。
1888年はイースター島を併合します。

1967リバース1988リバース

不明18131814 1815 1815

1536年スペイン人は1580年までペルー副王領の一部であるR&iacuteo de laPlataに植民地化しました。
1618年ブエノスアイレス州が創設されました。
1661年ブエノスアイレスのアウディエンシア。
1671年1776年にシャルカスのアウディエンシアに従属。
1776年(スペイン語)ペルーから分離されたR&iacuteo de la Plataの副王領(現代アルゼンチン、ボリビア[CharcasまたはUpper Peru]、パラグアイ、および

すべての旗の画像はVexillamundiに属しています-MelloLuchtenbergによって描かれました

すべての州の年表はに属します 世界の政治家 -ベンジャミンカフーン編集


コンテンツ

初期(1953–1963)編集

WWEの起源は、1953年1月7日に最初のショーが行われた1950年代までさかのぼることができます。 キャピトルレスリングコーポレーション(CWC) 生産されました。 CWCの創設者が誰であるかについては不確実性があります。ビンス・J・マクマホン[2] [3] [4]であると述べている情報源もあれば、マクマホンの父ジェス・マクマホン(1954年に亡くなった)をCWCの創設者として引用している情報源もあります。 [5] [6] [7] NWAは、NWAでいくつかの異なるプロレスプロモーションに参加した誰もが認めるNWA世界ヘビー級王者を認めました。チャンピオンシップは世界中で守られました。 NWAは一般的に、強力なシューターをチャンピオンとして昇進させ、彼らのスポーツの信頼性を高め、ダブルクロスを防ぎました。中西部(NWAの中核地域)で強力なビジネスを行っている間、これらのレスラーはCWCの領域にほとんど関心を引き付けませんでした。 1961年、NWA理事会は、代わりに、この地域ではるかに効果的なドローイングカードであるブリーチブロンドのショーマン「ネイチャーボーイ」バディロジャースにチャンピオンシップを置くことを決定しました。 [8]残りのNWAは、ロジャーズが北東部の外で格闘することをめったに許可しなかったため、マクマホンとトゥーツモント(1960年代初頭にCWCに加わった)に不満を持っていた。モントとマクマホンはロジャーズにNWA世界ヘビー級王座を維持することを望んでいましたが、ロジャーズはチャンピオンベルトの25,000ドルの保証金を犠牲にすることを望んでいませんでした(当時のチャンピオンシップ保有者はチャンピオンとしての約束を守るために保証金を支払う必要がありました)。ロジャーズは1963年1月24日にカナダのオンタリオ州トロントで行われたワンフォールマッチでルーテーズにNWA世界ヘビー級王座を失い、モント、マクマホン、CWCがNWAを抗議して去り、ワールドワイドレスリングフェデレーションを結成しました。 (WWWF)その過程で。 [9] [10]

ブルーノ・サンマルチノの台頭(1963–1980)編集

世界ワイドレスリング連盟(WWWF)は1963年1月24日に結成されました。1963年4月25日、バディロジャースはリオデジャネイロでの黙示録的なトーナメントで優勝したと思われる新しいWWWF世界ヘビー級王座を授与されました。彼は試合直前に心臓発作を起こした後、1か月後の1963年5月17日にブルーノサンマルチノにチャンピオンシップを失いました。ロジャーズの状態に対応するために、試合は1分未満続くように予約されました。 [11]

サンマルティーノは7年8ヶ月1日(2、803日)のタイトルを保持し、男子レスリング史上最長の世界選手権を続けました。サマルティーノはWWWFの顔でしたが、スーパースタービリーグラハムやボブバックランドなどのレスラーも非常に人気がありました。 [12] [ 要出典 ] WWWFは、1970年代に、シェイスタジアムまたはマディソンスクエアガーデンで最大のショーを開催し、北東のメガロポリス全体で強力なビジネスを行うことで悪評を博しました。彼らは、ルー・アルバーノ大尉、「レスリングのグランド・ウィザード」アーニー・ロス、「クラッシー」フレディ・ブラッシーなどの元レスラーを活用して、サマルティーノのかかと(悪意のある)対戦相手のマネージャーとして行動しました。現時点では、ブルーノ・サンマルチノ、ペドロ・モラレス、ボブ・バックランドなど、ベイビーフェイス(ファンのお気に入り)のレスラーだけが長いチャンピオンシップの統治を許可されていました。 IvanKoloffやStanStasiakなどのヒールチャンピオンは、あるレスラーから別のレスラーにチャンピオンシップを「移行」するために使用され、通常、次のベビーフェイスにドロップする前に、1か月以内のプログラムでタイトルを維持しました。グラハムは、WWWFがチャンピオンシップの素材としてバックランドを構築するのに時間が必要だと感じたため、チャンピオンシップを1か月以上維持した唯一のヒールキャラクターでした。 [13]

The WWWF was relatively conservative for promotions of its day running its major arenas monthly rather than weekly or bi-weekly. [14] Programs generally involved a babyface champion facing a heel challenger for one to three meetings in each scheduled town for longer programs the heel would often win the first match in a non-decisive manner such as a countout or via excessive blood loss, and the champion would then retain in an ultraviolent blow-off match such as a steel cage match or Texas Death match. [15] Unlike most of the NWA territories, the main event would occur in the middle of the arena show cards, allowing the company to build upon the match's finish in order to sell tickets to the next event reliable, popular workers such as Chief Jay Strongbow would then wrestle at the end of the show to send the crowd home happy. [16] [17] The WWWF also featured popular wrestlers based out of non-WWWF territories such as Dusty Rhodes and retained the services of (at the time) the most popular and highly paid wrestler in the world, André the Giant, in between his territorial and international obligations.

WWWF held their then major event Showdown at Shea three times at Flushing, New York's Shea Stadium in 1972, 1976 and 1980. Bruno Sammartino main evented the 1972 and 1980 events, in 1972 wrestling Pedro Morales to a 75 minutes time limit draw and in 1980 defeating Larry Zbyszko in a Steel cage match. The main event of the 1976 event was a Boxer vs Wrestler fight between Muhammad Ali and Antonio Inoki which ended in a draw. At that event Sammartino had retained the WWWF World Heavyweight Championship against Stan Hansen. The 1972, 1976 and 1980 events each had attendance figures of 22,508, 32,000 and 36,295 respectively. [18] [19] [20]

Toots Mondt left the WWWF in the late sixties, and Vincent J. McMahon assumed complete control of the organization in 1971. [21] Later that year, The Mongols created controversy after they left the WWWF with the WWWF International Tag Team Championship. The championship would be considered inactive as a result until Luke Graham and Tarzan Tyler won a tournament to claim the championship. They then defeated the Mongols in November 1971, voiding any claim The Mongols had to the championship. In March 1979, for marketing purposes, the World Wide Wrestling Federation was renamed as the World Wrestling Federation (WWF). [22]

Transition (1979–1982) Edit

In 1980, Vincent K. McMahon, the son of Vincent J. McMahon, founded Titan Sports, Inc. and applied trademarks for the initials "WWF".

The Golden Era (1982–1993) Edit

In 1982, McMahon purchased Capitol Sports, the parent company of the WWF, from his father and associates Gorilla Monsoon and Arnold Skaaland. [23]

Seeking to make the WWF the premier wrestling promotion in the world, he began an expansion process that fundamentally changed the industry. [24] In an interview with スポーツイラストレイテッド, McMahon noted:

In the old days, there were wrestling fiefdoms all over the country, each with its own little lord in charge. Each little lord respected the rights of his neighboring little lord. No takeovers or raids were allowed. There were maybe 30 of these tiny kingdoms in the U.S. and if I hadn't bought out my dad, there would still be 30 of them, fragmented and struggling. I, of course, had no allegiance to those little lords. [24]

Upon taking over the company, McMahon immediately worked to get WWF programming on syndicated television all across the United States. This angered other promoters and disrupted the well-established boundaries of the different wrestling promotions. In addition, the company used income generated by advertising, television deals, and tape sales to secure talent from rival promoters.

Capitol Sports already controlled most of the northeastern territory, but the younger McMahon wanted the WWF to be a national wrestling promotion something the NWA did not approve of. He shortly defected his promotion from the NWA, much like the American Wrestling Association, which controlled the U.S. Northern Midwest. To become a national promotion, the WWF would have to become bigger than AWA or any NWA promotion.

McMahon's vision for his promotion was starting to become possible when he signed AWA talent Hulk Hogan, who had achieved popularity outside of wrestling – notably for his appearance in Rocky III as Thunderlips. [25] McMahon signed Rowdy Roddy Piper as Hogan's rival, and shortly afterward signed Jesse "The Body" Ventura. Other significant wrestlers who were part of the roster included: Big John Studd, André the Giant, Jimmy "Superfly" Snuka, "The Magnificent" Don Muraco, Junkyard Dog, "Mr. Wonderful" Paul Orndorff, Greg "The Hammer" Valentine, Ricky "The Dragon" Steamboat, and Nikolai Volkoff. In 1984, Hogan was pushed to main event status. He defeated WWF World Heavyweight Champion The Iron Sheik at Madison Square Garden on January 23, 1984 and thus evolved into one of the most recognizable and popular faces in professional wrestling. [26]

With reasonable revenue being made, McMahon was able to secure television deals, and WWF was being shown across the United States. [ 要出典 ] McMahon also began selling videotapes of WWF events outside the Northeast through his Coliseum Video distribution company, again angering other promoters. [ 要出典 ] The syndication of WWF programming forced promotions to engage in direct competition with the WWF. [ 要出典 ] The increased revenue allowed McMahon to sign more talent, such as Brutus Beefcake, Tito Santana, Jake "The Snake" Roberts, Butch Reed, and "Hacksaw" Jim Duggan.

However, for McMahon to truly turn WWF into a national promotion, he needed to have WWF touring the entire United States. [ 要出典 ] Such a venture was impossible with the revenue WWF currently had, so McMahon envisioned a way to obtain the necessary capital through a risky all-or-nothing gamble on a supercard concept called WrestleMania in 1985. WrestleMania would be a pay-per-view extravaganza, viewable on closed-circuit television and marketed as the Super Bowl of professional wrestling. WrestleMania was not the first supercard seen in professional wrestling, as the NWA had previously run Starrcade in 1983. However, McMahon's vision was to make WWF and the industry itself mainstream, targeting more of the general television audience by exploiting the entertainment side of the industry. With the inaugural WrestleMania, WWF initiated a joint-promotional campaign with MTV, which featured a great deal of WWF coverage and programming, in what was termed the Rock 'n' Wrestling Connection。 The mainstream media attention brought on by celebrities including Muhammad Ali, Mr. T and Cyndi Lauper at the event helped propel WrestleMania to become a staple in popular culture, and the use of celebrities has been a staple of the company to the present day.

With the success of WrestleMania, other promotions which tried hard to keep the regional territory system alive started to merge under Jim Crockett Promotions (JCP). [ 要出典 ] Starrcade and The Great American Bash were the JCP versions of WrestleMania, but even when operating inside of its territory, JCP had trouble matching the success of WWF. [ 要出典 ] After Ted Turner purchased majority of JCP's assets, the promotion would become World Championship Wrestling (WCW), providing WWF with a competitor until 2001, when WCW and its trademarks were purchased by WWF. [ 要出典 ] WrestleMania would become an annual pay-per-view phenomenon, being broadcast in nearly 150 countries and in almost 20 different languages. [ 要出典 ]

Perhaps the peak of the 1980s wrestling boom was WrestleMania III at the Pontiac Silverdome, [ 要出典 ] which set an attendance record of 93,173. In the main event Hulk Hogan retained the WWF Championship against André the Giant. [27] McMahon used the success of WrestleMania to create more annual pay-per-views such as SummerSlam, the Royal Rumble and the Survivor Series, the latter two both receiving their names from unique stipulation matches featured at the event. These four shows would be jointly known as the “Big Four” of the company’s programming up until modern day.

McMahon's focus on entertainment rather than giving his product a legitimate sports feel, the policy that became the concept of sports entertainment, led to great financial success for WWF. [ 要出典 ] During the 1980s, Hulk Hogan would cross over into mainstream prominence presented as an all-American hero. [ 要出典 ] Hogan's time as the face of the WWF would last until he departed from the company in the summer of 1993. Other stars such as "Macho Man" Randy Savage, "Rowdy" Roddy Piper, The Ultimate Warrior, The Honky Tonk Man, "Million Dollar Man" Ted DiBiase, and others also helped make WWF a financial success in this time period. [ 要出典 ] Jim Duggan won the first Royal Rumble match in 1988. While these talents were recognizable as individuals, some talent became better known for their teamwork as part of tag teams. Stables or groups such as Demolition, Strike Force, The Hart Foundation, The British Bulldogs, The Rockers and The Fabulous Rougeaus helped create a strong tag team division for WWF. [ 要出典 ] Towards the end of the "Golden Age", Bret Hart of the Hart Foundation began to break out on his own as a singles competitor, with his most memorable match early on taking place at SummerSlam in 1992 against "The British Bulldog" Davey Boy Smith. Hart would eventually capture the WWF World Heavyweight Championship from Ric Flair later that year and would win the King of the Ring tournament the following year.

In January 1993, WWF created their prime time cable TV program Monday Night Raw, which aired on the USA Network.


Piragua and the piragüeros

Piragua Cart and Piraguero

The piragua vendor is known as the “Piragüero”. Most Piragüeros sell their product from a colorful wooden pushcart that carries an umbrella, instead of from a fixed stand or kiosk. The Piragüero makes the treats from shavings off a block of solid ice inside his cart and mixtures of fruit-flavored syrups. The tropical syrup flavors vary from lemon and strawberry to passion fruit and guava. Once the syrups are ready, the Piragüero will go to his place of business, which in Puerto Rico is usually close to the town plaza, while in the United States it is usually close to the public parks near Hispanic neighborhoods, to sell his product.

type of Hand Ice Shaver used by the Piragüero


What Is The Capital Of Paraguay And Where Is It Located?

The capital city of Paraguay has quite a long name Nuestra Señora Santa María de la Asunción. In short known as Asunción, it is also the largest city in the country. The city is located on the left bank of the Paraguay River. More precisely, Asunción lies near the confluence of the Paraguay River with the River Pilcomayo. The city is separated from Argentina and the Occidental Region of Paraguay by the Bay of Asunción and the Paraguay River in northwest and south. The Central Department of Paraguay surrounds the city in other directions.


Cooking Guinea Pig

Cuy chactadois the deep-fried version of our furry friend. The animal is usually served flattened with the head removed. As there are different versions of this recipe I’ll leave you with one that you can use as a base for experimenting. This is a simple dish so removing the cornmeal, peppers, and cumin from the recipe will not change the overall presentation or taste too much.

Peruvian Guinea Pig recipe

1. Remove the hair and guts from a medium guinea pig. Clean it thoroughly.
2. Dip the cuy in water laced with a good amount of lime juice and leave to dry for an hour or two. In Peru, a cook will leave it to dry in the sun (left to hang on a cord or twine). You can also leave the animal to dry in an oven (at low temperatures)
3. Rub salt, pepper, cumin, and garlic (ground) onto the dry skin of the raw animal. The best way to do this is by hand as you can really get the condiments into the skin this way. Brushing or spooning the spices onto the meat will not work nearly as well.
4. Boil water in a saucepan and add cornmeal (50-100g), 2 chopped ají Amarillo peppers, 1/2 cup of vegetable oil, and a couple of chopped garlic cloves. Cook until the peppers become soft.
5. Heat oil in another saucepan. Meanwhile, dip the carcass in cornmeal flour so that it is coated with a thin layer. Using a skewer put the guinea pig into the oil, turning several times to cook the entire animal. Drop some lime juice onto the flesh as you turn it and remove when the entire carcass is a golden color.

Serve the cuy on a large plate and spoon over some of the sauce from step 4。 I like this dish served with potatoes or sweet potatoes. Fries or Salsa criolla are typical tasty sides for cuy chactado. A delicious Peruvian sauce called salsa huacatay is often served up with this dish and it complements it very well.

Photo credit: Roast Guinea Pig with potatoes by Pululante, licence: CC BY 2.0

Roast Guinea Pig (Cuy) Peruvian Delicacy

Cuy: Guinea Pig dish from Peru

About Eat Peru

Peruvian foodie. I've been writing about the food of Peru for over 10 years.