ニュース

海軍の歴史

海軍の歴史

イギリス海軍がドイツの戦艦ビスマルクを沈める

1941年5月27日、イギリス海軍はフランス近郊の北大西洋にドイツの戦艦ビスマルクを沈めました。ナチスの指導者アドルフ・ヒトラーは、最先端の ...続きを読む

アメリカ海軍兵学校が開校

米国海軍兵学校がメリーランド州アナポリスに開設され、50人の士官候補生と7人の教授がいます。 1850年まで海軍学校として知られていたカリキュラムには、数学とナビゲーション、砲術と蒸気、化学、英語、自然哲学、フランス語が含まれていました。 NS ...続きを読む

ルシタニアの沈没が第一次世界大戦をどのように変えたか

米国議会図書館によると、1915年5月7日、ドイツのUボートがイギリス所有の豪華蒸気船ルシタニアを魚雷で撃ち、128人のアメリカ人を含む1,195人を殺害しました。災害はすぐにドイツと中立の米国の間の関係を緊張させ、煽られた ...続きを読む

ビスマルク沈没を偲んで

1941年5月19日の早朝の暗闇に覆われて、これまでに建造された中で最も恐ろしい戦艦が、処女航海でバルト海に滑り込みました。海に面した城である厚装甲のビスマルクは、 ...続きを読む

9画期的な初期潜水艦

1. Drebbel:1620-1624英国の数学者William Bourneは、1578年頃に潜水艦の最も初期の既知の計画のいくつかを作成しましたが、世界初の実用的なプロトタイプは、オランダの博学者であり発明者であるCorneliusDrebbelによって17世紀に建設されました。イギリス人 ...続きを読む

フライト19の不思議な失踪

それは単なる定期的な訓練飛行として始まりました。午後2時10分1945年12月5日、5機のTBMアベンジャー雷撃機がフォートの海軍航空基地から離陸しました。フロリダ州フォートローダーデール。総称して「フライト19」と呼ばれる飛行機は、3時間の演習に取り組む予定でした。 ...続きを読む

アメリカ海軍についてあなたが知らないかもしれない7つのこと

1.ジョージ・ワシントンは海軍の父でした。海上での経験はほとんどありませんでしたが、ジョージワシントンは海軍の初期の巨大な支持者であり、とりわけイギリスの補給線を混乱させると信じていました。 「その夜が成功するのと同じくらい確実に続く ...続きを読む

戦艦ポチョムキンの反乱

ポチョムキン蜂起は、食べ物に関する意見の不一致によって引き起こされましたが、それは偶然ではありませんでした。ロシアの黒海艦隊の士気は、日露戦争での敗北と銃後の広範な市民不安に刺激されて、長い間底堅い状態にありました。多くの海軍艦艇 ...続きを読む

アメリカのタイタニックの忘れられた物語

1865年4月24日に蒸気船スルタナに乗り込んだ数百人の北軍の退役軍人と最近解放された捕虜は血まみれで疲れ果てて飢えていましたが、南北戦争で戦った60万人以上の兵士とは異なり、彼らは生きていました。彼らは生き残った ...続きを読む

6古代の海戦

1.サラミスの海戦紀元前480年、古代ギリシャはその生涯をかけて戦っていました。ペルシャの征服者クセルクセスはテルモピュライの戦いでギリシャの擁護者の連立を打ち負かし、彼の軍隊はアテネを略奪し、アクロポリスを燃やした。完全な敗北は ...続きを読む

船の速度がノットで測定されるのはなぜですか?

古代の船員は、船の船首に木片やその他の浮かぶ物体を投げて、船尾が物体を通過するまでに経過した時間を数えることで、船の移動速度を測定していました。この方法は、オランダ人のログとして知られていました。 16日後半までに ...続きを読む

ハンリーの大胆な潜水艦ミッション

1864年2月17日の晴れたが肌寒い夜、ジョン・クロスビーは南北戦争の開始地点であるサムター要塞から6マイル弱3年離れたUSSフーサトニックの甲板に立っていました。月明かりがチャールストン港のまだ表面にきらめいていた ...続きを読む

あなたが知らないかもしれない5つの海事災害

1.ヴィルヘルム・グストロフ(1945):史上最悪の難破船1945年1月30日、このドイツの遠洋定期船がソビエトの潜水艦に襲われ、バルト海の極寒の海に沈んだ後、約9,000人が死亡しました。ナチスの指導者にちなんで名付けられたグストロフ ...続きを読む

6つの有名な海軍反乱

1.バウンティ号の反乱1789年のバウンティ号の反乱では、反抗的な乗組員が船を乗っ取り、独自の島のコミュニティを構築しました。ウィリアムブライが指揮するHMSバウンティは、南太平洋でパンノキの苗木を集める任務のために1787年12月にイギリスを離れました。中 ...続きを読む

USS憲法が「オールドアイアンサイド」になった経緯

午後2時頃1812年8月19日の午後、USS憲法に乗った見張りが、曇った南の地平線に向かって帆をスパイしました。ニュース速報はフリゲート艦の指揮官であるアイザックハル大尉と彼の容疑を「網のベッドから鳩のように群がった」と伝えた。 ...続きを読む

デビッドファラガット

デヴィッド・ファラガット(1801-70)は、南北戦争(1861-65)の間に北軍への奉仕で高い評価を得た、熟練した米国海軍士官でした。ファラガットは北軍による南部の港の封鎖を指揮し、南軍の都市ニューオーリンズの占領を支援し、 ...続きを読む

ダイバーが米国を回復砲塔を監視する

2002年8月5日、米国のさびた鉄砲塔モニターは140年ぶりに水から日光に突入しました。装甲艦は、ハタラス岬沖の嵐で倒れてから休んでいた大西洋の床から引き上げられました。 ...続きを読む

USSプエブロ号が捕獲

1968年1月23日、海軍の諜報船であるUSSプエブロ号は、北朝鮮の哨戒艇に迎撃されたとき、北朝鮮沿岸の定期的な監視に従事している。米国の報告によると、プエブロは海岸から約16マイルの公海にありましたが、 ...続きを読む


歴史

「私たちの消えゆく歴史と伝統」への懸念から、ダドリーW.ノックス提督は1926年1月の海軍協会でそのタイトルの記事を執筆するようになりました。 議事録。 ノックスは、海軍の歴史の本物の情報源に異常にアクセスできないため、文書化がはるかに困難になり、記録された海軍の歴史に「明白な欠陥」が生じるとの意見でした。ノックスは、海軍の歴史と伝統に関連する文書を収集し、保存するためのさらなる努力を求めた。

Knoxの記事は、海軍および支援組織内に存在する懸念の高まりのきっかけとなりました。それは、行動計画の採択を求める海軍協会の管理委員会による呼びかけによって前置きされた。海軍歴史協会の終焉とともに、歴史的な海軍資料の収集と保存に専念する全国的な範囲と関心のある民間組織はありませんでした。海軍長官のカーティス・ウィルバーは、そのような組織の創設に彼の支援を与えることに同意し、海軍歴史財団が誕生しました。

海軍歴史財団の設立、1926年

1926年3月13日、海軍歴史財団は、コロンビア特別区の法律に基づいて非営利団体として設立されました。財団の目的は、「写本、遺物、本、写真、および米国海軍と商船の歴史と伝統に関連するその他すべてのものと情報の収集、取得、保存…」を通じて教育的および文学的としてリストされました。 」に加えて、「出版またはその他の方法による、そのような歴史と伝統を尊重する知識の普及」。

最初の組織会議は3月23日に開催され、その1週間後、新たに結成された評議員会がオースティンM.ナイト少将、元アジア艦隊最高司令官、元海軍大学校長に選出されました。の作者 騎士の現代の操船術。 設立から1か月以内に、米国海軍研究所からの1,000ドルの寄付で最初に支援された信託基金が創設されました。

存在の最初の数年は、海軍歴史財団が多くの新しい非営利組織に共通する成長する苦痛を経験するのを見ました。 1927年、ウィリアムL.ロジャース提督が指導的役割を引き受けました。組織は財政的に苦労しましたが、いくつかのコレクションを取得して保存することができました。

それでも、財団のビジョンは壮大でした。 19世紀初頭のフリゲート艦と現代の戦艦を特徴とする新しくデザインされたロゴを掲げた財団は、1932年に最初のモノグラフを発表しました。 米国のレベニューカッターマリンサービスの初期の歴史(1789-1849)– ナショナルモールにある海軍博物館の青写真を作成しました。大恐慌により新しい美術館施設の公的および私的資源の量が制限されたため、1936年に財団はディケーターハウスの潜在的な利用可能性に気づきました。所有者のトラックスタンビール夫人との家の取得と議会との資金提供の交渉は、1943年から1946年まで大統領を務めたロジャース提督とその後継者であるジョセフストラウス提督の残りの任期中はほとんど前進しませんでした。

アーネスト・J・キング艦隊提督、USN、1945年に撮影された肖像写真。(国立公文書館80-G-416885)

しかし、第二次世界大戦後のアーネストJ.キング艦隊提督が率いる海軍の最高指導者の流入により、財団は1948年5月27日に馬車置場を改築するための取り決めを締結することができました。 J. A.フューラー少将は、50,000ドル以上のプロジェクトを監督し、1950年5月18日、新しいTruxtun-Decatur海軍博物館は、「Commodore ThomasTruxtunとStephenDecatur and the Navy of theirTimes」というタイトルの最初の展示でその扉を開きました。

ウィリアム・D・リーヒ艦隊提督は1949年にキングを救済し、今後10年間は​​組織の大統領を務める予定でした。 Leahyは、新しい博物館の立ち上げに加えて、米国議会図書館との間で、財団の増え続ける原稿コレクションを保管および管理し、原稿部門の閲覧室を通じて研究者がそれらの文書を利用できるようにするための取り決めを締結しました。 1950年にリーヒーはワシントン地域のメンバーとゲストに海軍の歴史的関心のある主題に関する講義シリーズを開始しました。その後、スミソニアン協会が共催し、シリーズは1967年まで続きました。

ダドリーW.ノックス提督は、1959年から1961年まで大統領を務めました。彼の主な業績の1つは、アメリカの若者に海軍の歴史と国の福祉との関係における海の力の関係について教育することを目的とした映画シリーズの開始でした。海軍人事局の支援と協力により、財団は1960年に、7本の映画をアメリカ映画サービスに配給することができました。海軍の初期の歴史を広くカバーして、彼らは権利を与えられました: 独立戦争、1775年から1783年のフランスとトリポリとの海軍戦争1812年の戦争、平和と戦争における世界規模の作戦(1815-1869)内戦、パートI&ampIIと海軍の衰退、新海軍とスペインとの戦争(1863- 1898.) 1980年代まで続いたプログラムにさらに2本の映画が追加されました。アメリカ映画サービスを通じて、映画は広く見られました。たとえば、1977年には、24州の約45,000人の学生が少なくとも1本の映画を見ました。

ノックスの在職期間の終わりに向けて、組織のメンバーは、取締役会と会長を規定する新しい定款を承認し、採択しました。ロバート・B・カーニー提督が初代議長に選出され、20年間務めた。ジョン・F・シャフロス中将はノックスを大統領から解放し、1967年までその役職に就いた。

Truxtun-1960年代頃のディケーター博物館

Shafrothの在職期間中、財団は博物館の改修と拡張に重点を置きました。財団は400平方フィートの展示スペースを追加し、照明とデッキカバーを近代化し、新しい通りの入り口にホワイエエリアを追加しました。 1966年に開館する40周年記念展示に間に合うように改装が完了しました。Truxtun-DecaturMuseumは「小さいながらも一種の宝石」としての評判を確立し、年に2回ほど展示を変更しました。スペースに限りがあるため、訪問者にアメリカ海軍の歴史の包括的な概要を提供する施設として機能することはできませんでした。その施設は、海軍がワシントン海軍造船所に「記念博物館」を開設した1963年に設立されました。やがて、財団はその新しい機関と密接に提携するようになるでしょう。

Shafrothはまた、財団の出版プログラムを後押ししました。彼は会員への春と秋の報告を始めました。 1963年、海軍の歴史に関する記事がこのニュースレターに挿入されました。 1979年の秋、ニュースレターのサイズと範囲が拡大し、名前が変更されました。 一緒に引っ張る。 ニュースレターに加えて、1964年の初めに財団はパンフレットシリーズの発行を開始しました。以前、財団は歴史的な募集ポスターやその他の航海用の版画、そして時折ハードカバーのモノグラフを転載していました。パンフレットは、ニュースレターでの治療には大きすぎる主題をカバーするように設計されました。今後30年間で、次のような初期のタイトルで30近くのモノグラフが発行されます。 私はヨーマンFでした (1967) 信じられないほどのアラスカ陸路救助 (1968)と 海軍艦艇の乗組員の入隊、訓練、編成 (1972).

ウォルターS.デラニー中将は、1967年に大統領に就任し、1980年に亡くなるまで財団を率いていました。在任中、海軍は多くの歴史的実体を統合し、海軍歴史センター(現在の海軍歴史センター)が公式になりました。 1975年に始まった実体。海軍省図書館は海軍歴史センターの一部となる実体の1つでした。デラニーの図書館への情熱は、現在の読書室が彼に敬意を表して捧げられたようなものでした。

ジェームズL.ホロウェイ提督、III(海軍歴史および遺産司令部Lファイルから)

デラニーは1980年に亡くなる直前に、組織の日常業務を遂行するために常務取締役を雇うことに同意しました。デビッドA.ロング大尉は、1988年までこの役職に就いていました。デラニーが亡くなり、1年後にカーニーが引退したため、財団は2人の元海軍作戦部長にリーダーシップを求めました。ジェームズ・L・ホロウェイ3世提督は、1980年に18年間の任期を開始し、財団の最長の会長に就任します。アーレイ・A・バーク提督は、1981年から4年間の会長を務めます。

2人の提督のリーダーシップの下で、財団はTruxtun-Decatur Museumの状況を検討し、今後数年間で財団に財政的負担を増大させること、そしてワシントン海軍ヤードの海軍博物館がより良い場所にあることを決定しました。海軍の物語をアメリカ国民に宣伝する。その結果、1982年に、財団はその資産をナショナルトラストフォーヒストリックプリザベーションに引き渡し、ナショナルトラストはその資産を歴史的な家として展示するために改造しました。ワシントン海軍ヤードにある新しく改装された海軍博物館に貴重な遺物の多くが配置されたことで、財団は実際に、海軍ヤード施設がはるかに多くの訪問者を楽しんだため、貴重な所有物の視聴者を増やすことを保証しました。

Truxtun-Decatur Naval Museumの閉鎖により、財団は海軍の旗艦歴史博物館の直接的な支援の役割を担うこともできました。 1983年に、財団が運営するパイロットハウスギフトショップがオープンし、利益の一部は博物館のために確保されました。初年度、ショップは実際に$ 5,300の純損失を記録しましたが、在庫が改善され、展示船が到着しました。 バリー 観光名所として、この店は利益を生み出し始めました。

財団のバーク・ホロウェイ管理中に、2つの興味深いプロジェクトが発生しました。 CNOの公邸が海軍作戦部の敷地内にあるティンゲイハウスに移転したことで、ホロウェイ提督は、博物館品質の家具を購入するための資金を集めることを目的とした委員会を立ち上げました。 CNOとの覚書に署名した後、委員会は最初の年に買収のために34,000ドル以上を調達して支出しました。 「ティンゲイハウス」基金が創設されてから四半世紀の間、財団は家具の購入と修理に約20万ドルを寄付してきました。さらに、1985年に、財団の理事会のメンバーであるジェラルドライト提督は、スコットランドのカークビーンにあるジョンポールジョーンズの発祥の地を復元するキャンペーンを開始しました。最終的には、財団の「ジョンポールジョーンズの友」グループがプロジェクトに向けて50,000ドルを調達することになります。今日、観光客はスコットランド高地南西部に最近完成したビジターセンターがある発祥の地の家を訪れることができます。

エリオット・シュトラウス少将は財団の3番目の会長になり、1998年まで理事会の議長を務めました。ケネス・コスキー大尉は1988年に常務理事としてロングを解放しました。

1990年代、財団はスタッフの規模の拡大につながるいくつかのイニシアチブを取りました。海軍歴史センターに向けられていた写真画像に関する多数の問い合わせを容易にするために、財団は写真の複製を処理するために歴史サービス部門を設立しました。時間の経過とともに、この部門は、クルーズブックとドキュメントのコピーサービス、および有料のクライアントのための歴史的調査を実行し、組織に収入をもたらします。さらに、ウィリアムH.G.フィッツジェラルド大使から提供された20,000ドルの助成金を受けて、財団はオーラルヒストリーの仕事を行うために大学院生のデイビッドウィンクラーを雇いました。最終的に、ウィンクラーはプログラムと開発のディレクターとしてフルタイムの従業員としてスタッフに加わりました。

米国議会図書館、ジェームズマディソンビルのNHF原稿コレクション

1949年以来、米国議会図書館での海軍歴史財団のコレクションは増え続けました。 1974年に発行されたカタログには、254のコレクションから337,000のアイテムがリストされており、「アメリカの海軍の歴史に関連する単一のリポジトリにある最大の個人論文」となっています。長期保存のために、1998年に財団は米国議会図書館にそのコレクションを譲渡しました。新しい資料が財団に届くと、キュレーターは適切なリポジトリを決定します。その結果、米国議会図書館の海軍歴史コレクションは増え続けています。この発見支援文書は、米国議会図書館に保管されている米国海軍の歴史の全範囲をカバーする300を超える個別の論文グループの多くを詳しく説明しています。

1998年から1999年にかけて、ホロウェイ提督が会長職に就任し、ロバートF.ダン中将がホロウェイの後任として会長に選出され、財団のリーダーシップが最も最近変化しました。チャールズ・T・クリークマン大尉は、コスキー大尉を常務取締役として安心させた。

新しいリーダーシップチームの下で、組織は私たちの海軍遺産を保存し促進するという使命を果たし続けました。 1999年に一致する25,000ドルの国家海事助成金により、米国議会図書館、海軍歴史センター、またはその他の場所にある常設リポジトリへの資料の転送を処理する専門の学芸員が最終的に雇用されました。オーラルヒストリープログラムはボランティアの利用を通じて拡大し、海軍遺産スピーカープログラムは、全国の聴衆に対応するための海軍歴史専門家の要求を処理しました。さらに、財団は、海軍歴史遺産司令部、米国海軍協会、海軍潜水艦連盟、水上海軍協会、米国海軍記念館、米国海軍秩序、米国海軍連盟などの他の組織と提携して後援しました。話題の歴史的主題に関する多数のシンポジウムや会議。

もう1つのアウトリーチイニシアチブは、海軍遺産のビデオシリーズで、約20の短い歴史のビネットを作成しました。 アメリカ海軍ヘリテージミニシリーズ、海軍の一般軍事訓練計画に組み込まれました。 2002年、財団はUSSの歴史博物館の部屋の建設を促進しました 企業.

2冊のコーヒーテーブルブックの出版は、財団の財源にかなりの収入をもたらしました。 海軍 2000年に最初に発行され、いくつかの再版が行われました。アメリカの海軍の歴史に関するこの物語の扱いは、30万部以上を売り上げ、高い需要が続いています。 アメリカ海軍、完全な歴史 2003年に発行されたものは、イラク戦争までの米海軍の歴史の年表を公開し、売れ行きも良かった。コーヒーテーブルの本に加えて、財団はその提供を拡大し、より大きな海軍博物館店に海軍アートカレンダーやその他のアイテムを含めました。財団による海軍博物館店の運営は、海軍歴史および遺産司令部の博物館コンポーネントへの長期的な取り組みを象徴しています。

冷戦ギャラリーでの秘密潜水艦作戦展示

近年、この取り組みは大幅に拡大され、ワシントン海軍ヤードの歴史的な建物70に海軍博物館の冷戦ギャラリーを建設するための資本キャンペーンのスポンサーが含まれています。 2009年、ギャラリーのセントラルホールとレディルームシアターは海軍に引き渡されました。 2011年には、秘密潜水艦作戦の展示が完了しました。

2008年、ブルース・デマール提督はホロウェイ提督を議長として解任しました。組織の18年間の情熱的なリーダーシップの後、ホロウェイ提督は現在、海軍歴史財団の名誉会長を務めています。

今日、財団は、ワシントンDCにある海軍の歴史的プログラムとその旗艦である米国海軍国立博物館に切望されていた支援を提供することに加えて、第二次世界大戦から冷戦までの海軍退役軍人の口頭の歴史を収集し、記事を公開しています。そして重要な海軍の歴史のトピックに関するシンポジウムを後援します。海軍の芸術、工芸品、文書、写真の歴史的コレクションへの一般の人々のアクセスを増やすために、財団は歴史的サービス部門を通じて歴史的研究と文書と画像の両方の複製を提供しています。

財団は、ワシントン訪問の記念品を探している若い観光客と、財団の署名であるTruxtun Bowlレプリカなどの特別なプレゼンテーションギフトを探している海軍司令部の両方を満足させるために、海軍博物館店で高品質のギフトを提供しています。海軍博物館のアクセシビリティを向上させるために、財団は海軍との独占ライセンスを持っており、夜と週末のイベントに博物館を借りて、企業、海軍、個人のディナーやレセプションにユニークな場所を提供しています。

2011年、財団は新しいSTEM教師フェローシッププログラムを開始しました。 STEMはScience、Technology、Engineering、and Mathの略であり、海軍と我が国の将来にとって重要な焦点になりつつあります。冷戦ギャラリーでの2週間のプログラムのために、米国中から8人の教師が競争力のある応募者の中から選ばれました。彼らは、原子力潜水艦の技術と運用について、現役の海軍要員と冷戦の退役軍人から説明を受けた。 2週間の懸命な努力の結果、STEMに焦点を当てた教育レッスン計画が作成され、全国の教育者が使用できるようになりました。レッスンプランはオンラインで閲覧できます。

近年、財団は電子的なアウトリーチの取り組みを強化しています。 www.navyhistory.orgのホームページとそれに付随するNHFブログに加えて、2011年には、海軍博物館の冷戦ギャラリーをサポートするためにwww.usnavymuseum.orgを立ち上げました。メンバーには、WE-PullTogetherとNavalHistory BookReviewsの2つの電子ニュースレターを発行しています。また、FacebookやTwitterなどのツールを使用して強力なソーシャルメディアの存在感を維持しています。私たちのメンバーや友人がこのオンライン対話に参加し、海軍の歴史の保存、教育、記念という私たちの使命を成功させるのに役立つことを願っています。

海軍歴史財団は、海軍の内外で十分な評判を得ており、サービスの歴史的支援組織の学部長であり続けています。この評判が得られたということは、部分的には、私たちの会員の個人的および経済的貢献によるものと考えられます。これは私たちが常に認識し、感謝し続けるでしょう。


海軍の歴史-歴史

グラフシュピー
第二次世界大戦の最初の主要な海軍作戦は、イギリス海軍がイギリスの商船を攻撃する使命を帯びていたドイツの巡洋戦艦、グラーフ・スリーを追跡したときに行われました。 1939年9月30日から12月7日の間に、ハンス・ラングスドルフ大尉の指揮下にあるグラフシュピーは、総トン数50,089の9隻の貨物船を沈めました。沈没した船の乗組員や乗客は一人も殺されませんでした。

イギリス海軍は、Graf Sreeが次にモンテビデオ沖に向かい、より多くの輸送を妨害すると正しく推測しました。巡洋艦Ajax、Achilles、Exeterで構成されるイギリスの機動部隊がGrafSpreeに集結しました。 1939年12月12日の朝、GrafSpeeが見つかりました。 Graf Speeが最初に発砲し、Exeterに損害を与えました。 3人のイギリス軍全員が応答した。イギリスの船が反応した。その後の戦闘でイギリス艦とグラフシュペーの両方が損傷したが、3隻のイギリス船の累積効果がグラフシュペーに深刻なダメージを与えた。 Graf Speeは、修理の時間を要求してモンテビデオに向かった。ウルグアイ人は拒否したが、イギリス軍はモンテビデオに向かって追加の部隊を急いだ。その後、ラングスドルフ大尉はモンテビデオ港でグラフシュピーを自沈させることにしました。

真珠湾

日米戦争は12月7日午前6時37分に始まった。駆逐艦の区は、真珠湾の入り口の外で日本の特殊潜航艇を爆雷で突撃しました。真珠湾の指揮官には警告は渡されませんでした。 7時58分にその言葉が出ましたAIRRAID PEARLハーバー-これはドリルではありません&#148
日本軍が8隻の戦艦を攻撃したとき、5隻の巡洋艦、26隻の駆逐艦、その他のさまざまな補助艦が港にいました。
最初に攻撃された船は、戦艦ウェストバージニアでした。半ダースの爆弾と魚雷のヒットが必要でした。ウェストバージニアに乗った数人の尉官の迅速なダメージコントロールは転覆を防ぎ、それで直立して落ち着き、乗組員の大部分を救った。
戦艦オクラホマは5回の魚雷攻撃を受けて転覆しました。 415人の将校と男性がそれと共に倒れた。
戦艦ネバダは進行中の唯一の戦艦でしたが、5発の爆弾に見舞われました。ワイポポイントで浜に打ち上げられました。

756年に、アリゾナの弾倉で1,800ポンドの爆弾が爆発しました。それは数分で船を沈めた一連の爆発を引き起こし、1,411人の乗組員のうち1,103人を殺しました。
8:04に、2隻の魚雷が戦艦カリフォルニアを攻撃し、ゆっくりと底に沈みました。
戦艦テネシーとメリーランドの両方が爆弾によって損傷を受けましたが、沈みませんでした。標的艦ユタは2隻の魚雷に襲われ、転覆した。ついに乾ドックにあった戦艦ペンシルベニアが550ポンドの爆弾1発に当たった。

チャーチル首相の指揮下にあるイギリス海軍は、そこにある2隻の主要な戦艦であるリパルスとプリンスオブウェールズを太平洋に送りました。船には不屈の船が同行することになっていたが、彼女はジャマイカで座礁していた。したがって、リパルスとプリンスオブウェールズは、航空支援なしで前進する日本軍を迎撃するためにシンガポールから進んだ。日本人は部隊を追跡しており、12月10日、インドシナ(ベトナム)を拠点とする日本の航空機がイギリス艦隊を攻撃した。合計85機の日本機が2隻の戦艦を攻撃しました。数時間のうちに、両方の船が沈没しました。日本軍は4機の航空機を失い、イギリス軍は最も強力な2隻の航空機を失いました。 840人の将校と男性が船に乗って降りました。


1812年12月29日 ウィリアム・ベインブリッジ大尉が指揮するUSS憲法は、HMSジャバを捕らえています。

1862年12月12日-USSカイロはヤズー川の南軍の鉱山に沈められました。
1941年12月16日 南シナ海で操業しているUSSソードフィッシュは日本の貨物船アツツサンを沈めました。

1943年12月4日-USSセイルフィッシュが日本の護衛空母冲鷹を本州沖に沈める

1943年12月16日-ドイツの潜水艦U-73は、米国の駆逐艦トリッペとウールジーによって沈められました

1943年12月19日-USSグレイバックSS-208は、日本の破壊者沼風を台湾と九州の間に沈めます

1944年12月11日 USSリードは神風によってレイテ島に沈められました

1944年12月15日 USSホークビルが桃を沈める


組織とジャーナル

国の経験に強い海事要素を持つ多くの国は、この分野で査読付きのジャーナルを発行する老舗の学会を持っています。 7その中で最も広く知られているのは、オランダのNederlandse Vereniging voorZeegeschiedenisです。 ZeegeschiedenisのTijdschrift、スウェーデンのSj&oumlhistoriska Samfundetは、 フォーラムナベール、およびフランスのSoci&eacutet&eacute Fran&ccedilaise d'Histoire Maritimeは、 La Chronique d'Histoire Maritime。さらに、多くの国立海事博物館は、ドイツのSchiffahrtsarchivを含む、査読付きの学術年鑑を発行しています。 Deutsches Schiffahrts、ドイツ国立博物館および連邦研究センター、および &Aringrbok オスロのノルウェー海洋博物館の英語圏で最も著名な学術団体は、英国の100年前の海洋調査協会であり、 マリナーズミラー オーストラリア海事史協会は、 大圏 カナダ航海研究協会は、 ノーザンマリナー/ルマリンデュノール 米国の北米海洋史学会と共同で。

これらのジャーナルと最近設立されたジャーナルは、従来の全国的な見通しを超えて、より広いグローバルな視点に視野を広げ始めています。国際海事経済史学会は、20年以上前にその主導権を握りました 海事史の国際ジャーナル とその一連のモノグラフ、 海事史の研究。より最近では、次のような電子ジャーナルがまだあります。 海事研究ジャーナル、グリニッジの国立海洋博物館が発行した コリオリ:学際的 海事研究ジャーナル、ミスティックシーポートミュージアムと 海軍史の国際ジャーナル:海軍歴史奨学金のためのグローバルフォーラム。これらの中で、 海事史の国際ジャーナル そしてその マリナーズミラー European ScienceFoundationによって「クラス1」ジャーナルとして認められています。

記事の長さの研究にはさまざまな出版の機会がありますが、米国で本の長さのモノグラフの出版社を見つけることは依然として課題です。今年まで、フロリダ大学出版局は、ジェームズC.ブラッドフォードとジーンA.スミスが編集した、そのすばらしいシリーズ「海事史と航海考古学の新しい展望」でこの分野をリードしていました。

海事史のオックスフォード百科事典は、2007年に50か国から400人の寄稿者とともに発行され、世界的な学術参考書を組織するこの分野での最初の試みでした。 David M. Williams's "Humankind and the Sea: The Changing Relationship since the Mid-Eighteenth Century" and Lincoln Paine's "Beyond the Dead White Whales: Literature of the Sea and Maritime History," both published in the June 2010 issue of The International Journal for Maritime History, reflect the field's changing perspectives and broadened scale. Williams shows the gradual shift from an emphasis on the economic, to the social, to the environmental and ecological concerns of the last half century, while Paine pushes the field to look beyond its usual list of Anglophone writers. After all, Paine points out, if the purpose of putting to sea is to establish wider connections, then the parochial canon of Anglo-American literature has failed its own test. The North American Society for Oceanic History's (NASOH) annual conference, held at Old Dominion University in Norfolk, Virginia, in March, 2011, included sessions on the development of seaports, maritime labor and environmental history, naval affairs, whaling, and women in maritime history.


コンテンツ

Ships were developed and used since the Three Kingdoms of Korea period. Because of the abundance of coastal waters surrounding the Korean peninsula, Koreans developed simple fishing ships to take advantage of the resources.

Baekje, one of the kingdoms, first began expanding its navy and trading products by sea. Baekje also provided the link to spread Buddhism and Korean and Chinese culture to Japan. However, with the rise of Goguryeo's power and Gwanggeto the Great, Baekje's navy was soon defeated near the end of the 4th century [4] Goguryeo also repelled numerous Chinese naval forces during its wars with China. During the Goguryeo-Sui Wars, Goguryeo defeated an invading Chinese fleet in 598, in the Bohai Sea.

After the defeat of Goguryeo with an alliance with Tang China in 668, Silla unified the Korean peninsula. During this time, Korean culture and philosophy reached its height, and Unified Silla maintained a large trading network with both China and Japan. [4]

Silla, like previous Korean kingdoms, maintained powerful control over its trade routes and oceanic territory as Japanese and Chinese pirates began to harass trade routes over sea. From 828 to 846, however, a Silla merchant named Jang Bogo, rose to prominence and gathered a navy to repel pirates and control Korean trade routes. Jang eventually became a maritime commissioner on Wando Island.

With stable control over maritime rights, Silla prospered in the peace of its rule. However, internal strife weakened it and after wars during the Later Three Kingdoms period, fell the Goryeo in 935.

Korean shipbuilding again excelled during the Goryeo Dynasty. In the 11th century, Goryeo shipbuilders developed the kwason, or spear vessel. [5] This ships was designed to ram and destroy Japanese pirate vessels, who were attacking coastal Korean cities. Goryeo ships were both large and strong in terms of size and durability and the largest could carry 200 or more fighting marines.

Choe Mu-seon, a Goryeo scientist, developed Korean cannon in the 14th century. They were soon developed to be used on Goryeo battleships and were used with success against the Mongol invasion. During the Mongol invasion of Japan in 1281, about 900 Goryeo ships that assisted the invasion with Yuan Mongol vessels, only a few Goryeo ships were damaged while most of the invasion force of Mongol vessels were destroyed in the "kamikaze", or divine wind. [5] By 1380 the Goryeo navy had implemented widespread use of cannons on board their ships attacked and a large wako fleet off of the Geum River which resulted in the near annihilation of almost the entire wako fleet. The world's first naval artillery battle took place off the coast of Korea. [6] In the Battle of Chinpo (1380), 80 Koryo warships, equipped with firearms invented by Choi Mu-son, sank 500 Japanese wako, or pirate ships. Also in 1383, Admiral Jeong Ji destroyed 17 wako pirate vessels using shipboard cannons. In 1389 a total of 300 Waegu ships were destroyed and over a hundred of Korean prisoners liberated in a raid on Tsushima ordered by Yi Seonggye.

During the Joseon Dynasty, however, the navy and maritime operations fell into disuse, while fishing ships continued to operate and prosper. Because of the relative peace during the Joseon dynasty, the entire military itself weakened and was ignored. Also, with the policy of Korean kings that emphasized agriculture and Confucian ideals, the Korean navy along with the rest of the Korean military weakened steadily.

However, in 1419, King Sejong sent Yi Jong-mu to destroy the Japanese on Tsushima Island in the Oei Invasion as a response to Japanese Wokou raids on Korean coastal cities. Yi took 227 Korean ships and about 17,000 soldiers landed and attacked Japanese settlements on Tsushima Island, destroying crops, killing Japanese islanders and pirates, and plundering ships. The So clan, the ruling seat of Japan, surrendered and requested to pay tributes. Korea allowed the So clan to be able to trade with Korean coastal harbors under the condition that Japanese pirates be suppressed.

Korea eventually developed strong wooden ships called panokseons that made up the backbone of the Joseon navy. In the 15th century, under the decree of King Sejong, more powerful cannons were developed and tested. Used on battleships, the cannons proved to be a great success during actions against Japanese pirate ships. Panokseons and the Korean navy were most widely used during the Japanese invasions of Korea (1592-1598) when Admiral Yi Sun-sin's brilliant strategy defeated Japanese fleets. Admiral Yi also developed the turtle ship upon an older design.

By the end of 19th century, the Joseon Navy had no significant naval force [7] other than coast defense fortresses. Although there was an attempt to modernize the navy by establishing a royal naval school, the Joseon Navy was brought to an end in 1895. In 1903, the government of the Korean Empire purchased its first modern war ship, the Yangmu。 [8] Korean naval tradition was disrupted after Korea was annexed by the Empire of Japan in 1910.

During the Japanese occupation period (1910-1945), the Imperial Japanese Navy built a naval base (Chinkai Guard District) in southern Korea (at present-day Jinhae).

The modern South Korean Navy has about 68,000 regular personnel and 170 commissioned ships including submarines and auxiliary fleets. The ROK navy is participating in peacekeeping operations. The ROK navy has been concentrating efforts to develop and build more powerful ships to defend national maritime rights. The South Korean navy plans on becoming a blue-water navy by 2020 as well and is developing experimental vessels under projects like the Korean Destroyer eXperimental (KDX) program and the Dokdo class landing platform experimental.

The North Korean Navy is used to defend the waters of North Korea. However, not much is known about the North Korean navy and what equipment is used.


概要

The History Department of the United States Naval Academy offers a wide variety of courses in many different areas of American, European, and world history. Midshipmen majoring in History graduate from the Naval Academy with a B.S. degree in History.

Majors

In addition to the standard major, there is a special honors major in which selected students may participate. One or two students each year are also selected for the Trident Scholar Program and the Voluntary Graduate Education Program.

Naval History Symposium 

The History Department is the home of the world-renowned Naval History Symposium held biennially. It's the premier academic conference to showcase the latest research on naval and maritime history from experts all over the world. The 2021 Naval History Symposiium will be held 23-24 September, 2021 at the United States Naval Academy. 

The History Department sponsors several awards annually, including the Horace Porter and Merrill Bartlett Prizes. The History Department also sponsors the Rhodes, Marshall, and Fitzgerald Scholarship programs at the Naval Academy. Recipients of these prestigious awards are funded to continue their studies at leading universities in the U.S. and Europe. Every year, in addition, qualifying midshipmen are inducted into Phi Alpha Theta, the national History honor society. 

Faculty 

The civilian and military faculty  of the History Department includes specialists in many areas of history.


コンテンツ

Early coastal maritime endeavours Edit

The Han dynasty established the first independent naval force in China, the Tower Ship Navy.

Although naval battles took place before the 12th century, such as the large-scale Three Kingdoms Battle of Chibi in the year 208, it was during the Song Dynasty (960–1279) that the Chinese established a permanent, standing navy in 1132. [3] At its height by the late 12th century there were 20 squadrons of some 52,000 marines, with the admiral's headquarters at Dinghai, while the main base remained closer to modern Shanghai. [3] The establishment of the permanent navy during the Song period came out of the need to defend against the Jurchens, who had overrun the northern half of China, and to escort merchant fleets entering the South East Pacific and Indian Ocean on long trade missions abroad to the Hindu, Islamic, and East African spheres of the world. However, considering China was a country which was for a long time menaced by land-based nomadic tribes such as the Xiongnu, Göktürks, Mongols, the navy was always seen as an adjunct rather than an important military force. By the 15–16th centuries China's canal system and internal economy were sufficiently developed to nullify the need for the Pacific fleet, which was scuttled when conservative Confucianists gained power in the court and began a policy of introspection. After the First and Second Opium Wars, which shook up the generals of the Qing dynasty, the government attached greater importance to the navy.

When the British fleet encountered the Chinese during the First Opium War, their officers noted the appearance of paddle-wheel boats among the Chinese fleet, which they took to be copies of a Western design. Paddle-wheel boats were actually developed by the Chinese independently in the 5th–6th centuries, only a century after their first surviving mention in Roman sources (see Paddle steamer), [4] though that method of propulsion had been abandoned for many centuries and only recently reintroduced before the war. Numerous other innovations were present in Chinese vessels during the Middle Ages that had not yet been adopted by the Western and Islamic worlds, some of which were documented by Marco Polo but were not adopted by other navies until the 18th century, when the British successfully incorporated them into ship designs. For example, medieval Chinese hulls were split into bulkhead sections so that a hull rupture only flooded a fraction of the ship and did not necessarily sink it (see Ship floodability). This was described in the book of the Song Dynasty maritime author Zhu Yu, the Pingzhou Table Talks of 1119 AD. [5] Along with the innovations described in Zhu's book, there were many other improvements to nautical technology in the medieval Song period. These included crossbeams bracing the ribs of ships to strengthen them, rudders that could be raised or lowered to allow ships to travel in a wider range of water depths, and the teeth of anchors arranged circularly instead of in one direction, "making them more reliable". [6] Junks also had their sails staggered by wooden poles so that the crew could raise and lower them with ropes from the deck, like window blinds, without having to climb around and tie or untie various ropes every time the ship needed to turn or adjust speed.

A significant naval battle was the Battle of Lake Poyang from August 30 to October 4 of the year 1363 AD, a battle which cemented the success of Zhu Yuanzhang in founding the Ming Dynasty. However, the Chinese fleet shrank tremendously after its military/tributary/exploratory functions in the early 15th century were deemed too expensive and it became primarily a police force on routes like the Grand Canal. Ships like the juggernauts of Zheng He's "treasure fleet," which dwarfed the largest Portuguese ships of the era by several times, were discontinued, and the junk became the predominant Chinese vessel until the country's relatively recent (in terms of Chinese sailing history) naval revival.

Imperial Chinese Navy Edit

There were four fleets of the Imperial Chinese Navy:

    - North Sea Fleet based from Weihaiwei - South Sea Fleet based from Shanghai - based from Canton (now Guangzhou) - based from Fuzhou, founded in 1678 as the Fujian Marine Fleet[7]

In 1865, the Jiangnan Shipyard was established.

In 1874, a Japanese incursion into Taiwan exposed the vulnerability of China at sea. A proposal was made to establish three modern coastal fleets: the Northern Sea or Beiyang Fleet, to defend the Yellow Sea, the Southern Sea or Nanyang Fleet, to defend the East China Sea, and the Canton Sea or Yueyang Fleet, to defend the Taiwan Strait and the South China Sea. The Beiyang Fleet, with a remit to defend the section of coastline closest to the capital Beijing, was prioritised.

A series of warships were ordered from Britain and Germany in the late 1870s, and naval bases were built at Port Arthur and Weihaiwei. The first British-built ships were delivered in 1881, and the Beiyang Fleet was formally established in 1888. In 1894 the Beiyang Fleet was on paper the strongest navy in Asia at the time. However, it was largely lost during the First Sino-Japanese War in the Battle of the Yalu River.が ZhenyuanDingyuan modern batttleships were impervious to Japanese fire, they were unable to sink a single ship and all eight cruisers were lost. [8] The battle displayed once again that the modernisation efforts of China were far inferior to the Meiji Restoration. The Nanyang Fleet was also established in 1875, and grew with mostly domestically built warships and a small number of acquisitions from Britain and Germany.

The Nanyang Fleet fought in the Sino-French War, performing somewhat poorly against the French in all engagements.

The separate Fujian and Guangdong fleets became part of the Imperial navy after 1875. The Fujian Fleet was almost annihilated during the Sino-French War, and was only able to acquire two new ships thereafter. By 1891, due to budget cuts, the Fujian Fleet was barely a viable fleet. The Guangdong Fleet was established in the late 1860s and based at Whampoa, in Canton (now Guangzhou). Ships from the Guangdong Fleet toured the South China Sea in 1909 as a demonstration of Chinese control over the sea.

After the First Sino-Japanese War, Zhang Zhidong established a river-based fleet in Hubei.

In 1909, the remnants of the Beiyang, Nanyang, Guangdong and Fujian Fleets, together with the Hubei fleet, were merged, and re-organised as the Sea Fleet and the River Fleet.

In 1911, Sa Zhenbing became the Minister of Navy of the Great Qing.

One of the new ships delivered after the war with Japan, the cruiser Hai Chi, in 1911 became the first vessel flying the Yellow Dragon Flag to arrive in American waters, visiting New York City as part of a tour. [9] [10] [11] [12]

Modern Edit

The Republic of China Navy is the navy of the Republic of China, which was established after the overthrow of the Qing dynasty. Liu Guanxiong, a former Qing dynasty admiral, became the first Minister of Navy of the Republic of China. During the period of warlordism that scarred China in the 1920s and 1930s the ROCN remained loyal to the Kuomintang government of Sun Yat-sen instead of the warlord government in Beijing which fell to the nationalist government in the 1928 northern campaign and between the civil war with the Communist Party and 1937 Japanese invasion of Northeast China. During that time and throughout World War II, the ROCN concentrated mainly on riverine warfare as the poorly equipped ROCN was not a match to Imperial Japanese Navy over ocean or coast. [13]

The People's Liberation Army Navy was established in 1950 for the People's Republic of China. The PLAN can trace its lineage to naval units fighting during the Chinese Civil War and was established in September 1950. Throughout the 1950s and early 1960s, the Soviet Union provided assistance to the PLAN in the form of naval advisers and export of equipment and technology. [14] Until the late 1980s, the PLAN was largely a riverine and littoral force (brown-water navy). However, by the 1990s, following the fall of the Soviet Union and a shift towards a more forward-oriented foreign and security policy, the leaders of the Chinese military were freed from worrying over land border disputes, and instead turned their attention towards the seas. This led to the development of the People's Liberation Army Navy into a green-water navy by 2009. [15] Before the 1990s the PLAN had traditionally played a subordinate role to the People's Liberation Army Ground Force.

Early literature Edit

One of the oldest known Chinese books written on naval matters was the Yuejueshu (Lost Records of the State of Yue) of 52 AD, attributed to the Han Dynasty scholar Yuan Kang. [1] Many passages of Yuan Kang's book were rewritten and published in Li Fang's Imperial Reader of the Taiping Era, compiled in AD 983. [16] The preserved written passages of Yuan Kang's book were again featured in the Yuanjian Leihan (Mirror of the Infinite, a Classified Treasure Chest) encyclopedia, edited and compiled by Zhang Ying in 1701 during the Qing Dynasty. [1]

Yuan Kang's book listed various water crafts that were used for war, including one that was used primarily for ramming like Greco-Roman triremes. [17] These "classes" of ships were the great wing (da yi), the little wing (xiao yi), the stomach striker (tu wei), the castle ship (lou chuan), and the bridge ship (qiao chuan). [1] These were listed in the Yuejueshu as a written dialogue between King Helü of Wu (r. 514 BC–496 BC) and Wu Zixu (526 BC–484 BC). The Wu Kingdom's Navy is regarded as the origin of the first Chinese Navy which consisted of different ships for specific purposes. Wu Zixu stated:

Nowadays in training naval forces we use the tactics of land forces for the best effect. Thus great wing ships correspond to the army's heavy chariots, little wing ships to light chariots, stomach strikers to battering rams, castle ships to mobile assault towers, and bridge ships to light cavalry. [1]

Ramming vessels were also attested to in other Chinese documents, including the Shi Ming dictionary of c. 100 AD written by Liu Xi. [18] The Chinese also used a large iron t-shaped hook connected to a spar to pin retreating ships down, as described in the Mozi book compiled in the 4th century BC. [19] This was discussed in a dialogue between Mozi and Lu Ban in 445 BC (when Lu traveled to the State of Chu from the State of Lu), as the hook-and-spar technique made standard on all Chu warships was given as the reason why the Yue navy lost in battle to Chu. [20]

The rebellion of Gongsun Shu in Sichuan province against the re-established Han Dynasty during the year 33 AD was recorded in the Book of Later Han, compiled by Fan Ye in the 5th century. [17] Gongsun sent a naval force of some twenty to thirty thousand soldiers down the Yangtze River to attack the position of the Han commander Cen Peng. [21] After Cen Peng defeated several of Gongsun's officers, Gongsun had a long floating pontoon bridge constructed across the Yangtze with fortified posts on it, protected further by a boom, as well as erecting forts on the river bank to provide further missile fire at another angle. [18] Cen Peng was unable to break through this barrier and barrage of missile fire, until he equipped his navy with castle ships, rowed assault vessels, and 'colliding swoopers' used for ramming in a fleet of several thousand vessels and quelled Gongsun's rebellion. [18]

The 'castle ship' design described by Yuan Kang saw continued use in Chinese naval battles after the Han period. Confronting the navy of the Chen Dynasty on the Yangtze River, Emperor Wen of Sui (r. 581–604) employed an enormous naval force of thousands of ships and 518,000 soldiers stationed along the Yangtze (from Sichuan to the Pacific Ocean). [22] The largest of these ships had five layered decks, could hold 800 passengers, and each ship was fitted with six 50 ft. long booms that were used to swing and damage enemy ships, along with the ability of pinning them down. [22]

During the Chinese Tang Dynasty (618–907 AD) there were some famous naval engagements, such as the Tang-Silla victory over the Korean kingdom of Baekje and Yamato Japanese forces in the Battle of Baekgang in 663. Tang Dynasty literature on naval warfare and ship design became more nuanced and complex.彼の中で Taipai Yinjing (Canon of the White and Gloomy Planet of War) of 759 AD, Li Quan gave descriptions for several types of naval ships in his day (note: multiple-deck castle ships are referred to as tower ships below). [23] Not represented here, of course, is the paddle-wheel crafts innovated by the Tang Prince Li Gao more than a decade later in 784 AD. [4] Paddle-wheel craft would continue to hold an important place in the Chinese navy. Along with gunpowder bombs, paddle-wheel craft were a significant reason for the success in the later Song Dynasty naval victory of the Battle of Caishi in the year 1161 AD during the Jin–Song wars. [24]

Covered swoopers Edit

Covered swoopers (Meng chong,艨艟) these are ships which have their backs roofed over and (armored with) a covering of rhinoceros hide. Both sides of the ship have oar-ports and also both fore and aft, as well as to port and starboard, there are openings for crossbows and holes for spears. Enemy parties cannot board (these ships), nor can arrows or stones injure them. This arrangement is not adopted for large vessels because higher speed and mobility are preferable, in order to be able to swoop suddenly on the unprepared enemy. Thus these (covered swoopers) are not fighting ships (in the ordinary sense). [25]

Combat junks Edit

Combat junks (Zhan xian) combat junks have ramparts and half-ramparts above the side of the hull, with the oar-ports below. Five feet from the edge of the deck (to port and starboard) there is set a deckhouse with ramparts, having ramparts above it as well. This doubles the space available for fighting. There is no cover or roof over the top (of the ship). Serrated pennants are flown from staffs fixed at many places on board, and there are gongs and drums thus these (combat junks) are (real) fighting ships (in the ordinary sense). [25]

Flying barques Edit

Flying barques (Zou ge) another kind of fighting ship. They have a double row of ramparts on the deck, and they carry more sailors (lit. rowers) and fewer soldiers, but the latter are selected from the best and bravest. These ships rush back and forth (over the waves) as if flying, and can attack an enemy unawares. They are most useful for emergencies and urgent duty. [25]

Patrol boats Edit

Patrol boats (Yu ting) are small vessels used for collecting intelligence. They have no ramparts above the hull, but to port and starboard there is one rowlock every four feet, varying in total number according to the size of the boat. Whether going forward, stopping, or returning, or making evolutions in formation, the speed (of these boats) is like flying. But they are for reconnaissance, they are not fighting boats/ships

. [25]

Sea hawks Edit

Sea hawks (Hai hu) these ships have low bows and high sterns, the forward parts (of the hull) being small and the after parts large, like the shape of the hu bird (when floating on the water). Below deck level, both to port and starboard, there are 'floating-boards' (fou ban) shaped like the wings of the hu bird. These help the (sea hawk) ships, so that even when wind and wave arise in fury, they are neither (driven) sideways, nor overturn. Covering over and protecting the upper parts on both sides of the ship are stretched raw ox-hides, as if on a city wall [NS footnote: protection against incendiary projectiles]. There are serrated pennants, and gongs and drums, just as on the fighting ships. [26]

A "tower" ship with a traction-trebuchet on its top deck, from the Wujing Zongyao


In 1943, a sailor serving aboard the aircraft carrier Hornet wrote home to his parents, saying “wherever we go, [we] will be part of America.” Indeed, the Navy’s story is the nation’s story and every Navy story has a history. The Naval History and Heritage Command (NHHC) preserves those stories and interprets that history as the official history program of the U.S. Navy, fulfilling its mission to strengthen the Navy’s effectiveness by preserving, analyzing, and interpreting the service’s hard-earned experience.

With headquarters located in the historic Washington Navy Yard in the District of Columbia, the command includes eleven Navy Museums as well as a detachment that maintains the Navy’s oldest commissioned warship, USS Constitution, in Boston, Massachusetts. A professional staff of historians, archivists, librarians, museum specialists, and naval personnel carries out historical activities and supports the fleet.

The Command oversees Navy programs and instructions related to history, produces publications such as historical analyses, narrative histories, and reference works advises the Navy, other agencies, and the public on issues related to Navy ship and aircraft wrecks and administers grants, fellowships, scholarships, and internships related to naval history.

You can help us be even more successful in our mission by a number of ways.

Please visit any and/or all of our 10 official U.S. Navy Museums.入場は無料です。

Doing some spring cleaning and interested in finding a good home for your navy history related items? Please keep our Navy Department Library in mind. They are particularly interested in the following Navy-related items:

Cruise books for ships, Seabee and aviation units, and training activities from all time periods. Please check the our cruise book website to determine whether the Library already has a copy. If it does not, please contact the Library prior to sending your donation: (202) 433-4132 or email [email protected] .

Diaries, journals, memoirs, scrapbooks, and letters relating to naval service.

Welcome aboard, launching, christening, commissioning/decommissioning brochures.

Change of command and retirement ceremony brochures.

Manuals, ship and unit newsletters, and other official publications.

Documents, reports, and ceremonial certificates.

Menus, shipboard sports and entertainment programs and other paper ephemera.

Postal covers (US Navy and foreign navy ship postal covers)

Naval, nautical, and military history books in all languages.

For more information about gifts and donations to preserve our naval heritage as well as contact information, please click here.

The appearance of external hyperlinks does not constitute endorsement by the United States Department of Defense and the United States Department of the Navy of the linked web sites, or the information, products or services contained therein. For other than authorized activities such as military exchanges and Morale, Welfare and Recreation (MWR) sites, the United States Department of Defense and the Department of the Navy does not exercise any editorial control over the information you may find at these locations. Such links are provided consistent with the stated purpose of this web site.


WORLD WAR 1 1914-1918

British Naval Vessels Lost, Damaged, Attacked, an update of "British Vessels Lost at Sea", HMSO, 1919. Includes all vessels identified in the individual accounts plus those in "Royal Navy Day by Day", 2005 edition

ROYAL NAVY LOG BOOKS OF THE WORLD WAR 1-ERA , 350,000 pages transcribed, all 318 ships now online, including Battle of the Falklands, Gallipoli, Mesopotamia, East Africa, China Station.

Follow this link for brief details of all 318 ships.

And follow this link to the archives of transcribed log book pages - go to Vessels, type in name, click on ship, "View all Logs").

BRITISH VESSELS LOST AT SEA including Naval, Merchant Ships and Fishing Vessels, from the original "British Vessels Lost at Sea, 1914-18", published by HMSO, 1919

An enlarged and corrected version of the original is in preparation with support from Dr Graham Watson, for which my thanks:

ROYAL NAVY WARSHIPS and AUXILIARIES

BRITISH MERCHANT SHIPS and FISHING VESSELS

by Date, August 1914 to December 1917 , lost, damaged, attacked, including name index for Merchant Ships sunk.

Pendant Numbers - short history by Lt-Cdr G Mason

British Shipbuilding & Repair Industries, including Royal Naval Dockyards and Research Establishments


ビデオを見る: 70 שנה לקולנוע הישראלי: קולנוע כותב היסטוריה, דני מוגה, ראש המחלקה לקולנוע במכללה האקדמית בית ברל (1月 2022).