ニュース

レウクトラの戦いのタイムライン

レウクトラの戦いのタイムライン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.


レウクトラの戦い、紀元前371年

レウクトラの戦い(紀元前371年)は、スパルタの重装歩兵の主要な軍隊が被った最初の大きな敗北であり、ペロポネソス大戦での勝利後のスパルタの勢力崩壊に大きな役割を果たしました。

379年、エパメイノンダスはテーベからスパルタ駐屯軍を追放する反乱を主導するのを助けました(Theban-Spartan War、379-371)。スパルタ軍は378年と377年にテーベに接近したが、一連のスパルタによるボエオティアへの侵攻は失敗した。376のキャンペーンはボエオティアに到達することすらできず、同じ年にスパルタ艦隊はナクソスで敗北した。 375年、スパルタ人はアリゼイアで別の海軍敗北を喫し、テギュラの陸地での恥ずかしい敗北は、1,000人のスパルタ重装歩兵がその半分の大きさのテーベ軍に敗北した。これらの敗北の後、短期間平和が続きましたが、373年までに戦闘が再開されました。包囲軍が都市とその陣営の間の戦いで敗北した後、スパルタによるコルキラの占領の試みは失敗した。テーベは戦争の再開を利用して、ボイオーティアの敵を攻撃しました。プラタイアは捕らえられ、街は破壊され、テスピアイの壁は取り壊されました。これはテーベのアテナイの同盟国を怒らせ、和平交渉が再び始まった。

これらの交渉には、スパルタ、アテネ、テーベとその同盟国が関与しました。彼らはその期間にかなり典型的な合意を生み出しました。そこでは、それぞれの側が他の都市から知事と守備隊を取り除き、すべてのギリシャのポリスが自治を享受できるようにすることに合意しました。この最後の条項は、交渉の部分的な失敗を引き起こしました。クセノポンによれば、条約が合意された翌日、テーベは、ビオティア連合国に代わって署名できるように条約を変更することを望んでいた。スパルタのアゲシラオス2世はこれに同意することを拒否し、テーベの名前を条約から外しました。スパルタはその後、テーベがボエオティア連合の都市に自治権を与えることを要求した(ペロポネソス同盟の彼ら自身の支配を都合よく無視する)。テーベはこの新しい要求を受け入れることを拒否し、その結果、2番目のスパルタ王であるクレオンブロトスは、フォキスですでに利用可能な軍隊を使用して、西からヴィオティアに侵入するように命じられました。

クレオンブロトスは、10,000人のスパルタと同盟の重装歩兵と1,000人の騎兵隊の頭でBoeotiaに侵入しました。テーベはボエオティアへのルートのほとんどを封鎖しましたが、クレオンブロトスはヘリコン山(ボエオティアの南西部)を横切る道を見つけました。山を越えた後、彼はヘリコンを守るテーベ軍を打ち負かし、南に向きを変えてクルーシスの港を占領した。そこから彼は内陸にテスピアイの南東のロイクトラに移動し、尾根に立った。

テーベには、約6,000の重装歩兵と未知の数の騎兵からなる、より小さな軍隊がありました。スパルタ歩兵はこの時点で恐ろしい評判を持っていましたが、まだ大規模な公開戦に負けたことはありませんでした。テーベも数が多く、彼らの指導者の何人かは戦いを避けたかったようです。戦闘派は、当時ボエオターチの1人を務めていたエパメイノンダスと、神聖隊のリーダーであるペロピダスが率いていました。彼らは軍隊に戦闘の危険を冒すよう説得することができました。

エパメイノンダスは、戦闘中に斬新な戦術を試みることにしました。ギリシャの重装歩兵軍の標準的な編成は、右側にコマンドがあり、かなり均一な線でした。多くの場合、両方の右翼が戦いに勝ち、戦いはその後誰が最も反応したかによって決定されます。エパメイノンダスはスパルタの権利をノックアウトしようと決心した。彼は彼の最高の部下を右ではなく左に配置し、彼らを50の深い隊形に編成しました。

戦いの朝、何人かのBoeotianは彼らのキャンプを去りました。これは非戦闘員であり、戦闘前に去ったか、後の報告が示唆するように、エパメイノンダスによって去る許可を与えられた、より消極的な兵士であった可能性があります。どちらの場合でも、クレオンブロトスは騎兵隊とペルタストの一部を送ってこれらの兵士を攻撃し、彼らをメインのビオティア収容所に強制的に戻しました。

両軍は戦いの前夜、谷の反対側の尾根にあるキャンプで過ごしました。戦いの朝、両軍は平原に進んだ。クレオンブロトスは彼の右側に2,000人のレースデーモンを配置し、中央と左側に連合軍を配置しました。テーベは彼らの左側に彼らの神聖隊を掲示しました。両陣営は本線の前に騎兵隊を配置し、スパルタ人がおそらく最初にこれを行い、テーベ人がそれに反応した。

戦いは、テーベが勝利した騎兵隊の衝突から始まりました。後退するスパルタン軍は、動きの速い50の深さのテバンが攻撃したのと同じように、スパルタンのメインラインを混乱させました。テーベは、致命傷を負ったクレオンブロトス王に直行しました。彼は戦場から生き返り、スパルタの権利はこの後もう少し長く保持されたかもしれませんが、彼らの指導者は殺され続けました。死者の中には、ポレマルコスの1人であるデイノン、クレオンブロトスの親友の1人であるスポドリアス、およびスポドリアスの息子であるクレオニュモスがいました。スパルタの権利はやがて壊れ、彼らの陣営に向かって後退し始めた。これは必然的に左側の同様の崩壊につながり、無敵のスパルタが混乱して後退する光景は非常に憂慮すべきものだったに違いありません。戦闘はスパルタ右/テバン左に制限されており、戦闘のこの側面での戦闘はなかったようです。エパメイノンダスは右翼をエシェロンに配備したと言われているため、強力なテバンが残したよりもスパルタの直線から遠く離れていました。

プルタルコスは、スパルタを同盟国から引き離すために、ペロピダスが彼の50の深い柱をさらに左に動かしたというわずかに異なる説明をしています。スパルタ人はテーベを取り囲むために彼らの優れた数を使おうとしましたが、彼らがフォーメーションの変化の真っ只中にいる間にテーベ神聖隊に襲われました。

神聖隊の正確な役割は不明です。それらはテーベの左側に配置され、50の深い列の最初の5つまたは6つのランク、6つの完全な50人の列を形成したか、通常の12の深い形成でさらに左側に配置されたか、予備でさえあった可能性があります攻撃する適切な瞬間の準備ができています。

撤退したスパルタ人はなんとか彼らの陣営の安全を取り戻すことができたが、彼らは殺害された遺体を回収するために埋葬休戦を要求することによって彼らの敗北を認めた。クセノポンは、700人の完全なスパルティエイトのうち400人を含む1,000人の死傷者を出している。双方は彼らのキャンプから数日間お互いを見守っていた。テーベは、スパルタの撤退を交渉することができたフェライのイアソン王子の下で援軍を受け取った。退却するスパルタ人は、ボエオティアのすぐ外で、アゲシラオス2世の息子であるアルキダモス王子の指揮下で、スパルタに残されたほぼすべての戦闘員の徴収である独自の援軍を見つけました。戦いの生存者を首尾よく救出した後、アルキダモスはボエオティアへの別の侵入の危険を冒さないことを決定し、彼の軍隊を解散させてスパルタに戻った。

レウクトラの戦いは、ギリシャでのスパルタ支配の時代を終わらせました。余波で、ボエオティアリーグが強化され、ペロポネソスリーグが崩壊する一方で、より多くの州が第二回海上同盟に参加しました。エパメイノンダスはペロポネソス半島で一連のキャンペーンを主導し、スパルタの権力を大幅に弱体化させ、多くの捕虜コミュニティを解放しました。テーベの覇権は長くは続かなかった-エパメイノンダスは362年の戦いで殺され、彼がいなくなったため、テーベの権力は崩壊した。

スパルタアットウォー、スコットM.ラッシュ。古典ギリシャの世界で最も有名な軍事力であるスパルタの興隆、支配、衰退に関する研究。スパルタは、その力を壊す一連の敗北に苦しむ前に、2世紀の間陸戦を支配しました。著者は、その成功の理由と、スパルタが敗北から立ち直ることができなかった理由を調べます。 [レビュー全文を読む]

スパルタの覇権紀元前412-371年、マイクロバーツとボブベネット。 。大ペロポネソス戦争の終わりとスパルタの政治力が彼女の軍事的評判と一致したレウクトラの戦いの間の短い呪文を見てください。著者は、スパルタがどのように彼女の新しい立場と政治的に不平等であることが証明されたか、そしてこの覇権の期間がボロボロでのスパルタの軍事的評判と彼女の政治力が致命傷を負ったことでどのように終わったかを調べます。 [レビュー全文を読む]

レウクトラの戦い

編集者が提出内容を確認し、記事を改訂するかどうかを決定します。

このような記事は、Britannica.comの情報を従来よりも高速かつ効率的に拡張することを主な目的として取得され、公開されました。これらの記事は現在、サイトの他の記事とはスタイルが異なる場合がありますが、さまざまな信頼できる声を通じて、読者が求めるトピックをより幅広くカバーすることができます。これらの記事は、ほとんどのブリタニカの記事が通常受けている厳格な社内編集またはファクトチェックとスタイリングのプロセスをまだ受けていません。それまでの間、記事と著者の詳細については、著者の名前をクリックしてください。

質問や懸念はありますか?パブリッシングパートナープログラムへの参加に興味がありますか?知らせて下さい。

レウクトラの戦い、(紀元前371年7月6日)。ギリシャのビオティアで戦ったレウクトラの戦いにより、テーベはギリシャの都市国家の中で主要な軍事力となり、スパルタの長い支配を終わらせました。戦いはまた、戦場の戦術における革命的な進歩を示し、エリート軍の絆の一形態としての同性愛の有効性を示しました。

テーベは、スパルタが抑圧することを決意したビオティアの都市国家のリーグを率いることによってスパルタに逆らいました。このようにして、スパルタと他のペロポネソス軍がテーベを攻撃するために派遣されました。テーベは、急いでそのボエオティアリーグの同盟国で身を守る準備をしていました。テーベの数は数が多く、その同盟国は信頼できませんでしたが、テーベの将軍エパメイノンダスは同僚を説得して、レウクトラの平原で戦うべきだと説得しました。

テーベは騎兵隊に強いが、その歩兵のファランクスは経験豊富なスパルタに負けるのは確実に見えた。エパメイノンダスは、ギリシャの軍事条約からの大きな逸脱を即興で行いました。伝統的に、装甲重装歩兵のファランクスは12の深さのブロックで戦い、右側の名誉の代わりに最高の軍隊がいました。しかし、エパメイノンダスは、150人の同性愛者のカップルのエリート団体であるTheban Sacred Bandの前に、彼のラインの左側の約50の深さの列に重装歩兵を詰め込みました。彼の線の中央と右側は弱くて消耗しており、小競り合いや騎手によってふるいにかけられたスパルタのファランクスとの接触を控えていた。攻撃に対して斜めに進んだテーベは、スパルタの右に壊滅的な打撃を与え、大きな損失でそれを粉砕した。側面からの攻撃にさらされた残りのペロポネソス軍は、ほとんど抵抗を示さなかった。スパルタは何よりもその名声に打撃を与え、同盟国と対象国がその軌道から離れるように促した。


レウクトラの戦い

レウクトラの戦いは、ギリシャの歴史におけるターニングポイントの1つでした。スパルタ人は、ギリシャの政治で2世紀半にわたって支配的であったため、二流の勢力になりました。

レウクトラの戦いは、紀元前371年7月6日、コリントス戦争後の紛争の中で、テーベとスパルタが率いるボエオティア人とその同盟国の間で行われた戦いでした。

紀元前375年、スパルタとアテネ、そして傭兵を必要としたペルシャの王は、すぐに破られた共通の平和を手配しました。

スパルタとアテネの同盟はテーベにジレンマをもたらし、スパルタは10年前と同じようにテーベを再び支配することを望んでいました。当時、スパルタは379年の大胆な蜂起がテーベの独立を回復するまで、テーベを一時的に占領しました。 2つの州の間の関係は、紀元前371年までの10年間を通じて緊張したままでした。

スパルタ王クレオンブロトスはペロポネソスの同盟国を集め、テーベに行進しました。

スパルタ軍と同盟国はテーベを上回り、スパルタ兵士は強さと戦闘スキルで有名でした。

スパルタ軍は9000人の重装歩兵と1000人の騎兵を数えました。テーベ軍は6000人の重装歩兵と1000人の騎兵で構成されていました。

テーベが維持した唯一の強みは、より訓練された騎兵隊でした。バンの司令官エパメイノンダスは新しいアイデアを導入し、敵の最強の右翼の真向かいにある彼の軍隊の左翼に彼の最強の力を集中させることによって、ファランクスの通常の戦術的展開を変更しました。

エパメイノンダスはまた、エリートで構成される予備の雇用という別の革新を導入しました。

スパルタとテバンの2つの軍隊は、幅1000ヤードで、2つの軍隊が陣営を張った2つの小さな尾根に囲まれたレウクトラの平原で合流しました。

戦いは、エパメイノンダスが新しい戦術を使用したことによるテーベの勝利でした。スパルタ軍の敗北により、エパメイノンダスはすぐに有名になりました。エパメイノンダスは翌年、ペロポネソス半島に侵入し、アルカディアとメッセニアをスパルタの支配から解放することで、この勝利に続きました。
レウクトラの戦い


余波[編集|ソースを編集]

フェライのイアソンの下でのテッサリア軍の到着は、アルキダモスの下で救援するスパルタ軍を説得して愚かさを積み上げず、代わりに撤退させたが、テーベは生き残ったスパルタへの攻撃を続けないように説得した。テーベは、スパルタと同盟国が死者を取り戻す条件を主張し、腐りやすいトロフィーではなく恒久的なトロフィーを建てることによって、規則をいくらか曲げました-これは後の作家によって批判されました。


テーベの覇権の戦争、紀元前371-362年

テーベの覇権(371-362)は、エパメイノンダスの戦場での勝利がスパルタの力を打ち負かし、テーベをギリシャで最も強力な国家にした短い期間でした。それは、ロイクトラでのスパルタ軍に対するテーベの圧倒的な勝利から始まり、マンティネイアの戦いでのエパミノンダスの死で事実上終わりました。

382年、通過したスパルタ軍がカドメアの城塞を占領し、テーベに親スパルタ独裁政権を課しました。これは、アテネから戻ってきた亡命者に支えられたテーベでの反乱によって379年に打倒されました。スパルタが追放された後、有能な軍事指導者エパメイノンダスとペロピダスが前面に出た。これは一般的な戦争(テーベ-スパルタ戦争またはボイオティア戦争)につながり、アテネはテーベと共にスパルタに対抗しました。 371年、この広範な戦争は講和会議で終了しましたが、アテナイ人とスパルタ人がビオティアリーグのメンバーを個別に代表するべきであると主張し、エパメイノンダスが彼らがビオティアリーグによって代表されると主張した後、テーベ自身は平和から除外されました。テーベは平和条約から除外され、同盟国なしでスパルタと対峙した。

スパルタは西からビオティアに侵入することで反応した。レウクトラ(371)で、エパメイノンダスが斬新な戦術計画を採用した後、彼らは破滅的な敗北に見舞われました。スパルタのクレオンブロトス王はこの戦いで殺されました。これは、本格的な戦いでスパルタ歩兵が戦場で最初に大敗したことです。

スパルタの危機

レウクトラでの敗北のニュースは、ペロポネソス半島で一連の変化を引き起こしました。スパルタでは、軍隊を救助するために派遣された残りの兵士の動員でニュースが迎えられましたが、テーベも同盟国、この場合はフェライのイアソンを獲得しました。ロイクトラで生き残ったスパルタ人は休戦に同意し、途中で救援軍に会い、家に向かって撤退した。生存者が家に帰ると、スパルタ人は彼らの数が多すぎて追放できないと賢明に判断し、その日だけ彼らの通常の法律を無視することに決めました。

アルゴスでは劇的な民主主義革命があり、1200人以上の最も裕福な市民が殺されました。

紀元前384年にスパルタ人によって都市が分割されたマンティネイア人は、都市を再編成して再建しました。アゲシラオス王は彼らにそうしないように説得するために派遣されましたが、当然のことながら彼は失敗しました。

テゲアでは、親スパルタの寡頭制と反スパルタの民主党員の間で内戦が勃発した。マンティネイアは民主党の側に介入し、勝利者は新しいアルカディア同盟を設立しました。

紀元前370年後半、スパルタ人はテゲアへの介入が371の平和の条件を破ったという理由でマンティネイアを攻撃しました。新しく結成されたアルカディア同盟は、アルゴスとエリスと同様にマンティネイアを支援しました。アルカディア人もアテネとの同盟を獲得しようとしましたが、断られ、その後、ボエオティアとの同盟の交渉に成功しました。

これらの外交努力が進行している間、アゲシラオスはアルカディアに侵入し、ユーゲアに基地を設立しました。別のスパルタの司令官、ポリトロパスは、オーコメニューへの攻撃を撃退しましたが、攻撃者を追跡している間に敗北し、殺されました。アゲシラオスはマンティネイアの領土で戦いを引き起こそうとしましたが、アルカディア人は新しいヴィオティアの同盟国が到着するまで戦うことを拒否しました。アゲシラオスは、冬のキャンペーンの危険を冒す代わりに、スパルタに戻ることにしました。アルカディア人は彼の不在を利用して、エパメイノンダスの指揮下で、ボエオティア軍が到着する前に、アルカディア西部のヘラエアを攻撃しました。

ペロポネソス半島のエパメイノンダス

連合国は現在、戦争の最も重要な決定の1つを行いました。アルカディアへの直接の脅威は終わったが、同盟国はラコニアに侵入することを決めた。連合国は4つのルートに沿って攻撃し、スパルタ国境部隊のいくつかを打ち負かした後、なんとかエウロタス川の谷に侵入しました。連合国は南に行進し、アゲシラオスによって強力に守られていたスパルタを奪うことに失敗した後、最終的にメッセニアに引退する前に、危険なほどスパルタ自体に近づきました。それでも、壁がないほど長い間脅威にさらされていなかった都市へのこの直接の脅威は、スパルタ人にとって本当の心理的打撃だったに違いありません。

スパルタはまだペロポネソス半島の北東にいくつかの同盟国を持っていて、このキャンペーン中にスパルタの東の海岸に上陸しましたが、彼らはボエオティア人が長く破壊されたメセニアの州を再建するのを防ぐことができませんでした。メッセネの新しい都市が設立され、スパルタの権力の主要な構成要素が切り取られました。メッセニアの大群は、この地域が2世紀以上前に征服されて以来、スパルタ市民全体を支援する上で大きな役割を果たしてきました。したがって、370-369のキャンペーンは、レウクトラの戦いと同じくらい重要でした。スパルタにはいくつかの良いニュースがありました-アテネは今テーベをより大きな脅威と見なし、彼女の以前の敵と同盟を結んだ。

ヴィオティア人とエパメイノンダスは369年に2回目のキャンペーンのためにペロポネソスに戻りました。今回はシキオンとおそらくペッレネを捕らえましたが、トロイゼーン、エピダウロス、コリントスで撃退されました。アテナイ軍はコリントの防衛に一役買った。

ペルシャは、ペロポネソス戦争とコリントス戦争の後期のギリシャ政治の主要な要因でしたが、この時点で、アルタクセルクセス2世の権威が攻撃を受けていました。 369/8フィリスカスの冬、サトラップ大反乱からの使節がギリシャに到着しました。おそらく彼の主人のために傭兵を育てるためでした。彼はすぐにアルタクセルクセス(サトラップ大反乱)に反抗しました。彼がギリシャにいる間、フィリスカスは和平を仲介しようとしたが、双方がメッセネの将来について合意できなかったため、デルファイでの交渉は失敗した。フィリスカスがギリシャを去ったとき、彼はスパルタ軍に加わった2,000人の傭兵を残しました。

スパルタ人はこの期間中にいくつかの成功を収めました。アルカディアでの368の「涙のない戦い」では、将来のアルキダモス3世が率いるスパルタ軍は死傷者を出さなかったと言われています。これは、スパルタ人がアルカディアの南西に侵入した後に起こりました。アルゴスとメッセニアの支援を受けたアルカディアンは、スパルタを迎撃して捕らえたが、その後敗北した。しかし、スパルタ人は彼らの勝利を利用するのに十分な強さではなく、同じ年の後半にアルカディア人はメガロポリスに新しい要塞化された首都を設立しました。スパルタ人は現在、ペロポネソス半島でのキャンペーンに対する3つの新たな強化された障害、メガロポリス、メセニア、マンティネイアに直面していました。

367年、テーベがスーサの宮廷に使節を派遣した後、ペルシャのアルタクセルクセスはおそらくテーベを公式に支持しました。

367はまた、テッサリアのフェライの暴君であるアレクサンダーに対してテーベがキャンペーンを行っているのを見ました。前年、テーベの解放者の一人であるペロピダスはアレクサンダーに捕らえられ、彼を救出するために第二軍を派遣しなければなりませんでした。エパメイノンダスはこの軍隊で普通の兵士として仕えましたが、軍隊がトラブルに巻き込まれた後、それを指揮するために昇進しなければなりませんでした。彼は軍隊を救助することができたが、367年の春に2番目の軍隊と共に帰らなければならなかった。慎重に前進した後、アレクサンダーは30日間の停戦に同意し、囚人を釈放した。

366年の初め、テーベは平和会議を組織しようとしましたが、誰もテーベの支配を古いスパルタまたはアテナイのモデルと交換したくなかったため、その試みは失敗しました。問題の一部は、テーベがすでにペルシア人と合意した条件を課そうとしていたことでした。これは、ギリシャで常に怒りを引き起こす可能性が高いアプローチです。

366年、エパメイノンダスは3回目の遠征をペロポネソス半島に導きました。今回のターゲットは、ペロポネソス半島の北にあるアカエアでした。この地域は中立のままでしたが、BoeotiansとArcadiansの到着は、権力を維持することを許可された見返りに、Achaeaの寡頭制を彼らの側に置くように説得しました。この和解はビオティアでは人気がなく、エパメイノンダスは却下されました。新しい民主主義体制が導入されましたが、追放された寡頭制はすぐにそれらを打倒し、アカエアはスパルタの同盟国になりました。

366はまた、ギリシャでしばしば混乱している外交状態の例を見た。アテネはスパルタの同盟国でしたが、彼女はテーベと戦争をしていませんでした。 366年、ユービア島のテーベの同盟国が、島のアテナイの所有物であるオロプスを攻撃しました。アテナイ人はその場所を取り戻すために軍隊を送りました、しかしテーベは最初に動きそして都市を占領しました。アテネは、訴訟を法的な仲裁に付すことに同意し、訴訟を失いました。この事件の余波で、アテナイ人はその後、アルカディアンと同盟を結びました。そこでは、ボエオティア同盟はすでに緊張状態にありました。アテネは現在、スパルタと同盟を結び、アルカディアでスパルタの活動的な敵と防御的な同盟を結んでいます。

366-365年の冬、コリントスのスパルタの同盟国がテーベと和平を結ぶ許可を求め、許可されたとき、外交の状況はさらに濁った。他の多くのペロポネソスの都市もこの頃に和平を結び、ペロポネソス同盟を事実上終結させました。この外交ラウンドの後、スパルタはアルカディアと戦争をしていましたが、アカエアと同盟を結びました。アルカディアはまだ彼女のBoeotian同盟国とメッセニア人に頼ることができました。

365年、ペロポネソス半島で、エリスとアルカディア同盟の間で、ラシオンとトリフィリアの国境地帯をめぐって紛争が発生しました。オリンピアはエリスの領土内にあったので、これはより重要になりました。アテネは、最近の条約の条件の下でアルカディア人を支援し、ボエオティアとアルゴスも同様でした。

365年、アルキダモスはスパルタとエリスの新しい同盟国との間のルートを支配しようとして、アルカディアの都市クロムヌスを占領しました。その後、アルカディア人は都市を包囲し、包囲を解除する試みが失敗したときにアルキダモスが負傷しました。エリスとアルカディア同盟の間のこの対立は、364年の第104回ゲーム中にオリンピアの聖域での戦いの後に終わったようです。

エリスとの戦争は、最終的にアルカディア同盟内で分裂を引き起こしました。彼らの成功の結果として、アルカディア人はオリンピアを含むピサティスの新しい傀儡国家を設立することができました。その後、オリンピック財務省の資金は、リーグの常備軍の支払いに使用されました。マンティネイアはこれに反対し、リーグの議会にその慣行を禁止するよう説得することができた。ほぼ同時に、議会はエリスとの和平に賛成票を投じました。より保守的なリーグ役員が地元のTheban司令官と合流して、議会の主要メンバーを逮捕しようとしたが失敗した。 Thebanの司令官は家に送られ、彼の行動について公式の抗議が行われた。エパメイノンダスは和平運動に怒り、アルカディアに侵入すると脅迫した。

364-363年、エパメイノンダスはテーベ艦隊を編成し、ボスポラス海峡まで北上してキャンペーンを行い、黒海からのアテネの穀物供給を脅かしました。彼はロードス、キオス、ビザンチウムに勝利することを目指し、ビザンチウムにアテナイの同盟を放棄するよう説得しましたが、それ以外の場合、海軍の多大な努力による影響は限定的であり、艦隊はこれ以上の主要な遠征に関与しませんでした。

364年、テーベはテッサリアに介入しなければなりませんでした。そこでは、フェライのアレクサンドラが危険なほど強力になりました。彼の敵はテーベの助けを求め、テーベはペロピダスが指揮する軍隊を送ることに同意した。この軍隊は日食の後で解散しました、しかしペロピダスはとにかくボランティアの小さな力の頭で出発することに決めました。彼はテッサリアの同盟国と合流し、キュノスケファレの戦いでアレクサンダーを破ったが、戦いの最中に殺された。したがって、テーベはこの時代の彼女の偉大な指導者の最初のものを失っていました。それに応じて、2番目のテーベ軍が派遣され、2番目の戦いに勝ちました。アレクサンダーはテーベの同盟国になり、彼の最近の征服をあきらめることを余儀なくされました。

アルカディア同盟の分裂は、最終的にエパメイノンダスのペロポネソス半島への最後の侵略を引き起こしました。リーグは、エリス、アカエア、スパルタと同盟を結び、アテネに助けを求めたマンティネイアが率いる反テーベ派と、テゲアとメガロポリスを含み、アルゴス、シキオン、メッセニアと同盟を結んだ親テーベ派に分かれた。とBoeotia。

エパメイノンダスは362年に軍隊を南に導き、ある時点でスパルタ自体の占領に非常に近づきました。それから彼はマンティネイアに向かって撤退し、そこで彼はスパルタ、アテネ、エリス、そしてアルカディア北部からの派遣団と一緒に軍隊に出くわした。エパメイノンダスにはテーベ、南アルカディア人、メッセニア人、アルギベスがいました。結果として生じたマンティネイアの戦いは、エパメイノンダスの最後の勝利でした。彼は、スパルタの戦線を再び破ったにもかかわらず、戦いで殺されたからです。

平和と膠着状態

これは事実上戦争を終わらせた。テベスは彼女のリーダーの両方を失い、彼女のライバルのほとんどがそうであったように、今や疲れ果てていました。不安な平和の時期が続き、ギリシャ本土では権力が支配的ではありませんでした。スパルタだけが362の平和条約に同意しませんでした。なぜなら、彼女はメッセニアの独立を認めたがらなかったからです。しかし、スパルタもまた、平和を乱すにはあまりにも疲れ果てていました。メッシニア自身が平和の署名者でした。

テーベはマンティネイア後はもはや大国ではありませんでしたが、レウクトラの戦いの前よりも強力で影響力があり、マケドニアが台頭するまでギリシャ内の大国であり続けました。スパルタは戦争によって大きく弱体化しました。メッセニアの喪失は、彼女の支配下にあるヘイロタイの数を減らし、したがって支援できるスパルティエイトの数を減らしました。一方、メガロポリスの設立とマンティネイアの回復は、彼女が強い敵に囲まれたことを意味しました。アテネだけが彼女の力にダメージを与えずにこの時代から現れました。これは、わずか40年前に崩壊したように見えた都市にとって驚くべき成果です。

古代ギリシャでよくあることですが、紀元前362年の平和は短命でした。アテナイ人はすぐに彼らの新しいリーグでマークを超え、紀元前357-55年の同盟戦争を引き起こしました。この直後に第三次神聖戦争(紀元前355-346年)が続き、マケドニアのフィリップ2世が台頭しました。

スパルタアットウォー、スコットM.ラッシュ。古典ギリシャの世界で最も有名な軍事力であるスパルタの興隆、支配、衰退に関する研究。スパルタは、その力を壊す一連の敗北に苦しむ前に、2世紀の間陸戦を支配しました。著者は、その成功の理由と、スパルタが敗北から立ち直ることができなかった理由を調べます。 [レビュー全文を読む]

スパルタの覇権紀元前412-371年、マイクロバーツとボブベネット。 。大ペロポネソス戦争の終わりとスパルタの政治力が彼女の軍事的評判と一致したレウクトラの戦いの間の短い呪文を見てください。著者は、スパルタがどのように彼女の新しい立場と政治的に不平等であることが証明されたか、そしてこの覇権の期間がボロボロでのスパルタの軍事的評判と彼女の政治力が致命傷を負ったことでどのように終わったかを調べます。 [レビュー全文を読む]

レウクトラの戦い:スパルタの粉砕と斜線陣の誕生

斜線陣は、現代の軍事および警察の世界では確固たる定番です。戦闘機はこの斜めのフォーメーションを使用して、燃料効率を最大化しながら視界を維持します。装甲車両は、多くの場合、フォーメーション内の他の車両をカバーしながら、攻撃範囲を最大化するためにエシェロンフォーメーションで前進します。歩兵は機動隊と同様に隊形を使用します。エシェロンで前進することにより、機動隊は前進中に敵対的な群衆を左または右に能動的または受動的にシフトさせることができます。

古代の世界では、フォーメーションにはさらに別の利点がありました。前方のユニットは、急速に前進することができながら、1つの側面を覆うことができます。ガウガメラの戦いで見られるように、より静的なエシェロン陣形は、フランカーが移動しなければならない距離を増やすことによって、広い側面攻撃を大幅に遅らせることができます。

アレクサンダーの前でさえ、フォーメーションはテーベによって驚異的な効果に使用され、より多くのスパルタ主導の軍隊を打ち負かしました。紀元前4世紀初頭、スパルタ人はペロポネソス戦争中のアテネに対する勝利のおかげでギリシャ世界の支配を享受しました。

このスパルタ支配の間に、テーベ市はアテネの北にあるボエオティアの弱いスパルタ支配に反抗し始めました。この反乱を素早く鎮圧しようと、スパルタ王クレオンブロトスは予想外のルートを急速に進み、テーベを驚かせました。急いで集まったテーベ軍には約7,000人の兵士がいた。これらには、非常に立派でエリートの神聖隊のテベスが含まれていましたが、スパルタと戦うという考えを非常に心配していた何千人もの怖がっているボエオティア人も含まれていました。

標準的なギリシャの戦闘編成が上に描かれています。エパメイノンダスの形成は下に描かれています。

テバンの司令官、エパメイノンダスは、男性が約3,000人少ないにもかかわらず、すべて戦闘に参加していました。彼は彼のわずかに優れた騎兵隊と信頼できる神聖隊を含む計画を持っていました。戦いは、スパルタの小競り合いがビオティアの同盟国を襲ったことで始まりました。歩兵が彼らの典型的な戦線に配置し始めたとき、1,500のテバン騎兵隊が1,000のスパルタ騎兵隊を追い払った。

スパルタ人は彼らの列を典型的な重装歩兵の編成に配置しました。伝統はまた、ほとんどの戦闘の通常の右シフトの側面を打ち消すために、最もエリート部隊を右側に配置することでした。このスパルタの権利には、王と彼の近衛兵がいました。権利の残りの部分は、最高の社会的地位と経験を持つ完全なスパルティエイトによって埋められていたでしょう。

エパメイノンダスは劇的に異なる方法で彼のラインを配置しました。エパメイノンダスは、エリート部隊を右側に配置するのではなく、エリートスパルタンの真向かいの左側に神聖隊を配置しました。彼はまた彼のラインのこの部分を50人もの深さまで作りました。 Epaminondas then had the remaining troops in a right echelon formation, fading away from the rest of the Spartan battle lines.

By doing this Epaminondas took a huge gamble, while also removing an equally huge unknown. The allied Boeotians were incredibly unreliable and did not want to be there. By echeloning them away, Epaminondas would keep them out of the fight for as long as possible. By massing a huge amount of elite troops on the left across from the Spartan right, Epaminondas was risking the outcome of the whole battle by trying to cut off the Spartan head with a charge that would be the first infantry engagement of the battle.

As the Sacred band slammed into the Spartans, they caught the Spartans off-guard after the defeated Spartan cavalry disrupted their own lines. The insanely deep Theban phalanx overpowered the Spartans and quickly broke the most elite and experienced part of the Spartan line without involving any of the other infantry groups from either side. The extra deep formation may have allowed the Thebans to flank the Spartan’s right, but they also may have prevailed simply due to the great weight of their charge.

The rest of the Spartan line was mostly composed of allies forced to provide troops because they were under Spartan control. Seeing the Spartan King and the highest class of Spartans being utterly broken took the will to fight out of the rest of the troops, and they left the field. The suspect loyalty of the Boeotians never even had to be tested.

The battle casualties were fairly low due to the swift and localized action, but the Spartans suffered the most. About 1,000 Spartans and close allies were killed including their King. The Spartans were indeed some of the most feared infantry in the world, but their numbers were few. After generations of fighting the Peloponnesian War, the Spartan elite was already thinned. The crushing blow at Leuctra brought the Spartan dominance of Greece crashing down.

The Thebans were able to capitalize on this victory to create their own hegemony over most of the Greeks. Epaminondas would enjoy a great amount of fame and led several campaigns against the rest of Greece. Ultimately Epaminondas’ decade of campaigning would only serve to weaken Greece further , paving the way for the Macedonians to swoop down under Philip.

As for the echelon formation, the battle of Leuctra was just the beginning. Alexander the Great used a defensive echelon formation for his infantry at Gaugamela to give his cavalry time to complete their decisive charge. Scipio Africanus used two echelon formations at Ilipa. Here he echeloned from his flanks to his center and used his experienced legionaries to drive home the victory while keeping his unreliable Iberians out of the fight.

Fredrick the Great used it to great effect during the Battle of Leuthen. It has also been used on a much larger scale in operations such as Desert Storm with the same idea, making a decisive charge with a reinforced flank while also occupying the attention of the remainder of the enemy.


A Feminαzi spontaneously combusting in 2018.

The Spartans charged at the Athenians, Intending to overwhelming them with superior numbers. However, The Athenians began to shout "Trump!" - Which caused the Spartans to spontaneously combust.

It's known today that the sheer mention of Bronald Trump can cause a Fеminazi to explode, And this is the first recorded instance in history of this happening. The Athenians did not know Bronald Trump as he wasn't born at the time, And had only discovered the trick by accident a few months earlier.


Battle of Leuctra Timeline - History

Imagine if you will, It is a bright sun soaked day in Thebes. You are a soldier in the
Theban Army under the command of General Epaminonads. To your front are the low
green plains of Boeotia. Plains that would latter become known as the blood alley
(Hanson, 55) of Greece. In the distance you can see the sea of Spartan phalanxes, there
shields gleaming in the sun. To your left the sound of Cavalry as they rush out to meet the
on coming Spartan horsemen. Another uneventful day in the live of a soldier? Most all
historians of the day and of times past will tell you differently.
The battle between the Spartans and the Thebans at the battle of Leuctra has been
studied for a great many years. There are a great many arguments both for and against the
pivotal engagement. Was it superior tactics or luck that defeated the Spartans. NS
difficulties lay in the fact that there is only one person present during the engagement that
recorded the action. The person was a Athenian by the name of Xenophon. His the only
contemporary description of Leuctra, and thus must over shadow all subsequent
accounts. (Hanson, 55) These accounts can be found in Xenophon`s papers called
Hellenica. The first thing that needed is a description of the engagement itself. NS
description of the engagement can be found everywhere from college history books to
in-depth military history novels.
The engagement began with standard linear tactics. The Spartans and their allies took
up positions head of the Theban column. At the time it was standard procedure to have
the commander and his elite troops placed to the right of his column, but Epaminondas did
differently that day. He placed his elite troops and himself to the left. Now both
commanders, Epaminondas and Cleombrotus face each other with their fines troops.

Before the Thebans began movement against the Spartans the army resized its elite
hoplites into forty to fifty shields deep instead of the standard twelve to fifteen man deep
phalanx. The Spartan sent in their outnumbered cavalry in front of them at the beginning
of the assault. The Thebans sent in their cavalry to meet them. The brief skirmish to follow
was to although the Theban generals time to drive some of his infantry into the fray. NS
result was to force the enemies horsemen fleeing into the Spartan infantrys advance,
breaking them up. At this point the Thebans began a left echelon march toward the
Spartan right. Exploiting the gaps caused by the cavalry flight the Thebans preceded to
smash the Spartans. During the fighting that ensued the Cleombrotus was slain.後に
fall of the king, the Spartans began to give ground. The event of their leader being killed
the Spartan allies fled the field. The Spartan right, although now alone, leaderless, and
pressed by the Theban mass, withdrew undaunted-and in formation. (Hanson, 56) The
battle for Lecutra was over the Spartans and their allies were defeated, Thebes and won
the day, no longer would Sparta be an invincible nation.
Now we must look at the controversies surrounding the battle at Lecutra. Was military
genius or luck that won the day? First let use look at the commander of the Theban
troops. Many historians wish to place much of the victory itself on the genius of
Epaminonda. Evidence can be found in many of the historical novels. Phalanx warfare
was revolutionized at the battle of Leuctra in 371 by Epaminonda the Theban general.

(Montgomery, 70) The simple fact is, Epaminonda was not alone in his command of the
Theban forces at Leuctra. Epaminonda was joined by another general by the name of
Pelopidas along with other Boeotian commanders. These tactics, battles and decision were
joint endeavors.

Best services for writing your paper according to Trustpilot

Second, a review of the revolutionary tactics applied at Leuctra. First the innovation of
adjusting in depth of the Phalanxes. At face value the increase in the number of depth
seems to be a stroke of genius, where the need for a hard hitting strike is needed.三
are only two problems with this thinking. One this tactic was used before in other
engagements of the time. The fifty-shield mass at Leuctra was not unheard of. As most
Greek commanders knew, such an attack in column ordinarily had few advantages.

(Hanson, 56) The placing of the command and elite troops on the left to meet with
Spartans best and their command was also not a new tactic at the battle of Lecutra.

Pelopidas, for example, who was in the field with the Theban army at Lecutra, had put
his best troops on the left wing four years earlier at Tegyra. (Hanson, 56) The use of a
left oblique appears to be the first account of such a tactic, but there is to still argument of
the reasoning for this. Was it well planned manner of attack to keep the long Spartan line
busy while the Thebans smashed into the Spartan right? Or was it just a means for
Epaminonda`s army who was outnumbered to keep from being enveloped. The infantry
of the refused center and left advanced slowly, occupying the attention of the Spartans to
their front, but without engaging them. (Dupuy, 43) This to is in doubt as of the only
direct writings on the subject of the maneuver are left out by Xenophon.の使用
cavalry with the infantry was also nothing new in combat of the time. The army of
Dionysius I of Syracuse consisted of integrated bodies of hoplites, light infantry and
cavalry. (Montgomery, 70) Epaminonda did make use of this confusion caused by the
fleeing Spartan cavalry back into their own lines. He recognized the confusion between
horse and foot among the enemy ranks as a gift. This proves him an able hoplite
commander, but hardly a military genius. (Hanson, 58) In the end it was probably the
death of the Spartan commander Cleombrotus, that defeated the Army. Losses of
commanders throughout history have resulted in like defeats of the time. Without
leadership the troops new not what to do.

Lastly I will touch on some the controversy of the battle. In many cases the victory at
Lecutra is portrayed as a stroke of genius. As mentioned earlier, almost every so called
revolutionary tactic was used at some point and time before Lecutra. Historians speak of
the grand defeat of the Spartans and their total lack of cohesion in the face of these new
tactics of warfare. The Spartans were hopelessly confused by these novel tactics.

(Dupuy, 43) If this was so why when Cleombrotus was killed did the Spartan exit the field
in formation. Xenophon correctly points out that they were holding their own until their
king fell. And the fact after the Theban onslaught, they were able to maintain enough
cohesion to withdraw in formation and carry his body out of the melee. (Hanson, 58)
This citations not only confirms the effect of killing the leader but the fact of how
organized the Spartans during the battle really were. It proves that although the Spartans
were broken up by the friendly cavalry they were by no means rendered combat
ineffective.
In conclusion, their will always seem to be contrary on the action at Lecutra.から
what were the real reasons the once invincible Spartans were defeated. As said earlier it
seems to be a combination of quite a few things. From friendly cavalry retreating into their
own lines to the tactic of Epaminonda putting his best against the Spartans best in an
attempt to overwhem the Spartan king to the fact that in the battle king Cleombrotus was
killed. These truths are just that but in no way new or innovative at the time of the
egagement. Time and time again historians will argue on the subject. Few take the time to
dig through the ancient texts and discover that most of the tactics used by Epaminonda
were used before him, in either minor battles or without as great as success that would
forever leave the innovator over shadowed by someone luckier with the same tactics.
Work Citied
Dupuy R. Ernest and Dupuy Trevor N., The Encyclopedia of Militarty History, New
York and Evanston, Harper & Row, 1970
Hanson Victor Davis, The Leuctra Mirage, MHQ: The Quarterly Journal of Military
History, Volume 2, Number 2, Winter 1990, 54-59
Montgomery Viscount, Field-Marshal , A History of Warfare, Ceveland and New
York, The World Publishing Company, 1968


Battle of Leuctra Timeline - History


1917年の2つの革命は、ロシアを永久に変えました。 How the Russians switched from Empire to the Bolshevik Peace, Land, and Bread government:

Greco-Persian Wars
とも呼ばれます ペルシャ戦争, the Greco-Persian Wars were fought for almost half a century from 492 to 449 BC.ギリシャは莫大な確率で勝ちました。 Here is more:

Mexico's transition from dictatorship to constitutional republic translated into ten messy years of skirmishing in Mexican history.

More from the Mexican Revolution:

Voyages in History
When did what vessel arrive with whom onboard and where did it sink if it didn't?

すべての野蛮人の支配者の中で最も偉大なアッティラは、大規模に後部を蹴った。