ニュース

フレデリックルイスアレン

フレデリックルイスアレン


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

フレデリックルイスアレン 1890年にマサチューセッツ州ボストンで生まれました。ハーバード大学で学んだ後、彼はアトランティックマンスリー。これに続いて センチュリーマガジンハーパーズマガジン。彼のベストセラーの本、 昨日だけ:アメリカにおける1920年代の非公式の歴史、1931年に出版されました。ルイスは1954年に亡くなりました。

アメリカ人が戦後10年の初めに国際連盟に対するウッドロウ・ウィルソンの嘆願に耳を貸さなかったとしても、それは単に彼らが外国の絡み合いと彼に耳を傾ける高潔な努力にうんざりしすぎたからではありません。彼らは何か他のものを聞いていました。彼らは、米国の政府や機関に対する巨大な過激な陰謀の醜い噂を聞いていました。彼らは爆弾の爆発とボルシェビキ軍の浮浪者のために耳を傾けられた。彼らは、赤の革命が来月または来週に米国で始まるかもしれないと真剣に考えました-または少なくとも数百万人、そうでなければ何百万人もの合理的な市民-そして彼らは世界を民主主義に対して安全にすることよりも世界を安全にすることに関心がありませんでしたアメリカは自分たちにとって安全です。

新聞の表紙の列が次々とストライキと反ボルシェビキ暴動のニュースを叫んだ時代でした。過激派がワシントン州セントラリアの路上で第一次世界大戦記念日のパレーダーを撃墜し、復讐のために愛国心が強い市民が世界産業労働組合(IWW)のメンバー(白人アメリカ人)を刑務所から連れ出し、彼の首にロープを結び、橋から彼を投げ捨てる。適切に選出されたニューヨーク州議会の議員が、由緒ある社会党の議員として選出されたという理由だけで追放された(そしてその構成員は公民権を剥奪された)。

1920年4月のビッグレッドスケアの最盛期には、マサチューセッツ州サウスブレーンツリーで起こった。 ニューヨーク・タイムズ 翌日の-または、さらに言えば、翌年全体の。それは全国で絶えず起こっていた一種の犯罪でした。靴工場の給料が入った2つの箱を持っていた給料係と彼の警備員は、ピストルを持った2人の男性に殺され、その男は縁石に引き上げられた自動車に飛び乗って、線路を横切って走り去った。 2週間後、2人のイタリア急進主義者が殺人として逮捕され、1年後、イタリア人はWebster Thayer裁判官と陪審員の前で裁判にかけられ、有罪となりました。


昨日のみ:1920年代の非公式の歴史

ウッドロウウィルソン大統領が第一次世界大戦の終結をアメリカ国民への手紙で宣言した1918年11月11日から始まり、彼の敗北、禁酒法、ビッグレッドスケア、女性の裾上げ、そして1929年、 昨日だけ、クラッシュからわずか2年後に公開され、他に類を見ない10年を記録しています。彼が説明するイベントを直接目撃したアレンは、フラッパー、スピークイージー、初期のラジオの時代にあなたを浸し、それが展開するにつれてあなたを歴史の一部のように感じさせます。

このベストセラーで永続的なアカウントは、J。ピエールポント・モーガン、ヘンリー・フォード、ジークムント・フロイト、アルバート・アインシュタイン、アルカポネ、ベーブ・ルース、ジャック・デンプシーなど、高くそびえる歴史上の人物に命を吹き込みます。アレンは、ウォレンG.ハーディング大統領の石油スキャンダル、自動車産業の成長、家族経営の農場の衰退、20代後半の長い強気市場について、洞察に満ちた詳細な分析を提供しています。アレンは、実際の株価と最新の金融ニュースで彼の物語をくすぐり、10年の主要な経済動向を追跡し、クラッシュの根本的な原因を探ります。ニコラ・サッコとバルトロメオ・ヴァンゼッティの裁判から、その日の発明、流行、革命まで、この時代を超越した作品は、これからの世代のために味わわれ続けます。


フレデリックルイスアレンの唯一の昨日と10年のアイデア

1バロル、ビル、「80年代は終わった」 ニューズウィーク、4 01 1988、40 – 48 GoogleScholar。その後の1980年代の回顧展には、 人生、人々、 と テレビガイド 1989年の秋と冬に、そして Esquire、Glamour、Essence、U.S。Newsand World Report、Christianity Today、Business Week、Discover、Seventeen、Ladies'Home Journal、Sport。人生の 最初の10年のレビューの問題は1940年に登場しました。 定期刊行物の読者ガイド 「1960年代」がこれまでで最も回顧的なものを生み出したことを示唆しています。これらのジャーナリズムの歴史では、約数十年にわたって書面で問題を示唆し、そのような警告を完全に無視することがますます一般的になっています。

2「簡単なレビュー」 ブックマン、10 1926、236 GoogleScholar。興味深いことに、 読者ガイド 1940年まで約数十年の記事をリストしませんでした。

3ケネディ、デビッドM.、「フレデリックルイスアレンの再訪 昨日だけ 、」アメリカ史のレビュー、14(1986)、309 .CrossRefGoogle Scholar

4 人生たとえば、1940年には、次のように述べています。「暦の10年以上、1930年代は時代であり、正確な年代順の制限がありました。時代は1929年10月29日、株式市場の暴落で始まり、1939年9月3日、英国のアドルフヒトラーに対する宣戦布告で終わりました。」その後、記事はアレンの、続編を引用しました 昨日のみ–昨日から:1929年9月3日から1939年9月3日までのアメリカの19-30年代Google Scholar –そしてその「さらにすっきりとした歴史的なブラケット」に注目しました。 「TheThirties:AnAlbum」を参照してください。 人生、26 02 1940、67 GoogleScholar。バロルが1987年の株式市場の暴落を利用して1980年代を終わらせた ニューズウィーク 回顧展は、1920年代の人気のある概念を利用する試みを示唆しています。

5 Allen、Frederick Lewis、Only Yesterday:Informal History of the 19-20ties(New York:Harper&amp Brothers、1931)、xiv .Google Scholar

8ケネディ、、 314 –16Google Scholar Allen 、、 112 .Google Scholar

9ラベルの肯定的または否定的な意味合いに関係なく、何十年にもわたってラベルを適用することで、社会的一体感が高まります。たとえば、「狂騒の20年代」、「激動の60年代」、「MeDecade」などです。の編集者として 人生 1969年に次のように書いています。「歴史家にとって、そしておそらくジャーナリストにとっては、10年に特定のラベルを貼り付けることは魅力的です。 人生 1960年代のこの特別な二重号に「騒動と変化の10年」というラベルを付けました。確かにそれでした。」 「分割された10年:60年代」を参照してください。 人生、26 12 1969、8 GoogleScholar。この「分断された10年」というラベルでさえ、共有された経験、共通の反応、そして「希望の活発な感覚」から「極端かつ即時の変化に対する要求の高まり」、より簡潔には「混乱」への統一された動きを意味しました。

10 Allen 、、 186、189Google Scholar Kennedy 、、 312。重点はAllen's.GoogleScholarです。

11アレン、フレデリックルイス、ラジオ放送のトランスクリプト、アームストロングクエーカー教徒のプログラム、WJZおよびNBCネットワーク、8 12 1931 Google Scholar、フレデリックルイスアレンペーパー、米国議会図書館アレン、、 昨日だけ、121 .Google Scholar

12アレン、、 昨日だけ、356 –57 Allen、WJZラジオ放送、Allen Papers.Google Scholar

13 Marling、Karal Ann、Wall-to-Wall America:A Cultural History of Post Office Murals in the Great Depression(Minneapolis:University of Minnesota Press、1982)、9 Google Scholar Allen 、、 昨日だけ、206 Google Scholar Kennedy 、、 313 Google Scholar See also Susman、Warren I.、“ Culture and Commitment” and“ The Culture of the 30ties、in Culture as History:The Transformation of American Society in the 20 Century(New York: Pantheon、1984)、150 –83、184– 210 .Google Scholar

14 ブックオブザマンスクラブニュース、11 1931 Google Scholar、AllenPapers。 BOMCとその審査員団の説得力のある解釈については、Rubin、Joan Shelley、「現代アメリカの自己、文化、自己文化:月刊クラブの初期の歴史」、Journal of AmericanHistoryを参照してください。 、71(1985)、782 – 806 .CrossRefGoogle Scholar

15枢機卿の文学委員会、 カトリックの本の調査、06 1932、5、Allen Papers.Google Scholar

16 人生 60年代の号でも、同様の進展の安心感を示しました。「この号には、混乱と怒りの顔が完全に含まれていますが、これらを災害の前兆と読むのは悲観的な見方です。歴史の記録では、最大の変化と進歩の時代は決して静かではありません。 60年代を通じたアメリカの通過は、非常に熱狂的で問題を抱えているように見えますが、そのような苦難から、他の時代はより良い世界を生み出しました。その希望は、私たちが70年代に進むにつれて、私たちを支え、導くはずです。」 「分割された10年」9を参照してください。1940年、 コリアーズ 1930年代の明るい希望が崩れたため、1940年代の「不機嫌」な見通しは、間違いを犯している可能性が高いと考えられます。 30代が始まった。 1940年の酸っぱい約束がやがて甘くなる可能性はありませんか?」 「危険な10年」を参照してください コリアーズ、6 01 1940、50 Google Scholar And 時間 1970年代の碑文には、楽観主義と社会的結束のメッセージが組み合わされています。 Morrow、Lance、「Epitaph for a Decade:A Lost War、A Discovery of Limits – and Good Cause for Optimism」、Time、7 01 1980、39を参照してください。GoogleScholar

17 Rubin ,, 789 –96Google Scholar See also Lears、TJ Jackson、“ From Salvation to Self-Realization:Advertising and theTherapeutic Roots of the Consumer Culture、1880–1930、” in Fox、Richard Wightman and Lears、TJ Jackson(eds 。)、The Culture of Consumption:Critical Essays in American History、1880–1980(New York:Pantheon、1983)、1 – 38 Google Scholar、and Marchand、Roland、Advertising the American Dream:Making Way for Modernity、1920–1940 (バークレー:カリフォルニア大学出版局、1985年).Google Scholar


昨日だけ:1920年代の非公式の歴史

Access-restricted-itemtrue追加日2011-10-2419:25:43 Bookplateleaf 0008 Boxid IA173201 Camera Canon EOS 5D Mark II City New York、NY Donor allen_countydonation Edition 1. Perennial classics ed External-identifier urn:oclc:record:1036796014 Extramarc University of Toronto Foldoutcount 0 Identifier onlyyesterdayin000alle Identifier-ark ark:/ 13960 / t7wm2cg6g Isbn 9780060956653
0060956658 Lccn 00028345 Ocr ABBYY FineReader 8.0 Openlibrary OL6781182M Openlibrary_edition OL6781182M Openlibrary_work OL1212453W Page-progression lr Pages 358 Ppi 514 Related-external-id urn:isbn:0585291381
urn:oclc:45727463
urn:isbn:160444519X
urn:oclc:858808027
urn:isbn:1849029512
urn:oclc:773395153
urn:isbn:0471189529
urn:lccn:97019930
urn:oclc:36800707
urn:oclc:605754019
urn:oclc:832991715
urn:oclc:877146522
urn:oclc:477124262 Republisher_date 20120326054147 Republisher_operator [email protected] Scandate20120324234455スキャナーscribe1.shenzhen.archive.orgScanningcenter shenzhen Usl_hit true Worldcat(ソースエディション)247526505

コミュニティレビュー

古いノンフィクションの本は古くなっているとは思わないので、偏見があります。証拠が古くなり、議論が解決するか、スタイルが古くなり、読み取りが同じではなくなります。さて、フレデリックアレンルイスは確かに私に現れました。彼は1931年にOnlyYesterdayを書き、それは昨年書かれたように読まれました。

ルイスは大西洋の編集者でしたが、彼のスタイルが後の大西洋の作家に影響を与えたのではないかと思います。彼はサクサクしていて面白くて、全体を通して強い視点を持っています。私は古いノンフィクションの本に偏見があるという彼の説明が好きでした。証拠が古くなり、議論が解決するか、スタイルが古くなり、読み取りが同じではなくなります。さて、フレデリックアレンルイスは確かに私に現れました。彼は1931年にOnlyYesterdayを書き、それは昨年書かれたように読まれました。

ルイスは大西洋の編集者でしたが、彼のスタイルが後の大西洋の作家に影響を与えたのではないかと思います。彼はサクサクしていて、面白くて、全体を通して強い視点を持っています。私はクランメンバーの動機についての彼の説明が好きでした:

「しかし、それは白いローブとフード、その燃えるような十字架、その秘密、そしてその儀式のとんでもない語彙は、ホーカスポカスとマミーへの幼児の愛、秘密の冒険への欲望のための乗り物になる可能性があります。ぼんやりとした場所にくじが投げられている大人。村の大物をドレスアップして、彼を見えない帝国の騎士にするチャンスがありました。」

被験者が今日特に関連性があると感じても害はありません。ルイスは、人種差別、ポピュリズム、そして有名人、スポーツ、ささいな出来事への夢中をカバーしていますが、重大な問題を犠牲にしています。彼は、株式バブルの狂気と、作られるべき富に疑問を投げかける人の叫び声について説明します。彼はまた、ビジネスのカルト(アメリカのビジネスはビジネスであり、そのすべて)と、宗教とビジネスがどのようにお互いの言語を使い始めたかについても見ています。彼は、イエスが彼の経営経験と広告のスキルのおかげで現代のビジネスの創設者であると主張した、Man NobodyKnowsと呼ばれる非常に人気のある本について説明しています。

この本を読んで、私たち社会が同じ問題をたくさん抱えているのを見て、私は幸せで悲しくなりました。マイナス面として、私たちが長い間克服できなかった多くの問題があります。プラス面として、私たちの時間は独自に卑劣なものではありません。 。もっと

1920年代の非常に激動の10年の非常に徹底的なレビュー。ジェームズハワードクンストラーが最近のポッドキャストで言ったように(おそらく他の誰かを引用している)、「歴史は繰り返されませんが、それはリズムを刻みます」。資本の力、そして物質への献身の不合理な熱狂に疑問を呈する人々を攻撃することは、アメリカのカルの支配的な力としてスポーツとエンターテインメントの台頭を獲得します。1920年代の非常に激動の10年の非常に徹底的なレビュー。ジェームズハワードクンストラーが最近のポッドキャストで言ったように(おそらく他の誰かを引用している)、「歴史は繰り返されないが、それは韻を踏む」。 1920年代の物語には、近年多くの「リズム」が見られます。資本の力への盲目的な信仰から10年を始め、物質への献身の不合理な熱狂に疑問を呈する人々を攻撃することで、スポーツが台頭し、アメリカ文化における支配的な力としての娯楽禁止の失敗、その結果としての組織犯罪の台頭、そして「繁栄」が永遠に続くことを期待した人々の素朴さ(共和党員は決して変わらないのですか?)もっと多くの比較を見つけることができます本文中。

全体として、政治から文化、そして日常生活まで、当時のアメリカの非常に興味深い観察です。続編(「昨日から」)を間もなく読んで(または聞いて)います。

フレデリックルイスアレンによる昨日のみ

1920年代のほぼ同時期のよく書かれた物語であり、今日でも新鮮な気分になります。アレンにはストーリーテリングの才能があります。ここにある14の異なる章の中に、私が学んだ興味深い詳細がたくさんあります。地方についてはあまり取り上げられていないため、本のほとんどは大都市でのアメリカ人の態度を対象としています。そのメインストリートの視点については、シンクレアルイスや他の人たちに目を向ける必要があると思います。

これは過度にliではありませんフレデリックルイスアレンによる昨日だけ

1920年代のほぼ同時期のよく書かれた物語であり、今日でも新鮮な気分になります。アレンにはストーリーテリングの才能があります。ここにある14の異なる章の中に、私が学んだ興味深い詳細がたくさんあります。地方についてはあまり取り上げられていないため、本のほとんどは大都市でのアメリカ人の態度を対象としています。そのメインストリートの視点については、シンクレアルイスや他の人たちに目を向ける必要があると思います。

これは、ハワード・ジンの「民衆のアメリカ史」のような過度にリベラルな歴史の解釈ではありません。しかし、平均的なジョーにはいくつかの類似点と共通の共感があります。この本はより少ない年数に焦点を合わせており、300ページで長い読み物ではないので、ジンの聖書よりも楽しい読み物になりました。

ここに興味深い事実に関するいくつかのメモと私が最も楽しんだいくつかの章があります。

ビッグレッドスケア

共産主義のブギーマンを恐れて、地元当局は攻撃的で裁判外の行動をとった。このパラノイアは、1919年にレッズを標的にし始めたパーマー米国司法長官によって煽られました。そのような結果の1つは

ハートフォードでは、容疑者が刑務所にいる間、当局は彼らを見に来たすべての訪問者を逮捕し、投獄するというさらなる予防策を講じました。友好的な呼びかけは、共産党との提携の一応の証拠と見なされました。

言論の自由の抑圧は、社会主義者や共産主義者を標的とした同じ憎悪グループの多くから来ました。これらのグループは、マイノリティ、ユダヤ人、カトリック教徒を追いかけることによって、彼らの原因をさらにひねくれました。シカゴでは、「白人のみ」のビーチの近くに泳いだために暴徒に石で打たれた後、溺死した黒人の少年の事件がありました。シカゴでは数十人の暴動が続き、数百人が命を落としました。タルサでは、黒人アメリカ人のウォール街虐殺は、他の人が白人の確立に対する脅威と見なされたことが主な理由で発生しました。他の場所では、ユダヤ人はヘンリー・フォードに他ならぬ標的にされました-アメリカで最も目に見える(またはおそらく最も裕福な)反ユダヤ主義者。当然のことながら、この期間中にKKKの登録数は急増しました。

マナーと道徳の革命

この興味深い章では、当然のことながら、第一次世界大戦後にドレスコードや若者の慣習が急速に変化していることを学びます…

1920年7月、ファッションライターはニューヨークタイムズ紙で「アメリカ人女性はスカートを少しの制限をはるかに超えて持ち上げた」と報告しました。これは、裾のラインがすべて地上9インチになったという別の言い方です。 。冬にスカートが再び下がるだろうと自由に予測されましたが、代わりに彼らはさらに数インチのスキャンダラスに登りました。

そして1927年までにスカートのラインは膝の上にありました

たばこを吸っているのは素敵な女の子だったと思われます…プリンストンをほとんど卒業しておらず、自分の世代が何をしているのかを知る必要のあるF.スコットフィッツジェラルドが1920年4月に楽園のこちら側を発表して初めて、父親と母親は何が起こっているのかを理解しました。それがどれくらい続いていたか。

しかし、なぜこの革命が起こったのでしょうか?

まず第一に、戦争とその終結によってもたらされた心の状態でした。兵士たちが合宿や戦場に出て行くのに伴い、全世代が「明日のために陽気に食べて死ぬ」という精神に感染してきました。突然の戦争結婚だけでなく、あまり一般的ではない連絡の流行がありました。

ヨーロッパの正面から戻ってきたあるアメリカ人の看護師は1920年に大西洋の月刊記者に言った

「年配の世代は、この世界を私たちに渡す前に、ほとんど台無しにしてしまいました。彼らは私たちにこのことを与え、粉々に砕かれ、漏れ、真っ赤になり、爆破する恐れがあります、そして彼らは私たちがそれを受け取ったのと同じ態度でそれを受け入れないことに驚いています80年代[1880年代]」

最近、女性は選挙権を獲得し、より多くの経済的機会が女性に開かれました。フロイトとヨーロッパのセックスに対する見方はますます人気が高まっていました。ボブのような実用的なヘアスタイルが人気で、化粧品の売り上げが爆発的に増加しました。男性と女性が一緒に飲んだ。避妊薬は今人気がありました。調査によると、高校生の半数がある程度のセックスに従事していた。これらの要因が解放につながりました。

ハーディングとスキャンダル

この章では、アレンはハーディングをはっきりと見ているようです。ハーディングの死後何年にもわたって、スキャンダラスなニュースが一滴ずつリリースされています。早い段階で、ハーディングのイメージの歴史的な白塗りがたくさんありました。

ウォレンハーディングには2つの大きな資産があり、これらはすでに明らかでした。最初に彼は合衆国の大統領がすべきであるように見えました。彼は見事にハンサムでした…。そして彼はこれまでホワイトハウスに入った中で最も友好的な人でした。彼はみんなが好きだったようで、みんなのために恩恵をしたいと思っていました。彼はみんなを幸せにしたいと思っていました…。彼の責任は最初はそれほど明白ではありませんでしたが、それでも悲惨なほど現実的でした。彼の政治的経験の限られた範囲を超えて、彼はほとんど信じられないほど情報が不足していた…もし彼が友人や顧問の選択を差別していたなら、すべてがうまくいったかもしれない…またハーディングは正直と悪党を区別することができなかったようだ…そしてなぜ彼はそのような会社を選んだのですか?真実は、彼の印象的な外観の下で、彼はただの一般的な小さな町の男だったということでした。

アレンはティーポットドーム事件、退役軍人局の腐敗に触れ、ある行政当局者は議会、事件、愛する子供に証言するのではなく自殺した。しかし、ほとんどのアメリカ人は、この繁栄の時代には気にしませんでした。実際、ほとんどの非難は、スキャンダルを明らかにしていた上院議員に向けられていました。時が経つにつれて、上院議員や他のハーディングの批判者は立証されるでしょうが、ハーディングのイメージが完全に台無しになるのは1930年代までかかりました。

次の章では、アレンはラジオの時代、特に自動車産業の拡大、そして特にフォードについて取り上げます。この戦後の期間中、アメリカは世界への資金提供者になります。これは、部分的には、株式市場の暴落とその後の不況につながりました。 Coolidgeの章では、Coolidgeが「アメリカの人々に彼らが外の世界から幸せに孤立していないことを説得する」ための努力を決してしなかったことを学びます。 Coolidgeは、1800年代後半のアメリカの正しい大統領でしたが、1920年代ではありませんでした。彼は原則的で質素でしたが、世界経済の複雑さを真剣に考えたことはありませんでした。

アレンは、Ballyhoo Yearsというタイトルの章で、競馬、ボクシング、麻雀の流行、リンドバーグの飛行、およびスコープモンキートライアルについて説明しています。 H.L.メンケンの詳細な評価がありました。メンケンは、この時代の非常識な過剰と大恐慌の前触れについて書いたアメリカの評論家でした。

アルコールとアルカポネ

この章では、アレンはシカゴに焦点を当てています。

最近のアメリカの歴史の中で、1930年代から振り返ると、乾物による何世代にもわたる困難な戦いの後、禁止が最終的に法定書に書かれたことの容易さほど並外れたものはありません。国はそれを喜んで受け入れるだけでなく、ほとんど無意識のうちに受け入れました。

ボルステッド法が可決され、禁酒令が制定された後、国境が多孔質で、無法者の酒に変更される可能性のある近くの酒の非常に多くの合法的な変種があるこのような大国では、執行が絶望的であることは明らかでした。アレンは、カポネのボスであるジョニー・トリオがシカゴのすべての酒を追い詰めることを決定し、カポネを彼の執行者として釘付けにしたという新しい法律の数ヶ月以内に提案します。カポネはその後、これまでに見たことのない新しい殺人方法を発明しました。これらには、トンプソンサブマシンガンを信号機に座っている車に撃ち込み、実際の影響なしに車を運転することが含まれていました。カポネの恐怖は、1929年の聖バレンタインデーの虐殺の何年も前の1920年に始まりました。カポネの部下は、壁に並んで身体検査を受けるのを待って、敵を倒すために警官に扮した彼らの堕落を完成させました。

アレンは、組織犯罪の増加は禁止のせいにされているが、実際の野蛮さの増加のほとんどは自動車の増加によるものだと指摘している。主に、暗殺者がポイントAからBに簡単に移動できるため、殺人を犯し、現場から逃げ出し、さらには遺体を処分することさえできます。体を処分するたびに馬と馬車を引き出すのはかなり難しいと思います。興味深いことに、暴力はすべて銃で行われたわけではありません。1929年だけでもシカゴで100回以上の爆撃がありました。

ホームスウィートフロリダ

これは興味深いが奇妙な章でした。この時代は、エバーグレーズの河口と沼地からマイアミと南フロリダを育てることをもたらしました。アレンは、1925年だけでも、マイアミと南フロリダとその周辺で土地と家を売っている25,000の不動産業者がいたと書いています。この地域の人口は1920年の3万人から1930年までに15万人になりました。しかし、1926年に始まった2つの開発により、南フロリダに多数のコミュニティが崩壊する前に破産しました。それらは両方とも致命的なハリケーンによって引き起こされました。そして、さらに致命的なハリケーンが30年代まで続きました。

謙遜の教えに傾倒した悪意のあるプロビデンスは、これらのフロリダのハリケーンの2番目で最悪のハリケーンよりも正確な目的で攻撃することはできませんでした。それは、ブームが最も騒がしく、最もヒステリックだった正確な地域、つまりマイアミ周辺の地域に集中していました。 1926年9月18日の早朝にゴールドコーストにぶつかり、ビスケーン湾の水を美しいベネチアの開発地に積み上げ、コーラルゲーブルズの通りの高いところに5本のマストのスチールスクーナーを置き、マイアミは、木、材木、パイプ、タイル、破片、さらには小さな自動車を拾い上げ、家に衝突させ、ジェリーで建てられたコテージや別荘から屋根をはぎ取り、オキーチョビー湖のムーアヘブンの町をほぼ一掃しました。その後ろに約400人の死者、63人の負傷者、5万人の家を失った。

人口のほぼ半分がホームレスだった場所を想像してみてください。南フロリダの不動産が急落し、完全に回復するまでには10年以上かかることが予想されます。不動産投機家にとって、焦点は1927年にウォール街に移るでしょう。

最後の2つの章では、ブルマーケットとクラッシュについて説明します。フーバーが共和党の繁栄を乗り越え、株式市場の活気の波に乗ったことは注目に値します。 1928年、少なくとも表面的には、経済的推進力は前向きでした。実際、彼は進歩に非常に前向きだったので、アメリカは貧困を一掃できると彼は言った。アレンは、苦しんでいる貧困の必要性を放棄し、頑固に助けを拒否すると、そのような言葉がフーバーを噛むために戻ってくるだろうと何度も指摘しています。

最後のページにはいくつかの素晴らしい要約がありますが、それほど新しい情報はありません。アレンは、数か月前の墜落後の1930年に国を襲った気分と失敗の感覚を語り、アメリカの文化が主知主義と美術から離れていくのを見始めました。エリート主義からの移行はそれほど多くありません。それは、1964年のバリーゴールドウォーターキャンペーンまで起こりませんでした。

あなたが歴史愛好家で大衆文化が好きなら、この本は共鳴するでしょう。私の好きな歴史の時代は1910年から1930年までの期間なので、この本を特に楽しんだ。これらの年に焦点を合わせるのを助けるこの期間からのいくつかの本当に例外的な文献もありますが、これは私が読んだ20年代の要約と同じくらい良かったです。

1920&apossのこの歴史をとても魅力的なものにしているのは、1931年に出版されたということです。これは冷たく血のないテキストではなく、過去に覆われた感傷的な青い霧もありません。すぐに感じます。それは非常によく書かれています。そして、はい、類似点があります。私がこれ以上よく知らなかった場合、著者が意図的に現在の出来事をほのめかしていることを誓います。時々、それはほとんど冗談のように読まれます:&quot。戦後の10年に最も永続的で厄介なフレーズの1つを与えた曲、&aposI&aposll Say She Does。&apos&quot

または、1920年代のこの歴史を非常に魅力的なものにしているのは、1931年に出版されたということです。これは冷たく血のないテキストではなく、過去に覆われた感傷的な青い霧でもありません。すぐに感じます。それは非常によく書かれています。そして、はい、類似点があります。よくわからない場合は、作者が意図的に現在の出来事をほのめかしていることを誓います。時々、それは冗談のように読まれます:「戦後の10年にその最も永続的で厄介なフレーズの1つを与えた歌、「私は彼女がするだろう」。」

または警告:「それは、法と秩序の無法で無秩序な防衛、憲法の違憲な防衛、疑惑と内戦の時代でした。」

私は過去に逃げたかったのですが、私たちは何も学ばないことに気づきました。

誰もがこれを読む必要があります。 。もっと

現代のポピュラーヒストリーの多くは、真実を故意に歪曲したり、省略したり、単に嘘をついたりするイデオロギー的アジェンダで書かれた、厄介なものです。したがって、過去に書かれた履歴を読むことで、より良い情報が得られる場合があります。初期の歴史家はしばしばより客観的であり、イデオロギーはあまり普及していませんでした。彼らの偏見は、もしあれば、通常明白です。したがって、私は「昨日だけ」、マスマーケットのジャーナリスト/知識人によって1931年に出版された1920年代の半有名な歴史は、意図的に歪曲、省略、または単に嘘をつくというイデオロギーの議題で書かれた、厄介なものだと思いました。約、真実。したがって、過去に書かれた履歴を読むことで、より良い情報が得られる場合があります。初期の歴史家はしばしばより客観的であり、イデオロギーはあまり普及していませんでした。彼らの偏見は、もしあれば、通常明白です。したがって、1931年に当時のマスマーケットジャーナリスト/知識人であるフレデリックルイスアレンによって出版された1920年代の半有名な歴史である「OnlyYesterday」は、その10年について何か新しいことを教えてくれるのではないかと思いました。しかし、悲しみに、私は少し新しいことを学んだことに気づきました。その代わりに、アメリカの支配階級の腐敗がどれほど早く始まったかを改めて思い出しました。

今日の一般的な想像では、1920年代は「狂騒の20年代」です。これは、経済ブームと、自由に自由に行動できるという新たな焦点が組み合わされたものです(禁止が国の法律であったとしても)。 HBOシリーズ「ボードウォークエンパイア」は、時代の味を提供します-または少なくとも共通の想像力を反映しています。昨日だけが、10年についての今日の一般的な想像力と正確に一致していないものは何も含まれていません。これは、2つのことのいずれかを示唆しています。今日の一般的な想像力は1920年代の現実を正しく反映しているか、または今日の一般的な想像力はアレンのような男性によって独自のアジェンダを持って形作られ、現実を完全には反映していません。

この本を読んだ後、私は後者の可能性が高いと結論付けました。彼のすべての読者は彼がカバーする期間を通して生きていたので、アレンは歴史を歪めることができなかったように思われるでしょう。彼は多くの現代の歴史家のように単純に嘘をつくことはできなかったので、ある程度まではそうです。しかし、アレンは合唱団に説教しているため、依然として歪曲しています。彼は、1920年代のプロ経営エリートのメンバーであり、プログレッシブとウッドロウウィルソンに同情し、カルビンクーリッジに激しく反対し、見つけて支援することを熱望している彼のような人々に手紙を書いています。フランクリンルーズベルトのような候補者ですが、彼はこの本のどこにも言及されていません。 Allen’s main air is one of supercilious superiority he knows what is good for the country, and he is pleased to be able to report that the benighted masses are generally getting with the program advocated by their betters. He reports the 1920s through this lens, not objectively. And that his book has been used for decades in schools and colleges reinforces my conclusion that our image of the 1920s, in particular that it was a decade of moral progress, rather than moral decay, arises from this book and the ideology its author pushes.

Allen begins with a great deal of detail about Wilson’s attempts to force America to join the League of Nations. Using a combination of over-the-top language about the utopia the League would bring and what he knew to be falsehoods about the League’s origin and purpose, Wilson, the first ideological President, desperately tried to get America to take the medicine he was sure would be good for it. “He warned his audiences that if the Treaty were not ratified, disorder would shake the foundations of the world, and he envisioned ‘those heights upon which there rests nothing but the pure light of the justice of God.’ ” But America, we know, was not interested, something Allen attributes mostly to a lack of “idealism” and a desire to return to “normalcy,” along with a variety of special interests, not to simply a clear-eyed rejection of what Wilson had to offer. Wilson failed, as we also know.

In the next section, Allen’s prejudices really begin to show. He sneers at length at “The Big Red Scare.” I don’t know how significant the Communist threat in America was in 1919 and 1920. Certainly, there were many militants demanding Communism and anarchism, and the war atmosphere, combined with the Bolshevik victory in Russia and numerous bombings of public places in America killing hundreds of people (with an impact on society like September 11th on us), certainly led many to rationally believe that Communism was a real present threat to America. That it didn’t turn out to be a problem in the end does not prove that it was not a problem at the time. Communists certainly were a huge problem later, in the 1940s and 1950s, when circumstances were more favorable to Communist traitors and to Communist power gains. Not to mention that the crackdown on Communists in 1919 may have prevented it being a bigger problem in 1921.

Allen’s claim, though, is that the public was stupid, the “Red Scare” was a chimera put out by the Attorney General, Mitchell Palmer, for no good reason while Wilson was incapacitated and unable to stop him, and there was zero basis for concern. Allen, who has nothing to say about the massive suspensions of civil liberties by Wilson and the federal government during World War I, nor about the hundreds of African Americans killed in race pogroms at the exact same time as the so-called Red Scare in places like Tulsa, claims that this period was “in a very literal sense, a reign of terror,” even though no Communist was harmed or killed (except a few executed for proven crimes) and within a few months they could stop even looking over their shoulders. The reader concludes that suppression of the Left is Allen’s only concern, and that suggests that he’s simply protecting his own kind and enlarging their freedom for future operation.

That said, it’s certainly possible Allen is objectively describing the ideological oppression that he says briefly swept over the country for a few months. Students and businessmen, he says, were only able to state their real opinions in whispers schoolteachers were made to sign ideological commitments college professors were dismissed for wrongthink the media spread historical propaganda and much more along the same lines. All of it is very familiar, because it is precisely the treatment conservatives suffer under in America today, under constant vicious attack by the woke Left that controls all the levers of power. In 1919, though, things quickly returned to normal, whereas our current Scare isn’t a scare at all, but a deliberate attempt to exercise total ideological dominance and total power. That’s why today’s atmosphere of Left terror has lasted for years, not months, is accelerating, not slowing, and is very unlikely to stop unless it is stopped by force.

This is also the chapter in which we are introduced to Calvin Coolidge, not by name, but as the Governor of Massachusetts, “an inconspicuous, sour-faced man with a reputation for saying as little as possible and never jeopardizing his political position by being betrayed into a false move.” Allen’s treatment of Coolidge, the substance of whose Presidency he barely mentions, further betrays his bias in favor of the Left. Coolidge’s "Autobiography" is “smug” in all his writings and speeches “the most original thing you will find in them is his uncompromising unoriginality.” For no given reason at all, Allen claims “his presidential record was surprisingly negative.” He was “uninspired and unheroic”—Allen wants, obviously, the so-called inspiration and heroism that the Progressives and other men of the Left foisted on America.

As to the common people, Allen complains that in the 1920s “public spirit,” that is, eagerness for Left nostrums, “was at low ebb.” Instead, Americans filled up their time with becoming excited about boxing matches and local crimes given national attention, sniffs Allen, along with crosswords and mah-jongg. Allen is glad that at least religiosity declined, accelerated by the appearance of the prosperity gospel and by propaganda pushing science as exalting itself over religion. But what makes up for it in Allen’s eyes is “The Revolution in Manner and Morals” and its effect on the common people, both of which he celebrates, not analyzes. (And revolution was no doubt what it was, although nothing compared to what the Baby Boomers managed to bequeath to us since the late 1960s.) Allen attributes the new moral laxity to many factors: the war, the “growing independence of the American woman,” arising from labor-saving housekeeping devices and an increased ability to be employed outside the home Freudianism automobiles Prohibition and mass media, especially movies and the new risqué magazines. Slickly, he deliberately confuses new hairstyles and clothing with substantive changes in morals, a motte-and-bailey technique allowing him to respond to any criticism of the corrosive social effect of lax sexual morality with a snippy comment about rubes who think that hairstyles have a moral component.

What is very evident is that in every area, the ruling classes set new low standards permitting and encouraging hugely increased moral laxity, which quickly filtered down to the lower orders. Among the “prosperous classes,” “It was better to be modern, —everybody wanted to be modern, —and sophisticated, and smart, to smash the conventions and to be devastatingly frank.” Allen loves all of the resulting moral laxity spreading through the country. Obscene material is, righteously, “upheld by a liberal judge and endorsed by intelligent public opinion.” Those trying to maintain the rules on obscenity found “the intellectuals of the whole country were laughing at them. 。 。 。 [T]he taste of the country demanded a new sort of reading matter.” That is, for Allen, the “taste of the country” is really the “taste of the left-wing intellectuals.” He even has a whole chapter celebrating left-wing intellectuals, whom he calls “highbrows,” such as Sinclair Lewis (and also H. L. Mencken, not strictly speaking left-wing but just as corrosive), and magazines like the "American Mercury" (where the odious Albert Jay Nock got his start). This is contrasted with the “hinterlands [where] there was still plenty of old-fashioned sentimental thinking about sex,” leading to “frantic efforts to stay the tide of moral change” by people unable to “all at once forget the admonitions of their childhood.” Sure, Allen says, this laxity led to some temporary bad manners, but was all to the good with a few years of practice in the new laxity.

The masses experienced, despite Prohibition, a great deal of new freedom, the release from old moral codes and expectations, and for Allen, this is all to the good, as long as they keep the right people in charge. Not necessarily in charge of the government—the federal government did not have the powers it does now, and its only real relevancy was in foreign affairs and, as the Progressive agenda of hugely expanding federal power began its first major project, Prohibition. Rather, in charge of society at every level.

Allen covers Prohibition and the resulting big-city crime, especially Al Capone. He admits Prohibition sharply reduced alcohol consumption, and resultant pathologies, among the common people, but “among the prosperous classes which set the standards of national social behavior, alcohol flowed more freely than ever.” In other words, the rotten ruling classes of the 1920s were responsible for the ills of Prohibition, too. When Allen wrote this book, Prohibition was still in effect, so there is no resolution, just lots of text about the social ills resulting. Other chapters cover land speculation boom and bust in Florida, and, for the last third of the book, the run-up in the stock market and the subsequent crash, in more detail than is really interesting.

At the end, the modern reader has learned nothing new about the 1920s, and as I have shown, has good reason to suspect he has been led by the nose down the ideological garden path. Like so much else used in the educational system today, this book is still force-fed to present-day students because it is useful as propaganda to advance the indoctrination of the Left. I suspect that there exist now-obscure works that portray an entirely different picture of the 1920s. Find those books, and give them to your children, not this toxic mush. 。もっと


The Lords of Creation: The History of America's 1 Percent (Forbidden Bookshelf)

To understand why the Great Recession happened, start here.

Today, many Americans puzzle over why the Great Recession happened. Amazon lists more than 1,000 books on the subject. But readers today might benefit from taking a longer view. Because, as Frederick Lewis Allen told the tale in The Lords of Creation nearly ninety years ago, the conditions that arose in the Gilded Age and the Roaring Twenties and lay at the root of the Depression bear an uncanny resemblance to those of the current era be To understand why the Great Recession happened, start here.

Today, many Americans puzzle over why the Great Recession happened. Amazon lists more than 1,000 books on the subject. But readers today might benefit from taking a longer view. Because, as Frederick Lewis Allen told the tale in The Lords of Creation nearly ninety years ago, the conditions that arose in the Gilded Age and the Roaring Twenties and lay at the root of the Depression bear an uncanny resemblance to those of the current era beginning late in the 1970s.

When Allen’s book appeared in 1935, the United States (and the world) was in the throes of the Great Depression. The previous year the nation’s economy had begun its long, slow climb out of the depths reached in 1933. Franklin Roosevelt’s New Deal was beginning to pay off. But policymakers and the public alike yearned to understand how things had gotten so bad. And economists were almost without exception among those who celebrated the 1920s boom up until the day it went bust. So, historians like Harper’s Magazine editor Frederick Lewis Allen took up the challenge to explain what lay behind the greatest economic catastrophe in American history. He found the roots of the crisis in the emergence of the trusts, the holding companies, and stock watering late in the nineteenth century. The Lords of Creation makes the case in lively, readable prose.

Common themes in America’s economic history

“Run out and buy Europe for me.”

During the decades following the Civil War (1961-65), American business grew big. What began as small, family-owned enterprises gobbled up competitors right and left and grew into massive corporations called “trusts“—first Standard Oil, then many others in railroads, banking, utilities, and other industries. Allen notes that “by 1900 the census showed that there were no less than 185 industrial combinations in existence.” Their success boosted the economy and set off wild speculation in the securities markets. “The center of gravity of American industrial control was moving, and the direction of its movement was immensely significant. It was moving toward Wall Street.” Allen adds: “That aptest commentator of the day, Finley Peter Dunne’s ‘Mr. Dooley,’ described Morgan as now being able to say to one of his office boys, ‘Take some change out iv th’ damper an’ r-run out an’ buy Europe for me.'”

The Progressives and the muckrakers

Beginning shortly before the turn of the twentieth century, “muckrakers” such as Ida M. Tarbell and Lincoln Steffens exposed the abuses through investigative journalism. Self-identified Progressives moved to curb Wall Street’s many abuses through laws limiting the financiers’ freedom of action. And the federal government under Theodore Roosevelt, William Howard Taft, and Woodrow Wilson began to enforce antitrust law that, one by one, broke up some of the very biggest of the ventures. (Roosevelt thundered about “malefactors of great wealth,” although his efforts to do anything about them seemed half-hearted.) But the Progressive movement was spent by the 1920s. The titans of Wall Street and Big Business simply invented clever new devices to work around the laws, such as they were. And successive Republican administrations during the Roaring Twenties declined to rein in the wild speculation that led to the stock market Crash of 1929. The US government in the years leading up to 2007 was equally ineffectual, so it should be no surprise why the Great Recession happened.

Contrasting Big Business in 1929 with today’s

“In 1929,” Allen reports, “there were over three hundred thousand non-financial corporations in the country.” Today, there are 32.5 million. Then, “the biggest two hundred of these giants controlled nearly half of all the corporate wealth and did over two-fifths of the business in the non-financial field.” Now, according to Fortune magazine, “Fortune 500 companies represent two-thirds of the U.S. GDP with $13.7 trillion in revenues, $1.1 trillion in profits, $22.6 trillion in market value, and employ 28.7 million people worldwide.” In other words, despite everything done over the course of the twentieth century to regulate business, the private sector was more concentrated and the biggest companies more powerful than they’d been in 1929 after a decade of runaway speculation. Is it really hard to understand why the Great Recession happened?

Forerunners of the tech giants

Does any of that sound alien today in the age of Google, Apple, Facebook, and Microsoft? In a world where the managers of the top hedge funds take home pay of a billion dollars or more every year? Does the “pro-business” orientation of the Reagan, Clinton, Bush, and Trump administrations sound notably different from those of the men at the helm of the nation in the 1920s? And do the reforms introduced in the 1960s and under Barack Obama seem to have made enough of a difference to prevent another major economic reversal? Economists say they haven’t.
The men who defined capitalism as we know it today

Much of Allen’s argument rests on his study of the men he identifies as central to the story. Their stories are revealing as we seek to understand why the Great Recession happened. In chronicling events during the first phase of the tale, from roughly 1890 to 1920, he cites ten individuals. Fifty make the list for the period 1920 to 1935. Most of the names on the larger list have vanished into the mists of history, no doubt because with few exceptions they were all losers in the Wall Street casino of the 1920s. Not so with those Allen points to in the earlier period, whom I’ve grouped into three categories. Consider how many of these ten names are still familiar today. And take note that, with one exception, they all died at least ninety-nine years ago. Yet they all have Wikipedia entries in 2021.

J. Pierpont Morgan (1837-1913), the grand old man of Wall Street. Allen calls him “Old Jupiter.” Architect of United States Steel, International Harvester, General Electric, and other market-dominating corporations. As Wikipedia notes, he “dominated corporate finance on Wall Street throughout the Gilded Age.” He was widely quoted to insist to an inquisitive reporter who asked him whether he owed the public an explanation about the stock market panic he had helped cause that “‘I owe the public nothing.'” His bank morphed into today’s JPMorgan Chase & Co. through many, many mergers over the years. Today, it’s by far the biggest bank in the US.

George F. Baker (1840-1931), Morgan’s right-hand-man. President of the First National Bank whom Allen describes as “solid, tenacious, and silent.” According to Wikipedia, “at his death he was estimated to be the third richest man in the United States, after Henry Ford and John D. Rockefeller.” As TIME magazine said of him in its 1924 cover story, “True, he is twice as rich as the original J. P. Morgan, having a fortune estimated at 200 millions. True, at the age of 84 when he has retired from many directorates, he dominates half a dozen railroads, several banks, scores of industrial concerns.”

James Stillman (1850-1915), “the brilliant and cold-blooded president of the National City Bank,” forerunner of today’s Citibank. Under his leadership, the bank may have become the biggest in the Western Hemisphere and was certainly the biggest in the US. As an investigation by the House of Representatives revealed, “the indirect influence of Morgan, Baker, Stillman, and their aides was prodigious.”

Jacob H. Schiff (1847-1920), German-born Jewish American banker, businessman, and philanthropist. In Allen’s words, “the shrewd and kindly head of the banking house of Kuhn, Loeb & Co.” Foremost Jewish leader in the United States for the last four decades of his life. At first, a rival to J. P. Morgan, later a close collaborator.

John D. Rockefeller (1839-1937), founder of Standard Oil, which trustbusters spun off into companies that today have the names ExxonMobil, Marathon Petroleum, Amoco, and Chevron, among others. The world’s richest man in his day. Some scholars estimate he would be worth $400 billion today, although I’ve seen other estimates putting the total at around $175 billion, which is slightly less than the net worth reported for Jeff Bezos of Amazon and Elon Musk of Tesla and SpaceX.

Edward H. Harriman (1848-1909), who built a nationwide railroad empire on the backs of the Union Pacific Railroad through mergers and stock market operations. J. P. Morgan called him “that little fellow Harriman.” The old man’s contempt notwithstanding, Allen points out, “Harriman may thus be regarded as two men in one—a sharp financier on the make, and an extraordinary railroad builder.” He was the father of Averell Harriman, one of the “Wise Men” who dominated US foreign policy in the 1950s and 60s.

The investors and speculators

William K. Vanderbilt (1849-1920), a grandson of Commodore Cornelius Vanderbilt. He was “the indolent chief representative of a family still powerful in the railroad and investment world.” Vanderbilt managed his family’s railroad investments and was active in horse-racing. His daughter Consuelo marrried Charles Spencer-Churchill, 9th Duke of Marlborough, a close friend of his first cousin Winston Churchill.

William Rockefeller (1841-1922), John D.’s younger brother, a cofounder of Standard Oil who turned to speculating in securities. Wikipedia: “He helped to build up the National City Bank of New York, which became Citigroup. He was also part owner of Anaconda Copper Company, which was the fourth-largest company in the world in the late 1920s.”

Henry Huttleston Rogers (1840-1909), a leader at Standard Oil and active in the gas industry, copper, and railroads. According to his biographer: “pitiless in business deals, in his personal affairs he was warm and generous.” Wikipedia: “After 1890, he became a prominent philanthropist, as well as a friend and supporter of Mark Twain and Booker T. Washington.” But in business he was contemptuous of any effort to look into his affairs. In one court case, he “refused to admit knowing where the offices of the Standard Oil Company of Indiana were” and added “‘It is quite immaterial to me what the Supreme Court of Missouri desires me to say to them, other than what I have testified.'”

James R. Keene (1838-1913), “a stock exchange operator of commanding skill and prestige.” He was a Wall Street stockbroker and, like William Vanderbilt, a major thoroughbred race horse owner and breeder.

Still famous, a century later

You’ll note that every one of these ten men was born between 1837 and 1850. And with the single exception of John D. Rockefeller Sr. (who was retired by then) they had all passed from the scene by the beginning of the 1920s. Yet even after the passage of nearly two centuries what these men did in their lifetimes set the scene for the Great Depression. And their impact has continued to the present day, when the American economy still reflects attitudes they held and legislation they influenced so very long ago. Yes, during the Progressive Era, the New Deal, and again in the 1960s and beyond, the Federal government moved to regulate the conduct of Wall Street and Big Business. But in almost every meaningful respect, the system the Robber Barons began to build in the late nineteenth century endures to this day. It’s called capitalism, and we in the United States experience a particularly freewheeling variety of the system.

For more than three decades, Frederick Lewis Allen (1890-1954) edited Harper’s Magazine. Under his aegis, Harper’s held sway as one of America’s preeminent intellectual journals. He was the author of six books of history and biography, of which The Lords of Creation was the second to be published. Allen held a Master’s degree from Harvard, where he taught for a time before his first job as an editor at age twenty-four at the Atlantic Monthly. 。もっと


ALLEN, FREDERICK LEWIS

Frederick Lewis Allen (July 5, 1890–February 13, 1954) was a writer, magazine editor, and popular historian. The son of an Episcopalian minister, Allen was descended from a line of estimable New Englanders that went back to the Mayflower. He received a superb education at Groton School and then at Harvard University, where he helped edit the literary magazine, and earned a B.A. in English in 1912 and an M.A. in modern languages in 1913. In 1914, he was hired by the prestigious Atlantic Monthly. After working for the Council on National Defense from 1917 to 1918 and a stint as Harvard's publicity manager from 1919 to 1923, Allen was hired as an editor for ハーパーズマガジン and spent the rest of his career there, becoming Harper's editor-in-chief in 1941. A skillful and sensitive editor, Allen attracted distinguished contributors to Harper's and solidified the magazine's reputation for intelligence and literary brilliance. He stole evenings and weekends from his editorial duties, however, to write the books that were to make him famous.

In 1931, Allen published his best-known work, Only Yesterday: An Informal History of the Nineteen-Twenties. It was a remarkable survey of American popular culture from 1919 to 1929, written in a lively and engaging style, and filled with dramatic anecdotes and colorful personalities. Notable both for its acute perceptions of recent times and for its appeal to the general reading public, Only Yesterday sold more than a million copies and ran through twenty-two printings. Although Allen's book, along with numerous other influences, may have helped to fasten to the 1920s its exuberant, carefree, jazz-age image, it should not be dismissed as mere popularization: The historian William Leuchtenburg remarked that Only Yesterday was "written in such a lively style that academicians often underrate its soundness."

Allen tried to duplicate his success with a look at the 1930s, Since Yesterday: The Nineteen-Thirties in America, published in 1940. It was inevitably a more somber and serious portrait, emphasizing economic hardship, Franklin Roosevelt, and the darkening international scene. Since Yesterday retained the absorbing literary style of the earlier work and also became a best-seller, although it never reached the success of Only Yesterday. In addition to these two works, Allen wrote three important books in his trademarked manner: The Lords of Creation (1935) was a study of Wall Street high finance, centering on the figure of J. P. Morgan, a subject to which Allen returned in The Great Pierpont Morgan (1949). Finally, Allen attempted a survey of the first half of the twentieth century in The Big Change: America Transforms Itself, 1900–1950 (1952).

Allen was respected and admired by his colleagues, not only for his literary talents, but also for his generosity, modesty, fairness, and compassion. He died in New York City at the age of sixty-three.


Frederick Lewis Allen - History

In 1931, a journalist named Frederick Lewis Allen published a volume of informal history that did more to shape the popular image of the 1920s than any book ever written by a professional historian. The book, Only Yesterday , depicted the 1920s as a cynical, hedonistic interlude between the Great War and the Great Depression--a decade of dissipation, jazz bands, raccoon coats, and bathtub gin. Allen argued that World War I shattered Americans' faith in reform and moral crusades, leading the younger generation to rebel against traditional taboos while their elders engaged in an orgy of consumption and speculation.

The popular image of the 1920s, as a decade of prosperity and riotous living and of bootleggers and gangsters, flappers and hot jazz, flagpole sitters, and marathon dancers, is indelibly etched in the American psyche. But this image is also profoundly misleading. The 1920s was a decade of deep cultural conflict. The pre-Civil War decades had fundamental conflicts in American society that involved geographic regions. During the Gilded Age, conflicts centered on ethnicity and social class. Conversely, the conflicts of the 1920s were primarily cultural, pitting a more cosmopolitan, modernist, urban culture against a more provincial, traditionalist, rural culture.

The decade witnessed a titanic struggle between an old and a new America. Immigration, race, alcohol, evolution, gender politics, and sexual morality all became major cultural battlefields during the 1920s. Wets battled drys, religious modernists battled religious fundamentalists, and urban ethnics battled the Ku Klux Klan.

The 1920s was a decade of profound social changes. The most obvious signs of change were the rise of a consumer-oriented economy and of mass entertainment, which helped to bring about a "revolution in morals and manners." Sexual mores, gender roles, hair styles, and dress all changed profoundly during the 1920s. Many Americans regarded these changes as liberation from the country's Victorian past. But for others, morals seemed to be decaying, and the United States seemed to be changing in undesirable ways. The result was a thinly veiled "cultural civil war."


バイオグラフィー

Frederick Lewis Allen (July 5, 1890 Boston, Massachusetts - February 13, 1954 New York City) was the editor of Harper's Magazine and also notable as an American historian of the first half of the twentieth century. His specialty was writing about what was at the time recent and popular history. He studied at Groton and graduated from Harvard University in 1912 and received his Master's in 1913. He taught at Harvard briefly thereafter before becoming assistant editor of the Atlantic Monthly in 1914, and then managing editor of The Century in 1916. He began working for Harper's in 1923, becoming editor-in-chief in 1941, a position he held until shortly before his death. His wife, Dorothy Penrose Allen, died just prior to the publication of Only Yesterday.

Allen's popularity coincided with increased interest in history among the book-buying public of the 1920s and 1930s. This interest was met, not by the university-employed historian, but by an amateur historian writing in his free time. Aside from Allen, these historians included Carl Sandburg, Bernard DeVoto, Douglas Southall Freeman, Henry F. Pringle, and Allan Nevins (before his Columbia appointment).

His best-known books were Only Yesterday (1931), a book chronicling American life in the 1920s, and Since Yesterday (1940), which covered the Depression of the 1930s. His last and most ambitious book, The Big Change, was a social history of the United States from 1900 to 1950. Allen also wrote two biographies, the first of which was about Paul Revere Reynolds, a literary agent of the era. This work is notable because it contains a chapter about Stephen Crane, but is difficult to find because it was privately published.

The Frederick Lewis Allen Memorial Room in the New York Public Library was established by the Ford Foundation in 1958. It is Room 228e on the second floor of the library, and is fully accessible to wheelchair users. However, admission is limited to writers currently under book contract to a publishing company.


Frederick Lewis Allen

Frederick Lewis Allen (July 5, 1890 – February 13, 1954) was the editor of ハーパーズマガジン and also notable as an American historian of the first half of the twentieth century. His specialty was writing about what was at the time recent and popular history.

Allen was born in Boston, Massachusetts. He studied at Groton, graduated from Harvard University in 1912 and received his Master's in 1913. He taught at Harvard briefly thereafter before becoming assistant editor of the アトランティックマンスリー in 1914, and then managing editor of 世紀 in 1916. He began working for Harper's in 1923, becoming editor-in-chief in 1941, a position he held until shortly before his death, aged 63, in New York City. His wife, Dorothy Penrose Allen, died just prior to the 1931 publication of his best-known book, Only Yesterday.

Allen's popularity coincided with increased interest in history among the book-buying public of the 1920s and 1930s. This interest was met, not by the university-employed historian, but by an amateur historian writing in his free time. Aside from Allen, these historians included Carl Sandburg, Bernard DeVoto, Douglas Southall Freeman, Henry F. Pringle, and Allan Nevins (before his Columbia appointment). [1]

His most famous book was the enormously popular Only Yesterday (1931), which chronicled American life in the 1920s. Since Yesterday (1940), a sort of sequel that covered the Depression of the 1930s, was also a bestseller. The 1933 Hollywood film "Only Yesterday" was ostensibly based on his book, but actually used only its timeline, with a fictional plot adapted from a Stefan Zweig novel.

He wrote the Introduction to Dr Mabel S Ulrich's collection of essays by notable woman writers of the day, including Mary Borden, Margaret Culkin Banning, Sylvia Townsend Warner, Susan Ertz, E. M. Delafield, Rebecca West, Isabel Paterson and Storm Jameson, The More I See Of Men (Harper & Brothers, 1932).

His last and most ambitious book, The Big Change, was a social history of the United States from 1900 to 1950. (He had originally written a Harper's article about how America had changed between 1850 and 1950, but decided to limit the chronological scope of his book.) Allen also wrote two biographies, the first of which was about Paul Revere Reynolds, a literary agent of the era. This work is notable because it contains a chapter about Stephen Crane, but is difficult to find because it was privately published.

In 1950, Allen was one of five narrators for the RKO Radio Pictures documentary film, The Golden Twenties, produced by Time, Inc.. [1]

The Frederick Lewis Allen Memorial Room in the New York Public Library was established by the Ford Foundation in 1958. [2] It is Room 228e on the second floor of the library, and is fully accessible to wheelchair users. [2] However, admission is limited to writers currently under book contract to a publishing company [ どうして? ] . [2]


ビデオを見る: TALON SMITH first round 18th Chopin Competition, Warsaw (かもしれません 2022).