ニュース

ピクウェーIIYTB-793-歴史

ピクウェーIIYTB-793-歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ピクウェーII

(YTB-793:dp。356(f。); 1. 109 ';b。31';dr。14 ';s。12k。; cpl。
12; NS。ネイティック)

2番目のPiqua(YTB-793)は、1966年9月29日、ウィスコンシン州マリネットのMarinette MarineCorp。によって作成されました。 1967年4月25日に発売。ピクアは1970年に、第1海軍地区とニューイングランド海域で運航する大西洋艦隊の船のために貴重なタグボートサービスを実施しました。


歴史

19世紀後半に3回失敗した後、1890年にようやく常設図書館が設立されました。ジェイコブシュミットラップは、家族の店と自宅を509 North MainStreetにピクア教育委員会に寄贈しました。新しい図書館は、1890年10月18日にシュミットラップフリースクール図書館という名前で正式に一般公開されました。この図書館は、教育委員会の委員会と最初の司書であるスー・ヘザリントンによって運営されていました。

1900年、図書館はデューイ十進法を採用し、カード目録を作成しました。初めて、一般の人々が図書館のスタックから本を閲覧して選択することが許可されました。ピクアの若者は、1911年に児童文学の時間の始まりとともに、図書館の最初のアウトリーチプログラムの1つのターゲットでした。図書館の管理は、新しい州法が教育委員会とは別の図書館理事会の設立を義務付けた1924年に変更されました。

新しいスペースが引き続き必要になると、図書館は新しい建物を探し始めました。 Leo Fleshからの寄付により、124 West GreeneStreetにある旧PiquaMen'sClubが購入されました。 1931年11月4日、新しく改装された建物が一般公開されました。新しい肉公立図書館は25,000冊以上を保有していました。図書館は、第二次世界大戦中の政府文書、1948年の蓄音機コレクション、1980年の映画コレクションと病院のアウトリーチプログラム、1960年代のコピー機と最初の子供向けのコレクションなど、新しいプログラムと新しいコレクションのためにその増加したスペースを使用しました。夏の読書プログラム。

コレクションの増加により、1978年に図書館の東側に追加が完了しました。1986年に大規模な再編成が行われ、図書館に情報および参照部門と地方史部門の2つの新しい部門が作成されました。同時に、5つの部門コーディネーターが設立され、コーディネーター委員会が結成されました。図書館の過去20年間で、蓄音機のレコードは音楽コンパクトディスクに、カード目録は図書館公社の自動コンピュータシステム(1996)に置き換えられ、多くの印刷された参考資料は1997年にインターネット経由で電子的に利用できるようになりました。オハイオ公立図書館情報ネットワーク(OPLIN)に接続された図書館。

図書館は2008年10月20日に新しく改装されたフォートピクアプラザビルの116West HighStreetに移転しました。図書館の新しい名前であるピクア公立図書館は2008年10月20日に正式に発表されました。


ピクウェーIIYTB-793-歴史

COVID-19パンデミックに関する重要な情報を見つけるには、ここをクリックしてください。ピクア保健局は、ピクアコミュニティの健康と安全を確保するために、COVID-19パンデミックページを最新かつ正確な情報で定期的に更新しています。 -> COVID-19の詳細については、ここをクリックしてください。 ピクア市には、市民が市の出来事について最新の状態に保つことを可能にするさまざまな方法があります。これには、TwitterとEGOVサービスの両方が含まれます(サブスクリプション/アラートのサインアップを含む)。
もっと詳しく知る。

今日ピクアでは、655 N. Maにあるランドルフ&マッカロックフリーダム&#8217sストラグルコンプレックスを強調することで、ジューンティーンスを称えます。

ピクア市には、https://piquaoh.org/closeings/で閲覧できる607 West WaterStreetで閉鎖されている歩道があります。お気軽に 。

2021年6月22日に予定されていたPiquaCity Energy Boardの定例会議は、営業がないためキャンセルされました。次の規制。

ピクーア市委員会が2021年6月15日火曜日の午後6時に市委員会会議所で会合することをここに通知します。

定期的なピクア市委員会会議火曜日、2021年6月15日午後6時委員会室– 2階201ウェストウォーターストリートピクア、オハイオ州。

が不足しているため、ピクア市ゾーニングアピール委員会の予定されている会議がキャンセルされることをご承知おきください。

ピクアフォースフェストのフードラインナップはこちら!より多くのベンダーの発表をお楽しみに! La Granja T’s Heavenly Taste Cumberland KettleCo。

これにより、2021年6月15日火曜日の午後6時に通知されます。市政府複合施設の委員会会議所にあります。

2021年ピクウェー第4回フェストの音楽ラインナップをご紹介します!今年のイベントにとても興奮しており、seeiを楽しみにしています。

水道本管の休憩のため、サンセットドライブ近くのハイストリートで一時的な交通の変化が起こっています。ハイストリートの東行きの車線。


ランダムタグボート289

しかし、最初に、あなたは日付を推測できますか?答えは次のとおりです。

マッケンジーローズ この2000年製のボートの最新の名前は ヴァーノンC その後 メアリー・ゲラトリー.

エレン、元YTB-793 ピクア、ここでは、ボートを上にしてボックスボートを支援します。元YTBはいくつかの珍しい場所で見つけることができます。

ブライアンA大尉。 このULCVのパイロットのドアに近づきます。

ジェイマイケル 平らな赤に塗られているか、色あせた明るい赤になっているかもしれません。

セントエライアス山 ロードされた状態で東に向かう DBL82。

ロバートIV 仕事に出かけています。

アナコスティア アンブローズを出て行く ダブルスキン509A ワイヤー上。

リンカーン海DBL 140 南から到着します。

そして最後に、 ジェームズDミリアム 箱船に会い、彼女を港に護衛します。

あなたはの日付を推測しましたか マカリスターブラザーズ 写真?それは、同様に多くを送ってくれたSteveMunozのおかげです。答えは1973年で、写真はホーボーケン側から撮ったものです。

スティーブ&#8217sを除くすべての写真、ウィルヴァンドルプによる。

無関係ですが興味深い:アラスカのある小さな町の食料品店が棚をここに保管している方法。アラスカ南部のボートインフラストラクチャはここにあります。


ミルスブラザーズの歴史 ニューヨークのCBSラジオで放送局の幹部ウィリアムS.ペイリーは、1930年9月のある日、シンシナティで異なる名前で演奏していた4人の若者のオーディションを聞くようラルフワンダーズに促して、オフィスのスピーカーをオンにしました。 WLWラジオ。彼らがソヒオのために歌ったとき、彼らは蒸気船4として請求されました。彼らがおいしい酵母のために歌ったとき、彼らはおいしい酵母の道化師でした。 彼らはフォーボーイズとギターと呼ばれていましたが、日曜日とこのオーディションのために、彼らはミルスブラザーズによって行きました。ペイリーは彼らの演奏を聞いたとき、すぐに階下に行き、CBSラジオに出演させました。翌日、ミルスブラザーズは3年間の契約に署名し、ラジオでネットワークショーを開催した最初のアフリカ系アメリカ人になりました。 これが国内および国際的な認知の始まりでしたが、彼らのキャリアは、デイトンの北25マイルにあるオハイオ州ピクアの小さな町で始まりました。ジョンジュニアは1910年に、ハーバートは1912年に、ハリーF.は1913年に、ドナルドF.は1915年に、すべてオハイオ州ピクアで生まれました。彼らはジョンH.とエセルミルズの息子でした。ジョン・シニアはこの小さな町の理髪師であり、「ハーモニーの4人の王」と呼ばれる理髪店カルテットのメンバーでした。兄弟の母親であるエセルは、兄弟が学校に通うまで軽いオペラを歌いました。 少年たちは年をとるにつれて、キレーネアフリカンメソジストエピスコパル教会の聖歌隊とピクアのパークアベニューバプテスト教会で歌い始めました。スプリングストリートグラマースクールでのレッスンの後、彼らはパブリックスクエアの父親の理髪店の前、またはグリーンとメインの角に集まり、通行人にカズーを歌ったり演奏したりしました。 彼らはピクアのメイズオペラハウスでアマチュアコンテストに参加しました。ステージで、ハリーはカズーを失ったことを発見しました。彼は手を口に当ててトランペットを真似た。それが彼らの「音」の始まりでした。 ジョン・ジュニアは、最初にウクレレ、次にギターで4部構成のハーモニーを伴奏しました。彼らはラジオで聞いたオーケストラを模倣する練習をしました。ジョンは、ベースとして、チューバを模倣します。バリトンのハリーはトランペットを真似ました。ハーバートは2番目のトランペットになり、ドナルドはトロンボーンになりました。彼らはハウスパーティー、芝生の祭日、ミュージックホール、サパークラブで楽しませました。 それから1928年に、リンチンチンの特徴の間にピクアのメイのオペラハウスを演奏した後、彼らはラジオ局WLWとのオーディションのためにシンシナティへのハロルドグリーナメイヤーバンドに同行しました。バンドは雇われなかったが、兄弟は雇われた。 デュークエリントンとシーガーエリス、WLWシンシナティDJ、そして20年代の音楽の伝説は、彼らの全国的な認知度が高く評価されています。デュークと彼のオーケストラがシンシナティでデートをしたとき、兄弟は地元のラジオスターでした。若者たちがデュークのために歌ったとき、彼はとても感銘を受け、オーケーレコードのトミーロックウェルに電話をかけました。彼は彼らに署名し、グループをニューヨークに連れてきました。 ウィリアムS.ペイリーとの3年間の契約に署名した後、彼らは国民的センセーションを巻き起こしました。彼らの「タイガーラグ」のリメイクであるブランズウィックのために録音された彼らの最初のレコードは、全国的な売り手となり、当時、100万部以上を売り上げた唯一のレコードでした。他のヒット曲もすぐに続きました。「Goodbyeblues」、テーマソング「You're Nobody's Sweetheart Now」、「Ole Rockin'Chair」、「Lazy River」、「How'mIdoin '」など。 ミルスブラザーズは、初期のラジオスタンダードオイル、プロクターアンドギャンブル、クリスコ、クロスリーラジオの最大の広告主によって後援されました。彼らは映画に出演し始めました。彼らの最初のビッグブロードキャスト(パラマウント、1932年)は、ビングクロスビー、キャブキャロウェイ、ボズウェルシスターズを含むオールスターラジオレビューでした。 1934年、ブラザーズはクロスビーと一緒にウッドベリーソープをじっと見つめ、クラシックな「レイジーボーンズ」、「スウィートスー」、「ルルズバックインタウン」、「バイバイブラックバード」、「スリーピーヘッド」、「シューシャインボーイ」を録音しました。 。」映画の出演には、1934年のワーナーブラザースの2000万人の恋人と、同じく1935年のワーナーブラザースのブロードウェイゴンドリエが含まれていました。 兄弟たちは大成功を収め、好評を博しました。それらは国内的に、そして国際的に認められました。 1934年、ミルスブラザーズは、イギリスの王族の前に指揮を執った最初のアフリカ系アメリカ人になりました。彼らはリーガルシアターで、特別な聴衆であるジョージ5世、メアリー女王、そしてボックスシートに座っている非常に特別な女性である母親のために演奏しました。この直後、イギリスで演奏中にジョン・ジュニアは病気になりました。彼は肺炎から数ヶ月回復していました。彼が完全に元気になる前に、ブラザーズはイギリスに戻った。ジョン・ジュニアは再び病気になり、1936年の初めに亡くなりました。 これは残りの兄弟にとって悪い時期でした。彼らの母親がジョン・ジュニアが彼らに続けて欲しいと彼らに言ったとき、彼らは別れることを考えていました。彼らは彼女の提案に従い、バリトンとチューバとして父親のジョン・シニアが亡くなったブラザーのジョン・ジュニアに取って代わった。このとき、ノーマン・ブラウンが彼らのギター奏者としてブラザーズに加わった。 すぐに彼らはヨーロッパに戻った。彼らの海外での驚異的な成功は1939年まで続いた。ハーバートは次のように回想している。 1940年から南アメリカに戻りました。1941年まで戻ってきませんでした。その間、インクスポットが登場し、人々は私たちを忘れていました。」 ジョン・ジュニアの死からアメリカへの帰国までの間に、彼らは「レイジー・リバー」を再録音した。続いて「いつかあなたは私にあなたを欲しがる」、「スイングは物」、「真夜中の長い」、「オルガン・グラインダーズ・スイング」、「歌は終わった」が続いた。彼らはデューク・エリントンに「キャラバン」のスイングバージョンを称え、その後、「Ai n't Misbehavin」、「It」とともに南米ツアーで演奏した一連のクラシックレコーディング「SouthoftheBorder」を制作しました。 「物事を意味しないでください」、「ジーパーズクリーパーズ」、「スリーリトルフィッシュズ」、「ベイシンストリートブルース」。 彼らが米国に戻った後、彼らはヒットを必要としていました。彼らは「I'llbeAround」を録音しました。ドナルドミルズは、レコードのB面として「紙人形」を選びました。 「I'llBeAround」が人気を博し、ディスクジョッキーがレコードを裏返した。わずか15分で収録された「紙人形」は600万部を売り上げ、グループ最大のヒット曲となった。 50年代初頭のロックンロールの台頭は、ミルスブラザーズの人気を低下させることはほとんどありませんでした。 「グローワーム」は1952年にポップチャートで1位になりました。トミードーシーのヒット曲のアップデートバージョンである「オーパスワン」はすぐに会社を維持し、「あなたは誰もいない」、「誰かがあなたを愛するまで」、「イエローバード」が続きました。 、」、「角に立っている」、「もし私が道を譲ったら」。 1957年、ジョン・シニアはしぶしぶグループとのツアーをやめました。彼は75歳でしたが、彼の引退はブラザーズを止めませんでした。トリオとして、ミルスブラザーズはドットレコードにレコーディングし、「ジャックベニーショー」、「ペリーコモショー」、「ザトゥナイトショー」、「ハリウッドパレス」に頻繁にゲストとして参加しました。彼らは劇場やクラブで演奏し、年間40週間ツアーを行いました。 ショービジネスでの彼らの50周年は、ロサンゼルスのドロシーチャンドラーパビリオンでの賛辞で1976年に祝われました。ビング・クロスビーはこのノスタルジックなトリビュートを主催しました。ハリーが糖尿病のためにほとんど盲目になっていることに気付いた聴衆はほとんどいませんでした。 1982年のハリーミルズの死は、国の歴史の中で他のグループと同じくらい成功した長い音楽のキャリアを終わらせました。 ハリーの死後数年間、ドナルドミルズと彼の息子のジョンH.ミルズIIは、ミルスブラザーズの名前で演奏を続けました。 1999年、ミルスの最後の兄弟であるドナルドミルズが亡くなりました。 今日、ジョン・ミルズは現在、「ミルス・ブラザーズ」という名前で、かつてのプラターズのリードボーカルであるエルマー・ホッパーと一緒にツアーを行っています。 1990年6月3日、ドナルドとジョンH.ミルズIIがピクアにいました。町は、子供時代に歌った公共広場で、お気に入りの息子たちの記念碑を発表しました。プラークはこれらのアーティストにふさわしい賛辞です: 小さなコレクションU

アメリカ空軍博物館-空軍と宇宙の力の世紀-タイムライン。

米陸軍-陸軍省の海外パンフレットNo.690-1。

第一次世界大戦中のアメリカ陸軍歩兵ユニフォーム–アメリカ歩兵の新しいフィールド衣装 ニューヨークタイムズの週半ばの絵、 第9巻、第19号、1918年. 「1918年のグラビア印刷第一次世界大戦アメリカ歩兵制服装備軍–アクティブサービスのために完全に装備されたアメリカ歩兵」–広報委員会による著作権。

米陸軍の看護師がディック、イザベルの写真を撮る

アメリカ陸軍の武器-アメリカ軍の.30口径ライフルのプロトタイプ。フロリダ州オーランドでのオハイオガンコレクター協会による全米ライフル協会の展示-1988年

アメリカ陸軍の武器-スプリングフィールド1903と1903A3の変換。

アメリカ陸軍の武器-.45オートピストルを知っている:モデル1911&E。J。ホフシュミットによるA1。

アメリカ陸軍の武器-E.T.によるM1ガーランドライフルを知るホフシュミット。

米軍兵器-ミリタリーライフル:第一次世界大戦と第二次世界大戦の米国および外国の肩の腕とカートリッジの写真、説明、一般的な評価に加えて、クリップ、充電器、ヨーロッパのプルーフマークに関する記事。アメリカのライフルマンの再版-R6。全米ライフル協会

米国陸軍の武器-.45自動:米国の制式拳銃と商用モデルの組み立て、精密化、再装填。アメリカのライフルマンの再版-全米ライフル協会。

米陸軍の武器-クラッグ・ヨルゲンセン・ライフル・イン・ザ・サービス、フィリップ・M・ショックリー大佐。

アメリカ陸軍の武器-初期のアメリカの兵士の武器と装備:国立公園局の人気のある研究シリーズ。米国内務省、ハロルド・L・イケス、秘書。

米陸軍の兵器-第一次世界大戦以降の兵器-ガス戦争:化学兵器、その使用、およびそれに対する保護、米国陸軍の化学兵器サービスのオールデンH.ウェイト准将による。ワシントン:歩兵ジャーナル、1943年。

米国のコイン-オハイオ州ピクアが印刷された「ピクアのお土産」というラベルの付いた封筒に刻まれたペニー。

米国国防貯金債-郵便貯金プラン切手帳

米国旗-スペースシャトル「コロンビア」(STS-1)に乗って1981年4月12-14日に飛行し、リタM.ラップに提示されました

米国海軍– Co. 1314「42」米国海軍訓練所–イリノイ州五大湖– 1942年10月30日–基本的な訓練卒業写真(2)

第二次世界大戦中の米国郵便局。ハイストリート側にピクア地域の軍人の名前が記載された看板があります-4枚の写真-チャールズクロスビーコレクション

米国オハイオ州ピクアの郵便局-[1] 1949年10月12日、郵便局のフロートを示す秋のフェスティバルパレードの写真。 、およびウォルターフォード。 [3]郵便局-大雪1950年[4]商工会議所議員ハロルドクロス、市長W.J.ボールドウィン、郵便局長H.E.新しい切手自動販売機を備えたクローナー-1948年7月1日に設置されました。

米国郵政公社の炭疽菌警告

米軍–メッセージ:ジョージ5世から

米国クヤマAO-3-艦隊補給艦-1945年に韓国で撮影された写真。ハロルドパーソンズはエンジニアリングおよびコミュニケーション部門で彼女に乗船しました。

サムおじさんの海軍 -1898年の米西戦争時またはその近くに出版された米海軍の船の本の一部-壊れやすい-一部のページが緩んでいるか、欠落しています。

下着フェスティバル– 1992年下着フェスティバルへの招待を辞退するジョングレン上院議員からの手紙–手紙は、1992年9月16日にドリスS.ペリーに宛てられました。

下着フェスティバル– 1992年9月18日、ホワイトハウスからキャサリンL.スーパーのドリスS.ペリー氏への手紙。その手紙は、大統領が下着祭りに来ることができないと言っている。

下着フェスティバル– 1993年10月10日の日曜日の新聞のタイムアウトセクションに掲載された新聞記事。記事と付随する写真は、ユニバーサルプレスシンジケートのパトリシアマクラフリンによるものです。

下着祭り–写真

下着フェスティバル-GreatOutdoor UnderwearFestivalの資料とPiquaDaily CallExtraマガジンセクション1988年9月27日

下着まつりエントリーフォームブック、1991年10月12日&13日

下着フェスティバル-素晴らしいアウトドアパンフレット

下着フェスティバル音楽応募者

下着製造–従業員–写真

下着工場写真インテリア–背中に労働者の名前

正体不明の若い男性と女性のグループ-オハイオ州チリコシーのハソーによる大学卒業の写真写真

ユニオンデポ、ピクア-写真

ユナイテッド(ウェストミンスター)長老派教会-女性宣教師会:プログラム、さまざまなイベントのチケット

United AmericanMechanics-ジュニアオーダーUnitedAmerican Mechanics Piqua Council No. 80 Jr. O.U.A.M.オハイオ州ピクア-バッジ、金のフリンジが付いた赤、白、青のリボン、アメリカの国旗が付いた白と金の金属ピン、仕切りと正方形のシンボルが付いた盾、ジュニアの円形のエンブレムが付いた白いリボンに2つのアメリカの国旗.OUAMそれからぶら下がっています。

ユナイテッドアメリカンメカニックス、ジュニアオーダーオブ

1970年に内陸部第948号の従業員に100%の参加に対して与えられたユナイテッドアピールアワード証明書。

United Brethren Church-コンサートチケット、オハイオ州ロスビル

ユナイテッドブレスレンチャーチ[福音ユナイテッドブレスレン]オールドホームソフトボールチーム。教会間リーグのチャンピオン1933、1934、1935 –教会からカレッジストリートを渡ったピクア中央高校の正面の階段で撮影された写真。それからチームメンバーの名前が後ろにあります。

ユナイテッドブレスレンチャーチ、声明を提供

ユナイテッドブレスレンチャーチ、オハイオ州ピクア-今日のダイジェスト-レディースエイドソサエティ

ユナイテッドブレスレンサンデースクールオターバインナイト

広場の集計ボードの前にあるユナイテッドファンドキャンペーンのリーダーシップの写真。左から右、最前列:Irene Ditmer、Robert Arbogast、? 、? 、ロージーオニール、? 。後列:レイ・ハンマー、スティーブ・クーン、ケネス・ムーア、ジョー・ウィリアムソン、? 、? 、リチャードゴーター(?)。

広場の集計ボードの前にあるユナイテッドファンドキャンペーンのリーダーシップの写真。左から右へ、ひざまずく:レイハンマー、リチャードソード、リチャードゴーター(?)、ジャックノイエンシュワンダー。 2行目:? 、ハーシェルグリフィス、? 、? 、?、ラリー・ベイカー、ロバート・アーボガスト、ケネス・ムーア、? 、キャロル・ホワイト、? 、シェリル・ヘプナー、ロージー・オニール、?後列:ダレル・バービー、バッド・ストローズバーグ、ジム・ヘマート、ポール? 、フランク?、? 、トム・ブッカー、? 、? 。

United Fund、1970年の写真– 8x10 b / w:[1] Joe Smith、Ken Moore、Dick Harris、Carl Johns [2] Kennie Moore、Dick Harris

ユナイテッドファンド/コミュニティチェスト-コミュニティチェストキャンペーンのパンフレット、1953-1958年次総会プログラム1954年および1956年。ユナイテッドファンドのフォームレターおよびキャンペーン情報1973年および日付なし。

米国空軍の空軍マニュアル2004年6月1日-AFMAN10-100-はSSgtに属し、SSgtから寄贈されました。アダムT.ミーク

米国空軍緊急時契約ハンドブック(2)-SSgtが所有し、寄贈しました。アダムT.ミーク

アメリカ合衆国陸軍、第311墓登録会社、第14クォーターマスター大隊、ノースカロライナ州フォートブラッグ、J。M。シア中尉、指揮、1951年3月24日–24インチx9インチのフレーム付き白黒写真。この写真は、郷土史地図ケースの引き出し25に保管されています。

アメリカ合衆国建国200年封筒-オハイオ州ピクア1976- 1976年7月4日にマークされた投稿

アメリカ合衆国国勢調査-1830年-「1830年の国勢調査による主要な町の距離と人口を含むアメリカ合衆国の統計チャート」-1830年代にフィラデルフィアのトーマスモリソンによって発行されました。

United States Handle Co.、Piqua、Ohio、USA –カタログD、1916年。USHandleCo。は、6社以上が製造したFarmingToolおよびShovelHandlesの卸売業者であり、そのうちの1社はPiqua HandleandMfg。Co。でした。ハンドルはダースの倍数で販売されました。

米国海兵隊、L社、第2大隊、第2歩兵連隊、TC2。カリフォルニア州キャンプペンドルトン、1952年1月26日–9¼” x 31”の白黒写真–写真に写っている男性は、練兵教官と他のキャンプペンドルトン訓練施設のスタッフのようです。この写真は、郷土史地図ケースの引き出し25に保管されています。

アメリカ合衆国物価管理局–2つの空白の戦争配給書第3号申請書。

アメリカ合衆国戦争貯蓄債券– $ 25.00シリーズE、1943年11月1日、オハイオ州ピクア、514 SecondSt。のマーガレットL.フェス夫人に発行

米国の戦争貯蓄債券-シリーズE.3重の公式発注書:白、ピンク、緑

ユナイテッドウェイポスター-「赤十字が彼を助けるのを手伝ってください...ユナイテッドウェイを与えてください」

ユナイテッドウェイ:第48回年次会員総会-2006年2月15日

United We Stand Wendy’s Bag

無制限の水上飛行機レースプログラム-オハイオ州のバドワイザーの雷-1987年6月26-28日-ロンスナイダーはのドライバーとしてリストされました ミスマディソンU-6

Up WithPeopleコンサートポスター

アッパーマイアミバレーテックプレップコンソーシアムCD-ROM

アッパースプリングクリークコミュニティクラブプログラム:1974、1976、1977、1978、1979。

アッパーバレーキャリアセンター(旧アッパーバレー合同職業訓練校)第13回年次達成者プログラム– 2018年5月3日

アッパーバレーキャリアセンター第43回年次招集プログラム– 2018年5月24日

アッパーバレーJ.V.S. -予算分析、1973年

アッパーバレーJ.V.S. -通信とレポート

アッパーバレーJ.V.S. -写真

アッパーバレー合同職業学校– [1] 1973年10月16日の起工式のためのプログラム。[2] 1975年10月12日のJVSビルの奉献への招待。

アッパーバレーJVS成人教育サマークラス-スケジュール

アッパーバレーJVS高校生登録情報本1993-94

アッパーバレーメディカルセンター-ピクアメモリアルメディカルセンター、ストウダー病院、デットマー病院の歴史、アッパーバレーメディカルセンターへの統合、およびその統合に疑問を呈するその後の法的措置を追跡する文書。これらの資料には、調査の依頼と調査のパラメーター、トロイとピクアからの市議会の議事録、3つの病院の理事会の決議、および裁判所の決定を含む裁判所の文書のコピーが含まれています。

アッパーバレーメディカルセンターの新しい急性期ケアセンターの画期的なコミュニティへの招待– 1996年6月13日

アッパーバレーメディカルセンターニュースレター

Upton、Charles&amp Irene – 1950年の吹雪の8 "x 10"白黒写真の写真アルバムおよびその他の写真:[1]吹雪からのストリートシーン–場所は特定されていません。おそらくW. North Street [2] 200ブロックN.ウェインストリートから西に見たウェストグリーンの写真[3] 301 W.グリーンストリート–アプトンの家。 [4]パブリックスクエアから北を向いたノースメインストリート。 [5]ブリザードの終わりにローガンフレイジャーの家を見せているローガンフレイジャー夫妻からの挨拶車– 400ノースダウニング(アッシュとダウニングの北西の角)はランドルハウスとしても知られています。 [6]ブーンストリートから南に見たブロードウェイの600ブロック。 [7]北を向いているノースウェインストリートの300ブロック。 [8] 301 W. Greene Streetのフロントポーチの柱–写真に刻印されているのはNellie M. Bales、Piqua、Oです。[9]ドックのUptonヨット–おそらくエリー湖– 1950年に撮影された写真[10]海でのアプトンヨット–おそらくエリー湖[11]アプトンヨットでリラックスする3人[12]アプトンの家に集まるグループ。個人が特定されていません。

USO-ユナイテッドサービスオーガニゼーション-1983年のピクアレアユナイテッドファンドキャンペーンのためにまとめられた展示資料。含まれている資料は次のとおりです。[1]「今日のUSO」-パンフレット[2]東洋でのUSOバスツアーの写真3枚。 [3] USOサービスディレクトリ[4] 1983 PiquareaUnitedファンドキャンペーンパンフレット[5]「USO-サービスは私たちのミドルネーム」パンフレット[6] USO WHEREEVER THEY GO、vol。 20番2、1983年夏[7]「軍人の妻-USO:それは家族の問題です」-ポスター[8]ディックトレーシーポスター:「USOサービスはたくさんあります!」 [9] USOポスター[10] USO:勝利の伝統-ポスター[11]「サービスは私たちのミドルネーム」-ポスター[12]覚えておいてください、あなたのUSOはたくさんの笑いであり、いくつかの非常に深刻なビジネスでもあります。」-ポスター[13]「世界中のサービスの世界」-USO-ポスター

USO-ユナイテッドサービスオーガニゼーション-1983年のピクアレアユナイテッドファンドキャンペーンのためにまとめられた展示資料続き:[14]「USO:休日の故郷」。 -ポスター[15]ビートルベイリー&アンプサーグ-「USO:サービスは私たちのミドルネームです」-ポスター[16]ミルトンカニフ(スティーブキャニオン)-「USOを忘れないでください」-ポスター[17]「すべてのサービスの言葉世界中-USO」-ポスター[18] Dagwood&amp Blondie-「USO:世界中のサービスの世界」-ポスター[19]「ショーが停止したときに何が起こるか想像してみてください」-ポスター[20]「誰が必要かUSO?500万人のアメリカ人がそうします。」 -ポスター[21]ディックトレーシーのポスターと写真が貼られたディスプレイボード。 [22]「USO-どこへ行っても!」 -スタンドアップサイン[23]「USO-どこへ行っても!」 -壁の看板。

USOクリスマスショーの写真– 1968年12月19日、韓国の非武装地帯近くの第2歩兵師団の男性のために舞台に立つボブホープとアンマーガレット。写真はSgt。リチャード・ネイバートは、本部中隊、第2大隊、第72装甲連隊、第2歩兵師団に所属しています。 [ショーの他の写真は、地方歴史学部のコンピューターの写真コレクションにあります。]


ボナンザをさらに良くする

従来の飛行機の性能を向上させたいと考えているボナンザの所有者は、いくつかの変更を選択できます。最も人気のある改造の1つは、古い航空機に300馬力のコンチネンタルIO-550を後付けすることです。これは、現在の生産基準である、より大きく、より強力なエンジンです。高度なプロペラシステムへのアップグレードは、レガシー航空機のパフォーマンスを向上させるもう1つの重要な方法です。

ハーツェルプロペラは、ボナンザ艦隊向けに、STCが承認した最新のプロペラであるナビゲーターを含むいくつかのプロペラ変換キットを提供しています。ハーツェルのトッププロペラ変換プログラムの一部として利用可能な、3ブレードの高度な構造複合シミタープロペラは、ほとんどのボナンザ35-C33A、E33A、E33C、F33A、F33C、S35、V35、V35A、V35B、36、およびA36航空機で承認されています。

ナビゲーターの高度な構造複合材(ASC-II)軽量ブレード技術により、出力設定に応じて、真対気速度が3〜7KTAS増加します。 ASC-IIブレードは機体の振動を低減し、目的地に到着したときの飛行をスムーズにし、パイロットと乗客の疲労を軽減します。

プロペラ、スピナー、STC書類を備えた新しいナビゲーターSTCキットは、プロペラショップ、FBOから、またはハーツェルプロペラから直接入手できます。詳細については、今すぐお問い合わせください。


BeeLineとMidwestRailroadsは、目標を「セントルイス:西への玄関口」にリセットしました。

ビーラインの資金調達のジレンマとクリーブランドクリーブランドとウォールストリートへの支配権の喪失については、パートIIを参照してください。

1850年頃のゴールドラッシュ期間中のカリフォルニアへの船の広告。

ゴールド! 1848年1月、カリフォルニアのサッターズミルで金が発見されました。ゴールドラッシュが始まりました。そしてそれとともに、国はその視線を西に向けました。

ジョン・ブロー、オハイオ歴史とのつながりの厚意による。

NS ビーライン そして他の中西部の鉄道も彼らの目標をリセットするでしょう–シカゴまたはセントルイスに到達するために:西への玄関口。そして、ジョン・ブローの社長は マディソンとインディアナポリスの鉄道 [M&ampI]、見通しは特に興味をそそられました。彼はすでにM&ampIの管理を潜在的に儲かる可能性のあるものにまで拡大する戦略を実行し始めていましたが インディアナポリスとベルフォンティアーネ鉄道 [I&ampB]オハイオ州の路線に向かって建設し、セントルイスへの路線を建設して管理するという考えは純金でした。

1860年頃の中西部鉄道地図、マディソンとインディアナポリス[M&ampI]、テレホートとリッチモンド[TH&ampR]、およびビーラインの構成道路:クリーブランド、コロンバス、シンシナティ[CC&ampC]ベルフォンテーヌとインディアナ[B&ampI]インディアナポリスとベルフォンテーヌ[ I&ampB]、Erin GrebCartographyの厚意によります。接続されたビジネスマン、政治家、鉄道投資家のクリーブランドクリークは、すでに独自の金を獲得していました。 1851年にクリーブランドとコロンバスの間に中西部で最初の地方鉄道が開通しました。 クリーブランド、コロンバス、シンシナティ鉄道 [CC&ampC] –最も楽観的な期待を超えて成功することが証明されました。彼らは、建物ではなく、西に向かう他の道路の巾着を購入または管理することによって、範囲を拡大することを検討し始めました。 。 。インディアナポリスのシンシナティへ。 。 。とセントルイス。

チャンシーローズ、インディアナ歴史協会の厚意による。

M&ampIのビジネス計算が衰え始めたため、JohnBroughの戦略的および財務的ニーズはより緊急になりました。インディアナポリスユニオン駅のブローの仲間の1人 インディアナポリスユニオン鉄道 取締役会、テレホートのチャンシーローズは、インディアナポリスの西にあるインディアナ最大の町からビジネスマンの輪をすでに集めていました。 1847年、ローズのニューヨークを拠点とするフィナンシェの兄弟ジョンと一緒に、インディアナポリスからセントルイスに向かって西に最初の区間を建設するために必要な資金を集めました。 テレホートとリッチモンド鉄道 [TH&ampR]。名前が変更されます テレホートとインディアナポリス鉄道 [TH&ampI] 1865年までに、最終ルートをより正確に反映するため。

Importantly, the Rose brothers also insured the Terre Haute circle would retain substantial financial control in spite of tapping into the newly available public markets of Wall Street. They would control their own financial destiny, unlike nearly all other Midwest railroads, until well into the 1870s. On February 14, 1852 the first train completed the entire seventy-three mile trip to Indianapolis. The line proved to be the juggernaut for rail travel to St. Louis and the West via Indianapolis.

Railroads west from Indiana, including the Terre Haute and Richmond [TH&R], Ohio and Mississippi [O&M], Mississippi and Atlantic [M&A], and St. Louis, Alton and Terre Haute [StLA&TH], courtesy of Erin Greb Cartography. Rose and Brough were running into obstacles, both political and economic, in organizing a rail line spanning the unpopulated expanse of Illinois to St. Louis. While Rose initially focused on indirect connections via Vincennes and the nearly complete Ohio and Mississippi Railroad [O&M] extending across the southern third of Indiana and Illinois, Brough had a different plan. He would leverage on an 1846 Illinois charter – then moribund – for a direct route between Terre Haute and St. Louis through the former state capital (1820-1840): Vandalia. In 1850 Brough teamed with Vandalia business and political leaders – as well as James F. D. Lanier’s Wall Street firm of Winslow, Lanier & Co. – to resurrect the charter as the Mississippi and Atlantic Railroad [M&A]. He soon became its president.

James F. D. Lanier. Sketch of the Life of J. F. D. Lanier (self published, 1877).

Brough’s venturesome efforts to reach St. Louis did not go unnoticed by the Cleveland Clique. It comported with the Clique’s and Henry B. Payne‘s (then president of the CC&C) vision for reaching and controlling lines to the West. And since Winslow, Lanier & Co. and the Cleveland Clique were already digging their financial talons into the two Bellefontaine lines that would soon carry the publicly-dubbed Bee Line moniker, the collective financial support for Brough’s effort was assured. Along with Brough’s M&I, the component Bee Line roads anted up several hundreds of thousands of dollars in spite of the tenuous financial footing of all except the CC&C – courtesy of the Clique’s urging and Lanier’s financial wizardry or skullduggery.

But Brough was having other problems. As the M&I revenue picture darkened, the I&B’s brightened. Now connected with the Bellefontaine and Indiana [B&I] and CC&C to reach Cleveland, the I&B’s passenger and freight revenue per mile spiked during the first year of through service in 1853. In addition, new traffic carried between Indianapolis and Cincinnati – via a connection at the increasingly critical junction town of Union – translated into booming business along the band of steel known as the I&B.

Oliver H. Smith, courtesy of the Indiana Historical Society.

Even before the I&B reached Union, however, the M&I was having trouble meeting its obligations under the five year operating contract the two had inked in 1850. The M&I’s inability to supply and maintain a sufficient number of locomotives and cars capable of handling the increasing traffic across the partially completed I&B was obvious. By the summer of 1852, I&B president Oliver H. Smith had initiated a series of discussions with Brough to recast the arrangement. Brough’s stance was adamant, as Smith reported: “They [M&I] claimed by resolve to run the whole Road for the time specified.” But Brough’s ego did not reflect the reality of his situation.

The Bellefontaine and Indiana’s “Sidney” Locomotive, built by Niles & Co., 1853 (rebuilt 1856), courtesy of New York Central System Historical Society.

At the same time, Smith approached the I&B board with specific proposals to purchase additional rolling stock and motive power equipment. He also proposed building machine shops, an engine house and depot buildings. Smith mapped out a game plan to finance the expansion. It would require selling stock and/or floating $150,000 of bonds on Wall Street. Board member Calvin Fletcher reflected the Hoosier Partisans’ growing concern about Smith: “It was doubted by myself & others whether the Embassader [sic] intended had the qualifications to act in the matter.” Newly dominant shareholders Daniel Yandes and Alfred Harrison would handle the funding question.

Calvin Fletcher, courtesy of the Indiana Historical Society.

Things were coming to a head on many fronts. At the I&B board meeting in February 1853 a resolution was passed to terminate the M&I operating agreement effective May 1st, more than two years earlier than anticipated. The M&I and Brough were becoming an afterthought.

Then, in March, Oliver Smith challenged the I&B board to endorse his continued presidency. Given his intransigence on moving the Indianapolis depot closer to the new Union Station – for personal business reasons – Smith’s demand fell on deaf ears. Waxing eloquent, Calvin Fletcher penned a response on behalf of the Hoosier Partisans: “We have no doubt, from your standing in this country . 。 。 that you can do for yourself and the country much better than to remain the President of the said Road.” Smith would resign the presidency on April 6th.

On hearing of the I&B’s bold move to terminate its operating contract with the M&I, Brough was beside himself. As May 1st arrived, Fletcher was concerned, noting “Did not sleep very well having been notified that the M&I would not permit the I&B to have possession & that they would defend with force & arms.” Fortunately, cooler heads prevailed during daylong meetings between Brough, Yandes, Harrison and Fletcher. The next day the operating contract was dissolved.

The Madison and Indianapolis Railroad [M&I] and involved roads: the Peru and Indianapolis Railroad [P&I], extending north from Indianapolis, and the Mississippi and Atlantic Railroad [M&A], extending west to St. Louis. Terre Haute and Richmond [TH&R] also shown, courtesy of Erin Greb Cartography. Adding insult to injury, Brough’s strategy to tighten the M&I’s grip on a second railroad heading north from Indianapolis – the Peru and Indianapolis [P&I] – was also in peril. While a combination with the M&I would be effected in 1853 as the Madison, Indianapolis and Peru Railroad, it unwound the next year. E. W. H. Ellis, president of the Peru and Indianapolis Railroad, lamented upon the dissolution of the combination: “It is to be regretted that, in the days of its [M&I’s] prosperity, the road, its rolling stock and machinery, were permitted to run down and that these heavy burdens are thrown upon the company.” The I&B was already wise to the M&I’s deficiencies.

Still, the prospect of Brough’s push to St. Louis seemed all but certain. Winslow, Lanier & Co. had successfully attracted adequate funds to begin letting construction contracts. NS Mississippi and Atlantic Railroad [M&A] had overcome political obstacles thrown in its path by an alliance of Chicago and Mississippi River town interests. They much preferred a route to a smaller river town, on Illinois turf, just north of St. Louis. Much like Indiana’s push to establish Madison as its improbable center of commerce on the Ohio River, against all odds Illinois opted to create Alton as its alternative to St. Louis along the Mississippi River.

Henry B. Payne, courtesy of the Library of Congress.

To the Cleveland Clique and CC&C president Henry B. Payne, Brough’s progress in establishing and constructing a direct line to St. Louis, in the form of the M&A, was a dream come true. Controlling this line as well as the Bee Line would solidify the Clique’s plan for the West. And, as his tenure at the M&I grew tenuous, Brough would find Payne’s forthcoming offer incredibly attractive.

To the shock of the Hoosier Partisans, Brough was elected president at the I&B’s annual meeting on June 30, 1853. He was now at the head of three roads simultaneously: the M&I, M&A and I&B. Fletcher’s observations on Brough’s election summed up the feelings of the Hoosier Partisans: “In order to carry out the design we had to take Mr. Brough as president who had acted for the Madison RR . 。 。 where interest . 。 。 adverse to the I&B created a hostility to him. But it was obvious that we had to forgo the objection & take him.” It was not an easy pill to swallow for the Hoosier Partisans.

While it may not have been obvious at that point, the Hoosier Partisans’ decision to accept funding from the CC&C and Winslow, Lanier & Co. – let alone seeking counsel from the Cleveland Clique – would be fraught with long-term consequences.

Check back for Part IV to learn more about the fate of the Mississippi and Atlantic Railroad, and the related destiny of John Brough with the Bee Line – under influence of the Cleveland Clique.


Piqua Public Library Used Bookstore

The Piqua Public Library has an ongoing used book sale on the first floor of the Fort Piqua Plaza. The area which houses the bookstore thought to have been the check-in counter of the hotel. This would have been during the building’s days as the Favorite Hotel after the 1914 remodel.

The bookstore includes books from the Library’s own collection, as well as donated books. The bookstore has both fiction and non-fiction books for sale. Topics range from World War II history to fantasy novels to collectible books. Prices range from 20¢ for a children’s classic like The Babysitter’s Club to $1.00 for a hardback mystery novel. Collectible books can cost $2 up to $7 or more for a set of books. Magazines are also for sale in the bookstore, they have no set price but donations are accepted.

These are some of the treasures that may be in the Piqua Library Used Bookstore at any given time.

Non-Fiction - Hardback and Paperback Selections

  • Cookbooks
  • 工芸品
  • 地質学
  • 健康
  • 歴史
  • Holidays
  • 宗教
  • 関係
  • Short Story Collections

Fiction - Hardback and Paperback Selections

  • Book Club Selections
  • Christian Fiction
  • Collectible Books + Book Sets
  • Fantasy
  • Large Print
  • Mystery
  • Teen
  • Science Fiction

The Piqua Library Used Bookstore is open during the Library's regular hours. Patrons may make their purchases through the Circulation Desk on the first floor.