ニュース

ヴェルラグラウンドウッドアンドボードミル

ヴェルラグラウンドウッドアンドボードミル


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

Verla Groundwood and Board Mill(Eilinen elaa Verlassa)は、19世紀のフィンランドのキュミ川渓谷の産業景観の優れた例です。実際、この場所はユネスコの世界遺産に登録されており、その驚くべき保存状態、希少性、歴史的重要性の証です。

製粉所は1872年にヴェルラに最初に設立されましたが、生き残ったヴェルラグラウンドウッドアンドボードミルは1882年にさかのぼり、前の製粉所は火事で破壊されました。これは、長年の所有者の死により閉鎖された1964年7月18日まで機能し続けます。

今日、ヴェルラグラウンドウッドとボードミルへの訪問者は、その歴史とそれが地域全体にどのように影響したかについて学ぶことができます。別に、しかし同じ場所に、紀元前7000年にさかのぼると信じられている駐車場の近くに先史時代の岩絵のセットがあります。このサイトは、フィンランドの観光名所トップ10の1つとしても取り上げられています。


ミュージアムツアー

ガイド付きツアーは、グループの規模にもよりますが、50分から60分続きます。フィンランドのツアーは正時に始まります(特別なイベントやテーマの日に対応するためにスケジュールが変更される場合があります)。他の言語でのツアーは手配によりご利用いただけます。ツアー開始予定時刻の15分前までにヴェルラに到着することをお勧めします。

ツアーは、1964年夏の操業の最後の数週間に工場が完全に稼働していることを示す10分間のドキュメンタリー映画から始まります。ドキュメンタリー解説は、フィンランド語、スウェーデン語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、ロシア語で利用できます。字幕はイタリア語、中国語、日本語でもご利用いただけます。

映画の後、ミルツアーは、トウヒ材が当時有名になったオフホワイトのウッドパルプボードにどのように変化したかを段階的にデモンストレーションします。

ヴェルラミルミュージアムは、車椅子のユーザーが完全にアクセスできるわけではありません。ただし、身体の不自由なお客様は、グループとの部分ツアーに参加できます。

美術館ツアーをオンラインで購入する

日付と参加者数を選択し、[予約]をクリックします。あなたの選択はあなたのバスケットに追加されます。必要に応じて、サイトからバスケットに他の製品を追加できます。準備ができたら、バスケットの[確認]をクリックして購入を完了します。予約を確認するメールが送信されます。


ヴェルラグラウンドウッドアンドボードミル

このブログエントリは、VerlaGroundwoodとBoardMillに捧げられています。ユネスコの世界遺産に登録されているフィンランドでも数少ない場所の1つです。箱作りに使われていた厚紙のかつての生産現場をご覧いただけます。インテリアはガイド付きツアーでのみ訪れることができ、とても興味深いです。残念ながら、内部で写真を撮ることは許可されていないので、私のブログでは、建物の外側しか見ることができません。とにかく、それは工業用建物にとって非常に素晴らしい建築だと思います。

次の2つの写真を見ると、建物の大きな木製の部分を見ることができます。これは、製造後に紙が乾燥した領域でした。

プロダクションのすぐ近くには、さらにいくつかの建物があります。いくつかは既製の製品の保管場所であり、いくつかは工具などを収容していました。近くの川でさえ、周囲の森林から原材料の木材を運ぶために使用されました。

詳細については、ヴェルラ砕木・ボードミルの公式ページをご覧ください。また、ユネスコの公式ページで、世界遺産に登録されている理由を説明しています。


コミュニティレビュー

日本/アメリカ/キプロス-19年10月16日-

Verla Groundwood、Board Mill、Sammallahdenm&aumlkiを訪れてフィンランドのサイトを完成させるためだけに、フィンランドに戻ることを正当化することはできませんでした。そこで、秋に最も大きな紅葉が見られたカナダとフィンランドの地質学的類似性に気づき、9月下旬にフィンランドに行くことにしました。

この旅行はもともと2018年9月下旬に予定されていましたが、1年間延期しなければなりませんでした。当時、コウヴォラとヴェルラの間は火曜日だけバスが走っていました。しかし、今回は火曜日と木曜日に実行されていました。それで私は木曜日に行きました。

去年この旅行を計画したとき、火曜日に自分の時間を計ることができなかったので、私の計画は、平日にコウヴォラからジャアラまで走るバスに乗り、セル&aumlnp&auml&aumlntien risteys(61&deg02 ' 25.8 "N 26&deg33'14.7" E)、そしてヴェルラまで数キロ歩く。

しかし、今年は、訪問者の小屋が午前11時に開く直前に、ヴェルラへの直行バスがWHのすぐそばに私を降ろし、午後12時にツアーに参加しました。ツアーは1時間弱続きました。

しかし、コウヴォラに戻る唯一のバスは午後5時30分にヴェルラを出発したので、午後4時にエリアが閉まるまで、WH本体で午後を過ごす必要がありました。

段ボール製造工場のほかに、元の所有者の家、周囲の森で生命を維持すると思われる松の種の新しい記念碑、3つの地元の工芸品店、カフェ、「ロックアート」が描かれた大きな岩もあります。湖。

ロックアートを見に行ったとき、そのようなロックアートを見つけることができなかったので、私は完全に戸惑いました。スカンジナビアの他のいくつかのWHSとは異なり、岩の彫刻がありますが、これらは岩の上の絵であり、今では完全に消えていきます。訪問者小屋の少女は、彼女が訪問したフィンランドのTWHSであるAstuvansalmiは、フィンランドで最も多くの岩絵を持っていて、それらがまだはっきりと見えると述べました。

カフェがランチに提供していたサーモン入りのボリュームたっぷりのポテトスープは、私が今まで食べた中で最高のフィンランド料理かもしれません。 2005年にフィンランド料理はヨーロッパで最悪だと宣言したジャック・シラクの何が問題だったのだろうと思いました。数時間後、私はシラクがその日に亡くなったというニュースを読みました。 (数日後、ウクライナのレストランで同じスープがメニューにフィンランドのスープとしてリストされているのを見つけて驚いた。)残りの午後はカフェでオンラインで働いていた。

写真は記念碑にある42万本の松の実。秋の色に関する限り、松の実はフィンランドの多くの木が常緑樹であることを示しています。

Verlaは、19世紀のフィンランドの木材加工工場の保存状態の良い例です。フィンランドで最も有名な製品は、フィンランドの学校で展示されている地図を印刷するために使用された段ボールでした。少なくとも、それは私たちの居住者であるフィンランド人旅行者であるジュハがヘルシンキでビールについて言及したことです。

工場はほとんどオリジナルの19世紀の状態のままです。サイズ制限のため、所有者は工場を拡張または近代化することはありませんでした。代わりに、会社はゆっくりと段階的に廃止しました。最後の労働者が定年(1960年代)に達するまで、彼らは伝統的な方法でそれを操作し続けました。

たくさんの材木を生産する国にとっては興味深く、やや適していますが、Verlaは素晴らしい場所ではありません。それは比較的最近(19世紀後半)であり、期間を考えるとかなり狭い範囲です。頭に浮かんだ比較はエンゲルスベルクですが、そのサイトは1世紀前のものです。

行き方

夏(およそ6月から9月初旬)、そして週末のみ、コウヴォラ駅からヴェルラへのシャトルが毎日2回運行されます。これらはレポヴェシ国立公園へと続きます。夏以外や平日はどうやって管理できるのかわかりません。私がオンラインで見つけた唯一の推奨事項は、自転車を借りることでした。

バス自体は新しくて本当に快適です。それはEUによって支払われました。この地域は観光を後押ししようとしています。夏の週末には、バスは午前のラウンド(2019:9:15-10:00、11.40-12:25を返す)と午後のラウンド(13:10-13:55、15:35-16:20を返す)を行います。サイトを訪れるには1:30hで十分ですが、ガイド付きツアーはバスの到着時刻と出発時刻がうまくスケジュールされていません。帰りの乗車をキャッチし、一日の残りをヴェルラで過ごしたくないために、ガイド付きツアーを短くして途中で出発しなければなりませんでした。同じことを計画している場合は、ガイドに注意を促してください。

コウヴォラでは、ヴェルラ行きのバスが駅の外に出ており、簡単に見つけることができます。 Verlaでは、ドロップオフポイントは復路のピックアップポイントでもあります。私の場合、バスは早く走りましたが、各停留所で出発予定時刻を待ちました。乗車料金を支払うには、現金が必要です(片道5ユーロ)。

ヘルシンキからクーヴォラに行くには電車に乗ります。これらは1時間ごとに実行されないので、駅の周りをぶらぶらする時間を過ごすことを期待してください。訪問後、私はコウヴォラからペット&アウムリ&アウムルヴェシまで(2回の乗り換え)、再び電車で行きました。リラックスした旅行であるべきだったのは、遅れのためにかなり神経質になりました。私は自分のつながりを逃して田舎のどこかに行き着くのではないかと心配していました。幸いなことに、フィンランドの鉄道は接続を確保するために努力し、すべてがうまくいきました。

最後に、フィンランドの公共交通機関の情報を入手するのは、本来よりも困難です。利用可能な中央検索エンジンはありません。バスの接続と電車を別々にチェックする必要があります。また、Googleマップは不完全であることに注意してください。バスと電車のどちらかを選べるなら、私はバスを選びます。

あなたがそこにいる間

ヴェルラでは、小さなロックアートサイトも見ることができます。レポヴェシ国立公園はいい感じです。


北ヨーロッパの世界遺産のリスト

ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、一般に北ヨーロッパと呼ばれる8か国(「締約国」とも呼ばれます)に37の世界遺産を指定しています:アイスランド、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、デンマーク、エストニア、ラトビア、リトアニア、すなわち北欧とバルト諸国の組み合わせ。 [1]フェロー諸島のデンマーク領にはサイトがありません。北米大陸にあるグリーンランドは、デンマークとの政治的関係にもかかわらず、このリストには含まれていません。北米の世界遺産のリストに含まれています。英国とアイルランドは、北ヨーロッパにリストされることもありますが、西ヨーロッパに含まれています。 [2]

スウェーデンには、15のサイトがあり、そのうち2つは国境を越えたプロパティである最も多くの碑文のサイトがあります。クルシュスカヤスピット(リトアニアとロシア)、ハイコースト/クヴァルケン群島(スウェーデンとフィンランド)、シュトルーヴェジオデティックアーク(北ヨーロッパと東ヨーロッパの10か国)の3つのサイトがいくつかの国で共有されています。 [3]この地域の最初の場所は、1979年にノルウェーのウルネスの木造教会とブリッゲンがリストの構想から1年後に選ばれたときに刻まれました。 [4] [5]毎年、ユネスコの世界遺産委員会は、リストに新しいサイトを登録したり、基準を満たさなくなったサイトを除外したりする場合があります。選択は10の基準に基づいています。6つは文化遺産(i–vi)、4つは自然遺産(vii–x)です。 [6]「混合サイト」と呼ばれるいくつかのサイトは、文化遺産と自然遺産の両方を表しています。北ヨーロッパには、32の文化、4つの自然、1つの混合サイトがあります。 [7]

世界遺産委員会はまた、「世界遺産リストに記載されている資産の特性そのものを脅かす条件」を引用して、サイトが危険にさらされていると指定する場合があります。北ヨーロッパのどのサイトも絶滅危惧種としてリストされたことはありませんが、ユネスコは多くの場合、危険リストの可能性を検討しています。 [8] [9]


ヴェルラグラウンドウッドアンドボードミル

このブログエントリは、VerlaGroundwoodとBoardMillに捧げられています。ユネスコの世界遺産に登録されているフィンランドでも数少ない場所の1つです。箱作りに使われていた厚紙のかつての生産現場をご覧いただけます。インテリアはガイド付きツアーでのみ訪れることができ、とても興味深いです。残念ながら、内部で写真を撮ることは許可されていないので、私のブログでは、建物の外側しか見ることができません。とにかく、それは工業用建物にとって非常に素晴らしい建築だと思います。

次の2つの写真を見ると、建物の大きな木製の部分を見ることができます。これは、製造後に紙が乾燥した領域でした。

プロダクションのすぐ近くには、さらにいくつかの建物があります。いくつかは既製の製品の保管場所であり、いくつかは工具などを収容していました。近くの川でさえ、周囲の森林から原材料の木材を運ぶために使用されました。

詳細については、ヴェルラ砕木・ボードミルの公式ページをご覧ください。また、ユネスコの公式ページで、世界遺産に登録されている理由を説明しています。


ヴェルラグラウンドウッドアンドボードミル

古い挽き木とボードミロルドの挽き木とボードミルは、1870年代からこの牧歌的な村の中心であり、最初は作業用ミルとして、1972年から博物館として使用されてきました。これはすべて、ヴェルラを訪れるのに本当に素晴らしい場所にします。

そこでは、19世紀の後半にまっすぐ足を踏み入れたような気分になります。ヴェルラ砕木博物館の緑豊かな庭園、建築的に価値のある建物、オリジナルの技術設備を備えた古い段ボール工場は、信じられないほど完全に元の状態で保存されています。まるで工場が一瞬止まったかのようです。

もちろん、実際の製粉所の労働者はいませんが、多くの点で博物館で彼らの存在を感じることができます。独特の雰囲気を体験するには、本当にヴェルラを個人的に訪れる必要があります。訪問者は、元の工場の建物や機械、牧歌的な労働者のコテージ、先史時代の岩絵を鑑賞することができます。歴史を遡るようなものです!

工場を水から保護するために、工場の建物に隣接するVerlankoskiに新しいダムが建設されました。 2014年の夏には、ダムと工場の間の地域の訪問者に興味深い新しい文化トレイルが開かれます。このトレイルとともに、まったく新しい視点から工場を見ることができます。

ヴェルラミルミュージアムは、コウヴォラ市から30 km、ヘルシンキから160kmの場所にあります。
ガイド付きでしか美術館を見学できません。外国語でのツアーは予約制です。

VerlaGroundwoodとBoardMillは、1996年に世界ユネスコ遺産リストのメンバーになりました。


リサイクルノウハウの歴史

工場の中央には、70 x 100cmのボードシートを製造する8台のウェットラップマシンがありました。包装業界向けに薄い品質が作成され、ブックカバーやピクチャーマウントボードなどのアプリケーション向けに厚い品質が作成されました。年間生産量は約2,000トンのボードに加えて、同じ量のグラウンドウッドでした。 Verlaは、30か国に輸出された高品質の生産物でよく知られていました。

スプルースは、機械パルプの製造に使用される主な原料でした。皮をむいた樹皮廃棄物を焼却し、乾燥ロフトで発熱させた。損傷した不適切なボードシートは機械パルプに再粉砕されましたが、労働者はそれらを家の断熱に使用することもできました。すべての材料は、ライフサイクルの最後に達するまでリサイクルされました。

&ldquoウェットラップマシンの摩耗した衣類は、子供服として再利用され、グラインダーマシンで使用されていた古い石は、4つに切断され、労働者の住宅の基礎に使用されたため、求められました。&rdquoミルツアーガイド Jussi Lemmink&aumlinen 説明します。


普通の、したがって特別な

Verlaは、19世紀の典型的な産業活動を代表する地域的に重要な存在であるだけでなく、国のビジネス部門と木材加工産業の初期の発展の素晴らしいフィンランドの例でもあります。ヴェルラは、木材加工産業を代表する唯一の世界遺産であるため、それ自体が珍しいものです。

建物と機械は1800年代後半から1900年代初頭のものです。小さくて人里離れた工場は、拡張と近代化から救われ、19世紀の技術を使用して1960年代まで運営されていました。

ヴェルラでは、製材所を取り巻く鋳造村、発電設備と製材所のある急流、労働者の住居、丸太の浮きと製材所の操業のための建物と構造が素晴らしい全体を構成しています。

その価値はそれがどれほど典型的であるかにあるので、国際的な驚異ヴェルラは例外的な世界遺産です。 Verlaは手付かずで保存されているため例外的であり、Verlaは独自の時代と業界の典型的な例を表しているため価値があります。

博物館に加えて、ヴェルラにはランチカフェとファウンドリビレッジのショップもあります。 1890年代に建てられた趣のある労働者とrsquoのコテージでこの地域で夜を過ごすこともできます。


タグ:ヴェルラ砕木とボードミル

このブログエントリは、VerlaGroundwoodとBoardMillに捧げられています。ユネスコの世界遺産に登録されているフィンランドでも数少ない場所の1つです。箱作りに使われていた厚紙のかつての生産現場をご覧いただけます。インテリアはガイド付きツアーでのみ訪れることができ、とても興味深いです。残念ながら、内部で写真を撮ることは許可されていないので、私のブログでは、建物の外側しか見ることができません。とにかく、それは工業用建物にとって非常に素晴らしい建築だと思います。

次の2つの写真を見ると、建物の大きな木製の部分が見えます。これは、製造後に紙が乾燥した領域でした。

プロダクションのすぐ近くには、さらにいくつかの建物があります。いくつかは既製の製品の保管場所であり、いくつかは工具などを収容していました。近くの川でさえ、周囲の森林から原材料の木材を運ぶために使用されました。

詳細については、ヴェルラ砕木・ボードミルの公式ページをご覧ください。また、ユネスコの公式ページで、世界遺産に登録されている理由を説明しています。