ニュース

クィーンストンハイツの戦い、1812年10月13日

クィーンストンハイツの戦い、1812年10月13日


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

クィーンストンハイツの戦い、1812年10月13日

クィーンストンハイツの戦いは、1812年の米英戦争の初期のイギリスの勝利であり、ナイアガラ戦線に対する最初のアメリカ軍の攻撃を後退させました。アメリカとカナダは非常に長い国境を共有していましたが、北西部では、エリー湖の西端のデトロイトから、または湖の東端のナイアガラ川を渡って、アメリカの攻撃の現実的な線は2つしかありませんでした。米国は、アッパーカナダの弱いイギリス軍が同時攻撃に対応できないことを期待して、これらの両方の地域で攻撃することを決定しました。アメリカ人にとって残念なことに、彼らの攻撃は調整できませんでした。デトロイトキャンペーンは1812年7月にアメリカ軍がデトロイト川を渡ったときに始まりましたが、8月16日にアイザックブロック少将にデトロイトが降伏して惨事に終わりました。

ナイアガラ戦線の米軍は夏の間ずっと活動していなかったので、ブロックは西に移動してデトロイト周辺を指揮することができた。地元のアメリカ人司令官は、ニューヨークの政治家として成功したスティーブン・ヴァン・レンセリアー少将でした。彼は、少なくともいくつかの軍事演習を観察した従兄弟のソロマン・ファン・レンセリアー大佐に支えられていた。ヴァン・レンセラーズは、ヘンリー・ディアボーン少将(アメリカの最高司令官)とともに、ナイアガラを越えて侵攻を成功させるには6,000人の兵士が必要だと感じました。その後、イギリスが戦争を引き起こすのを助けた枢密院勅令を廃止したというニュースがアメリカに届き、9月初旬まで続く短い停戦が手配された。

ナイアガラの米軍は、9月29日、アレクサンダー・スミス准将の指揮する1,650人の常連がバッファローに到着したときにようやく必要な力に達した。残念ながら、SmythとVanRensselaerは共通の戦略に合意できませんでした。スミスは、バッファローの近くの滝の上にあるナイアガラ川を渡りたかった。 Van Rensselaerは、滝から始まった峡谷からナイアガラ川が流れ出した地点で、さらに北への攻撃を支持しました。彼はアメリカのルイストン村から渡り、クイーンストンのイギリス軍の陣地を攻撃した。

これは野心的な計画でした。村は、ここクイーンストンハイツで知られている高さ350フィートの断崖のふもとにありました。アメリカ人は村の近くで急速に流れる川を渡り、村のイギリス軍守備隊からの攻撃を受けながら高台に登らなければなりませんでした。 Van Rensselaerは、一度に600人の兵士を輸送するのに十分なボートしか持っていないので、彼のボートは援軍を運ぶために東岸に戻らなければなりませんでした。しかし、アメリカ人には大きな数値的優位性がありました。ヴァン・レンセリアーは900人の常連と2,650人の民兵を指揮しましたが、イギリス人はナイアガラ戦線全体で2,000人しかいませんでした。それらのほとんどは、滝のすぐ上にあるチッパワ川の南端にあるエリー砦、またはナイアガラ川の北端にあるジョージ砦にありました。イギリス軍はクイーンストンに200人しかいなかった。

10月10日から11日の夜に不正スタートした後、アメリカ軍はついに10月13日に攻撃を開始しました。 300人の常連と300人の民兵が大火事で川を渡った。ソロモン・ヴァン・レンセリアーは交差点で重傷を負いましたが、部隊はなんとかハイツの頂上に至る道を見つけることができました。

そこで彼らは、アッパーカナダのイギリス軍司令官であるアイザックブロック少将をほぼ捕らえました。彼は前夜フォートジョージで過ごした。彼はアメリカの銃の音でクイーンストンでの戦闘を警告され、調査のために南にダッシュした。クイーンストンに着くと、彼はアメリカの攻撃をよりよく見るために、高さの最上部のすぐ下にあるイギリスのレダンまで断崖を登っていました。彼がレダンにいる間、最初のアメリカの党は頂上に達し、イギリスの地位を非難した。ブロックは村に逃げることを余儀なくされた。

そこで彼はすぐに反撃を命じました。 100人の常連と100人のリンカーン民兵の先頭で、ブロックは断崖の斜面を直接上って攻撃を主導しました。彼は2発のアメリカの弾丸に見舞われ、2発目で殺されました。攻撃者は村に後退しました。

このブロックの直後 海軍侍従、ジョン・マクドネル中佐は、100人のヨーク民兵と共にクイーンストンに到着した。彼も丘を上って攻撃することに決めました。この攻撃はもう少し成功し、マクドネルが致命傷を負う前にレダンを捕らえました。その後、生存者は数マイル下流のヴルーマンズポイントに戻り、援軍を待ちました。

これがアメリカの成功の最高点でした。高台の上の指揮は今やウィンフィールド・スコット中佐に渡され、彼は約350人の常連と250人の民兵の指揮を執っていた。さらに600人の兵士がクイーンストンに残ったが、残りの民兵は米国外で奉仕する必要がないという理由で川を渡ることを拒否した。その間、高台の上の軍隊は、彼らの位置の周りの木から攻撃したインディアンの力から攻撃を受けました。

Vrooman’s Pointのイギリス軍は、ロジャー・シーフ少将の指揮下に置かれました。彼はフォートジョージから第41フィートと250民兵から300人の常連の頭に到着しました。彼は最終的に、シックスネイションズから400人の正規軍、400人の民兵、300人のインディアンを集めることができました。インド人からのアドバイスを受けて、彼はブロックよりもはるかに賢明な計画を採用しました。彼は断崖をまっすぐに攻撃するのではなく、川から離れて内陸に移動し、アメリカ人の視界から外れて断崖を登り、西から平地で攻撃した。アメリカ人は完全に驚きに捕らえられました。彼らは、丘を上る3回目の攻撃を防ぐために胸壁を作りましたが、側面からの攻撃を防ぐことはしませんでした。午後3時頃、シーフの部下は1回のバレーボールを発射し、アメリカ軍の陣地に突撃しました。わずか15分後、ウィンフィールドスコットは降伏を余儀なくされました。

イギリス軍は958人の囚人を捕らえ、その半分は米国の常連であり、死者14人、負傷者77人、行方不明者21人を犠牲にした。囚人だけでなく、アメリカ人は300人の死傷者を失った。スティーブン・ヴァン・レンセリアーが指揮を辞任する間、シーフは準男爵に報われた。彼はアレクサンダー・スミス准将に取って代わられた。彼は11月にナイアガラを越えてカナダに侵入する2回目の失敗を試みましたが、フレンチマンズクリークで撃退されました。彼もすぐに指揮から外された。

1812年の戦争に関する本|主題索引:1812年の戦争


クィーンストンハイツの戦い

1812年10月13日午前3時頃、レンセリア将軍の指揮下にあるアメリカ人がクイーンストンのアッパーカナダに侵攻しました。侵略軍は、孤独な前哨基地の歩哨によってすぐに発見されました。この歩哨は、クイーンストンハイツに配置されていたイギリス兵のメイングループに通知しました。

アメリカ人はイギリスの火を描き始めました。この戦いの猛攻撃で、アメリカの司令官ソロモン・ヴァン・レンセリアーは、6つのマスケット銃のボールに打たれた後に殺されました。

ニューヨーク州ルイストンにあるアメリカの砲台は、クイーンストンにあるイギリス軍の陣地に砲撃を開始し、アメリカの主要な侵略軍の到来を知らせました。フォートジョージでは、ブロック少佐が戦闘の音を聞くことができ、クイーンストンが攻撃を受けていることにすぐに気づきました。

ブロック少佐は、キャンプの補佐官であるジョン・マクドネル中佐とジョン・グレッグ大佐と一緒にすぐにクイーンストンに向かった。ブロックは、最初の日光の下でクイーンストンに向かって行進する準備ができている主要なイギリスの駐屯地の命令を残していました。

クイーンストンに近づくと、アイザック・ブロック少佐は、ルイストンのアメリカの海岸線で侵略軍に加わる準備ができている膨大な数のアメリカ人を目撃しました。ブロックは、ジョージ砦とチッパワのイギリス軍に援軍を送るように即座にメッセージを送った。

ブロック少佐はイギリス軍の数がひどく多いことを知っていたが、クイーンストンハイツの高地を支配することの重要な戦略的軍事的重要性も知っていた。アイザック・ブロック少佐は、ジョン・ウッド大尉が率いるアメリカ歩兵が断崖をクイーンストン・ハイツの頂上近くまで忍び寄ることができたので、戦いの真っ只中にいることに気づきました。

ブロック少佐は、再編成するために彼の軍隊に村に退却するように命じました。ブロックは、援軍が到着する前にクイーンストンの高地を取り戻したかった。彼は彼のサービスで200人の兵士でアメリカ人に反撃し始めました。攻撃はアメリカの砲撃によって行き詰まりました。ブロックは軍隊を固定した状態で、馬の「アルフレッド」を乗せ、「私に従ってください」と叫んで軍隊に突撃を続けるように命じました。

クイーンストンハイツでレダンバッテリーを奪還しようとしたこの突撃中に、アイザックブロック少佐は木の後ろに隠れていたアメリカの射手に撃たれた。ブロックは近距離でマスケット銃で胸を撃たれた。ここでアイザック・ブロック少将は致命傷を負って地面に倒れました。

イギリス兵が撤退しようとしたとき、ヨークからイギリス民兵の2つの会社が、海軍侍従官ジョン・マクドネルと共に到着した。

その後の戦いで、アメリカ人はクイーンストンハイツを支配し、下の村を制圧し、イギリス軍を再び撤退させた。同様に、この戦闘補佐官のマクドネルは撃たれて殺されました。

クィーンストンハイツの戦いでの勝利は明らかにアメリカ人によって勝ち取られました。
ブロック少将とマクドネル中佐の遺体はニューアークに運ばれ、ジョージ砦の北東の要塞に埋葬される前に3日間州に置かれた。

ニューヨーク州民兵はアメリカの海岸からの戦いを見守っていた。彼らは死と破壊を直接目撃しました。彼らはまた、死者と負傷者のアメリカ人が川を渡って戻ってきたときに結果を見ました。彼らが川のカナダ側で彼らの通常のアメリカ軍の対応者に加わる時が来たとき、彼らは行くことを拒否しました、そしてそれは彼らの憲法の下で彼らがする権利を持っていました。

ニューヨーク民兵の支援がなければ、通常のアメリカ軍は彼らが新たに獲得した土地を強化するのを助けるための援軍を持っていなかった。

イギリスのロジャー・シーフ少将がブロック少将に取って代わった。
ヘイル少将は、アメリカ軍に対する反撃を試みる前に援軍を待っていた。イギリス軍が攻撃を仕掛けたとき、彼らはアメリカ軍を追い抜くことができた。イギリスのネイティブアメリカンの同盟国もアメリカ人に発砲し始めました。

機動があり、援軍がいなかったため、アメリカ軍の司令官ウィンフィールド・スコットはイギリス軍に降伏した。

これは、これからの多くの戦いの最初のものを終わらせました。
この軍事的失敗の結果として、アメリカのヴァン・レンセリアー将軍は彼の指揮を辞任し、アレクサンダー・スミス准将に取って代わられた。

スミス准将は、クイーンズトンとそれ以前のデトロイトでの勝利でイギリス軍を罰することを決意した。スミスは月末までにアッパーカナダに侵攻することを公に宣言し、イギリス軍に十分な警告を与えた。 1812年11月17日、アメリカ軍の侵攻を阻止するために、イギリス軍はスミスの本部を砲撃し、1812年11月21日、ナイアガラ砦を砲撃しました。アメリカ人はフォートジョージで彼ら自身の攻撃の砲撃で応えました。

1812年11月28日、400人のアメリカ兵がブラッククリーク(バッファロー)とフォートエリーの間のナイアガラ川を渡ってアッパーカナダに侵入しました。 1つのグループがフォートエリーとフランス人のクリークの間で砲台を押収した一方で、2番目のグループはチッパワからの援軍の到着を遅らせるためにフランス人のクリーク橋を破壊しました。イギリス軍はすぐにこのアメリカ軍の侵攻を阻止し、アメリカ軍をブラッククリークに後退させた。

1812年と1813年の冬の間、ナイアガラでは戦争活動はほとんどありませんでした。アメリカ人とイギリス人の両方がこの時間を使って彼らの軍隊を補給し、強化しそして固めました。

アメリカ人とイギリス人の間の戦争はキングストンとセントローレンス川に沿って続いた。

1813年2月20日、イギリス軍はニューヨーク州オグデンズバーグでアメリカ軍を攻撃し、敗北させました。

1813年4月27日、アメリカ人はフォートヨーク(トロント)を攻撃しました。イギリス軍は数が多く、砦を放棄することを余儀なくされましたが、砦と残りのすべての船と物資を燃やす前ではありませんでした。

アメリカ人は1813年5月18日までヨークを占領しました。アメリカ人が去る前に国会議事堂を焼き払った。


カナダのクイーンストンハイツ国定史跡の戦い

1812年10月13日のクィーンストンハイツの戦いは、侵略したアメリカ軍に対するイギリス軍とカナダ軍の勝利と悲劇の両方であり、アイザックブロック(前景)の死をもたらしました(ジョンデビッドによる塗装、カナダ国立図書館文書館提供) / C-000273)。 ジェームズデニスによるこの1836年の彫刻は、アメリカ軍(青いユニフォーム)がナイアガラ川を渡ってクイーンストンに上陸したことを示しています。アイザックブロック将軍の指揮するイギリス軍とカナダ軍(赤い制服)がアメリカ人を高みに追いやった(ジェームズB.デニスによる絵画、カナダ国立図書館文書館/ C-014614)。

カナダのクイーンストンハイツ国定史跡の戦い

クィーンストンハイツ国定史跡の戦いは、1812年10月13日、先住民の同盟国の支援を受けてイギリス軍とカナダのミリシアが、クィーンストンの村を見下ろすナイアガラエスカープメントで侵略したアメリカ軍を打ち負かした戦いを記念しています。 1812年の米英戦争中のこの初期のキャンペーンは、アッパーカナダ人がアッパーカナダを守るために戦うことをイギリス人に示しました。

クイーンストンハイツは非常に早くから聖地として認識されていました。 1824年に最初のブロックの記念碑が建てられたのはここでした。今日、訪問者はナイアガラパークス委員会が運営する美しく整備されたクイーンズトンハイツパークを散歩することができます。訪問者は、印象的な2番目のブロックの記念碑の頂上に登り、戦場のガイド付きツアーに参加できます。 1968年、カナダ史跡記念物委員会は戦場を国の史跡に指定しました。

クィーンストンハイツの戦いの概要

1812年6月18日、米国は英国との宣戦布告を行い、アッパーカナダの征服を計画しました。戦争の最初の年のアメリカの戦略の一部は、ナイアガラ(現在はオンタリオ州ナイアガラオンザレイク)を占領して、州の侵略と占領の橋頭堡として使用することでした。 10月までに、彼らはスティーブン・ヴァン・レンセリアー少将の指揮の下、ナイアガラ川のニューヨーク側に大軍を編成しました。アイザック・ブロック少将は、55kmの長さのナイアガラ川に沿って彼のより小さな防御力を広げました。ブロックはアメリカ人が攻撃することを知っていたが、いつどこで正確に知らなかった。彼の戦略は、駐屯地を脆弱な地点に保ち、アメリカの意図が明らかになったときに防御側を集中させることでした。

10月11日、アメリカ軍はニューヨーク州ルイストンでナイアガラ川を渡ってクイーンストンに向かう軍隊に乗り出し始めましたが、この攻撃は中止されました。 2日後、夜明け前に侵攻が本格的に開始され、イギリスの守備隊は押し戻され、アメリカ人はカナダの領土に足場を築くことができました。フォートジョージのブロックは当初、クイーンストンへの保留中の暴行がフェイントであることを恐れていたが、砲撃の猛威はこれが主な侵略の場所であると彼に確信させた。彼はすぐにクイーンストンで指揮を執るために乗り降りし、砦の派遣団のほとんどを従わせた。

ブロックがクイーンストンに到着した直後、アメリカ軍は断崖で戦略的なレダン砲台を占領した。ブロックは早朝に殺され、その重要な位置の奪還を試みるための反撃を引き起こした。

現在指揮を執っているイギリスのロジャー・ヘイル・シーフ少将は、ジョージ砦からの援軍と共に到着した。彼はルイストンのアメリカ軍の砲兵隊の射程外に部下を行進させ、クイーンストンハイツの頂上に登った。アメリカ軍のほとんどはここに配置され、モホーク族とデラウェア州の戦士の小グループによって固定され続けました。ルイストンに集まった民兵の多くがアッパーカナダへの渡航を拒否したため、アメリカ軍の援軍は到着しなかった。

チッパワからのイギリス軍が加わったシーフは、マスケトリーのボレーを発射し、アメリカ人に銃剣の突撃を開始した。訓練が不十分で今や意気消沈したアメリカ軍はパニックに陥った。多くの人が断崖を降りようとして殺されたり、安全のためにナイアガラ川を泳いで渡ろうとして溺死したりしました。戦闘で戦った1400人未満のアメリカ人のうち、900人以上が捕虜になりました。戦闘に参加したイギリス軍は、戦ったアメリカ軍と同数でした。

クイーンストンハイツはイギリス人にとって重要な勝利でしたが、アイザックブロックの死は重大な損失を表しています。しかし、ブロックの記憶は、その後のいくつかのアメリカの侵略から彼らの土地を守るためにアッパーカナダ人を鼓舞し続けました。


クィーンストンハイツの戦い、1812年10月13日-歴史

クィーンストンハイツの戦いの記録、1812年10月13日
ロバートヘンダーソン編集


クィーンストンハイツの戦い(カナダ国立図書館文書館)
(ここをクリックしてこのプリントを購入してください)

次のアカウントは、ヨークミリシア第3連隊(フランクカンパニー)のジョンビバリーロビンソン中尉からのものです。ロビンソンは、デトロイトの占領と米軍によるヨーク(トロント)の占領にも参加し、そこで捕虜になりました。戦後、彼はアッパーカナダの司法長官を務め、準男爵のジョン・ビバリー・ロビンソン卿に任命され、アッパー・カナダの首席判事の職務を遂行しました。

&quotBrown&#146sポイント、1812年10月14日

昨日の事件はこの州にとって非常に栄光に終わり、その元気な擁護者に非常に敬意を表しているので、私は私が私たちの国の現在の原因に最も暖かく興味を持っていることを知っているあなたに説明を急いでします。

購入価格を心から嘆きながら、私たちの成功に心が熱く輝くことを私は知っているので、私はあなたに詳細を詳しく説明することを切望しています。

観察する機会がなかったことがほとんどなく、その斬新さ、恐怖、不安から、心にひどい印象を与えたので、すべてが新鮮で完璧な写真になりました。私の想像力。

昨日の朝(10月13日火曜日)の昼間の約30分前に、ジョージ砦とクイーンストンの間の要塞の1つに駐屯していたとき、アメリカ側のグレイ砦から重い大砲が山、そしてクイーンストンの町を指揮します。敵の動きは、数日前に、攻撃する意図を示していました。戦線は私たちの軍隊が可能にしたすべての警戒心を持って見守られていました、そして私たちの部下が休息の欲求と直前の悪天候への暴露から受けた疲労は非常に大きかったので、彼らはフィールドの見通しを喜んで歓迎しましたこれは決定的であり、将来のためにそれらをより安心させます。彼らの精神は高く、将軍に対する彼らの自信は際限がありませんでした。

夜の間に単なる警備員だった私たちのパーティーは、クイーンストンから直行で約2マイルのところにある私たちの主要駅であるブラウンズポイントに戻りました。

私たちのバッテリーからは、シーン全体が最もはっきりと見えました。日は欲望がちらちらと輝いていた。両側からの大砲は絶え間なく咆哮し、砲弾は空中で破裂し、クイーンストンの上の山の側面は小火器の絶え間ない放出によって照らされました。最後の状況は、敵の一部が着陸したことを私たちに確信させ、日が進むにつれて、オブジェクトが見えるようになり、すべての説明のショットのシャワーの中で、ボートに乗った多くのアメリカ人が私たちの海岸に着陸しようとしているのを見ました、それは巧みにそして絶え間なく彼らに平準化されました。

ヨークミリティアの分遣隊を指揮したキャメロン大尉には、クイーンストンでの攻撃の場合にどのような行動をとるか、そしてそこに上陸が試みられた場合に敵がおそらく、さまざまな攻撃によって、私たちの力をそらすために努力するだろう、彼は最初、彼らを守るために割り当てられたステーションから彼の部下を撤退させることが適切であるかどうかを躊躇した。しかし、彼はすぐに、私たちの上に従事している軍隊を支援するためにあらゆる努力が必要であることに気づき、すぐに行動の現場に私たちを行進させることを決心しました。

私たちの道で、ブロック将軍が私たちを通り過ぎました。彼はナイアガラから急いで駆け寄り、副官や一人の付き添いを伴わなかった。彼は私たちに手を振って、私たちに遠征を続けることを望み、全速力で山に向かって疾走した。マクドネル中佐とグレッグ大佐は直後に亡くなりました。

敵が横断し始めたとき、第49連隊の2つの会社(擲弾兵と光の会社)と、私は、彼らに反対する民兵の3つの小さな会社があったと思います。

彼らの歓迎は、私たちの軍隊の勇気と管理に敬意を表するようなものでした。葡萄とマスケット銃のボールは、岸に近づくと四分の一に注がれ、信じられないほどの大混乱を引き起こしました。デニス大尉自身(第49擲弾兵の大尉)によって指示された保持された部分からの単一の放出は、1隻のボートで15人を殺しました。


チャールズ・スタッデンによる第49歩兵連隊の将校
(パークスカナダ提供)


ストーニークリークの戦い1813年6月6日

イギリス軍がバーリントンハイツに撤退した直後、アメリカ軍は新しく占領されたフォートジョージからそのポストを攻撃する準備ができていました。ジョン・チャンドラー准将の下のアメリカ軍は3000人以上の強さでしたが、バーリントン・ハイツのジョン・ヴィンセント准将はその4分の1を持っていました。アメリカ人は6月5日の夜にバーリントンハイツへのアプローチでストーニークリークに野営しました。大胆な夜の攻撃で、ジョンハーベイ大佐は、ヴィンセント将軍の命令の下で、銃剣のポイントでアメリカの野営地を攻撃しました。それは、両陣営が白兵戦で混同された混乱した戦いでした。結局、夜明けの光が彼らの力の小さいサイズを明らかにする前に、イギリス人は引退しなければなりませんでした。しかし、彼らはチャンドラー将軍と彼の副司令官ウィリアム・ウィンダー将軍を捕まえることに成功しました。彼らの指導者なしで、アメリカ人はフォートジョージに撤退した。


クイーンストンハイツ200周年記念の戦いの再現

クィーンストンハイツの戦いの200年に一度の再現での再現者。アンドリューエイミーの画像提供。

クィーンストンハイツの戦い、米英戦争の再制定、オンタリオ州クィーンストン、1812年10月13日の報告。

(この作品に関するQ&ampAの投稿をここで読んでください。このページは2013年4月23日に投稿されました。)

1812年のクィーンストンハイツの戦いで不運な容疑をかけた彼の死以来、カナダの神話はアイザックブロック少将のために英雄のパンテオンの中で特別な場所を確保してきました。初期のナショナリストの歴史家は、勇敢なカナダ人の小さなバンドが侵入するヤンキーの大群を阻止したとき、ブロックカナダのレオニダス王とクイーンストンハイツを国のテルモピュライとしてスタイルすることを望んでいませんでした。おそらく非戦争的な国として、カナダは長い間ブロックを例外としてきました。戦いの現場に建てられた彼のそびえ立つ185フィートの石灰岩の墓は、カナダの他の記念碑とは異なります。カナダの軍事ヒーローの中でブロックだけが彼の名誉にちなんで名付けられた大学を持っており、彼のイメージはコインに刻まれており、彼の比較的短い人生について何十もの伝記が現れています。したがって、ブロックが殺害されたクィーンストンハイツの戦いの200周年を記念して、2012年10月13日にカナダでこれまでに開催された最大の再現であったかもしれないことはおそらく驚くべきことではありません。

クイーンストンハイツを含むナイアガラリバーパークウェイを監督する政府機関であるナイアガラパークス委員会の元従業員として、私は再現に参加する機会を与えられました。当然断ることはできませんでした。ブロックは、ブロックの記念碑への7年生の遠足で、私の子供の頃のヒーローの1人でした。先生の指示を無視し、友達と一緒に森に逃げ込んだことを思い出します。ブロックの歴史の授業からの感動的な話と彼の高貴なスティードアルフレッドは私たちの若い心の中で新鮮で、私たちは自分たちがカナダのミリシアであり、ハイツを充電し、侵入するアメリカ人と戦うことを想像しました。今、私は真面目な歴史家になるという意図にもかかわらず、アメリカ人からカナダを守るという私の子供の頃の野心を実現する機会を密かに歓迎しました。再制定は、近くのフォートジョージ国定史跡を管理するパークスカナダとともにパークス委員会によって組織されました。カナダと米国から合計1,000人近くの衣装を着た再現者が参加し、地元の新聞は観客を15,000人と推定しました。

私は10月の暖かい朝に明るく早くクイーンストンに到着しました。現在手入れの行き届いた緑地となった戦場は、ナイアガラエスカープメントの石灰岩の崖の上にあります。ナイアガラエスカープメントは、1812年に&ldquomountain&rdquoの壮大なスタイルになっていることがよくあります。 。北には歴史的なクイーンストンの村を見下ろし、東にはナイアガラ川が最も狭い地点を流れる壮大な250フィートの峡谷を形成しています。川は、今のように、カナダと米国の国境を形成しています。 2012年の秋には、公園内の豊富な木々の葉がオレンジ、赤、黄色に輝いていましたが、1812年には、これらの敷地は泥だらけの農民の畑であり、ほとんどの木が伐採されていました。

駐車場で、昔の同僚の何人かと会いました。彼らは私の時代物の服とマスケット銃を身に着けていました。彼らはすぐに私にアメリカ人の侵略者の深刻な不足があったことを知らせました。 (どうやらカナダ人は私たちの隣人よりもこの再現を上演することに熱心でした。)したがって、私の恐怖に、私が期待していた緋色の赤いコートの代わりに、茶色の狩猟用フロック、灰色のウールのズボン、ハバーザック、および他の装身具を手渡されましたニューヨーク民兵のメンバーにふさわしい。私の子供の頃の夢は押しつぶされました。

幸いなことに、広大な敷地をスキャンしてイベントの規模に気づいたとき、私の失望は消えました。イギリスのレッドコートやカナダの民兵だけでなく、女性、子供、ネイティブウォリアー、イギリスのインドの部門の役人、アメリカの常連を代表する1000人の衣装を着た再現者軍隊、アメリカ民兵、商人、鍛冶屋、コブラー、仕立て屋、ミュージシャン、毛皮商人、その他多数。大砲、馬、雑多な帆布のテントが建てられました。場所全体が活気に満ちた活動の巣でした。地味な学者でさえ、私が時々自分自身を空想しているように、雰囲気にとらわれないのは難しいと思ったでしょう。アイザック・ブロック卿に扮した再現者は4人もいましたが、そのうちの1人は馬に乗って壮大に騎乗していました。他の歴史上の人物も忘れられませんでした。有名なシックスネイションズのリーダーであるジョンノートンに扮した3人の異なる再現者、そして司令官としてブロックの後継者であるロジャーシーフと、ブロックのカナダ人補佐官であるジョンマクドネルが1人いました。彼の運命を共有し、今では記念碑の下の彼の休憩所を共有しています。

戦いの再現は午後半ばまで開始される予定がなかったので、公園委員会の同窓生である友人のブレアと同じようにアメリカ民兵のメンバーとして服を着せたので、私たちは近くの森に迷い込んで、人々の足跡をたどりました。 2世紀前にここで戦った。アメリカ軍が大胆にハイツをスケーリングした場所を正確に発見できるかどうかを確認するために、断崖の端を囲むトレイルの1つに向かいました。歴史的な飾り額が曲がりくねった道に沿って配置され、戦いがどのように展開したかを説明しています。あちこちで、葉を通して、ナイアガラ川、周辺の田園地帯、そして遠くにオンタリオ湖の青い海の壮大な一瞥を見ることができます。トルコのハゲタカは、激しい流れが死体を下流に運んだ1812年の運命の日に間違いなく行ったように、峡谷の渦巻く青い水の上を高く旋回していました。暗闇に隠れて漕いでいるアメリカ人は、カナダの海岸からの激しい火事によってすぐに発見され、ピンで止められました。高台を占める敵によって石の多いビーチに閉じ込められたアメリカ人は、ジョンウール大尉が、秘密の漁師の小道をたどって、困惑した男たちを一見登れない崖の上に導くまで、厳しい状況に直面しました。

峡谷の端近くの小道を歩いていると、背の高い中年の男性と一緒に小道を渡り、漁師の小道を探しました。私たちがアメリカの民兵に扮したのを見て、彼は私たちがハイツをスケーリングするために使用された伝説の小道の場所を知っているかどうか尋ねました。地元の人として、私は峡谷で釣りをして育ちましたが、トレイルを見つけることに成功したことはありませんでした。従来の知識では、侵食によって侵食が消滅し、崖の端の近くにある飾り額には、もはや存在しないと記載されていましたが、これは無責任な観光客が峡谷を拡大しようとするのを思いとどまらせるための単なる免責事項であると常に思っていました。再制定の精神で、私は、アメリカ人が本当にここの崖を登ることができたかどうかを確実に知る唯一の方法は、それを自分で試すことであると決心しました。私の友人と中年の紳士は、おそらく賢明なことに、私が峡谷の壁(高さ約250フィート)を降りようとしたときに、木製の手すりの後ろから私の進歩を観察することを決めました。見た目ほど難しくはありませんでした。侵食により緩い岩や砂利、根こそぎにされた木がたくさんありましたが、ウルシや他の木の塊は登るのに十分なホールドを提供し、ツタウルシを避けながら、あまり問題なく登りました。私は確かに曲がりくねっていて、老朽化し​​たブーツは最適な靴ではありませんでしたが、アメリカ人がハイツをスケーリングした場所を発見したことは私たちを満足させました。

この骨の折れる転換の後、ブレアは、私たちが主要な敷地に戻って、私たちが参加することになっていたアメリカの民兵グループを見つけたほうがよいことに気づきました。私たちは曲がりくねった小道に沿ってジョギングし、急な泥だらけの土手を駆け抜けて森の中をショートカットしました。私たちは茂みから砲台に現れ、衣装を着たツアーガイドを聞くためにそこに集まった群衆を驚かせました。キャプテンウールと彼の部下が彼らの大胆な登りによって捕らえられたのはこの大砲であり、その過程でその驚いた守備隊を凌駕した。アイザック・ブロック卿は、その位置の重要性を認識し、それを取り戻すために運命の告発を導きましたが、ライフルマンの狙いを定めたショットによって削減されました。私たちが逃げ出す前に、群衆の何人かは私たちと一緒に写真を撮ってもらうように頼みました。私たちは彼らに義務を負わせ、私たちは本当にアメリカ人ではなく、その日のヤンキースの大義に徴兵された地元の人々だけであることを説明しました。

かなり遅くなって、私たちは森の中、草が茂った緑地を横切って、そしてたくさんの観客の中を急いで坂を上り、帆布のテントの間を歩き回り、ついに私たちが参加する予定だった再制定グループを見つけました。彼らはオハイオ州とニューヨーク州の実際のアメリカ人であり、私たちのようなふりをしていませんでした。いくつかのカエデの木の下で、私たちは私たちが期待されていたことを乗り越えました。軽歩兵の訓練を最後に行ってから5年が経ちましたので、注文をめちゃくちゃにしたり、行進したりしてユニットの見栄えを悪くするのではないかと少し心配でした。しかし、私たちの将校が部隊に&ldquoface右&rdquoと命令したとき、私の懸念はすぐに消え、分隊の半分は彼らの左に旋回しました。幸いなことに、米英戦争の再現者全員が訓練を真剣に受け止めているわけではないようです。突然、近くの鼓笛隊が時代の曲を打ち上げました。メインイベントが始まろうとしていた。

ドラムの音に合わせて、私たちは敷地を横切って行進し、戦いのシーンに向かいました。ブロックの印象的な記念碑を通り過ぎ、将軍の巨大な石像が私たちの上に迫っています。山の端近くにある樫の木に覆われて立ち止まるように命じられました。大砲は銃からの濃い白い煙を通してすでに野原で燃え上がっていました。私は黄色い注意テープの後ろに囲われた大勢の観客を見ました。有益なことに、誰かがマイクで群衆のための戦いを語っていました。アメリカの正規軍の隊長として青いコートを着た私たちの将校は、私たちが争いに入る前に息を呑むように私たちに忠告しました。しかし、やがて、芝生の向こう側の距離で、何百もの英国の赤いコートが、パトリオットの外のシーンのように、一列に並んで行進しているいくつかのトウヒの木の覆いから現れました。彼らの側面には、カナダのミリシアの雑多なコレクションがありました。アメリカの歩兵の再現者は、イギリス人とカナダ人に会うためにフィールドに配備し始めました。私たちのグループは、第二波に向かうための合図を与えられました。私たちがいくつかの樫の木を通り抜けて畑に向かって行進すると、爆発が私たちの右側に起こり、私たちに土を浴びせました。私の左側の誰かが、花火の乗組員が大失敗したこと、爆発が私たちの近くにあるはずがないことをつぶやいた。私たちのユニットは、軽歩兵のスタイルをペアでファンアウトし、ひざまずくように命令されました。私の歩兵のパートナーであるブレアは、彼の火打ち石が鈍く、マスケット銃の火薬に点火するために必要な火花のシャワーを生成しなかったいくつかの失火を経験しました。私たちが空包を発射していたとしても、ルールは私たちのマスケット銃を誰かに向けることは決してありませんでした。追加の予防策として、ラムロッドは再現時に使用されることはありません。代わりに、粉末がマスケット銃の銃身に注がれ、次に軽くたたかれます。

煙の中から、イギリスの将軍の華やかなドレスを着た、かっこいい再立案者が目の前に現れるのが見えました。これは、指定されたブロックであった幸運な仲間でした。たぶん彼は切望された名誉のために最長のわらを引っ張っていたのだろう。私たちの役員は私たちが準備ができていることを確認するために私たちに急いで叫んだ。 &ldquoBrock&rdquoが剣でフィールドを横切って突進すると、党派の群衆から拍手喝采が鳴り響きました。奇妙な運が良かったのですが、何百人もの再現者の中で、ブレアと私は、充電中のブロックの真向かいにあるアメリカ軍の最前線に配置されていることに気づきました。時限ボレーを発射するように命令が出されました。マスケット銃を水平にしました。ブレアは、その瞬間の興奮に打ち勝ち、ルールを忘れ、偽りのない歓喜で、ブロックに直接狙いを定めた。私たちは皆解雇した。非常に聞こえる集団&ldquoawwh&rdquoが群衆から反響したため、ブロックは倒れました。

何人かのイギリスの再現者がブロックの遺体をつかみ、それを野外に運びました。歴史に忠実に、イギリス人とカナダ人は彼らの指揮官の死後に反発しました。 Cheers erupted from the American line, though not from me. I hasten to add that my silence was not because of any residual loyalty I might have felt to my childhood hero: I merely happened to be choking on some black powder, having bitten off a musket round in the wrong place. While furiously spitting out the powder from my mouth, across the smoky field the British and Canadians had regrouped. A re-enactor representing Brock&rsquos aide-de-camp, John Macdonell, led a renewed charge, sword in hand. Sticking to the script, he too was quickly shot down and his body carried off the field. Now all the British and Canadians retreated from the field to take cover in the adjacent woods.

At this point, re-enactors portraying Native warriors, whooping loudly, entered the field to hold the Americans off. This was supposed to represent the actual phase of the battle when John Norton and his warriors kept the Americans at bay while the rest of the British forces rallied under General Sheaffe. The way it was portrayed today is very different from how things would have looked two hundred years ago. For one thing, the average age and waistline of a soldier seems to have exponentially expanded since 1812. (Re-enactors tend to be aging baby boomers able to afford an expensive hobby.) After a few exchanges of fire between the Natives and us, the full British and Canadian force returned to the field, marching shoulder-to-shoulder in line formation, representing the arrival of the British garrison from Fort George under Sheaffe. Much to the crowd&rsquos delight, we were about to be overwhelmed.

An officer ordered us to &ldquostart taking hits.&rdquo I fired my musket one last time, then uttered a scream and fell backwards as crouching Native warriors unleashed a volley of fire in my direction. The warriors rushed across the field at us while making loud war cries, and for good measure, pretended to loot our bodies. One enthusiastic individual even had a fake scalp, which he pretended to slice off one of us. The Americans were vanquished. The crowd cheered. Then, after a few moments spent lying in wet grass, we heard the narrator announce over the microphone that the re-enactment was over, allowing me and ever one else playing dead to get back on our feet.

The re-enactors then marched over to the foot of Brock&rsquos Monument, where politicians and other notables delivered speeches. It had begun to rain, but a large crowd still gathered to listen. The steady rain made it hard to hear, but the speeches seemed to cover the usual ground about the importance of remembering history, honouring the fallen, and celebrating the long friendship between Canada and the United States. Among the speakers was a direct descendant of General Sheaffe, who had come all the way from Australia to be here. I was later informed that he planned to speak of his ancestor&rsquos overlooked accomplishments in the battle and to put forward the novel theory that there were really two battles that day: the one Brock lost and Sheaffe won! This heretical speech was never delivered. The General&rsquos descendant was apparently informed that if he dared make such a suggestion in the very gaze of Brock&rsquos Monument he would have the microphone yanked out of his hands. The keepers of Brock&rsquos legend guard it well. Finally, with most of the crowd shivering in the rain, the Canadian national anthem was played to conclude the ceremony. The next day, a wooden casket was drawn by horses in a solemn procession to Fort George where a re-enactment of Brock&rsquos funeral was staged. At Queenston, myth still mixes with history. The historian in me demurs on this, the boy who as a student ran off into woods delights.


Battle of Queenston Heights, 13 October 1812 - History


On October 13, 1812, US forces were defeated at a battle near Niagara Falls, on Queenston Heights. The US officers were unable to convince militia troops to cross into Canada to provide reinforcements and supplies.

To lead the attack on Canada, De Witt Clinton, the governor of New York, appointed a political appointee General Stephen Van Ressler of the New York militia Van Ressler had no previous military experience.

By Early October, Van Ressler amassed a force of 3,500 along the Niagara River to fight 2,000 British and Indian fighters. On October 13, General Ressler led a group of 200 men across the River at Queenstown. While crossing the river, Ressler was severely wounded as the British attacked his men. Captain John Wool took command and led a group of experienced soldiers up an unguarded trail leading up to the Heights. British General Brock led a surprise attack against Ressler but his troops were forced to retreat. More of US troops arrived ad Brock ordered a counterattack. However, Brock was killed in the assault his troops were pushed off by the Americans. Reinforcements led by Lieutenant Colonel Winfield Scott were sent to help Ressler and it appeared as if victory was on the side of the Americans. Van Ressler ordered the New York Militia to reinforce Scott, but they refused to cross over into Canada. With more British forces on the way, Ressler feared that Scott would not be able to hold the Heights and ordered him to withdraw promising that there would be boats on the beach waiting to take his men back across. When Scott’s men reached the river there were no boats to be seen. Before long, the British were pouring gunfire down on the Americans from the newly recaptured Heights. The stranded Americans had no choice but to surrender. Three hundred Americans were killed and 938 men, including Scott, were taken prisoner.



Today in History: Battle of Queenston Heights Bicentennial

October 13 marks the 200th anniversary of the Battle of Queenston Heights. This significant action of the War of 1812, fought some six miles downstream from Niagara Falls, was precipitated by an invasion of Upper Canada (Ontario) U.S. regulars and New York militia under the overall command of Major General Stephen Van Rensselaer. Queenston was the first major land battle of the War of 1812 and the second invasion to be turned back by the British regulars, militia, and Native American warriors defending Canada.

A watercolor view of Queenston and the heights (right), believed to have been painted about 1807 by George Heriot (1766-1844). Lewiston, N.Y. is across the river at left. Graphics Division.

The village of Queenston stood at the foot of the Niagara Escarpment (locally called Queenston Heights) across the Niagara River from Lewiston, N.Y. A natural landing place occurred at both places. Sailing vessels and boats from Lake Ontario were unloaded at Queenston, and their cargoes were carted over a portage road to Lake Erie thus bypassing the obstacle of Niagara Falls. Queenston was also a heavily used border crossing between New York state and Upper Canada.

Early in the morning of October 13 the first wave of U.S. troops began to cross the river from Lewiston intent on taking the British position in the village of Queenston. This effort was unsuccessful, but some of the Americans were able to scale the heights and capture a British battery. A counterattack led personally by General Isaac Brock, British commander and lieutenant governor of Upper Canada, resulted only in Brock’ s death. The Americans on the heights were isolated, however, and confusion, a shortage of boats, and the unwillingness of some militia units to cross the river to reinforce them effectively doomed those who had captured a foothold above Queenston.

Queenston and Lewiston as shown in a detail from John H. Eddy, Map of the Straights of Niagara . 。 。 (New York, 1813). Map Division, maps 4-N-29.

The British, now led by General Roger Sheaffe and reinforced by regular troops and Indian allies, counterattacked again and drove the Americans back to the edge of the river, where they found no boats to carry them to Lewiston. Colonel Winfield Scott, their commander, was forced to surrender. Nine hundred U.S. soldiers were taken prisoner and another 60 had been killed. British losses amounted to 105 killed and wounded. The invasion had been repulsed, but the loss of General Brock, victor of Detroit, was a blow to British morale.

The fighting at Queenston, as with most events of the War of 1812, is well documented in print, manuscripts, and imagery in the Clements collection.


Who won the battle of Queenston Heights in the War of 1812?

Click here to know more about it. Likewise, people ask, who won the battle of Queenston Heights 1812?

クィーンストンハイツの戦い
Date 13 October 1812 Location Queenston, Ontario43.16192°N 79.05049°W Result British victory
Belligerents
アメリカ United Kingdom Upper Canada
Commanders and leaders

Secondly, why was the battle of Queenston Heights so important? NS クィーンストンハイツの戦い (part of 1812 war)is important なぜなら それ led to the arrest of the American efforts to invade Canada.

Keeping this in view, how did the battle of Queenston Heights affect the War of 1812?

The first major 戦い の中に 1812年の戦争、 NS クィーンストンハイツの戦い was fought near the town of Queenston, Upper Canada and resulted in a British victory. NS 戦い itself resulted from an attempt by American forces to create a foothold in Canada around the Canadian side of the Niagara River.

What was the most important battle in the War of 1812?

いくつかの major battles that occurred during the 1812年の戦争 include the 戦い of Baltimore and the Siege of Fort McHenry, the 戦い of New Orleans, the 戦い of Lake Erie, and the 戦い of Plattsburgh. NS 戦い of Baltimore famously inspired the writing of the "Star Spangled Banner".


Today in History: Battle of Queenston Heights Bicentennial

October 13 marks the 200th anniversary of the Battle of Queenston Heights. This significant action of the War of 1812, fought some six miles downstream from Niagara Falls, was precipitated by an invasion of Upper Canada (Ontario) U.S. regulars and New York militia under the overall command of Major General Stephen Van Rensselaer. Queenston was the first major land battle of the War of 1812 and the second invasion to be turned back by the British regulars, militia, and Native American warriors defending Canada.

A watercolor view of Queenston and the heights (right), believed to have been painted about 1807 by George Heriot (1766-1844). Lewiston, N.Y. is across the river at left. Graphics Division.

The village of Queenston stood at the foot of the Niagara Escarpment (locally called Queenston Heights) across the Niagara River from Lewiston, N.Y. A natural landing place occurred at both places. Sailing vessels and boats from Lake Ontario were unloaded at Queenston, and their cargoes were carted over a portage road to Lake Erie thus bypassing the obstacle of Niagara Falls. Queenston was also a heavily used border crossing between New York state and Upper Canada.

Early in the morning of October 13 the first wave of U.S. troops began to cross the river from Lewiston intent on taking the British position in the village of Queenston. This effort was unsuccessful, but some of the Americans were able to scale the heights and capture a British battery. A counterattack led personally by General Isaac Brock, British commander and lieutenant governor of Upper Canada, resulted only in Brock’ s death. The Americans on the heights were isolated, however, and confusion, a shortage of boats, and the unwillingness of some militia units to cross the river to reinforce them effectively doomed those who had captured a foothold above Queenston.

Queenston and Lewiston as shown in a detail from John H. Eddy, Map of the Straights of Niagara . 。 。 (New York, 1813). Map Division, maps 4-N-29.

The British, now led by General Roger Sheaffe and reinforced by regular troops and Indian allies, counterattacked again and drove the Americans back to the edge of the river, where they found no boats to carry them to Lewiston. Colonel Winfield Scott, their commander, was forced to surrender. Nine hundred U.S. soldiers were taken prisoner and another 60 had been killed. British losses amounted to 105 killed and wounded. The invasion had been repulsed, but the loss of General Brock, victor of Detroit, was a blow to British morale.

The fighting at Queenston, as with most events of the War of 1812, is well documented in print, manuscripts, and imagery in the Clements collection.


An Inglorious War

It was on this day in 1812 that British forces led by General Sir Isaac Brock soundly and roundly defeated American regulars under General Stephen Van Rensselaer at the Battle of Queenston (Queenstown) in Ontario.

The loss was significant for the United States as it precluded any invasion or conquest of Canada. More than 1,000 U.S. regular troops were captured, killed, or wounded by the victorious British. (I emphasize the fact that the U.S. troops involved were regular Army because there was a sizable contingent of various state militia troops who declined to take part in the battle, preferring to remain on the U.S. side of the Niagara River while the regulars were slaughtered.)

This battle was not unique in the history of this little-remembered and and strange war U.S. ground forces were almost uniformly defeated when they engaged British troops throughout the conflict. Indeed, the only major land battle in which U.S. forces gained a notable victory was The Battle of New Orleans (8 January 1815) which was fought the peace treaty ending the war had been signed! (24 December 1814.)

This is not necessarily a criticism of the U.S. Army, though. At the time of this conflict Britain had what was perhaps the most well-trained and battle-hardened Army in the world. Other countries had bigger armies (France, Russia) and others had well-trained armies (Prussia, Sweden) but no other troops had such a combination of training and experience. Britain had been fighting Napoleon’s French Empire for more than a decade when it engaged the U.S. in war. The U.S. had no similar experience, and it had limited military resources.

At sea, the matter was dramatically reversed. Though Britain had the largest and most powerful navy in the world with 1,048 major warships in service around the globe, in battle after battle Yankee sailors bested British tars. These actions were nearly all single ship contests, though there were major fleet actions on Lake Erie (Oliver Perry’s famous “We have met the enemy and he is ours,”) and on Lake Champlain.


ビデオを見る: מרדכי בן דוד - אני מאמין (六月 2022).