ニュース

ロッシュクーボン城

ロッシュクーボン城


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ChâteaudelaRocheCourbonは、フランスのシャラントマリティム県にある初期の城から開発された15世紀の大きな城です。

城は、先史時代から人が住んでいた場所の湿地帯の真ん中にある岩の露頭に、ジェハン・デ・ラトゥールによって1475年頃に建てられました。 17世紀には、2世紀にわたって城を占領していたクールボン家が、城をより快適な住居に変えました。

フランス革命の間、侯爵は逃げなかったので、城は売られませんでした。彼の娘シャーロットはナポレオンの補佐官と結婚しましたが、維持費が非常に高かったため、その後の100年の間に城は放棄されました。

18世紀にはさらに多くの変更が加えられましたが、最終的に1817年に販売され、その後放棄されました。 1920年にシャトーとその庭園を修復したポールシェネローによって購入されました。

城は今でも彼の子孫が所有し、住んでいます。

城の内部には17世紀の装飾が施されています。特に、1662年の塗装された木製パネルと彫刻で覆われたバスルームがあります。

シャトーには jardinàlafrançaise、1936〜1939年に再建され、イタリアのギャラリーのあるテラス、記念碑的な階段、4つのコンパートメントと噴水、トピアリー、彫像のある花壇が特徴です。プロパティは、印象的な17世紀の建物であるポルトデリオンから入ります。堀の中には、古代の塔である砦があります。

庭園には、果樹園、フラワーガーデン、幾何学的な花壇、小さな湖(「ミラープール」)を囲む芝生があります。ブルーアント川は庭園を流れ、水の特徴を供給します。

敷地内には、ブルーアント川に近い森林地帯の砂岩の崖のふもとにある石器時代の洞窟住居がいくつかあります。遺跡からの先史時代の発見物は、砦博物館に保管されています。

シャトーは個人所有で、歴史的建造物に分類されています。この庭園は、フランス文化省によってフランスの注目すべき庭園の1つとしてリストされています。


ロッシュクーボン城

ロッシュクーボン城 シャラントマリティムにある初期の城から開発された大きな城です フランスの。サントとロシュフォールの間のサンポルシェールのコミューンにあります。シャトーは個人所有で、歴史的建造物に分類されています。この庭園は、フランス文化省によってフランスの注目すべき庭園の1つとしてリストされています。


41訪問する有名なフランスのシャトー

1.シュノンソー城

シュノンソー城は、16世紀にキャサリンブリソネットとその家族によってルネッサンス様式で建てられました。美しい城はロワール渓谷の中心部にあり、シェール川の壮大な景色を眺めることができます。

その美しさのために、カトリーヌ・ド・メディチ女王とディアーヌ・ド・ポワチエのような強力なフランス人女性の間でしばしば論争がありました。塔と砲塔のあるおとぎ話のような外観に加えて、城の内部も見事で、壮大なアートコレクションとルネッサンスの家具やタペストリーが収められています。

どこ: トゥレーヌ
いつ: 16世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

2.アゼイルリドー城

この12世紀の城は、シャルル7世によって中世に焼失し、激動の歴史を持っています。 1世紀の廃墟の後、アゼイルリドーは再建されましたが、その所有権がさまざまな王、騎士、貴族の間で頻繁に変更されたため、多くの怠慢に見舞われました。

城は19世紀の初めに現在の素晴らしさに達しました。インテリアには家具や装飾がありませんが、エクステリアは魅力的な構成になっています。敷地内には美しい幾何学式庭園もあります。

どこ: アゼ=ル=リドー
いつ: 12世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

3.ChâteaudeMontrésor

もともと中世の要塞であったモントレゾールは、美しいルネッサンス様式の邸宅に再建されましたが、フランス革命後は無視されました。この場所の現在の素晴らしさは、19世紀にこの土地を取得し、大規模に改装したポーランドの高貴な家族によるものです。

家族はまた、豊富なアートコレクションと年代物の家具を城に移しました。現在は歴史的建造物と見なされているモントレゾールは、その美しいロケーションとクラシックな建築に驚いています。城は、セントラルロワール渓谷として知られる地域のアンドロワ川の右岸にあります。

どこ: モントレゾール
いつ: 1493
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

4.ChâteauComtaldeCarcassonne

フランス南部に位置するChâteauComtaldeCarcassonneは、要塞化された中世の町、カルカソンヌの中心部にある丘の上に建つ魅力的な城です。

シャトーコムタルは、特にユネスコの世界遺産に登録されているため、歴史的な美しさとロマンチックな雰囲気を愛する人には必見です。オード川の景色を望む50以上の塔があり、城は物語の本からまっすぐです。

その場所のため、城はトゥールーズまたはモンペリエからの日帰り旅行として非常に魅力的です。

どこ: カルカソンヌ
いつ: 12世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

5.オーケニグスブール

もともとはアルザスの上の岩だらけの丘の中腹に建てられた12世紀の城でしたが、オーケニグスブール城は何世紀にもわたって多くの変容を遂げてきました。

現在の城の形は、アルザス地方がドイツに属していた20世紀初頭にドイツ皇帝カイザーヴィルヘルムの命令で開発されました。最近の改修は1990年代にさかのぼります。現在、城は鎧、武器、中世の遺物の広大な博物館です。

最も興味深い機能の1つは、訪問者に地域の素晴らしい景色を提供する望楼です。オーケニグスブールはストラスブールからの素晴らしい日帰り旅行の選択肢です。

どこ: アルザス
いつ: 12世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

6.ブルターニュ公爵城

最初のブルターニュ公爵城は13世紀に建てられましたが、2世紀後、現在の公爵城が代わりに建てられたときに取り壊されました。

城は、軍事要塞と公爵とその宮廷の住居の両方として機能することを目的として、ブルターニュ公フランソワ2世によって再建されました。ブルターニュがフランスに併合されたとき、城はその地域を訪れたときにフランスの王の公邸になりました。

城はまた、刑務所として使用され、火事により甚大な被害を受けたため、魅力的な時期はあまりありませんでした。しかし今日では、探検する価値のある豊かな歴史を持つ美しい美術館です。

どこ: ナント
いつ: 最初の公爵城は13世紀に建てられました。現在の建物に道を譲るために15世紀に取り壊されました。
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

7.シャトーダンボワーズ

ロワール渓谷として知られる見事な地域に位置するChâteaud’Amboiseは、アンボワーズの小さな町の中心部に何世紀にもわたって座ってきました。訪問者が今日目にする城は、丘の上に戦略的に建てられたかつてのローマの要塞の基礎の上に立っています。

その場所から、城はロワール川とその周辺地域を見下ろします。ルネッサンス様式とゴシック様式が融合した城は、中世のタペストリーや鎧、芸術作品、年代物の家具を見つけることができる美しく装飾されたインテリアを備えています。興味深いことに、シャルル8世が行った改修のデザインのいくつかは、レオナルドダヴィンチのものです。

どこ: アンボワーズ
いつ: 15世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

あなたは下記にもご興味がおありかもしれません:

8.ベナック城

ベナック城は、ペリゴールの崖の上に戦略的に建てられた、見事に保存された要塞です。岩から彫られた12世紀の要塞は、中世初期を垣間見ることができます。その壮大な高さから、ドルドーニュ渓谷とこの地域の他のすべての城の素晴らしい景色を眺めることができます。

どこ: ペリゴール
いつ: 12世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

9.カステルノー城

ドルドーニュ渓谷の素晴らしい景色を望むカステルノー城は、中世の要塞の美しい例です。岩だらけの丘の上に12世紀に建てられたこの城は、百年戦争中にイギリス人に捕らえられ、いくつかの変容を遂げました。

中世に重要な軍事的役割を果たした後、城はしばしばその所有者によって放棄され、それが劣化につながりました。壮大な改修により、かつての栄光を取り戻しました。現在は、中世の戦争博物館と、武器や鎧の膨大なコレクションがあります。

どこ: ドルドーニュ渓谷
いつ: 12世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

10.シャンボール城

世界で最も有名な城の1つであり、ロワール渓谷で最大の城であるシャンボール城は、フランスの歴史と遺産の典型的な部分です。フランソワ1世のために建てられたこの城は、オーラのようなおとぎ話に貢献する独特の特徴を備えたルネサンス様式の建造物の印象的な例です。現在ユネスコの世界遺産に登録されている城は、訪問者が自由に探索できる魅力的な美しい庭園に囲まれています。

どこ: ロアールエシェール
いつ: 1519
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

11.ロッシュクーボン城

ロッシュクーボン城は15世紀に建てられた要塞城で、17世紀に私邸として再設計されました。歴史的な森の中に位置する城には、敷地内に正式なフランス庭園もあります。

訪問者は、花壇、装飾用の池、美しい果樹園のあるテラスガーデンを見つけることができます。城の外には先史博物館もあります。森には興味深い先史時代の洞窟があります。 ChâteaudelaRocheCourbonは今でも私邸であり、内部へのアクセスはガイド付きツアーでのみ許可されています。

どこ: サンポルシェール
いつ: 15世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください

12.リパイユ城

リパイユ城は、ジュネーブ湖のほとりにある壮大な城です。 15世紀にサヴォイ公アマデウス8世の住居として最初に建てられたこの城は、次の世紀にカルトジオ会修道院に変わりました。 1892年に、フランスの実業家であり芸術愛好家であり、カントリーハウスとして使用したフレデリックエンゲルグロスによって購入されました。

このような豊かな歴史を持つシャトーデリパイユは、フランスの政治的および宗教的遺産の一部と見なされています。現在は個人の住居ですが、旧修道院、中世の遺物の大規模なコレクションを収容するアマデウスの部屋、テラスへの訪問を含むガイド付きツアーで城を訪れることができます。

どこ:ジュネーブ湖
いつ: 15世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

13.シャトードゥトゥール

14世紀に建てられたトゥールのシャトーロイヤルは、シャルル7世とマリーダンジューの結婚式の舞台となり、オルレアン包囲戦で勝利した後、ジャンヌダルクを迎えた後、フランスの歴史の本質的な部分となっています。

リヨン近郊のブルイイアペラションに位置するこの城には、数十ヘクタールのブドウ園があり、優れたワイン生産で有名です。美しく改装された見事な城とブドウの木に囲まれたロマンチックなロケーションは、多くの訪問者を魅了しています。

どこ: ブルイイの原産地
いつ: 14世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

14.シャトー・ド・ヴォー・ル・ヴィコント

ヴォー・ル・ヴィコント城の建設は1656年に始まり、ルイ14世によって監督されました。これにより、城はルイ14世スタイルの特徴を取り入れたフランス古典主義の最初の例となり、後にフランスで絶大な人気を博しました。

建物、インテリア、風景のデザインは、フランスで最も壮大な城を建てたいと考えていたルイ14世のビジョンに従いました。今日でも、城は最も美しいフランスの城の1つです。パリからわずか60kmの距離にあるため、日帰り旅行に最適です。

どこ: メンシー
いつ: 17世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

15.ミランド城

フランス南部のドルドーニュ地方に位置するミランド城は、ゴシック建築の見事な例です。

15世紀にまでさかのぼりますが、現在の栄光を獲得したのは1940年代で、有名な歌手兼ダンサーのジョセフィンベーカーが購入し、大家族の私邸になりました。

今日、城は歴史的建造物であり、訪問者は内部と美しい庭園の両方を探索することができます。

どこ: ドルドーニュ地方
いつ: 15世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください

16.ChâteaudeRoquetaillade

ボルドーにあるロケタイラードは、千年以上前にシャルルマーニュ大帝によって建てられた要塞に取って代わった有名な城です。

城は、ゴシックの専門家ウジェーヌ・ヴィオレ・ル・デュクの監督の下、19世紀に大幅な修復が行われました。 700年以上の私邸であるこの城は、同じ家族がまだそこに住んでいるにもかかわらず、1956年以来一般に公開されています。

どこ: ボルドー近郊のマゼール
いつ: 18世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

17.モンサンミッシェル

技術的には城ではありませんが、モンサンミッシェルはフランスで最も壮観な名所の1つです。城のように見えますが、サンミッシェルは8世紀の修道院の周りに建てられた要塞都市です。

ノルマンディーの海岸の高い丘の中腹にあるサンミッシェルは、潮が来ると島になり、ボート以外のすべてのアクセスができなくなります。修道院の複合施設に加えて、サンミッシェルの敷地には、魅力的な庭園、見事なパノラマの景色、史跡、アーティストスタジオがあります。

どこ: アブランシュの近く
いつ: 13世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

18.シャンティイ城

パリの近くにあるシャンティイ城は、手入れの行き届いた芝生、湖、運河、森に囲まれた壮大な城です。このような素晴らしい環境に囲まれたこの城には、フランスで最も優れた美術品のコレクションなど、他にもたくさんの魅力があります。

現在フランス研究所の一部であるこの城は、何十年もの間、情熱的な芸術愛好家であるデュークオーマレが所有していました。彼は、城に残ることを条件にコレクションを寄贈しました。

豊かなインテリアに加えて、城の敷地も探索する価値があります。庭園は、中国語から英語まで、それぞれ特定のテーマで慎重に手入れされています。

どこ: シャンティイ、(パリの北約50キロ)
いつ: 1560
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

19.ショーモンシュルロワール

ロワール渓谷にあるショーモンシュルロワール城は、この地域で最も訪問者の多い城の1つです。早くも10世紀に設立されたこの城は、アンボワーズ家の所有となり、500年以上にわたってアンボワーズの子孫の家族の住居として機能し続けました。

アンボワーズ家を彼に対抗したことで罰したかったルイ11世によって取り壊された城は、1468年から1566年の間にアンボワーズの別の子孫によって再建されました。それ以降、ルネッサンス様式の城は変更されず、19世紀に内部が追加されました。 。今日、城はイベントや展示会を主催する保護された歴史的建造物です。

どこ: ロワール渓谷
いつ: 10世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

20.フラウゲルゲス城

フランス南部、モンペリエと地中海沿岸に近いFlaugerguesは、印象的なインテリアの魅力的な城です。城の外観は他のフランスの城ほど壮大で印象的ではありませんが、アンティークの家具やタペストリーを備えた美しい客室があります。

さらに、英国式庭園は、城の美しい自然と興味深い建築物をリラックスして鑑賞するのに最適な場所です。城の敷地内には、ワインテイスティングセラーがあります。

どこ: モンペリエの近く
いつ: 1696
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

21.ランジェ城

現在のランジェ城は、イギリスとフランスの間の百年戦争中に以前のバージョンが破壊された後、15世紀後半にまでさかのぼります。再建後、城は他のいくつかの変更を受けました。

ランジェの最も魅力的な特徴は、そのインテリアを飾るオリジナルの中世の家具とタペストリーの驚くべきコレクションです。城の敷地内では、スタッフが中世のゲームや剣遊びを再現します。ロワール渓谷の他の城よりも忙しくないランジェは、近くにある人気のある城の魅力的な代替手段です。

どこ: Place Pierre de Brosse、ランジェ
いつ: 1465年から1469年の間
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

22.ガイヤール城

セーヌ川の景色を望む美しい環境に位置するChâteauGaillardは、ノルマンディーで最も美しい場所の1つです。リチャードライオンハートによって12世紀の終わりに建てられたこの城は、1599年にフランス国王ヘンリー4世の命令で取り壊される前に、イギリスからフランスへ、そして何度か戻ってきました。

幸いなことに、解体は厚い壁に影響を与えず、城の廃墟は何世紀にもわたって印象的な光景であり続けました。訪問者は一年中遺跡を探索できますが、王の部屋は3月から11月までのハイシーズン中にのみアクセスできます。

どこ: レザンドリ
いつ: 12世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

23.シャトーフォンテーヌブロー

パリからわずか55kmの距離にあるフォンテーヌブローは、最も訪問者の多いフランスの城の1つです。フランス国王ルイ7世の狩猟用の邸宅として使用するために、12世紀に元の城がその場所に建てられました。

何世紀にもわたって、王室の人物が城を拡大して装飾し、最大かつ最も壮大なフランスの城の1つに変身させました。古典主義とルネッサンス様式が融合したこの城は、豪華なインテリアと大きくてユニークな庭園で有名です。

どこ: フォンテーヌブロー
いつ: 最初の建物は1528年から1540年の間に建設されました
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

24.シャトードゥリスレット

Châteaudel’Isletteは、アンドル川の小さな島にあるため、フランスで最もユニークな城の1つであり、その名前も付けられています。l’Isletteは、実際にはフランス語で「小さな島」を意味します。 1526年から1530年の間に建てられたこの城は、フランス革命まで、いくつかの高貴な家族や重要な政治家によって所有されていました。

しかし、19世紀の終わりには、シャトードゥリスレットは有名な彫刻家オーギュストロダンとカミーユクローデルのお気に入りの隠れ家になりました。現在、城はミショー家に属しており、復元して個人の住居として使用しています。

どこ: アゼイルリドーの西2キロ
いつ: 1526 – 1530
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

25.ヴァンセンヌ城

パリで最も興味深い名所の1つであるヴァンセンヌ城は、14世紀にフランスの首都ヴァンセンヌ郊外に建てられました。当初はルイ7世の狩猟家でしたが、後に城が開発され、王宮として強化されました。

それは何世紀にもわたってフランス王室の隠れ家の場所として機能しましたが、ナポレオン3世は1860年にパリの自治体に城を寄付することを決定しました。今日、この地所は公共の公園になっています。敷地内には城と16世紀の王室礼拝堂の両方を訪れることができます。

どこ: アベニュードパリ、ヴァンセンヌ
いつ: 14世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

26.シャトー・ド・サリー

ChâteaudeSullyは、城に満ちたロワール渓谷のもう1つの印象的な光景です。 14世紀の終わりに建てられたサリーは、ユネスコの世界遺産に登録されている巨大な中世の要塞です。

16世紀、この歴史的建造物は、最初のサリー公爵であるマクシミリアンデベトゥーンが所有していました。マクシミリアンデベトゥーンは、要塞をより洗練された邸宅に発展させ、重要な機能を追加し、公園を作りました。

ルイ14世、作家で哲学者のヴォルテールなど、多くの重要なフランスの政治的および歴史的人物が城に立ち寄りました。興味深い歴史に加えて、城には年代物の家具、中世のタペストリー、芸術作品で満たされた見事なアパートメントがあります。

どこ: RueduChâteau、シュリー
いつ: 14世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

27.ジュー要塞

もともとは11世紀に建てられた木造建築物でしたが、ジュー要塞は3世紀後に徐々に強力な要塞群に拡張されました。 17世紀から19世紀まで、城は刑務所として機能していました。

訪問者は今日、武器、弾薬、戦争の道具、および他の軍事工芸品の大規模なコレクションを収容する印象的な構造を見つけることができます。いくつかのアートギャラリーも敷地内で機能しています。

どこ: ラ・クリューズ・エ・ミジュー
いつ: 11世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

28.教皇庁

教皇庁はヨーロッパで最大のゴシック建築であり、中世からの最も重要な建造物の1つです。当初、1252年に建設が開始された修道院でしたが、ローマでの反乱の後、1309年にパパシーの本拠地として選ばれました。

すぐに、パレはヨーロッパのキリスト教の主要な中心地の1つになりました。毎年50万人以上の訪問者を魅了しているパレは、フランスで最も観光地の1つに含まれています。宮殿はプロヴァンスのアヴィニョンの町にあります。

どこ: アヴィニョン
いつ: 14世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

29.ヴィランドリー城

他の多くの印象的な城の近くのロワール渓谷に位置するヴィランドリー城は、ルネッサンス時代にまでさかのぼる最後の壮大な城です。美しく手入れされた庭園によって強調された落ち着いた建築で、ヴィランドリー城は絶妙な光景です。

城の歴史は、フランスのフィリップ2世とイギリスのリチャード1世の間で和平協定が結ばれた14世紀に始まります。 17世紀に、城は要塞に拡張されました。

今日、ほとんどの訪問者は、中世の文書に基づいて20世紀に復元された、ユニークなテーマの4つのテラスを覆うヴィランドリー城の素晴らしい庭園に魅了されています。

どこ: 3ヴィランドリー城、プリンシパル通り
いつ: 16世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

30.サルス要塞

サルス要塞は、軍事前哨基地として機能することを目的として建てられたため、フランスの城の中でもユニークです。 15世紀後半からの巨大な要塞で、その建設はカタロニアの君主によって命じられました。

現在フランスのピレネー山脈の一部であるフランスとカタルーニャの間の地域に位置するこの城は、厄介な歴史を持っていましたが、繰り返し包囲された後、その戦略的重要性を失いました。 1642年以来、それはフランスに属しています。

どこ: Salses-le-Château
いつ: 15世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

31.シュヴェルニー城

シュヴェルニー城は、ロワール渓谷にある多くのフランスの城の1つです。 14世紀に建てられたこの城は、それ以来同じ家族に属しています。インテリアは17世紀と18世紀に改装され、豪華なアパートメントは訪問に開放されています。

城の敷地内には、英国式庭園を走る観光列車や、ボートを借りることができる大きな池があります。

どこ: シュヴェルニー
いつ: 14世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください

32.アンジェ城

また、有名なロワール渓谷にあるアンジェ城は、アンジェ伯爵の住居として1000年以上前に建てられました。今日、城には、14世紀後半にさかのぼる黙示録のタペストリーを含む、中世の芸術とタペストリーの重要なコレクションがあります。

内部は印象的ですが、城の外部は他の中世初期の城のようにルネサンス期には装飾されていません。しかし、アンジェ城は重要な歴史的時代の洗練された証言です。

どこ: 2プロムナードデュバウトデュモンド、アンガーズ
いつ: その建設は9世紀に始まり、13世紀に現在のサイズに拡大されました。
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

33.トゥール・ド・メルル

大規模な城の複合施設の遺跡であるトゥールデメルルは、中央高地の脇にあります。 12世紀に建てられたメルルには、14世紀の開発のピーク時に、実際には7つの城と2つの礼拝堂が含まれていました。

百年戦争中のいくつかの包囲により廃墟となったものの、封建制度はその壮大さの一部を保持しており、現在は歴史的建造物としてリストされています。遺跡は大きな森の中心にあります。夏の間は、中世をテーマにしたアクティビティが好奇心旺盛な訪問者を待っています。

どこ: サンジュニエゾメルル
いつ: 12世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

34.シャトー・ド・ボナギル

ボナギル城は17世紀初頭の要塞構造で、現在はほとんどが廃墟となっています。サン・フロン・シュル・レマンスに位置するこの城は、かつては強固な防御システムを備えた壮大な封建時代の城でした。

城にたどり着くには、訪問者は丘の中腹にある一連の急な階段をたどる必要があります。しかし、城の敷地には芸術作品やさまざまな中世のオブジェなどの興味深いアトラクションが含まれているため、登る価値はあります。

どこ: サン=フロン=シュル=レマンス
いつ: 17世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

35.ヴェルサイユ宮殿

間違いなくフランスとヨーロッパで最高の城の1つであるヴェルサイユ宮殿は、比類のない豪華さを備えた並外れた城です。ルイ13世によって1631年に建てられたヴェルサイユは、何世紀にもわたってフランスの権力の座でした。

今日、宮殿はフランスの歴史の中で最も重要なイベントを紹介する博物館です。 2,300の豪華な客室、広大な庭園、大運河を備えたベルサイユには、毎年何百万人もの訪問者が訪れます。ヴェルサイユの最も印象的な部分は、350枚の鏡で作られた鏡の間です。

どこ: ヴェルサイユ
いつ: 1631
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

ヴェルサイユ宮殿へのスキップラインチケットを購入するには、ここをクリックしてください (パリからの送迎付きのオプションもあります)

36.シャトーダヌシー

Châteaud’Annecyは、南フランスのアヌシー湖のほとりにある小さな町、アヌシーの中心部にある豪華な城です。他の多くの重要な中世の建造物に囲まれたこの城は、13世紀に建てられ、16世紀に現在の形に拡張されました。

かつてジュネーブ伯爵や他の高貴な家族が住んでいたこの城は、1953年に博物館に改築されました。その最大のコレクションは、絵画や彫刻に焦点を当てています。城の最も魅力的な点の1つは、アヌシー湖と周辺の山々の景色を望む丘の上にあることです。

どこ: 1PlaceduChâteau、アヌシー
いつ: 13世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

37.ヴェルトゥイユ城

ヴェルトゥイユ城は、ラロシュフーカウルド家の私邸として1080年に建てられ、同じ家が1千年弱所有しています。

シャラント川のほとりにある小さな村ヴェルトゥイユにあるこの城は、何世紀にもわたって多くの被害を受け、破壊と再建が繰り返されました。

これにより、スタイルと機能が混在し、ヴェルトゥイユ城はユニークで興味深い光景になりました。個人所有のため、城はガイド付きツアーでのみ訪れることができます。礼拝堂、中庭、庭園を訪れることができます。

どこ: ヴェルトゥイユシュルシャラント
いつ: 1080にまでさかのぼり、その後大幅に再構築されました
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

38.ヴァル城

ヴァル城は、フランス中部で最も美しい城の1つです。 13世紀に建てられ、古くから保存されています。人造湖の半島という素晴らしいロケーションにあるこの城のユニークな環境だけが注目を集めているわけではありません。

訪問者は、帆船や敷地内のビーチの景色を楽しむことができます。城の内部も見事な眺望です。城の敷地内には、大人と子供の両方が利用できる無料のアクティビティやエンターテイメントがよくあります。

どこ: レフォンティーユ、ラノブル
いつ: 1514–1522
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

39.ロカマドゥール

長さ120メートルの崖に建てられ、大きな峡谷の高いところにあるロカマドゥールは、間違いなくフランスで最も美しい場所の1つです。実際、ロカマドゥールは要塞化された建造物の中にある小さな村です。

長く魅力的な歴史を持つこの場所は、聖アマドールの遺物が収められていたために崇拝の場として知られていた12世紀には早くも巡礼者を魅了していました。

同じく最も高いロカマドゥールの中央セクションには、中世の城の城壁とともに、岩に刻まれた8つの教会と礼拝堂の複合体が含まれています。

どこ: ロカマドゥール
いつ: 14世紀

40.ピエールフォン城

ピエールフォン城は、パリ近郊のコンピエーニュの森の端にある美しい城です。 12世紀に建てられたこの城は、軍事要塞として意図されており、このタイプの防衛構造に見られる最も印象的な建築物のいくつかを備えています。

1617年に包囲されたこの城は、19世紀にナポレオンの私邸として使用され、栄光を取り戻しました。しばらく放置されていましたが、何世紀にもわたって多くの所有者の好みに応じて、城はスタイルの組み合わせを含む元のデザインに大きな関心を持って復元されました。

どこ: Rue Viollet le Duc、ピエールフォン
いつ: 1393-1407
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

41.ヴィトレ城

ヴィトレ城の長い歴史は、城が巨大な石の要塞として建てられた11世紀に始まります。 15世紀に壮大な塔と跳ね橋で拡張され、新たに追加されたため、高貴な子孫の所有者の住居になりました。

何世紀にもわたって、城は重要な歴史的出来事の重要な設定であり、結果として包囲と攻撃による被害を受けました。 19世紀の初めに、それはVitreの町によって購入され、市庁舎に変わりました。博物館も同じ場所で機能します。

どこ: ビトレ
いつ: 11世紀
訪問のために開いています: はい、詳細についてはこちらを確認してください。

それぞれがユニークで興味をそそる歴史を持つこのように幅広い見事な城があるフランスは、ロマンス、歴史、そして美しさが融合する環境を探している人にとっての楽園です。フランスの城を訪れたい場合は、私たちのリストから、おとぎ話のような場所のビジョンに最適な城を見つけることができます。


新しい独占使用契約

Bel-Air Gitesから車で45分以内のところに、とても美しいロッシュクーボン城があります。 15世紀に建てられたシャトーは、元の11世紀の要塞と先史時代の遺跡の上に立っています。ヴェルサイユ宮殿の前に作られた見事な幾何学式庭園は、ここで行われる結婚式に素晴らしい環境を作り出します。長い間、シャトーは「眠れる森の美女の城」として知られてきました。ディズニーの城はこのシャトーのデザインと写真に基づいていると言う人さえいます。今年後半に一般公開されるときは、すべての年齢層向けのエキサイティングな新しいアクティビティをご覧ください。ガイド付きツアー、屋内と屋外のゲーム、先史時代の洞窟、そして時折の再現で、それは私たちのゲストのお気に入りになるはずです。

新しい活動

2021年4月にオープンするキャッスルゲームは、3つの異なる脱出ルームで開催されます。これらは&#8216等身大のアクションパズルゲーム&#8217で、鍵のかかった部屋から60分で脱出できます。 (心配しないでください。誰かがパニックになったり動揺したりして立ち去る必要がある場合に備えて、部屋はCCTVによって監視されます)。 The games have been exclusively designed for La Roche-Courbon, and all the themes are based around the castle’s history. Your team’s mission is to solve the different puzzles, find codes, and look for hiding places. So there’s no physical effort involved – just brain power! Outside, the younger children (6+ years) can take part in the new Ladybug Adventure. Solving puzzles to find a hidden chest, and rescuing a colony of trapped ladybirds.

Book online

Access to the chateau, and some of the games, is limited so check the availability and age groups before you go. Tickets allow access to the gardens, ancient games, exhibitions and the ‘PrehistoZen trail’. Guided tours of the chateau (in English & French) are an additional charge.

Back to Bel-Air Gites

Get back to your ‘home-from-home’ holiday gite after an exciting day out, and our large outdoor pool will be tempting you to take a cool dip. Chill out by the pool, or relax with a cold drink on your private patio before lighting up the BBQ. It’s your holiday, so it’s your choice. No strict hotel meal-times. No stressing out trying to find a table. Just total relaxation, and lots of wonderful family holiday memories made at Bel-Air Gites, in the Charente-Maritime.また近いうちにお会いしましょう。


Château de la Roche-Courbon

You wouldn’t believe how many fairly-tale castles there are in France. They’re almost as common as rest stops on an average US highway. Ok, that’s an exaggeration, but I’m fairly certain you could find at least one within 20 miles of wherever you happen to be in France.

I had the chance to explore the Château de la Roche-Courbon recently, and although it’s certainly not the most famous or well known château in France (those titles are reserved for the huge castles of the famous Loire valley), it was magical nonetheless, with a dry moat, sculpted gardens and rounded turrets.

You can visit the castle year round, except for when the current owner is living there 15 days out of the year. Can you imagine being able to say “Farewell, I’m off to my castle for the summer!” It must cost a fortune to maintain a property like this!

Unfortunately, I was not allowed to take photos of the interior, but it was gorgeous. You can see some images of the inside on their website here. The photographer within me was dying because there were so many amazing things catching my eye – giant copper pots and pans, original 17th century painted ceiling beams, an amazing trunk that opened up into drawers (the precursor to the modern dresser), and a fireplace that was taller than me, equipped with an innovative weighted crank system that turned a pig on the rotisserie, so the servants wouldn’t have to turn the rotisserie themselves for hours on end, and suffer from heat stroke as a result. This place is a legitimate castle with all the bells and whistles.

The castle was originally built for defensive purposes only around the year 1475 in anticipation of an English assault, but the conflict ended before it was finished. It was a defensive fort that no longer had a purpose, so in the 17th century, a guy named Jean-Louis de Courbon renovated it into a habitable, comfortable space to live in. At the time of the renovation, it was already over 100 years old, and now it’s over 500 years old… that blows my mind.

Mr. Courbon outfitted one of the round towers with painted wooden paneling – every wall and the entire ceiling painted in mythological scenes. I asked our guide how much of it had been restored and she said it barely needed any cleaning because it had been preserved so well! Some of the most interesting features of the castle were in this tower room. First of all, there was a secret passage behind one of the wood panels that led down to the basement/dungeons (SO COOL), and secondly, there was a bathtub carved into a stone wall behind the wood panels. Now, why on earth would there be a bathtub in someone’s study? What’s more, the bathtub was set within an archway covered in paintings from the Passion of the Christ, a theme in direct conflict with the Greek and Roman mythological stories on the surrounding panels in the rest of the room. Either it was a baptismal OR whoever carved out the bathtub was a real prude and had to be reminded of God while he/she was naked in the tub. You’re especially prone to sinful lusts of the flesh when you’re naked, after all. Our guide presented it as a complete mystery, apparently nobody has any idea why there was a bathtub in the study.

We didn’t have too much time to explore the gardens but we learned something fascinating about them. Part of the gardens are literally supported by stilts because the earth underneath is so unstable and constantly changing. This region is known for its salt marshes and water-logged earth, so they had to find a way to prevent the landscaping from sinking over the years. It took many, many years, but they eventually installed a series of very long metal poles in the ground that are firmly planted on the bedrock below. How insane is that?

On our way out, we asked the employee in the gift shop how much it would cost to rent this place out as a wedding venue, just because we were curious (I’m not planning a wedding anytime soon). He told is it’s only like 4,000 euros and includes some things like furniture and drinks, which isn’t bad considering it’s a freakin’ castle! I’ve heard of much less exciting venues in the US going for way more.

If you’re planning to come to this château, you’ll need a car. We picked up our rental car from a company just outside of the main train station in La Rochelle.


I’ve always been endlessly fascinated with the history of Europe and the physical structures that years of tyranny, war and monarchies left behind.

Throughout Europe, visitors enjoy the presence of hundreds of beautiful, old castles. Some left to ruins, some renovated into an alternate form of space, and others preserved as they are to live on as the opulent housing they were intended to be.

When visiting Paris it is easy to get swallowed into the tourism bubble and just focus on the two most well known castles just an hour out of the city centre. The castles of Versailles and Fontainebleau are two of the most beautiful architectural wonders that you’ll likely see in your life — but they are not all there is to see in France.

Château de Versailles – by Nono vlf – Wikimedia Commons

Throughout France there are castles fit for royalty. Some of which you’ll recognize from establishing shots of Hollywood blockbusters — many of them not too far from Paris.

There are a total of 5450 castles scattered around the country. Near impossible to see them all but worth a shot to see at least one or two! Here are ten of the most beautiful overlooked French castles near Paris:

1. Mont Saint-Michel near Paris

The region of Normandy is littered with castles and makes for the most incredible day trip out of Paris. By purchasing a roundtrip bus ticket destines for Mont Saint-Michel you can head out of almost all Paris bus stations to get here.

Mont Saint-Michel is a vision. As you approach the grand “castle” you’ll likely start seeing it in a completely different light. This is because Mont Saint-Michel isn’t actually solely a castle per say, it’s and old walled city built around an 8th century abbey that makes for a castle-like appearance.

Mont Saint-Michel – by Nicolas Raymond – Wikimedia Commons

Exploring this bit of Normandy is fascinating. Inside of Mont Saint-Michel you’ll be able to wind through the narrow streets and take a series of guided walking tours . When the nearby tide comes in, the city becomes an island that is only accessible by boat — incredible! You can go on your own or you can join a very popular day trip with a professional guide.

One of the most understated day trips to be had outside of Paris make a note not to miss this one when you’re in town.

2. Château de Chantilly near Paris

Another wonderful day trip option just 40km north of Paris is the Château de Chantilly a landmark comprised of not one, but two castles.

In the 15th century the area saw the founding of the Petit Château. Centuries later, in the 19th, the Grand Château came to be.

The castles share a vast piece of land surrounded by lakes, ponds, villages and formal gardens. It is French countryside at its finest and one of the best escapes out of Paris when one needs a place to calm the mind.

Château de Chantilly – by Pierre Poschadel – Wikimedia Commons

On the land visitors will also find Chantilly Racecourse, the Great Stables and the Condé Museum. On certain days there are shows and events held between the racecourse and the stables.

The Condé Musume is an impressive attraction on its own. It happens to hold one of the largest collections of French painting after the Louvre Museum back in Paris.

3. Château de Chambord near Paris

For our next castle we come to the lands of Loire Valley, 15 km northeast of Blois, France.

The Château de Chambord was built during the 16th century and is the largest castle in the whole valley. The castle was built 5km from the main river and boasts an impressive moat around the property that makes for a great tourist photograph when in its presence.

Château de Chambord – by Thomas Steiner – Wikimedia Commons

The castle is a Renaissance- style dream. It is said that much of the influence for the aesthetic of this castle was taken from Leonardo da Vinci and the works he had produced across Europe.

The castle is open to visitors year round and runs off of a museum style system. I recommend using one of the audio-assistants so that you get an encompassing history of the space as you move through it. You can also join a day's round trip from Paris to visit 3 Loire Valleys Castle, first stop being le Chateau de Chambord.

4. Roquetaillade near Paris

During your time in Paris you’ll likely become increasingly familiar with the Bordeaux wines that the city holds so near and dear to its heart. A plate of French cheese and glass of fine Bordeaux — doesn’t get much more authentic than that.

The Roquetaillade is the most well known castle in the Bordeaux region of France. The foundations of the castle were first laid down over 1200 years ago.

Roquetaillade – by Mcdanimr – Wikimedia Commons

In the 19th century, the castle was fully renovated and then in 1956 it was made open to public viewing due to popular demand. Interestingly enough the castle is still owned by the same family who has owned it for the last 700 years — with no intent of giving it up any time soon.

Take note that Roquetaillade is only open for public viewing on Sundays between 2:30pm and 5pm. Limited little time window but a once in a lifetime experience nonetheless.

5. Carcassonne near Paris

You’ll visit Carcassone to see both the castle (tickets available online) and the town. This is a Medieval gem in the heart of France that holds history better than most vicinities of this age range.

In the early 13th century, this area played a key role in the Albigensian Crusade that took place in the Languedoc region. The town was known for being the most tolerant when it came to religious diversity in the country, and this caused it to fall under attack of the crusader army by order of the pope.

Carcassone also holds an interesting position geographically. It is the central point between France and Spain, and as a result underwent years of neglect due to the extended peace between the two countries.

It was restored and refurbished in the 19th century and is open to the public to this day. A beautiful little town at the top of a hill, resembling something out a children’s fairytale book.

6. Château de Cheverny near Paris

While the Château de Cheverny will simply never compete with the likes of Versailles or Fontainbleau, I still believe this to be one of the most overlooked and necessary castles near Paris.

The word ‘castle’ is used here loosely. The chateau is more of a grand, 17th century country mansion with exquisite grounds and attention to detail around every corner.

Château de Cheverny – by Manfred Heyde – Wikimedia Commons

If you’re a comic lover, you may recognize this building from the famous range of Tintin comics by Hergé. It is said that the artist used Château de Cheverny as a life-size inspiration to draw Marlinspike Hall.

While this castle is no showstopper, it is light, subtle and exquisite in its own way.

Small castles in France have this stigma of simply being the sensationalized mansions of the French elite — with no significant history or relevance to offer. When you consider the history of Bloise, France (where the castle is found) you’ll understand why this structure is still so impressive to this day.

The Château de Cheverny is open for visitation year round, seven days a week.

7. Château de Joux near Paris

The Château de Joux was first erected aback in the 11th century and was a castle made entirely out of wood which at the time wasn’t so astounding.

The design of the castle is what makes it so interesting. It is a multi-faceted space built up and around the rolling hills that make up the land mass. For this reason, there are a number of interesting grass spaces all around the exterior some of which appear totally inaccessible or out of bounds.

Château de Joux – by Adrian Michael – Wikimedia Commons

Later in 1454, the wooden castle was expanded into a boarder fort and was then used as a prison throughout the 17th and 19th centuries. The castle’s claim to fame being that it once held the leader of the Haitian Revolution, Toussaint Louverture, as an inmate.

Considering that this revolution happens to have been the only successful salve revolt in history, the castle stays on the map in France. Today it houses a wonderful arms museum that centers around the ideals of war and the instruments that have been preserved through time.

The space is only open to visitors on Mondays.

8. Château de la Roche Courbon near Paris

Our next castle calls the west of France home, in a region known as Poitou-Charentes.

The Château de la Roche Courbon is today one of the most important, preserved medieval castles in France, however this was not always the case. The castle itself suffered rough decay and mistreatment as the centuries turned through France, with no one ever taking the time to restore it.

It wasn’t until the late 19th century that France identified these grounds as some of the most important to this history of the time and put some change in order.

Château de la Roche Courbon – by Groumfy69 – Wikimedia Commons

Today, visitors to the Château de la Roche Courbon enjoy a series of curated events and activities year round. The one to attend is undoubtably the fête médiévale. As the name suggests, the fête médiévale is a festival celebrating all things Medieval from drinks, to food and even games.

The castle is currently inhabited by the family of Paul Chénereau, the man who is responsible for saving the castle from its demise back in the day. Visitors are welcome to the space at set times throughout the week. There is also a museum on the property that is entirely free to enjoy.

9。 Château des Milandes near Paris

South west of France, in the Dordogne area, the Château des Milandes is one of the countries best kept secrets.

This is a gothic style castle and it is incredibly beautiful. The region of Dorgodne is known for being the source of honeycomb stone. The castle itself was built from this rock entirely.

The castle itself dates back to 1400, but the date that most people associate to it would be the 1940s. This was the time when the property came under ownership of the renowned dancer and singer Josephine Baker.

Château des Milandes – by Koalina23 – Wikimedia Commons

The performer lived here with her 12 adopted children from around the world. The castle pays homage to this and upon visiting you’ll learn about the life they enjoyed here as well as her role in the resistance of World War II.

While the castle is exquisite, the gardens are what you’ll write home about. They are actually listed as an official historic monument in France. This is thanks to a man named Jules Vacherot who took the grounds under his wing in the 1900s. Jules Vacherot was the head gardener for the city of Paris for many years.

10。 Château de la Belle au Bois Dormant near Paris

Depending on the age of your travel companions, a day trip from Paris into Disneyland may be one the itinerary. While you’re here, why not explore probably the most overlooked castle in all the land?

Sleeping Beauty’s castle can be found right at the bottom of Main Road once inside of the park. Regardless of its intention, it is a wonder to behold and an impressive structure reaching a height of 167ft.

Château de la Belle au Bois Dormant – by Disneyland Paris – Sourced from their website

This is the only castle in the park to feature a full dungeon space as well as stained glass windows. As you walk through the space, make your way up to the balcony terrace where you can enjoy a magnificent view of the rest of the park and the landscape adjacent to it.

What’s Paris without a bit of a fairytale ending, right?

  1. The best travel book : Rick Steves – Paris 2020– Learn more here
  2. Lonely Planet Paris 2020 – Learn more here

Travel Gear

  1. Venture Pal Lightweight Backpack – Learn more here
  2. Samsonite Winfield 2 28″ Luggage – Learn more here
  3. Swig Savvy’s Stainless Steel Insulated Water Bottle – Learn more here

Check Amazon’s best-seller list for the most popular travel accessories. We sometimes read this list just to find out what new travel products people are buying.

Natalie

Natalie is a film photographer and can analyse anyone based on their astrology. She enjoys roaming the streets of Paris by foot, and is inspired by the city’s timeless, Bohemian flair and the soul in districts such as Le Marais and Menilmontant.


Touring Les Essards in France

Les Essards in the region of Poitou-Charentes with its 530 citizens is a city located in France - some 257 mi or ( 413 km ) South-West of Paris , the country's capital city .

Time in Les Essards is now 09:04 PM (Wednesday) . The local timezone is named " Europe/Paris " with a UTC offset of 1 hours. Depending on your travel resources, these more prominent places might be interesting for you: Varzay, Trizay, Tonnay-Charente, Thenac, and Saint-Sulpice-dɺrnoult. Being here already, consider visiting Varzay . We collected some hobby film on the internet . Scroll down to see the most favourite one or select the video collection in the navigation. Check out our recomendations for Les Essards ? We have collected some references on our attractions page.

ビデオ

Jardins du Château de la Roche-Courbon

1:11 min by Guizmoo51
Views: 540 Rating: 5.00

Gite des Roses Trémières - Ferme dɺnecuit - France - Poitou Charente Maritime - Soulignonnes

0:59 min by TBRikTube
Views: 302 Rating: 0.00

Plus d'Informations : www.anecuit.fr Vidéo Réalisée par www.tb-rik.com La Chaine tb-rik www.youtube.com Au coeur de la Saintonge Romane, à Soulignonnes, dans le département de la Charente-Maritime, "L ..

Gite des Tournesols - Ferme dɺnecuit - France - Poitou Charente - Charente Maritime - Soulignonnes

0:54 min by TBRikTube
Views: 302 Rating: 0.00

Plus d'Informations : www.anecuit.fr Vidéo Réalisée par www.tb-rik.com La Chaine tb-rik www.youtube.com Au coeur de la Saintonge Romane, à Soulignonnes, dans le département de la Charente-Maritime, "L ..

Rides

3:48 min by itangkim
Views: 301 Rating: 0.00

Videos provided by Youtube are under the copyright of their owners.

Interesting facts about this location

Château de la Roche Courbon

Château de la Roche Courbon is a large château, developed from an earlier castle, in the Charente-Maritime département of France. It is in the commune of Saint-Porchaire between Saintes and Rochefort. Its name is just as frequently written Château de la Rochecourbon. The château is privately owned, and classified as an historic monument. The garden is listed by the French Ministry of Culture as one of the Notable Gardens of France.

Château de Taillebourg

The Château de Taillebourg is a ruined castle from the medieval era. It is built on a rocky outcrop, overlooking the village of Taillebourg and the valley of the Charente River, in the Charente-Maritime department of France. It commanded a very strategic position and was therefore the focus of much conflict throughout the medieval era. It featured in several episodes of the Hundred Years' War and the Saintonge War before that.

Saintonge

Saintonge is a small region and historical province on the Atlantic coast of France within the département Charente-Maritime, west and south of Charente in the administrative region of Poitou-Charentes. It derives its name from the ancient Gallic tribe of the Santones who lived in this area, around the current city of Saintes. The Saintonge was the center of the French Huguenots.

Mediolanum Santonum

Mediolanum Santonum was a Roman town of southwestern Gaul, now Saintes. It was founded in about 20 BC in connection with an expansion of the network of Roman roads serving Burdigala. The name means "the central town of the Santones", the tribe that then inhabited the area the town became an important center in the Roman province of Aquitania.

Saintes Cathedral

Saintes Cathedral (Cathédrale Saint-Pierre de Saintes) is a former Roman Catholic cathedral, and a national monument of France, in Saintes. It was formerly the seat of the Bishop of Saintes, abolished under the Concordat of 1801, when its territory was reallocated, mostly to the Diocese of La Rochelle. The previous cathedral was built here in the 12th century. Little remains of this building apart from a Romanesque arm and the crossing of the transept. The cloisters date from the 13th century.


One of the best

Been meaning to visit every year. And at last we did. A stunning chateau with beautiful grounds, interesting caves and very good guides. The on site restaurant looks good but on the way from Saint Porchaire just as you turn off the main road there is a wonderful boulangerie who is open at lunchtime . A brilliant formule for 5 euros - what could be better

Not a big and expensive 'Loire' castle, but nice castle with beautiful and well maintained gardes, 'old' games for children (and adults?), and an interesting explanation on the history of the caslte. We loved to visit it!

Far from the renowned chateaux de la Loire, this castle is a semi-hidden gem. There's something for everyone in the domain. Prehistoric caves on the right after a 10 mn walk to the bottom of the valley in the forest. The dungeon tower hosts a small archeology museum exhibiting local findings and the history of archeologists.

In the castle's basement, a temporary exhibition of wooden toys of ancient times, that kids and grown-ups can give a try at. Another one tells the story of the castle, its construction in the XVth Century, how it was abandoned for decades, nearly fell in ruins. And how it was saved after writer Pierre Loti published a public call in a newspaper to save what he called Sleeping Beauty's Forest. A local businessman heard his call and bought the domain to give it back its luster.

The combined ticket gives you access to the guided tour of the castle itself (guided tour only, as it's inhabited all year long). The guided tour is about 2/3 of the rooms, either kept in their initial state or restorated to illustrate one of the different styles the castle went through. You can end or start with a walk within the beautiful gardens (jardins à la francaise) akin to the ones in Versailles, partly built over the swamps. Tickets for the garden's visit can be bought separately. Interesting (and cheaper) if you already visited the castle and/or just want to enjoy the flowers and the ponds in spring or summer. In winter obviously, the gardens are less of a view.

All the descriptive are in French with an English translation. It's advertised that there are tours in English during summer on Thursday, but it's probably best to check beforehand. The castle's visits seem run by the current owners, so they are operating with limited staff. On the other hand, it means the castle is open almost all year long, in an area where most touristic sites close during winter.
The restaurant is only open from April to September, but the shop is open whenever the castle is. Pictures are forbidden during the guided visit, but allowed in the rest of the domain.


View more photos

1日目 - Saintes

Lanes lined with plane trees, arenas, the scene is set: the South, welcome to Saintes where your tour begins!
Begin with a guided tour of the Abbeye aux Dames, the first women’s monastery in Saintonge, before heading for a stroll through the old town where you can admire Cathedrale Saint-Pierre, the Belvedere of the Logis du Gouverneur and the Archaeological Museum.
After lunch, go and explore the Gallo-Roman amphitheatre and the thermal baths of Saint-Saloine before returning to the centre of town to dine in one of the restaurants that the town is renowned for. this is where you spend the night.

MyTripTailor Advice: The immense Pierre-Mendès-France Park, free of charge, is just 5minutes walk from the centre of town.

View more photos

2日目 - Saintes - Rochefort

Depart today for Rochefort, the second stage of your trip.
On the way, stop off in クラザンヌ, a village famous for its white stone. Put on some good walking shoes and set off to tackle the old quarries. The pleasant and safe 650m course of some 280 steps reveals the charms of this unusual landscape of canyons. An exuberant vegetation of stag tongue ferns, orchids and other plants add a touch of exoticism to the troglodyte forms shaped by the work of the quarry men.
Afterwards, allow a good 2 hours to discover the castle and grounds of La Roche-Courbon before heading on to Rochefort where you can enjoy a long evening before turning in for the night.

MyTripTailor Advice: Dont miss the Cabinet of Paintings and the curious bathtub at La Roche-Courbon The lawns and ponds of the French gardens.

View more photos

3日目 - Rochefort - La Rochelle

You wake up in Rochefort.
Early morning head for a walk through the Arsenaldistrict, taking the time to visit the Marine Museum に続く the Corderie Royale and the Museum of Art and History.
After a picnic break, go and admire the Martrou Transporter Bridge, listed as a historic monument, and then stop at the Marais d’Yves Nature Reserve (5km south of Châtelaillon-Plage) before taking the road to La Rochelle.

MyTripTailor Advice: Things to do with the children: L’Hermione, the Museum of the Shops of the Past, the château de St-Jean-d’Angle and the storks at La Cabane de Moins.

View more photos

Day 4 - La Rochelle

The flagship city of sailing, La Rochelle continues to revolve largely around the sea, with the expansion of its marina in recent years. Back on land, the bike is king. The city has pioneered the development of car-free days and cycle share schemes. Sail unhurriedly between its old fortified Port, its secret arcaded streets, its churches, numerous museums, its aristocratic hotels and its parks that make up the riches of its architectural heritage.
Take a stroll around the Gabut district, visiting Saint-Nicolas Tower, theChaîne Tower and the Lanterne Tower before heading to the old town where you can find something to eat.

MyTripTailor tip: Leave your car in one of the city’s parking lots to ride a bike and travel freely.


Le château de La Roche Courbon

This 15th century castle, hugely altered in the 17th century, can be found in Saint-Porchaire, 16 km north of Saintes. It was primarily built by Jehan II de Latour in 1475, who wanted a defensive castle. He therefore erected it in the middle of a swamp, and gave it a triangular shape.

The name of La Roche Courbon first appeared in the 17th century. Jean-Louis de Courbon, owner of the castle, transformed it and surrounded it with wonderful French gardens ("à la française"). He had tall windows pierced, and added a double staircase (horseshoe shaped) to go to the gardens, as well as balustrated terraces.

It is not until the 18th century that new works will be undertaken by Sophie-Jacques de Courbon Blenac, who added a stone staircase inside the castle and iron-wrought fences in the gardens.

Afterwards the castle was more or less forgotten. But in 1908, the writer Pierre Loti called for someone to save the castle in an article in Le Figaro newspaper (he called it "The Sleeping Beauty castle"). One of his Friends, Paul Chenereau, bought it in 1920 an spent his entire fortune to bring it back to life. He also decorated it with a lot of typical furniture and objects from Charentes.

Today, the castle belongs to his children. They take good care of their patrimony, but they are faced with the damages entailed by the swamp swallowing everything slowly. They therefore have to use stakes topped by planks in order to prevent the masonry and the plants from crumbling into the earth.

You can visit the castle, and even rent some of its buildings for weddings or seminars.


ビデオを見る: דיג בורי בים - הסברים על הציוד מקל בוס איתו עובד בדייג (かもしれません 2022).