ニュース

夜間戦闘機としてのデ・ハビランドモスキート

夜間戦闘機としてのデ・ハビランドモスキート


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

夜間戦闘機としてのデ・ハビランドモスキート

1940年11月25日に最初の蚊が空中に飛び出した後、新しい航空機が優れた夜間戦闘機になることがすぐに明らかになりました。その月、50機の当初の注文は、1,000機を超えるモスキート戦闘機の最初のものを含むように変更されました。

戦闘機のプロトタイプは1941年5月15日に最初に飛行しました。それは、機体の下に4つの.303インチ機関銃と4つの20mm機関銃を備え、印象的な量の火力を搭載していました。夜間戦闘機のバリエーションはこれらすべての銃を搭載しますが、後のモデルはより高度なレーダーを搭載できるように機関銃を省く必要があります。

蚊は夜間戦闘機としてさまざまな経歴を持っていました。英国に対するドイツの最悪の空襲が過ぎ去った後、それは就役しました、そして、防御的な夜間戦闘機の任務と同様に、蚊はすぐに侵入者任務で使われ、夜にドイツの飛行場を攻撃しました。これらは、D-Dayに向けて、多くの戦闘機軍団が第2戦術空軍に移管された後も継続します。蚊の夜間戦闘機も、長距離爆撃機の護衛として第100航空団に所属します。

防御的

蚊は第157飛行隊で夜間戦闘機として就役しました。戦隊は1942年1月17日に最初の蚊であるTMk IIIを受け取り、続いてNF MkIIのドリップフィードを受け取りました。 4月中旬までに、飛行隊には20機の夜間戦闘機があり、運用を開始する準備ができていました。同じ月に、第2夜間戦闘機、第151号が、最初の蚊を受け取りました。

No. 157戦隊は、1942年4月27/28日の夜に最初の蚊の出撃を行いました。 ベデカー 襲撃、イギリスの観光名所に対する一連のドイツの襲撃( ベデカー ガイドブック)。翌日、第151航空団が加わりました。しかし、蚊が夜に最初の勝利を収めるには2か月かかります。 6月24/25日、第151航空団の司令官、空軍中佐のアーヴィング・スタンリー・スミスが2機のドルニエDo217を撃墜しました。

次の数ヶ月で、蚊の飛行隊の数が増え、彼らは絶え間ない勝利の流れを獲得し始めました。ドイツの対応の1つは、フォッケウルフFw 190A-4 / U-8戦闘爆撃機を使用して、南海岸に迅速な迷惑襲撃を開始したことでした。戦闘機軍団は、それに応じて、第85および第157飛行隊を、モスキートNF MkXIIとともに海岸に移動させました。モスキートはこれらの襲撃者を迎撃できることが証明され、一晩(5月16/17日)に4回の勝利を収めました。

NF Mk XIIは、1943年2月28日に第85飛行隊に到達しただけでした。これには、ドイツ軍の襲撃者の迎撃をはるかに容易にするセンチメトリックレーダーが装備されていました。

新しい蚊の夜間戦闘機は、今後数年間にわたって定期的に到着しました。 NF Mk XIIIは、1943年11月に最初の勝利を収め、1944年8月にNF Mk 30を獲得しました。イギリスに対するドイツの攻撃は1940ブリッツのレベルに達することはありませんでしたが、攻撃は戦争中小規模で続き、ピークで終わりました。 「ベイビーブリッツ」として知られる1944年初頭の活動。

ブリストルボーファイターと組み合わせて、蚊はこの最後のドイツ爆撃機の攻撃を見送るのを助けました。ドイツの爆撃機からの脅威が後退したため、4機のモスキート夜間戦闘機隊が第2戦術空軍に移され、さらに2機が爆撃機支援部隊である第100航空団に移されました。

残りの夜間戦闘機飛行隊には、最後の脅威が1つありました。 1944年6月、ヒトラーは最初の復讐兵器であるV1パイロットレス航空機を解き放ちました。 V1の高速にもかかわらず、モスキートを装備した戦闘機飛行隊は471個を占めました。フランスを通過する連合国の前進は、地上から発射されたV1からの脅威を終わらせましたが、脅威は1945年1月まで最終的には終了しませんでした。これらの航空機が蚊の飛行隊が直面した最大の問題は、速度が遅いことでした。

残りの戦争の間、イギリスを攻撃できる唯一の武器はV2ロケットでした。モスキートはこの脅威に対して何もできず、残りの夜間戦闘機の戦隊は攻撃作戦に切り替えました。

攻撃

イギリス空軍は1942年5月に侵入者作戦を開始しました。これらには、フランスとネーデルラントのドイツの夜間戦闘機基地を攻撃する夜間戦闘機が含まれていました。当初、これらの飛行隊はブリストルブレニムとダグラスハボックとボストンを装備していました。

1942年の春から、これらのユニットのいくつかは、レーダーが設定されていなくても、モスキートNF MkIIの受信を開始しました。これらの航空機は、フランス、ベルギー、オランダで侵入者任務を遂行する範囲を持っていました。 1943年には、はるかに長い射程距離を持っていたFB Mk VIが加わり、侵入者はドイツ全土に射程距離を置くことができました。

同じ戦隊が他のさまざまな任務も遂行しました。レンジャーの任務は、輸送ネットワーク、特に貨物列車を目的とした占領下のヨーロッパでの昼夜のパトロールでした。マフムードの任務では、ドイツの夜間戦闘機が彼らを迎撃しようとすることを期待して、蚊が重爆撃機のふりをしているのを見ました。

1943年の終わりごろ、モスキートの攻撃的な夜間戦闘機のほとんどは、爆撃機支援任務に専念する第100航空団、またはヨーロッパ侵攻に備えて第2戦術空軍に移管されました。そこで彼らは戦闘機軍団と同じ任務の多くを実行し続けるでしょう。

2番目のTAF

第2戦術空軍は、ヨーロッパの侵略を支援するために設立された連合国空軍へのイギリス空軍の貢献でした。第2TAFは、戦闘機軍団から9個のモスキート飛行隊を獲得します。1943年12月に移管された第264飛行隊から始まり、1944年11月に移動した第418飛行隊と第605飛行隊で終わります。

侵略前に行われた最も一般的な任務は、デイレンジャー任務でした。ナイトイントルーダーミッションも飛行しました。侵略期間中、蚊は浜辺を覆う戦闘機を提供するために使用されました。これは、連合軍がヨーロッパに進出した後も、残りの戦争の間、彼らの主な任務であり続けるでしょう。

100グループなし

第100航空団は、1943年11月23日に、主要な爆撃機部隊を支援するために結成されました。それには2つの主要な役割がありました。電子的対抗措置は、必要な機器を運ぶためにスペースを確保しなければならなかったグループの重爆撃機によって実行されました。一方、モスキート飛行隊は爆撃機の流れを護衛し、ドイツの夜間戦闘機基地に侵入者を攻撃するために使用されました。この2番目の役割は、最終的にはドイツの夜間戦闘機の戦隊に「モスキトパニック」を誘発し、原因不明のほとんどすべての敗北が蚊のせいになります。

ドイツ上空にレーダーを装備した蚊が出現したことで、主にBf110とJu88を装備したドイツの夜間戦闘機ユニットの比較的簡単な成功の期間が終わりました。 Bf110は特にひどく優勢でした。連合国の爆撃機に対処するための耐久性と火力を与えるために必要な変更により、それはますます遅くなりました。ドイツ人は戦争の後半にもっと効果的な夜間戦闘機を開発しましたが、侵入者の蚊に真剣に挑戦するのに十分な数で登場することはありませんでした。第100航空団が最後に勝利したのは、1945年4月24/25日でした。ドイツの夜間戦闘機が去ったため、蚊は戦争の残りの数週間のほとんどをナパーム弾の使用を含む爆撃襲撃に費やしました。

第100航空団のモスキート飛行隊


戦隊

第100航空団に加入した月

1943年11月

No.169

1943年12月

1943年12月

1943年12月

No.157

1944年5月

23号

1944年5月

85号

1944年5月

1945年1月

第192飛行隊は、ハリファックスとウェリントンだけでなく、蚊を操作しました。


デハビランドDH-98B / TTMk。 35蚊

このメディアの再利用には制限があります。詳細については、スミソニアンの利用規約のページをご覧ください。

IIIFは、文化遺産コレクション全体の作品を比較するための豊富なメタデータと画像表示オプションを研究者に提供します。詳細-https://iiif.si.edu

デハビランドDH-98B / TTMk。 35蚊

デハビランドDH-98B / TTMk。 35モスキートツインエンジン、2席、単葉戦闘機、爆撃機、偵察機。スレートブルーの上面と、上部の翼端と側面の胴体の透明なプレキシガラスのノーズに黒の下面の赤、白、青のロンデル

ブリティッシュ・エア・ミニストリーの当局者はそれを作ることに激しく抵抗しましたが、1941年に生産が開始された日から戦争が終わるまで、イギリス空軍はこの優れた飛行機のために航空戦術家が考案した驚くべき多様な任務を遂行するのに十分な蚊を持っていませんでした。それは、高高度または非常に低高度からの昼と夜の爆撃、長距離偵察、日光と暗闇での空対空戦闘、および海上での遠方の標的の発見と攻撃に優れていました。 D. H.98の42以上の異なるバージョンがサービスを開始しました。強力で信頼性の高いエンジンによって推進される軽量で流線型の木製機体という2つの重要な設計上の特徴により、極端な速度で蚊は重い荷物を長距離輸送しました。 「WoodenWonder」は、アラスカのトウヒ、イングリッシュアッシュ、カナダの白樺とモミ、エクアドルのバルサを新しい革新的な方法で接着およびねじ込み、世界最高の往復式液冷発電所であるロールスのペアから構築されました。ロイスマーリンズ。木で作られた、これほど成功した、戦闘で証明された戦闘機はかつてありませんでした。

ブリティッシュ・エア・ミニストリーの当局者はそれを作ることに激しく抵抗しましたが、1941年に生産が開始された日から戦争が終わるまで、イギリス空軍はこの優れた飛行機のために航空戦術家が考案した驚くべき多様な任務を遂行するのに十分な蚊を持っていませんでした。それは、高高度または非常に低高度からの昼と夜の爆撃、長距離偵察、日光と暗闇での空対空戦闘、および海上での遠方の標的の発見と攻撃に優れていました。 D. H.98の42以上の異なるバージョンがサービスを開始しました。強力で信頼性の高いエンジンによって推進される軽量で流線型の木製機体という2つの重要な設計上の特徴により、極端な速度で蚊は重い荷物を長距離輸送しました。 「WoodenWonder」は、アラスカのトウヒ、イングリッシュアッシュ、カナダの白樺とモミ、エクアドルのバルサを新しい革新的な方法で接着およびねじ込み、世界最高の往復式液冷発電所であるロールスのペアから構築されました。ロイスマーリンズ。木で作られた、これほど成功した、戦闘で証明された戦闘機はかつてありませんでした。

蚊は軍の設計ではなく、民間人の子孫でした。 1934年、デ・ハビランドはイギリスとオーストラリアのエアレースに出場するために新しい飛行機を建設することを決定しました。わずか10か月で、同社は3台のD.H.88コメットレーサーを設計および製造しました。パイロットは、13か国からの64人の参加者に対して3つすべてを競いました。コメットは71時間で17,710km(11,000マイル)のレースに勝利し、別のコメットは4位で終了しましたが、3番目のコメットはエンジンのトラブルのために脱落しました。高度な合板の外板がこれらの双発機の翼と胴体を形成し、デ・ハビランドは同じ技術を使用して蚊の翼を作りました。

D. H. 98のより直接的な祖先は、デハビランドD.H.91アルバトロス航空輸送でした。多くの公式の遅れの後、デ・ハビランドはこれらの4エンジン旅客機のうち7機を建造し、インペリアルエアウェイズは5機を購入し、1938年12月に予定されたルートで飛行を開始しました。第二次世界大戦はアルバトロスの世界クラスの速度と経済的パフォーマンスを完全に覆い隠しましたが、モスキートの開発への影響は甚大でした。どちらの飛行機でも、翼の内側に取​​り付けられたラジエーターがエンジンを冷却しました。翼の前縁に切り込まれた薄いスロットにより、冷却空気がこれらのラジエーターを通って流れることができました。スピットファイアなどの古い航空機では、ラジエーターが翼面の下にぶら下がっていて、この配置によって生成された抗力がスピットファイアから貴重な速度を奪ったため、これは大幅な改善でした。蚊は別のアルバトロスの特徴を共有しました。設計エンジニアのアーサーE.ハッグは、アルバトロスの胴体を構築するための軽量で強力な複合木造建築技術を考案しました。彼は1937年にデ・ハビランドを去りましたが、会社は再び蚊に彼の複合工法を使用しました。

ナチスの侵略は1930年代後半にエスカレートしました。テロ行為のたびに、ジェフリー・デ・ハビランド(会社の創設者兼責任者)と彼の設計スタッフは、コメットとアルバトロスに基づいて並外れた戦闘機を作成できると確信するようになりました。モスキート設計チームのメンバーには、チーフデザイナー兼チームリーダー、REビショップ、リチャードM.クラークソン、アシスタントチーフエンジニアおよびモスキート空気力学者、CTウィルキンス、アシスタントチーフデザイナーおよび胴体スペシャリスト、WAタンブリン、シニアデザイナーおよび翼スペシャリストが含まれていました。 、およびプロトタイプの作成を管理したFredPlumb。彼らの考えは1938年に合体し、高速の非武装爆撃機の設計に焦点を合わせました。新しい設計は、密閉された動力駆動の砲塔と重機関銃で武装した従来の爆撃機よりも数千ポンドも軽く、その仕上がりは滑らかで合理化されており、最先端の単発戦闘機を含むすべての追跡者を追い越すことができます。 2年間、デ・ハビランドと空軍省は、新しい飛行機のいくつかの異なる設計と政府の仕様について議論しました。木から小型の非武装爆撃機を製造するために国の資源を投入することについて、ほとんどの省当局者は疑問を抱きました。この概念は、世界中の他のすべての国の航空トレンドに反するものでしたが、速度に加えて、デ・ハビランドのアイデアには他の利点がありました。アルミニウムが危険なほど不足していて、航空機の金属労働者がスピットファイア、ハリケーン、および他の金属飛行機の生産にすでに消費されている間、木材とそれを扱うのに必要な熟練した人員は豊富でした。

デ・ハビランドは、ヒトラーがポーランドに侵攻してから5か月後にプロトタイプを作成する契約を最終的に獲得しましたが、空軍省と英国の航空機業界の多くの人々は、1941年3月3日まで懐疑的でした。モスキートのプロトタイプで、航空機に関する好意的なレポートを公開しました。この時から、公式の疑いは静かな自信に変わりました。

コメットウィングやアルバトロスウィングと同様に、デハビランドはカゼイン接着剤で接着された成形された木片と合板からモスキートウィングを構築しました。約30,000本の小さな真ちゅう製の木ネジもモスキートウィング内の接着剤接合部を補強しました(別の20,000本程度のネジが胴体と尾翼の接着剤接合部を補強しました)。内部の翼構造は、前後に合板のボックススパーで構成されていました。合板のリブとストリンガーは、燃料タンクとエンジンと飛行制御のために残されたスペースでスパー間のギャップを支えました。合板のリブとスキンも翼の前縁とフラップを形成しましたが、デ・ハビランドはアルミニウム合金からエルロンを組み立て、布で覆いました。パイロットが着陸装置を引っ込めたとき、板金の外板がエンジンを囲み、金属製のドアが主輪の井戸の上で閉じられました。

翼の構造を覆い、強度を高めるために、de Havillandの木工職人は、白樺合板を使用して2つの上部翼スキンと1つの下部スキンを作成しました。トップスキンは最も重い負荷を運ぶ必要があったため、デザイナーはバーチまたはダグラスファーストリンガーを細かいストリップにカットし、2つのスキンの間に接着してねじで補強しました。底の皮もストリンガーで補強されました。上部と下部のスキンが一緒になって、内部の桁とリブの強度が倍増しました。飛行機が数千ポンドの追加の燃料と武器を運ぶことが多い場合、蚊の翼は高いG負荷での激しい戦闘操作に耐えることができます。強度、トリム重量、製造時間を短縮するために、翼全体が翼端から翼端まで単一の部品として仕上げられ、翼が胴体を二分する場所で破損することはありませんでした。仕上げられ塗装された翼は軽くて丈夫で、抗力を誘発する釘やリベットの頭によって傷がつかない滑らかな表面を備えていました。

デ・ハビランドのエンジニアと技術者は、一般的に同じ技術を使用して、木と合板からコメット、アルバトロス、モスキートの翼を作りました。しかし、彼らが胴体を設計および製造したとき、彼らはアルバトロスの胴体を製造するために採用された方法と材料をコピーしました。この旅客機は、1937年にデハビランドのチーフドラフトマンであるアーサーE.ハッグの輝かしい精神の産物でした。彼は同じ年に会社を辞めましたが、彼のアイデアは蚊に残っていました。 Haggは、厚さが4.5mmから6mm(約¼インチ)まで変化するカナダの白樺合板の皮の間に9.5 mm(8分の3インチ)のエクアドルのバルサ材を挟むことによって、軽くて強く、非常に合理化された構造を作成しました。合板/バルサ/合板サンドイッチは、各胴体半分のコンクリート型の内側に形成され、各型は、スプルースブロックで補強された7つのバーチ合板フォーマーと、バルクヘッド、床、およびその他の構造部材を保持していました。接着剤が硬化すると、金属クランプがスキン層を金型にしっかりと固定しました。技術者は、内壁に配線やその他の機器を取り付けるフィッターとして、オスとメスのウェッジジョイントで胴体の各半分のエッジを仕上げました。最終的な胴体の組み立ては、2つの半分が接着され、ネジ止めされたため、典型的なプラモデルの飛行機キットを彷彿とさせます。製作者は、マンダポラムで胴体を覆ったときに、胴体を構築する最後のステップを完了しました。

尾翼を作るために、労働者はラダーとエレベーターをアルミニウムで組み立て、布で覆ったが、垂直尾翼と水平尾翼は木で作った。材料は異なりますが、Haggの複合サンドイッチ構造材料は、1970年代にバートルータンによって開発されたフォームとグラスファイバーの複合サンドイッチに似ています。 Rutanは、キットを販売し、Rutan VariEzeの製造を計画したときに、自作航空機の設計と製造に革命をもたらしました(NASMコレクションを参照)。

最初のモスキートプロトタイプは1940年11月24日に飛行しました。飛行試験では、開発上の小さな問題のみが明らかになり、デハビランドは1941年が終了する前に20機の生産航空機を完成させました。写真偵察DH98は、1941年9月17日にフランスとスペインの国境の西部を調査するために、最初の運用中の蚊の出撃を飛行しました。爆撃機と戦闘機のバージョンは1942年初頭に運用を開始し、蚊はすぐに西部の縦横に掃討しました。ヨーロッパ。

爆撃機として、蚊は厳重に防御された標的に対する精密攻撃に優れた速さでした。勇気ある乗組員はしばしばこれらの襲撃を15-50メートル(49-164フィート)の高度で飛ばしました。単発機でこの種の襲撃を行うと自殺の危機に瀕しますが、蚊の双子のマーリンは乗組員のエンジン故障を乗り切る可能性を2倍にしました。それにもかかわらず、多くの場合、対空砲撃またはパトロール中のドイツの戦闘機が蚊の機体を分裂させました。第105飛行隊の兵士は、1942年9月26日にノルウェーのオスロにあるナチスゲシュタポ本部を攻撃したときに、これらのピンポイント襲撃の調子を整えました。4人の乗組員がモスキートB.Mkを飛行しました。 IV爆撃機は往復合計1,770キロメートル(1,100マイル)で、任務は4時間45分続きました。この襲撃に続くBBCニュース放送は、蚊が存在したという最初の公式確認を示しました。

元イギリス空軍の整備士で蚊のテスト技術者であるDavidvan Vlymenは、彼の記事「蚊の接着解除」で、WoodenWonderでの彼の経験を鮮やかに書いています。 Van Vlymenの説明は、戦時中に高性能航空機を操縦する男性が日常的に直面する危険性を示しています。 1940年にRAFに志願した後、vanVlymenは認定された機体整備士になりました。 1943年、ハットフィールドの工場で製造された蚊は、デ・ハビランドが十分な速さで実行できなかったテスト飛行を待って準備を始めました。非常に多くの数がヘンロウに送られ、サービス可能として合格しました。第2修理課が就任し、「テスト飛行」課にいたのでラッキーだったので飛べました!

&quotもちろん、飛行中のある時点で保釈しなければならない可能性があり、パラシュートジャンプの可能性は私が体験したいと思っていたものであることを十分に認識していました。問題だったのは蚊から抜け出すことでした。戦闘機バージョンをテストしていました。パイロットは頭上にあるパネルを投棄した後、どういうわけか脱出することができ、おそらくそうすることで背中を壊しました。当時、射出座席のようなものはありませんでした。ナビゲーターの席にいる私にとって、私はサイドドアを投棄し、最初に頭をプロペラに飛び込まなければならなかったので、最初にプロペラを羽ばたく必要がありました。以前は地面の蚊に座って急いで出る方法を練習していましたが、幸いなことにそうする必要はありませんでした。」

&quot現在、蚊の最高速度は時速400マイル強で、当時は動いていましたが、垂直潜水に入ると劇的に速度が上がりました。時速460マイルで震えがしばしば始まりました、そしてこれがすべて木製の航空機であったことを思い出してください。この震えにより、金属製の下部構造ドアがわずかに開き(強力なバネによってのみ閉じられた)、その後、気流によって吹き飛ばされ、テールユニットに衝突してエレベーターが破壊され、引っ張ることができなくなったと私は信じていました。ダイビングから。私はこれを権力者に伝え、ポジティブアップロックラッチが設計および設置された後、航空機の損失が大幅に減少したことを報告できることを嬉しく思います。」

Copyright 2000、David van Vlymen、Portland、Oregon、e-mail:able2 @ att.net、fax:413-383-3877、from the Mosquito Page website athttp://www.mossie.org/mosquito.html。

連合軍の重爆撃機と中爆撃機の乗組員とは異なり、蚊の男性は日光の下で非常に低い高度で日常的に活動していました。彼らはこの戦術を使用して、対空防御への露出を最小限に抑え、爆撃やストラフ攻撃の際の正確な精度を保証しました。彼らの悩みのために、彼らは他のどの戦闘員グループも利用できなかったヨーロッパでの戦争の徹底的で個人的な見方を経験しました。空軍中佐のジョン・ウールドリッジは、彼の著書「低攻撃」で、この経験を次のように要約しています。

&quot忘れることはできません…敵の領土を振り返り、あなたの背後にあるあなたの隊形、翼端から翼端、彼らのレーシングシャドウが地球の表面を横切ってわずか数フィート下を移動するのを見る感覚、またはその感覚ターゲットが確実に配置され、爆弾のドアが開いた状態でパック全体があなたを追いかけているときの突然の爽快感、下の人々が四方八方に散らばり、長いフレークの流れが揺れ動くか、ドイツ兵の突然の驚愕海岸でのんびり、決断の瞬間、そして明るい春の朝の正午にハーグを横切ってレースをした記憶や銃をめぐる狂ったスクランブル。下のオランダ人は空中で帽子を投げ、戻る。これらはすべて忘れられない思い出です。彼らの多くは、平和が宣言されてからずっと後にヨーロッパの人々にも呼び戻されるでしょう。彼らにとって、蚊は彼らの最も暗い時間の間に大使になるようになったからです。」

爆撃機のように、デ・ハビランドは昼と夜の戦闘機の操作に適応した蚊のサブバリアントを構築しました。蚊の乗組員は、1942年5月29日にドルニエ217双発爆撃機に対する最初の空対空勝利を主張しました。多くのドイツの戦闘機も破壊されました。 1944年6月から1945年3月まで、モスキートの乗組員は、これまで戦争では見られなかった脅威、パルスジェットエンジンによって推進される低空飛行のロボット飛行爆弾による大量攻撃、ドイツのV-1「バズ爆弾」復讐兵器を打ち負かすために働きました。輸送に反対する作戦では、蚊は補給船と、フランスとノルウェーの海岸に沿って少なくとも10隻のドイツのUボートを沈めました。蚊の乗組員は、スコットランドとスウェーデン間の非武装の定期航空サービスを含む、他の多くのユニークなミッションを飛行しました。戦後、カメラを積んだ蚊がインド、カンボジア、オーストラリア全土を調査しました。最後の作戦戦闘任務は、1955年12月21日、蚊のPRで終了しました。 34Aは、マラヤのジャングルに隠された共産主義の要塞の疑いで偵察任務を遂行しました。

400以上の下請け業者がイギリスで蚊の部品を製造しました。ハットフィールドの主要工場と他のいくつかの共同生産者は、これらのコンポーネントを完成した蚊に組み立てました。航空機はカナダとオーストラリアでも生産され、米国の生産プログラムが議論されましたが、カナダの蚊が飛び始めたときに落とされました。米国は、パッカード製のマーリンエンジンの生産をDH 98のためにカナダに転用することで貢献しました。労働力と材料の現地の不足、および英国からの重要なコンポーネントの出荷の遅れにより、オーストラリアとオーストラリア空軍でのモスキート生産の確立の取り組みが遅れました。フォースは1944年まで最初の飛行機を受け取りませんでした。

戦争中、米国、南アフリカ、ソビエト連邦も蚊を駆除しました。戦争が終わった後、ベルギー、フランス、トルコ、チェコスロバキア、ユーゴスラビア、ノルウェー、ドミニカ共和国、イスラエルがD. H. 98を飛行しました。カナダは1947年に200匹の蚊を国民主義中国に売却しました。それらは中国の工場で分解、出荷、再組み立てされました。

成功した航空機が多数飛行すると、時間の経過とともに個々の機体が目立つことがよくあります。ある特定の蚊は、他のどの連合軍航空機よりも多くの戦闘任務を完了したため、注目に値します。非武装の高高度モスキートB.IX爆撃機、デ・ハビランドシリアル番号LR503およびイギリス空軍シリアル番号GB-Fは、1943年5月28日から第109飛行隊で最初に飛行し、その後105飛行隊で飛行しました。これら2つのユニットのパスファインダーファイターパイロットは、この航空機で合計213のミッションを飛行しましたが、VE Dayの2日後のカナダの親善ツアー中に、1945年5月10日にカルガリー空港で墜落したときにGB-Fが破壊されました(NASMマーティンBを参照) -207のミッションを完了した26の「FlakBait」)。

国立航空宇宙博物館の蚊、英国空軍(RAF)のシリアル番号TH 998は、ハットフィールドのデハビランドメイン工場によってB.Mkとして建設されました。契約番号555 / C.23(a)の下での1945年の35爆撃機バージョン。これは、TH977-999の番号が付けられたバッチの一部でした。 1945年8月24日、空軍省がこの飛行機を担当し、シュロップシャー州RAFショーベリーの第27保守ユニット(MU)に移管しました。ほぼ7年後、TH 998は、1952年5月14日にレスターシャーのワイムズウォルド飛行場にあるブルックランズ航空株式会社に移動し、TTに転換しました。 35の基準をマークします。

改造は4か月後に完了し、蚊は空中砲撃の標的を牽引し始めました。 1952年9月30日、TH 998はデボンのRAFエクセターにある第3民間航空機協力ユニット(CAAC)に行き、新しいコードレターの割り当てを受けました&#039AT。&#039この民間請負業者ユニットは標的曳航任務を遂行しましたイギリス空軍のために、英国で最後の蚊を操作するという区別がありました。ターゲットを10年間牽引した後、このタイプは引退の準備が整い、最終的にはスクラップヤードになりましたが、スミソニアン協会への提示にはTH998が選ばれました。 1962年3月20日、RAFDishforthのNo.60 MUが航空機を受け取り、オーバーホールして展示用に塗装しました。 1962年8月17日、TH998は米国に輸送されました。蚊は現在、博物館のポールガーバー施設に保管されており、ダレス国際空港の新しいスティーブンF.ユードバーヘイジーセンターに展示される予定です。


WW2トレジャーハンター

第二次世界大戦は多くのことについてでした:ファシズムの有毒な政治的イデオロギーを打ち負かし、世界中に専制政治が広がるのに抵抗し、週に2つのparsnipsと小さじ1杯の木の樹皮で4人家族を養うことを学びました。すべて非常に高貴で英雄的です。しかし、他の重要な戦略的目標はどうですか?あなたは1つを知っています。一流のナチスを巻き上げて歯を食いしばり、拳を振り、大規模な軍隊を投げるという戦略的目的は、彼らが実際にいたばかげた漫画の悪役のようでした。

この目的は、モスキートと呼ばれる特定の英国の航空機によって効率的に達成されました。 「蚊を見ると激怒します…羨望の的に緑と黄色に変わります」とヘルマン・ゲーリングは吠えました。

「私たちよりもアルミニウムを買う余裕のあるイギリス人は、向こうのすべてのピアノ工場が建設している美しい木製の航空機を打ち合わせ、彼らは今や再び増加した速度をそれに与えます。あなたはそれをどう思いますか?彼らには天才がいて、私たちにはnincompoopsがいます!」彼は、AlloAlloの怒っているナチスのように聞こえると付け加えた。 「戦争が終わった後、私は英国のラジオセットを買うつもりです-そして少なくとも私はいつも働いていた何かを所有するでしょう!」 WW2トレジャーハンターのエピソード6で、サグスとスティーブンはケンブリッジシャーのリトルスタットンを訪れ、元パスファインダー部隊の空軍基地でこれらの驚くべき「木の驚異」の証拠を探します。

パスファインダーは、爆撃機の前を飛んでターゲットをフレアでスコープし、マークを付けて、敵のサイトへの攻撃の精度を高めたエリートパイロットでした。機敏で機知に富んだ蚊は、この種の任務に最適でしたが、結局のところ、あらゆる種類の能力においても役立ちました。確かに、それはRAF航空機のスイスアーミーナイフであり、昼間爆撃機、夜間爆撃機、戦闘機、偵察機、イギリス海軍の雷撃機として再利用されました…実際には実際のトランスフォーマーでした。そして、信じられないほど、それは木でできていました。

「WoodenWonder」は、知られるようになったように、これまで聞いたことのない最も賢く、勇敢で、最も重要な英国人の1人であるジェフリーデハビランド卿によって設立された先駆的な会社であるデハビランドエアクラフトカンパニーによって作成されました。 1882年に生まれた彼は、エンジニアリングの天才であり、20代の男性にとって、それがまったく普通のことであるかのように、自分のバイクと車を組み合わせました。

彼は最終的に飛行機に焦点を合わせました。 1909年であり、実際のライト兄弟以外はほとんど誰もしなかったため、彼は飛行経験がありませんでした。しかし、それは勇敢なデ・ハビランドにとってほんの些細なことでした。彼は自分の飛行機を作り、それを飛ばすことによって飛ぶことを学ぶことに決めました。

彼は数秒で墜落し、出て行って別の飛行機を作ることに決めましたが、今回は墜落しませんでした。それは良い動きであり、ほんの数年後、第一次世界大戦の勃発で、彼は敵と戦うために使用される飛行機を設計しながら、英国陸軍航空隊の積極的な参加者になりました。それで、彼は駆け出しのRAFで威勢のいいパイロットだっただけでなく、彼が飛んでいたものそのものを作成した天才でもありました。

戦後、デ・ハビランドの自社は、バルサと合板で作られた飛行機で、模型飛行機のようなもので、巨大で華麗なアルバトロスを考案しました。 The design principles of the Albatross were later adopted for the creation of the Mosquito, with Geoffrey de Havilland cleverly realising that supplies of metal would run low during another world war. By using 'non-strategic materials' like wood, they could churn out the planes easily using the skills of the civilian carpenters and piano-makers who so riled up Hermann Goring.

The Mosquito aroused some scoffing and cynicism even among the Allies at first. One US aviation firm dismissed it as having 'sacrificed serviceability, structural strength, ease of construction and flying characteristics in an attempt to use construction material that is not suitable for the manufacture of efficient airplanes.'


De Havilland Mosquito, Vol. 1 by Ron MacKay

De Havilland Mosquito, Vol. 1: The Night-Fighter and Fighter-Bomber Marques in World War II, Ron MacKay, 2019, ISBN 978-0-7643-5820-3, 112 pp.

De Havilland Mosquito, Vol. 1: The Night-Fighter and Fighter-Bomber Marques by Ron MacKay

“If it’s by Ron MacKay it’s gold.” That is what I heard from aviation author Nick Veronico (several of his books, all excellent, have been reviewed in this blog) when I was discussing the coming review of this title.

And Nick is absolutely correct!

Through photos and fat captions MacKay details the loved “Mossie” in its night fighter and fighter-bomber variants including with the Royal Navy and its evolution into the Hornet as well as Sea Hornet. Those unfamiliar with this paradigm setting aircraft will easily get well acquainted with de Havilland’s revolutionary design (one of the very few bomber designs that could successfully defend itself by use of speed and altitude). Those familiar with the “Wooden Wonder”—as the airframe and wings were made of various wood varieties—will be pleased to see all manner of photos detailing the aircraft in its multitude of variants as well as missions. MacKay’s body text compliments the captioning and is used to open each of the book’s twelve chapters.

MacKay does not consume pages with the raw data of production runs and aircraft numbers as there are other texts for that historical information. He does use the pages to stock his book with photo upon photo with each being pertinent, entirely nonderivative, and in combination with fully descriptive captions. Images and full captions—an excellent formula for giving specific subject matter particular attention in an easily understood way—done well by MacKay.

De Havilland Mosquito, Vol. 1 is another superb book in the Schiffer Military series Legends of Warfare. MacKay, a great author who admirably tells much of the Mosquito’s story and contribution to World War II with Volume 1 and Volume 2 is now eagerly awaited.


The de Havilland DH 98 Mosquito was perhaps the greatest all-round combat aircraft of World War II. The "Mossie" was originally designed as a fast, unarmed, light bomber. When flying tests commenced on 25 November 1940 this "wooden wonder" became the world's fastest operational aircraft with a top speed of almost 400 mph. It also out-manoeuvred most fighters. Altogether 7,781 Mosquitoes were built and 27 different versions were produced as fighter-bombers, photo-reconnaissance, low- and high-level day and night bombers, mine-layers, pathfinders and long-range day and night fighters.

Mosquitoes served in RAAF Nos 456 and 464 Squadrons, which operated RAF-serial numbered fighter and bomber versions. In 1942, the Australian de Havilland factory at Bankstown commenced production of a fighter-bomber Mosquito. The first Australian Mosquito was delivered on 23 July 1943 and accepted by the RAAF on 5 March 1944 with 212 aircraft built at Bankstown (A52-1/212). The RAAF Mosquitoes played a limited, but effective part, in the later years of the Pacific War and service with No 1 Photo Reconnaissance Unit, Nos 87 and 94 Squadrons, No 78 Wing, No 1 Aircraft Performance Unit, Aircraft Research and Development Unit, Central Flying School, No 5 Operational Training Unit and Ferry/Survey Flights. Mosquito flying ceased in 1954, and the aircraft still on RAAF strength were sent for disposal, except for a few which were transferred to the RNZAF.

General characteristics

Crew: 2 (pilot, bomb-aimer/navigator)
Length: 44 ft 6 in (13.57 m)
Wingspan: 54 ft 2 in (16.52 m)
Height: 17 ft 5 in (5.3 m)
Wing area: 454 ft² (42.18 m²)
Empty weight: 14,300 lb (6,490 kg)
Max take-off weight: 25,000 lb (11,350 kg)
Powerplant: 2× Rolls-Royce Merlin liquid-cooled V-12, 1,710 hp (1,275 kW) each

パフォーマンス

Maximum speed: 415 mph at 28,000 ft (668 km/h at 8,535 m)
Range: 1,500 miles (2,400 km) with full weapons load
Service ceiling: 37,000 ft (11,280 m)
Rate of climb: 2,850 ft/min (14.5 m/s)

Armament

Guns: 4 x 20 mm Hispano cannon
4 x 0.303in Browning machine guns
Bombs and Rockets: 2 x 227kg (500lb) bombs in fuselage
2 x 227kg (500lb) bombs under wings
or 8 x RP-3 25lb rockets under the wings

For more information about individual aircraft click here.

Fighter World Aviation Museum 49 Medowie Rd, Williamtown, NSW (02) 4965 1810 Privacy Policy


The de Havilland Mosquito as a Night Fighter - History

In 1940, with Britain standing alone against Germany, Winston Churchill stated correctly that "The fighters are our salvation but the bombers alone provide the means of victory". For years before the war, the Royal Air Force's Bomber Command spoke highly of precision bombing and strategic bombing, of destroying the enemy's war industry and morale, but when war came, it was rather small and equipped with old bombers. After suffering heavy losses in day bombardments early in the war, it retreated to night bombing which further reduced the possibility of precision bombing of specific strategic targets. Even worse than that, only after two years of war, and following many intelligence reports of the inefficiency of the British bombing campaign, Churchill's scientific advisor initiated a systematic study of bombing accuracy (the Butt Report), which included both systematic analysis of photos of bombed targets and measured bombing tests. The results were quite shocking.

Only a third of the bombers bombed within a radius of five miles from the target. Low clouds, fog, and industrial smoke even reduced this ratio to just one of ten bombers, and only about 1% of the bombs actually hit the large designated target. In other words, despite the allocation of great resources to build many heavy bombers and train their crews, and the efforts and heavy casualties of bomber crews, they simply missed their targets and wasted their efforts.

In response, bomber command got a new commander, Arthur "Bomber" Harris, and a new tactic of area bombing was adopted. Instead of targeting specific large strategic targets such as aircraft factories, bomber command since then targeted entire large cities, from a list of Germany's industrial cities, because the study proved that only a large city was big enough to hit by night bombing. In addition to the indiscriminate destruction of industrial targets in the bombed cities, Harris and others firmly believed that the horror and heavy civilian casualties of the bombardment will also break German morale, although the bombardment of British cities in 1940 did not erode British morale, and he persisted with this misbelief despite evidence that it didn't break German morale either.

The Pathfinders Force

In addition to area bombing of cities, Harris also pushed for further improvement and deployment of electronic navigation systems based on radio beams and radars, and also developed operating tactics designed to reduce bomber losses. Most of those new methods and tactics relied on using the Mosquito and its advantages over the heavy bombers:

One of the methods to increase the accuracy of the heavy bombers was the Pathfinder Force, an idea copied from a German tactic used in the bombardment of British cities earlier in World War 2. The Pathfinder Mosquitoes flew ahead of the main bomber formations and marked the targets by bombing them with incendiary bombs. The greater accuracy of the Pathfinders was achieved either by flying at very high altitude or at low altitude.

If navigation relied on navigation beams transmitted from Britain, their range was limited by the horizon, and since the higher the bomber flew the further was its horizon, and since the Mosquito could reach much higher altitude than a heavy bomber, the use of Mosquito Pathfinders significantly extended the limited operational radius of this navigation method.

For further targets, Mosquito crews, mostly with experienced navigators, flew to the targets at low altitudes and visually identified them and marked them with incendiary bombs. This was much safer to do with a fast Mosquito than with a heavy bomber.

Another method involved placing a senior navigator, nicknamed the master bomber, in a Mosquito which loitered at high speed over the target area to visually observe the bombardment and guide the following waves of bombers with aiming corrections. Doing this with an aircraft other than Mosquito would have been suicidal.

Also, in order to divert German night fighters from the heavy bomber formations, Mosquito bombers were used for diversion bombing attacks of other cities. And finally, as mentioned earlier, Mosquito night fighters were used for hunting the German night fighters sent to intercept the heavy bombers.

Mosquito - the alternative strategic bomber

  • Mosquito carries to Berlin half the bomb load carried by a Lancaster, but.
  • Mosquito loss rate is just 1/10 of Lancasters' loss rate
  • Mosquito costs a third of the cost of a Lancaster
  • Mosquito has a crew of two, compared to a Lancaster's crew of seven
  • Mosquito was a proven precision day bomber and the Lancaster was not.

Bennett added that any way you do the math with those data, "It's quite clear that the value of the Mosquito to the war effort is significantly greater than that of any other aircraft in the history of aviation". In the German side, Erhard Milch, the deputy head of the Luftwaffe, said about the Mosquito "I fear that one day the British will start attacking with masses of this aircraft". But in one of the greatest allied mistakes in World War 2, bomber command persisted with its heavy bombers, and less than 1/4 of the Mosquitoes produced were of bomber types.

Bomber command dropped a total of 1.2 million tons of bombs in World War 2. Given the above 1% hit precision statistic, it actually means dropping just 12,000 tons of bombs on real strategic targets. Since accuracy was later improved thanks to Mosquito Pathfinders, let's assume for a moment that the amount of bombs which hit strategic targets was 50% higher. A quick calculation shows that a force of only 1000 Mosquito bombers of the 7781 Mosquitoes produced, could drop this amount on the same targets with high precision in just ten bombing missions each, at a fraction of the cost in blood, material resources, and time. This demonstrates the tremendous potential lost by using most of the Mosquitoes for every possible mission other than as a main strategic day and night precision bomber. The entire course of World War 2 could be drastically different. The Mosquito bomber enabled the British bomber command to do exactly what it wanted to do, and destroy the entire German military industry in a precision bombing campaign even before American B-17s and B-24s began their costly day bombing campaign over Germany.

After World War 2, area bombing was transformed to nuclear bombing, which does not require precision, and was never used since the nuclear destruction of Hiroshima and Nagasaki. But conventional air bombardment, both tactical and strategic, is entirely dominated since the end of World War 2 by precision bombing, which is so much more efficient, both in military terms, and by not killing countless enemy civilians as was done in World War 2.

Modern bombers no longer rely on gun turrets to engage an enemy fighter which intercepted them. Instead, all modern bombers, like the De Havilland Mosquito, rely on their speed and agility, and also on electronic warfare and stealth, to avoid being intercepted in the first place.

Modern bombers, just like the Mosquito, bomb their targets either at high speed and very low altitude, in order to achieve great precision while minimizing their exposure to detection and anti-aircraft fire, or by launching cruise missiles which do so, or at high altitude, like Mosquito Pathfinders did, relying on electronic navigation and targeting systems which evolved from the radio beams of World War 2 to today's satellite-based systems, which work by exactly the same principles, but with unlimited range and much greater precision.


The Breitling Aviator 8 Mosquito Commemorates de Havilland’s Iconic Plane

With its new Aviator 8 Mosquito watch, Breitling has drawn on the design of the onboard clocks designed by its Huit Aviation Department in the 1930s and 1940s and from its renowned reference 765 AVI, the highly legible watch known as the Co-Pilot. The Aviator 8 Mosquito honors a plane constructed almost entirely of wood, the de Havilland Mosquito. Its speed and maneuverability contributed to its incredible success and improbable range of roles, including unarmed light bomber, day fighter, night fighter, and even photographic reconnaissance aircraft.

The Breitling Aviator 8 Mosquito wears its dual design influences proudly: it recalls at once the design values of the onboard instruments designed by Breitling&rsquos Huit Aviation Department and those of the Ref. 765 AVI &ndash the Co-Pilot &ndash whose bold look, rotating bezel, and impressive legibility with oversized Arabic numerals made it a favorite among aviators.

Breitling created the watch to honor the de Havilland Mosquito, a British aircraft whose lightweight wooden construction made it one of the fastest planes in the skies in the early 1940s. Breitling CEO Georges Kern says: &ldquoThe de ­Havilland Mosquito is a truly unique and iconic piece of aviation history. It was distinguished by incredibly innovative design and an ingenious use of materials. Our Aviator 8 Mosquito is an affectionate reminder of one of the world&rsquos true aviation successes.&rdquo

The Breitling Aviator 8 Mosquito

The Aviator 8 Mosquito features a 43 mm stainless-steel case and a black satin-brushed ADLC-coated stainless-steel bezel with a practical red pointer, indexes, and Arabic numerals. Its black dial has contrasting silver subdials &ndash an indication of the Breitling ­Manufacture Calibre 01 in-house mechanical movement that powers the watch. This model has an ADLC treatment that provides an even darker tone than the regular DLC coating that has been such a popular feature on special Breitling watches for years &ndash it is truly black in appearance as opposed to the anthracite shade that characterizes regular DLC. It recalls the night fighter adaptation of the de Havilland Mosquito.

The eye-catching orange central hour, minute, and central second hands are coated with Super­LumiNova®, making the watch legible in limited-lighting situations. Its striking red and orange accents recall the roundels and markings featured on the fuselage of the de Havilland Mosquito and add to the watch&rsquos allure. The hand of the small second subdial features a black varnish finish. The dial is completed with a date window between the 4 and 5 o&rsquoclock positions.

The Breitling Manufacture Calibre 01, visible through a transparent sapphire caseback, offers an impressive power reserve of approximately 70 hours. The COSC-certified chronometer is water resistant to 10 bar/100 meters. It is presented on a brown vintage-leather strap available with either a pin buckle or a folding buckle.

The de Havilland Mosquito

Because of its mostly wooden construction, the British de Havilland Mosquito was an aircraft that served in a variety of roles. Built between 1940 and 1950, the &ldquoWooden Wonder&rdquo was one of the fastest planes in the world &ndash in fact, thanks to the wooden construction, it flew 20 mph faster than the famous Spitfire, which was equipped with the same engine.

Alistair Hodgson, the curator of the de Havilland Aircraft Museum in England, compares the de Havilland Mosquito to Breitling&rsquos chronographs: &ldquoBreitling has played a pioneering role in the development of aviator chronographs, which fulfill multiple roles in a single package, and the Mosquito was the first aircraft to do the same thing: although it was originally designed as an unarmed light bomber, the original design was adapted to become a day fighter, night fighter, photographic reconnaissance aircraft, and even an airliner!&rdquo

In 1940, during the Second World War, Lord Beaverbrook, the Minister of Aircraft Production, felt that plans to build the Mosquito should have been abandoned, but Geoffrey de Havilland was convinced of the aircraft&rsquos potential and, with the support of Air Chief Marshal Sir Wilfrid Rhodes Freeman, continued the development and production of a plane destined to become an aviation classic in total secrecy. Alistair Hodgson says: &ldquoMilitary historians point out that while the Spitfire won the Battle of Britain, the Mosquito won the war.&rdquo

The use of wood was an indicator of Geoffrey de Havilland&rsquos insight and perception, as Alistair Hodgson notes: &ldquoHe foresaw that the UK would have a shortage of aluminum. The Government wanted a light bomber for the RAF, and de Havilland offered them a plane made of a plywood and balsa wood composite that would have the performance of a fast lightweight fighter but be capable of carrying a bomber&rsquos load.&rdquo

The de Havilland Mosquito performed with distinction throughout the 1940s, but, in the 1950s, jet aircraft technology came of age, and the heroic Wooden Wonder was retired. This extraordinary aircraft played a key role in the history of aviation, and Breitling is proud to commemorate a true legend of flight.