ニュース

FDRが第2期に発足

FDRが第2期に発足


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1937年1月20日、フランクリンD.ルーズベルト大統領が大統領として2回目の就任を果たし、4期のうち2期目の任期が始まります。彼の最初の就任式は1933年で、3月に開催されましたが、その年の後半に可決された第20条改正により、1月20日が将来のすべての大統領の正式な就任日となりました。 (憲法は当初、選挙当局が返還を処理するのに十分な時間を確保し、勝者が国の首都に旅行する時間を確保するために、大統領就任日として3月4日を設定していました。)

1933年以来、アメリカ人はラジオまたはテレビを通じて、12人以上の大統領の宣誓式を目撃してきました。他のものより記憶に残るものもあります。


フランクリンD.ルーズベルトの最初の就任式

NS フランクリンD.ルーズベルトの最初の就任式 1933年3月4日土曜日、ワシントンDCのアメリカ合衆国議会議事堂の東ポルチコで第32代アメリカ合衆国大統領が開催されたため、これは37回目の就任であり、フランクリンD.ルーズベルトの第1期の始まりを示しました。大統領として、ジョン・ナンス・ガーナーが副大統領として。

また、憲法修正第20条が同年初めに批准され、就任式が1月20日に変更されたため、憲法で定められた3月4日に行われた最後の就任式でした。その結果、ルーズベルト(およびガーナー)の最初の任期は短くなりました。通常の期間より43日。副大統領が上院室で就任宣誓をしたのもこれが最後だった。

就任式は、1932年の大統領選挙で共和党の現職ハーバートフーバーに民主党ルーズベルトが圧勝したことを受けて行われました。大恐慌のピークにある国で、ルーズベルトの就任演説は大きな期待を持って待たれました。全国のいくつかのラジオネットワークで放送されたスピーチは、数千万人のアメリカ人に聞かれ、危機に対応するためのルーズベルトの緊急の努力の舞台となった。 [1]

チャールズ・エヴァンス・ヒューズ最高裁判事が大統領就任宣誓を行いました。ルーズベルトは就任式のためにモーニングコートと縞模様のズボンを着用し、Iコリント13に開かれた家族の聖書に手を添えて誓いを立てました。1686年にオランダ語で出版され、就任式でこれまでに使用された中で最も古い聖書でもあります。英語ではない唯一のものとして、ルーズベルトが1929年と1931年にニューヨーク州知事として就任し、その後1945年に亡くなるまで3回の大統領就任式に使用されました。[2]


FDRの4つの歴史的な就任式

フランクリンD.ルーズベルトはこれまでに4回の大統領就任式を行う唯一の人物です(第22修正のおかげで)。そして、彼の就任式のすべては独自の方法で歴史的でした。ワシントンからルーズベルトまでのすべての大統領は3月に就任した。どうして?米国憲法は当初、連邦政府が毎年3月4日に開始することを規定していたためです。 1933年のFDRの最初の就任式は、3月に開催された最後の就任式でした。発足日は、1月20日までの改正第20条の成立に伴い変更されました。彼の最初の就任式の間に、ルーズベルト大統領はアメリカの歴史の中で最も有名な行の1つを伝えました-「私たちが恐れなければならない唯一のことは、それ自体を恐れることです。」しかし、その行はスピーチの7番目のドラフトまで表示されません。スピーチのドラフトはすべてここにあります。

1937年のFDRの2回目の就任式は、1月20日に開催された最初の発足であったため歴史的でした(これも第20修正のおかげです)。彼の就任はまた、副大統領が大統領と同時に就任したのは初めてでした。彼の2回目の就任演説は、大恐慌の残酷な経済状況の犠牲者についての彼の説明で最もよく知られています。 「私は、国の3分の1が、収容が不十分で、覆われておらず、栄養が不足しているのを見ています。」

1941年のルーズベルトの3回目の就任式は、これまで誰も3期目に選出されたことがなかったため、歴史的なものでした。したがって、これが最初であり、唯一の3回目の就任式となります。 1939年にナチスドイツがポーランドを侵略したとき、ヨーロッパで戦争が勃発しました。ロンドンはドイツの電撃戦によって瓦礫になりました。 FDRの最善の努力にもかかわらず、アメリカ人は依然として強い孤立主義者でした。しかし、FDRは、アメリカが最終的に世界的な紛争に加わることを知っていました。彼の演説はアメリカ人に彼らの理想を実現するように要求した。 「これまで遭遇したことのない大きな危険に直面して、私たちの強い目的は、民主主義の完全性を保護し、永続させることです。このために、私たちはアメリカの精神とアメリカの信仰を集めます。私たちは後退しません。私たちはじっと立っていることに満足していません。アメリカ人として、私たちは神の意志によって、私たちの国に奉仕して前進します。」

フランクリンルーズベルトの4回目の就任式は、いくつかの理由で歴史的です。他の人は、第4期に選出されたことはありません。式典は、戦争によって引き起こされた緊縮財政のために、ホワイトハウスの南ポルチコで初めて開催されました。しかし、FDRは病人であり、彼の健康状態の低下が場所の変化に寄与した可能性があります。 FDRの4回目の就任演説は、おそらくこれまでで最も短いもので、長さは5分強でした。しかし、FDRの精神は明らかです。 「1787年の私たちの憲法は完璧な道具ではありませんでしたが、まだ完璧ではありません。しかし、それは、あらゆる人種、色、信条のあらゆる種類の男性が、民主主義の強固な構造を構築するための確固たる基盤を提供しました。そして今日、1945年の戦争の今年、私たちは恐ろしい犠牲を払って教訓を学びました、そして私たちはそれらによって利益を得るでしょう。」


歴史のこの日:フランクリン・デラノ・ルーズベルトが発足

Blue Justice Research、LLCの皆さんからのハッピー木曜日!

今日の歴史:フランクリン・デラノ・ルーズベルトが発足しました。

1933年3月4日、大恐慌の真っ只中に、フランクリン・デラノ・ルーズベルトが米国の第32代大統領として就任しました。ルーズベルトは、米国議会議事堂の東ウィングの外で行われた有名な就任演説で、彼の「ニューディール」、つまり雇用機会と福祉の手段としての連邦政府の拡大について概説し、アメリカ人に「私たちがしなければならない唯一のことは恐れは恐れそのものです。」ワシントンは雨の日で、ルーズベルトが話している間、突風が吹き荒れましたが、彼は楽観主義と能力を放つスピーチを行い、アメリカ人の大多数は新大統領と彼の急進的な経済提案の背後で団結して国をリードしました大恐慌から。

民主党議会の支援を受けて、ルーズベルトは迅速かつ断固たる行動を取り、農業調整法、全国産業復興法、公共工事局とテネシー川流域公社の創設など、彼のニューディール提案のほとんどは彼の最初の内に承認されました在職100日。経済界の多くの人から批判されましたが、ルーズベルトの進歩的な法律はアメリカの経済情勢を改善し、1936年に彼は簡単に再選に勝ちました。

彼の第二期の間に、彼はドイツと日本の侵略にますます関心を持つようになり、それでアメリカを孤立主義の眠りから目覚めさせるための長いキャンペーンを始めました。 1940年、第二次世界大戦がヨーロッパと太平洋で猛威を振るう中、ルーズベルトは前例のない第3期に出馬することに同意しました。彼の強力なリーダーシップを評価したアメリカ人によって再選された彼は、1941年12月の米国の戦争への参入後、非常に効果的な最高司令官であることが証明されました。ルーズベルトの指導の下、アメリカは彼自身の言葉で「民主主義の兵器庫」となり、第二次世界大戦の勢力均衡を連合国に有利にシフトさせることに成功しました。 1944年、戦争はまだ勝利していなかったため、彼は4期目に再選されました。

就任から3か月後、ジョージア州ウォームスプリングスの隠れ家で休んでいたルーズベルトは、63歳で大規模な脳出血で亡くなりました。首都の通りを棺桶で厳粛にパレードした後、彼の遺体はハイドパークの家族計画。何百万人ものアメリカ人が、20世紀の2つの最大の危機である大恐慌と第二次世界大戦を通して米国を導いた男の死を悼みました。ルーズベルトの大統領としての比類のない13年間は、米国憲法修正第22条の可決につながり、将来の大統領は最大2回の連続した任期に制限されました。

フランクリン・デラノ・ルーズベルトの就任式の詳細については、次の記事をご覧ください:https://www.history.com/this-day-in-history/fdr-inaugurated

私たちはいつもあなたの考えを聞くのが大好きです!フランクリン・デラノ・ルーズベルトの就任式についてどう思うか教えてください。


「サンシャインスペシャル」

フランクリンルーズベルト大統領と彼のスコティッシュテリア、ファラは、ニューヨーク州ハイドパークの近くでドライブを楽しんでいます。

フランクリンルーズベルトが大統領に就任してから12年間、車は交通手段、視界、保護、さらには娯楽の源でした。彼が1921年に39歳でポリオに感染したとき、彼は足のほとんどすべての使用を失いました。つまり、彼はもはや車を運転することができませんでした。 1その結果、ルーズベルトは自家用車に特別なハンドコントロールを装備し、足を使わずに運転できるようにしました。彼は1938年のフォードコンバーチブルクーペと1936年のフォードフェートンをニューヨーク州ハイドパークの自宅で、またはジョージア州ウォームスプリングスの「リトルホワイトハウス」を訪れたときに個人的に使用するために所有していました。 2彼は、コンバーチブルをトップダウンにして、田舎道をドライブするのが大好きでした。

ルーズベルトは、在職中にホワイトハウスの自動車群に多くの追加を行いました。伝えられるところによると、ハーバートフーバー政権の終わりには、艦隊に25台の車があり、この数はルーズベルト政権の間に増加しました。 3これらの車の中には、よく知られていて広く撮影されているものもあれば、そうでないものもあります。ルーズベルトの最初の学期中に、1935年のパッカードの7人乗りの車両がホワイトハウスの艦隊に追加されたことが知られています。 1937年にルーズベルトが2期目に就任した後、政府は、シークレットサービスの高水準で製造された追加の車両について、フォードモーターカンパニー、ゼネラルモーターズ、パッカードモーターズからの入札を受け入れました。 4

これらの入札の結果、1938年製のV16キャデラックがゼネラルモーターズからリースされました。これらの車両は半装甲で、重量は約8,000ポンドでした。彼らはルーズベルト大統領を乗せることを意図していたが、おそらくそれがより大きく、障害のある大統領がより多くの機動の余地を与えたため、彼は1935年のパッカードを使用することを好んだ。 5キャデラックは主にシークレットサービスによって使用され、豪華な遠洋定期船にちなんで「クイーンメアリー」と「クイーンエリザベス」と呼ばれていました。 1950年のワシントンイブニングスターの記事によると、車に乗るのとクイーンメリー号で旅行するのを比較した後、ルーズベルト自身が車の名前を付けた可能性があります。 6 1939年、ホワイトハウスはパッカードから新しい7人乗りのリムジンをリースしました。しかし、この車両のドアが狭いため、ルーズベルトが車に乗り込むのは困難でした。 7これらの新しい車は大統領にとってあまりアクセスしにくいため、彼の物理的な制限を特に念頭に置いて新しい車が試運転されました。

大統領選挙のルーズベルトは、1933年3月4日の就任式の朝にセントジョンズ教会を出ました。

その結果、ルーズベルトの最も有名な自動車、1939年のリンカーンKシリーズのリムジンがフォードモーターカンパニーからリースされ、愛情を込めて「サンシャインスペシャル」と呼ばれました。この車両は、大統領が使用するために特別に設計および改造された最初の車両でした。 8それは、より良い操縦性のためのより広い後部ドア、前向きのジャンプシート、ステッププレート、シークレットサービスエージェントのためのハンドルで構築され、警察のライトとサイレンシステムさえ備えていました。それはまた、ルーズベルトが群衆に見えるままでいることを可能にしたコンバーチブルでした。この車は、大統領の車の形式を映し出し、観客にリーダーを見ることができ、非常に快適だったため、すぐにルーズベルトのお気に入りになりました。 9

「サンシャインスペシャル」は、視認性、フォーマルさ、快適さを提供しましたが、セキュリティに欠けていました。 1941年12月7日に米国が真珠湾で攻撃されたとき、シークレットサービスは、すべての車両がはるかに強力な保護対策を必要とすることを認識し、この追加のセキュリティを提供する車両を取得しようとしました。 「サンシャインスペシャル」の交換に指定された車が工場に改造のために返送されている間、噂が広まった。シークレットサービスエージェントのマイケルF.ライリーが書いた本は、12月8日の宣戦布告の発表のために、ルーズベルトをホワイトハウスからアメリカ合衆国議会議事堂に輸送するために「疑わしい評判」の車が使用されたと主張しました。 、大統領は、財務省が伝説的なシカゴの暴徒のボス、アルカポネから押収した車を使用しました。ライリーがこれらの発言をした理由は不明です。この主張を裏付ける証拠はありませんが、広く報告され、長い間繰り返されてきました。 12月8日の写真は、ルーズベルトが1938年製の半装甲キャデラックの1つに乗っている様子を描いています。これにより、魅力的でありながら偽りの物語が払拭されます。

ハーバート・フーバー大統領とフランクリン・ルーズベルト大統領エレクトは、1933年3月4日にホワイトハウスを離れて国会議事堂に向かう準備をしています。

「サンシャインスペシャル」は、オーバーホールとアップグレードを経て工場から戻ってきたとき、多くの新機能を誇っていました。シークレットサービスが立つ場所として、防弾ガラス、鋼鉄の鎧、銃のケース、無線システム、特別なリアバンパーが装備されていました。政府はまた、1942年製の新しい装甲リンカーンHシリーズリムジンを委託し、艦隊内の残りの既存の車に装甲と防弾ガラスを改造しました。 11この時点で、「サンシャインスペシャル」とそれに対応するものは、戦争中に必要なルーズベルトの快適さ、視認性、セキュリティを提供するために完全に装備されていました。彼は大統領職の残りの期間中、これらの車両を使い続けました。スペシャルとクイーンズはまた、ハリー・トルーマン大統領を1950年に退役するまで伝えました。 12「サンシャインスペシャル」はミシガン州ディアボーンに出荷され、エジソン研究所に収容され、後にヘンリーフォードアメリカイノベーション博物館と改名されました。 13今日、それは他の多くの大統領の車と一緒にヘンリーフォード博物館に展示されています。

この白黒写真は、リンカーンの誕生日を祝う1943年2月の式典のためにリンカーン記念館に到着したフランクリンルーズベルト大統領とエレノアルーズベルトファーストレディを示しています。

フランクリンD.ルーズベルト大統領図書館および博物館/ NARA

公務員であれ娯楽であれ、フランクリン・ルーズベルト大統領は常に最高級の車両を自由に利用できました。彼の大統領艦隊は彼の快適さと安全のために特別に設計されており、彼の個人用車はジョージアの裏道をドライブしたり、ハイドパークで犬のファラと一緒に乗ったりするために装備されていました。世界中を旅した男性にとって、信頼できる交通手段を持つことは不可欠でした。

これは、フランクリンルーズベルト大統領の1939年のリンカーンKリムジンで、彼は「サンシャインスペシャル」というニックネームを付けました。ルーズベルトは、彼が太陽を楽しむことができるように彼が置くのが好きだったそのコンバーチブルトップのためにそれをそう呼んだ。


FDRの2回目の就任演説

さて、私が目の前に持っている文書は、1937年1月に配信されたフランクリンルーズベルトの2回目の就任演説のコピーであり、たまたま1月に行われた最初の大統領就任式です。ジョージワシントンが30年代に就任するまでの期間は、3月に発生し、1月に変更されたため、これは一種の歴史的事実であり、これに少し興味をそそられます。しかし、この文書は、他の単一の文書と同じように、ニューディールが何であったか、1930年代の大恐慌との関係、そして今後のこの社会への影響を思い出させてくれます。そして、どの文書でも明らかにできる限り、フランクリン・ルーズベルトの最も深い意図、彼の最優先事項、1930年代の彼の議題が何であったかを示していると思います。

つまり、これは1937年です。彼は権力を握りました。失業率が25%だった1933年の3年前に大統領に就任しました。これは、この社会を襲った史上最も恐ろしい経済危機です。ここで彼は4年後に2期目に再就任します。当然のことながら、当然のことながら、大統領はこの状況下で行うように、就任時の悪いことと現在の状況との対比を描いて、最初の学期中に達成したことについて少し自慢しています。彼は、失業率が低下し、国民総生産が上昇するなど、より良い具体的な事柄のリストを少し調べます。それから彼は、要約すると、「大恐慌からの私たちの進歩は明らかです」と言いました。それは彼が話していることの一種の要約文です。そして彼はまた、同じように、「私たちは停滞と絶望の時代から遠く離れた」と述べています。

これまでのところ、これはあらゆる状況での標準的な大統領の定型文であり、その状況下では、過去4年間に達成したことを後悔することはありません。しかし、それから彼は大統領の演説、特に就任演説の年代記で絶対に異常なことを言います。それは、私が最初に読んだとき、その驚くべき品質とその説明的な品質のために、私に向かってページから飛び出しただけの文です。物事が以前よりも良くなっているというこの小さなリサイタルを終えた後、彼は「このような繁栄の兆候は災害の前兆になるかもしれない」と述べています。ちょっと待って、彼は何を言っているの?繁栄が戻ってきて、私たちは元気になり、うつ病は解消しました。私たちは以前よりもはるかに自信を持って前進していますが、これは「繁栄の兆候が災害の前兆になる可能性がある」ということです。文はそれ自体を説明していません。あなたは本当に文脈が何であったかを知り、ルーズベルトの究極の意図、そして最終的に彼が達成しようとしたことと1930年代に達成したことの結果について何かを知る必要があります。

「そのような繁栄の兆候は災害の前兆となるかもしれない」という一文は、そのような衝撃であり、そのような驚きです。それをすべて注意深く読んだら、あなたは気づきます、なぜ彼は再選/再就任したときの彼自身の最大の自己祝福の瞬間にそれを言うのでしょうか?ですから、学生にその文に集中してもらうことができれば、その特定の状況でその瞬間に大統領がそのようなことを言うのはなぜでしょうか。彼がこの機会に彼自身の議題を明らかに下回ったと彼は何を考えているでしょうか?私はそれを説明していると思います—答えがどこにあるかは、国の3分の1についてのその直後の通過にあります。ですから、「繁栄は災害の前兆である」という非常に驚くべきことを、おそらく少し馴染みのあるものと結び付ける方法があります。 -栄養を与えられた。」ですから、これら2つを組み合わせることができ、非常に効果的な教育の組み合わせだと思います。

私がこの文書を教えるとき、私は通常、文書全体を読むように頼む前に、クラスに尋ねます。そして栄養不良です。」時間が経つにつれ、聞いたことのある生徒は少なくなったと思いますが、ほとんどの生徒は通常聞いたことがあるでしょう。脳のどこかにエコーがあり、どこかで聞いたことがあるか、そのバージョンを聞いたことがあるでしょう。

それでは、これは大恐慌の最中にルーズベルトが行った演説だと説明しますが、彼は何について話していたと思いますか?繰り返しになりますが、理由がないわけではありませんが、ほとんどの学生は、「まあ、彼は失業していて、大恐慌の間にそのような苦労をしているすべての人々について話している」と言うでしょう。そして、私は言います。「まあ、十分に公平ですが、それでは、残りのスピーチを読んで、彼が実際に何について話しているのか見てみましょう。」そして、彼らがその文を打ったとき、私が彼らにスペースを与え、私が彼らをきちんとティーアップすれば、彼らがその文に到達したとき、「そのような繁栄の兆候は災害の前兆になるかもしれない」ということは彼らを短くします。彼らは言います 「待って彼はここで何を話しているの?繁栄の復活に対する彼自身の自己祝福をどのように弱めることができるだろうか?」これに続くのは、国の3分の1についてのこの叙情的な連祷であり、それが彼の本当の目的であると私は強調します。これはより深い点に行きます、それは私には思えます、そしてそれはニューディールがちょうどルーズベルトが壁に投げたものであり、立ち往生したものがニューディールになったという考えを休ませることになります。

私は、この文書がルーズベルトにはビジョンがあり、彼をビジョナリーと呼ぶのが適切であるという主張をするのに役立つと思います。実際、私の証拠を読んだとき、彼は大恐慌が起こる前にこのビジョンを持っていました。これは、1920年代の彼の個人的な通信[および]彼の以前の政治的キャリアで見ることができます。彼がチャンスを得た場合に達成したかった主なことは、アメリカ社会をより安全で、リスクを減らし、より包括的にすることでした。より多くの人々をアメリカの生活の主流に引き込み、前世紀にわたって永続的に人々を主流に導き、そして再びそこから追い出したリスクの要素を減らすこと。何百万人もの人々にとって、人生は非常に多くの人々にとって不安定でした。それが彼が変えたかったことであり、ニューディールはその目的の多くを達成した一連の構造改革を実施しました。

[ニューディールは、その目的の多くを達成する一連の構造改革を実施しました。]銀行預金に連邦保証を与えた連邦預金保険公社は、一気に取り付け騒ぎの100年以上の慣行を終わらせました。時代が厳しくなったときの銀行。銀行は破綻しました— 1931年から1933年の間に、この国では5,000を超える銀行が破綻しました。 1933年から20世紀の終わりまでの間に、おそらく500未満の銀行が破綻しました。正確な数はわかりませんが、その規模のオーダーです。どうして? FDICが銀​​行に安定性、予測可能性、リスク削減の尺度を与えたからです。グラス・スティーガル法は、実際にはFDIC法も組み込まれている場所であり、投資を商業銀行から分離しました。それは、平均的な市民がゴールドマンサックスやリーマンブラザーズなどのような大規模な投資銀行家とは異なる獣を扱う日常業務を行いました。これは長い間、20世紀[21世紀]の開業年まで、投資銀行業務で行われる投機的でリスクの高い活動から勘定系システムを保護していました。

連邦住宅公社となった住宅所有者ローン会社は、連邦政府が監督する民間保険のシステムを作成し、住宅ローンの貸付を安定させ、リスクを大幅に軽減しました。第二次世界大戦後の数十年間に実際に郊外を建設し、サンベルトを建設したその構造改革は、住宅ローンの資金が以前よりもはるかに利用可能だったためです。それは[また]人々が家を買うことができる条件を変えました—それは彼らを劇的に変えました。それで、大恐慌が始まったときに市民の約40%しか自分の家を所有していなかった社会から、1960年までにアメリカ人の約60%が自分の家を所有していた社会に移行しました。これがその効果を発揮するための世代について。

証券取引委員会は、株式市場の取引に透明性とオープンな情報/アクセス可能な情報の尺度をもたらしたもう1つのニューディール時代の改革です。繰り返しになりますが、それは、完全に排除するのではなく、前世紀にウォール街を上下左右に駆り立てた多くの投機的な熱を弱めるために多くのことをしました。つまり、ニューディール後70年ほどで、この社会は30年代の大恐慌の規模、変動性、爆発的な性格に遠く離れたところでさえ経済危機を経験しなかったということは、偶然ではなく、まったく偶然ではありません。

30年代の大恐慌は独特の出来事であり、その深刻さは特異な出来事ですが、1830年代にさかのぼる一連の出来事の中で、システムにこの種の深刻な経済的ショックが何世紀にもわたって存在します。ニューディールは、少なくとも20世紀の残りの期間、それを非常に実質的に終わらせました。それは偶然ではなく、ルーズベルトが社会を再構築し、新しい制度を実現し、リスクを軽減し、何百万もの市民や制度、そして銀行や投資などの経済部門の生活に安全の要素をもたらすという意識的な設計の一部でした。 、 等々。それはただ起こったのではなく、意識的な政治プログラムの一部でした。そして、このスピーチ、この2回目の就任演説は、ほぼ簡潔であり、そのケースを作ることができる証拠の一部を指摘しているように思われます。

これらはすべて、生命のリスクを軽減するための非常に一貫性のある統一されたプログラムの一部でした。それは、1930年代以降、2、3世代の何百万人もの人々にとってリスクが少なくなったということです。ですから、ここでは、ルーズベルトの改革アジェンダがまだ達成されていないため、繁栄は災害の前兆である可能性があると彼が語ったときに、ルーズベルトの最も深いイデオロギーアジェンダを垣間見ることができます。


フランクリンD.ルーズベルト / フランクリンD.ルーズベルト-重要なイベント

ルーズベルトは、米国の第32代大統領として就任しました。彼はまた、フランシス・パーキンスを労働長官に任命し、彼女を最初の女性に内閣のポストを持たせた。

ルーズベルトは、国の銀行でのパニックの「実行」を止めるために、4日間の「バンクホリデー」を宣言します。彼はまた、3月9日の特別セッションに議会を召喚します。

ファーストレディのエレノア・ルーズベルトは、女性記者だけが参加できる最初のファーストレディ記者会見を開催します。

議会は、後にルーズベルトの「百日」として知られるものを始めて会合します。この期間中、議会はFDRの「ニューディール」の主要なプログラムの多くを制定します。 3月9日に緊急銀行法を通過し、銀行が3日以内に支払能力があることを証明でき次第再開できるようになり、1,000を超える銀行が再開し、ほぼ一夜にして国の信頼を高めるのに役立ちます。

FDRは、彼の最初の「炉辺談話」ラジオアドレスを全国に配信します。

議会は、市民保全部隊(CCC)の創設を規定する森林再生救済法を可決します。 CCCは、1941年の締結までに、全国的な森林再生プログラムを通じて約25万人の若い男性(18〜25歳)に即時の仕事を提供し、200万人以上の若い男性を雇用することになります。

FDRは、大統領の布告により、米国を金本位制から外しました。ドルの価値は国際的に下落しますが、この政策はまた、アメリカ人がより多くのお金を利用できるようにし、経済を刺激します。

失業率は約1400万人にとどまり、議会は連邦緊急救援法(FERA)を可決しました。ローンのみを提供していたフーバーの以前の提案とは異なり、救援プロジェクトのために州に即時の助成金を提供します。立法府はまた、農業調整法を可決し、農業調整法(AAA)を設立しました。これは、特定の作物の生産を制限し、農民に土地まで耕作しないように支払います。ルーズベルトは、AAAが農業生産を減らし、価格を上げ、苦しんでいる農民を助けることを望んでいます。

議会はテネシーバレー法を可決し、テネシーリバーバレーの洪水を制御し、地域を構成する7つの州で農村電化を提供するためにテネシーバレーオーソリティ(TVA)を設立しました。目標は、国のこの比較的遠隔地に住む住民の社会的および経済的基準を引き上げることです。批評家はTVAを危険な社会主義と見なし、ファンはそれを国内で最も成功した社会プロジェクトの1つと見なします。

議会は連邦証券法を可決し、株式と債券のすべての発行を連邦政府によって登録および承認することを要求しています。

これについて、FDRの「百日」の最終日である議会は多くの法案を可決します。これらの中で最も重要なのは、全米産業復興法(NIRA)です。これは、ルーズベルトがアメリカの産業を復活させる取り組みの中心的存在です。ニューディールの初期の主要機関のうち、公共工事局(PWA)と全国復興庁(NRA)の2つを設立しました。 PWAは道路、公共建築物、その他のプロジェクトの建設を通じて仕事を提供することに焦点を当てていますが、NRAの目標は、消費者と生産者の両方を支援するための競争を刺激することです。 NIRAに加えて、議会は、連邦銀行預金保険公社を設立する1933年銀行法と農場信用法を可決しました。

ロンドン経済会議は国際的な不況について話し合うために会合しますが、主に米国が正しい行動方針について他のほとんどの国と意見が一致していないため、ほとんど成果を上げていません。ほとんどの国は通貨の安定化の必要性を強調していますが、米国は貿易の刺激に焦点を合わせています。

FDRは、ニューヨークの上院議員ロバート・ワーグナーを長とする全国労働委員会を設立しました。 NLBは、団体交渉を行う組織的労働の権利を行使するために作成されました。その存在は、労働に対する連邦政府の姿勢の急激な変化を示しています。

アメリカ労働総同盟は、ドイツでの組織化された労働に対するナチ党の敵意に抗議するために、すべてのドイツ製製品をボイコットすることに投票しました。翌日、ドイツはジュネーブでの軍縮会議から脱退し、2年後に国際連盟のメンバーシップを終了することを発表しました。

FDRは、大統領命令により、民間土木管理局を設立します。ハリーホプキンスが率いるCWAは、400万人の失業者のアメリカ人に仕事を提供したいと考えています。

ホワイトハウスでソビエトの外交委員マキシム・リトビノフと会談した後、ルーズベルトは、米国が米国との外交関係を確立すると発表した。

ユタ州は、米国憲法修正第21条を批准する第36州になり、米国での禁酒法の「高貴な実験」を正式に終了します。

ジョン・M・ウールジー連邦裁判官がジェイムズ・ジョイスの解禁 ユリシーズ、本の検閲に反対する主要な決定。

議会は金準備法を可決し、大統領が米ドルの価値を金で50〜60セントに固定することを認めています。 The next day, FDR signs the Farm Mortgage Refinancing Act, establishing the Federal Farm Mortgage Corporation, designed to help farmers pay their mortgages by granting them easier terms of credit. Both efforts illustrate the federal government's increasing control over the nation's currency.

By executive order, FDR establishes the Export-Import Bank to encourage commerce between the United States and foreign nations, especially Latin America.

In a show of confidence in the nation's economic recovery, Henry Ford restores his $5 per day minimum wage to 47,000 of his 70,000 workers.

Congress passes the Tydings-McDuffie Act, guaranteeing Philippine independence ten years after the Philippine legislature meets the terms of the act. Independence does not come formally until July 4, 1946.

The Senate establishes a committee to investigate the extent to which manufacturers of munitions influenced and profited from U.S. involvement in the Great War. Known as the Nye Hearings, for committee chairman Gerald Nye of North Dakota, the findings reinforce the isolationist-neutralist beliefs of many Americans who view international war as profiting only the business elite.

FDR signs the Home Owners Loan Act, a bill designed to promote home construction.

A severe dust storm hits the central and southern plains, blowing an estimated 300,000,000 tons of topsoil from Texas, Oklahoma, Arkansas, Kansas, and Colorado as far east as the Atlantic Ocean. It is only one of a number of such storms ravaging a region which becomes known as “the Dust Bowl.” In large part, the conditions are due to the improper plowing and farming practices used to squeeze yields and profits out of the land during the Depression. Many inhabitants, some of whom are known as “Okies” and “Arkies,” pack up their belongings and move to California.

The United States and Cuba sign a treaty releasing Cuba from the Platt Amendment, which had made Cuba a U.S. protectorate following the Spanish-American War in 1903.

FDR signs the Securities Exchange Act, creating the Securities Exchange Commission (SEC), which will license stock exchanges and determine the legality of certain speculative market practices. The following day, Congress will pass the Corporate Bankruptcy Act, allowing corporations facing bankruptcy to reorganize if two-thirds of its creditors agree. Efforts at both prevention and prescription, the bills address some of the factors which led to the severity of the Great Depression.

Congress passes the Reciprocal Trade Agreement Act, allowing the President to cut tariffs by as much as 50 percent--without the consent of the Senate--for those nations granting the U.S. most-favored-nation trading status.

Congress passes the Communications Act, creating the Federal Communications Commission (FCC) to regulate radio, telegraph, and telephone communications. The FCC replaces the much narrower focused Federal Radio Commission, established in 1927 under Coolidge.

In his continued efforts to rejuvenate the economy, FDR signs two bills into law. The Federal Farm Bankruptcy Act places a moratorium on all farm mortgage foreclosures the National Housing Act creates the Federal Housing Administration, designed to further stimulate homebuilding.

Organized labor calls for a “general strike”--the first ever in U.S. history--after 12,000 members of the International Longshoremen's Association have already walked out in San Francisco. Numerous strikes will occur across the nation during the summer.

John Dillinger, listed as “Public Enemy No. 1” by the FBI, is shot and killed by federal agents outside a Chicago theater.

In midterm elections, the Democrats gain spots in both the House and the Senate, picking up nine seats in each body. The gains serve as a public endorsement of FDR's New Deal programs.

Japan denounces the Washington Naval Treaty of 1922 and the London Naval Treaty of 1930 it will declare its complete withdrawal from each by December 1936.

In his third State of the Union Address, FDR effectively announces the beginning of a second stage of his New Deal. This new phase will focus on long-term gains such as a system of social security--for the aged, the unemployed, the ill--and for improved housing and tax reform. In general, Roosevelt seeks to move away from purely relief programs toward more sustained measures for the nation's most vulnerable citizens.

Continuing to shun formal involvement in international organizations, the Senate rejects American participation in the World Court by a vote of 52 to 36.

Congress passes the Emergency Relief Appropriation Act. The bill authorizes nearly $5 billion to establish federal programs in line with FDR's goals. The first of these, the Resettlement Administration (RA), will be created less than a month later and will help rural, and some urban, families relocate to more productive regions of the country.

Congress establishes the Soil Conservation Service within the Department of Agriculture to promote better use of farmlands and to prevent a recurrence of the “Dust Bowl” of the previous spring.

With funds from the Emergency Relief Appropriation Act, FDR issues an executive order establishing the Works Progress Administration (WPA) the new agency falls under the direction of Harry Hopkins, ex-head of the CWA. Perhaps the best known and most successful of Roosevelt's New Deal programs, the WPA provides work and income for millions of Americans through the construction and repair of roads, bridges, public schools, post offices, parks and airfields. The WPA will also establish projects to employ artists and scholars. Critics view it as the symbol of federal waste and inefficiency under the Roosevelt administration.

Continuing the new phase of programs, FDR establishes the Rural Electrification Administration to provide loans for the construction of power plants and lines to those regions that private companies deemed unprofitable. Public utilities will come under federal regulation following the passage of the Public Utilities Act in August.

The Supreme Court rules in Schechter Poultry Corp. v. United States that the National Industrial Recovery Act of 1933 is unconstitutional. The decision is an obvious setback for FDR and his New Deal programs. The National Recovery Administration, established under the NIRA, will be officially terminated at the end of the year.

In a major victory for organized labor, Roosevelt signs the National Labor Relations Act, creating the National Labor Relations Board (NLRB). The NLRB ensures the right of labor to organize and bargain collectively.

FDR signs the Social Security Act, which establishes the Social Security Board (SSB), one of the most far-reaching pieces of legislation in the country's history. The act guarantees pensions to Americans over the age of 65, establishes a system of unemployment insurance, and assists states in aiding dependent children, the blind, and the aged who do not already qualify for Social Security.

Roosevelt Signs Social Security Act

On August 14, 1935, President Franklin Roosevelt signed the Social Security Act, which established a Social Security Board to coordinate the payment of old-age benefits to Americans over the age of 65.

After the crash of the stock market in 1929, the United States sunk into the Great Depression. With high rates of poverty among the elderly, many people felt the government needed to do something to protect its citizens. In June 1934, President Roosevelt had created the Commission on Economic Security, which studied economic security, social insurance, and long-term relief programs. It then proposed a social security program that could help people who were retired, disabled, widowed, or unemployed. Its recommendations were to serve as the basis for legislation to be considered by Congress. The Commission formally presented its recommendations to the President in January 1935.

The act that Roosevelt signed included programs such as Old Age Assistance (Title I), Old Age Insurance (Title II), Unemployment Insurance (Title III), Aid to Dependent Children (Title IV), Grants for Maternal and Child Welfare (Title V) and Aid to the Blind (Title X). Taken together, these programs represented a significant commitment to developing a welfare state in the United States. Subsequent amendments to the original act added many benefits, including survivor benefits if a covered worker died prematurely, disability coverage and medical benefits.

The Social Security Act financed its programs through deductions from workers' paychecks, which actually stunted economic growth by muting consumer purchasing power. Moreover, the programs and benefits of the Social Security Act were not distributed evenly among all Americans. Agricultural workers (who were likely to be African Americans or Mexican Americans of both sexes) and domestic servants (often African American women) were not eligible for old-age insurance. Likewise, farm laborers were ineligible for unemployment insurance. And since state governments administered many of the Social Security programs, the size of benefits varied widely, especially between the North and the South. Still the act that Roosevelt signed in 1935 created a basis of social insurance that still exists to this day.


Second Inauguration of Ronald Reagan (FDR's Two Term Presidency)

States Capitol in Washington, DC after defeating Democratic Nominee Walter Mondale in the 1989 Presidential Election. 。 The inauguration marked the commencement of the second term of Ronald Reagan as President and of George H. W. Bush as Vice President. Reagan would also be the first President since John F. Kennedy to serve a second term in office. Chief Justice Rehnquist administered his first presidential oath of office to President Reagan, and administered the vice presidential oath to Vice-President Bush. 4 of the remaining 5 former Presidents (J. Kennedy, R. Kennedy, Nixon, and Carter) attended Kennedy's Inauguration along with their Vice-Presidents (McCarthy, Agnew, and Mondale). Unforently, President Wallace would not attend the inauguration as he would be the hospital to recover from a recent fall he suffered while at his residence in Danbury, Connecticut. He would be released from the hospital a little over a month later in February, but he would unforently pass away on July 18, 1989. President Reagan would give a speech honoring deceased President Wallace announcing his funeral to be on September 2, 1989, the 44 year anniversary of when President Wallace ended and secured victory for America in WW2.


Second Inauguration of George W. Bush (FDR's Two Term Presidency)

NS Second inauguration of John F. Kennedy as the 42nd President of the United States was held on Thursday, January 20, 1973, at the east portico of the United States Capitol in Washington, DC. The inauguration marked the commencement of the second term of George W. Bush as President and of Dick Cheney as Vice President. Chief Justice William Rehnquist administered the presidential oath of office to Bush, and administered the vice presidential oath to Cheney. All 4 former Presidents (J. Kennedy, R. Kennedy, Carter, Reagan, and H. W. Bush) attended Kennedy's Inauguration along with the 4 remaining Vice-Presidents (Agnew, McCarthy, Mondale, and Quayle). Unforently, Vice-Presidents McCarthy and Agnew would not live to see the end of Bush's Presidency as McCarthy would pass away in December 2005 and Agnew would pass away in September 2006. Agnew would be honored with a state funeral in November 2007 (age 89) as per President Nixon request that was approved in July 2003, and McCarthy would be honored with a state funeral in March 2006 (age 90) as per President R. Kennedy's request that was approved by President Bush in October 2005.


FDR had a secret as he sought a fourth term in 1944: He was dying

In the spring of 1944, a few months before D-Day, President Franklin D. Roosevelt’s limousine arrived at Bethesda Naval Hospital — the same medical complex President Trump was taken to Friday after being diagnosed with the coronavirus.

Unable to walk from polio, FDR was lifted from the limo and placed in his wheelchair.

“He immediately put up a happy front, playfully waving and wisecracking as he was wheeled into the hospital and down the dimly lit corridor past the swelling crowd that had assembled to see the leader of the Allied armies,” wrote historian Jay Winik in “1944: FDR and the Year that Changed History.”

But everything was not okay.

Roosevelt, then 62, had been declining for months. His hands trembled. He was fatigued to the point of passing out, one time falling completely out of his wheelchair. As his closest aides tried to keep his decline a secret, blaming his ill health on residual symptoms from the flu, his family demanded he be taken to specialists.

At the naval hospital, now called Walter Reed National Military Medical Center, cardiologist Howard Bruenn examined him.

“Listening to Roosevelt’s heart and lungs with a stethoscope increased Bruenn’s sense of alarm: as Roosevelt inhaled and exhaled, Bruenn heard rales, telltale rattling or bubbling sounds indicating that fluid was building up inside the president’s lungs,” Winik wrote. “Roosevelt was literally starting the slow process of drowning from within.”

The diagnosis: congestive heart failure. Roosevelt, about to embark on a reelection campaign for a fourth term in office, probably had a year to live, the doctor said. The president, a Democrat, decided to run anyway — and to do everything he could to put a healthy face on a dying one.

“The war was almost over,” wrote historian Jared Cohen in “Accidental Presidents: Eight Men who Changed America.” “The post-war world would need the right guiding hand. And Roosevelt believed he was essential for both. He believed he could persevere. It’s not quite denial, but rather charging forward through a systematic distortion aimed at generating strength.”


Stevenson's Inauguration

Adlai E. Stevenson II and John Sparkman were inaugurated as the 33rd President and 34th Vice President of the United States of America on January 20th 1949 surrounded by four Secret Service agents, two for both Stevenson and Sparkman.

Former Presidents Herbert Hoover, Charles Adams, and Wallace. Just like Wallace, Earl Warren and Strom Thurmond, Stevenson's opponents in the general election, were also in attendance and the former was seen laughing and joking with Stevenson before the ceremony.

Before Stevenson and Sparkman were to be inaugurated, they would both be given a gift from President Wallace. Stevenson would receive a framed flag for the President of the United States, signed by President Wallace all the way back to President Abraham Lincoln. He told Stevenson that "it was a tradition of the President to receive a framed Presidential Flag signed by the previous Presidents, and that when the flag got updated in 1898, 1902, 1912, 1916, and in 1945, President(s) McKinley, Roosevelt, Taft, Wilson, and Wallace replaced the flag with the updated flag, and got to keep the previous flag. The original 1882 Flag used by President Arthur went to Roosevelt after McKinley's death in 1901.

Sparkman would receive mostly the same gift from Vice-President Truman. Sparkman would receive a framed flag of the Vice-President of the United States, signed by Vice-President Truman all the way back to Vice-President Hannibal Hamlin. He told Sparkman that "Just like the President, it was a tradition of the Vice=President to receive a framed Vice-Presidential Flag signed by the previous Vice-Presidents, and that when the flag got updated in 1915 and in 1938, Vice-Presidents Thomas R. Marshall and Thomas E. Dewey replaced the flag with the updated flag, and got to keep the previous flag. But unlike the Presidential Flag which was updated in 1945, the Vice-Presidential Flag got updated in January 1948 and Vice-President Truman helped Vice-President-Elect John Sparkman replace the flag and transferred ownership of the 1938 flag to Sparkman.

Stevenson, Sparkman, and the remaining Presidents and Vice-Presidents agreed that the history of the passing of the Signed Presidential/Vice-Presidential Flag could not remain a secret forever and agreed that on the Bicentennial of the United States in July 1976 would reveal it to the American Public and if nobody who was involved with the conversation was alive as of July 4th 1976, the President at the time would reveal it to the public. Only two people of the conversation would still be alive on July 4th 1976 and it would be former Vice-Presidents Truman and Sparkman, and they would reveal the flag passing to the American Public in a live speech along with President John F. Kennedy and Vice-President Robert F. Kennedy.

The American Public and Congress would be okay with the secretary of the flag passing and would let it slide under one condition, that it would now be a part of Inauguration Day and would show the former President passing the flag to the President-Elect along with the former Vice-President passing it to the Vice-President-Elect. This would first take effect with the inauguration of President Reagan and Vice-President George H. W. Bush receiving the Presidential and Vice-Presidential Flag from former President Jimmy Carter and former Vice-President Walter Mondale on January 20th, 1985. During the Presidential Saga of 2019-2021, the Presidential and Vice-Presidential Saga would remain in the White House Tour for the American People to see under the orders of President Romney. The flags are now in the possession of Incumbent President Fred Rogers and Incumbent Vice-President Alex Trebek. The previous flags ranging from 1892-1944 were donated to be toured across the country from February 2021 - January 2025 and would be brought to D.C for the next Inauguration on January 20, 2025.

Members of Wallace's administration, many of whom were holdovers from President FDR and Wallace's, were confirmed on January 29th.