記事

トルニオの住民が皇帝に書いたとき:16世紀初頭のフィンランド北部のスウェーデン王国への帰属意識

トルニオの住民が皇帝に書いたとき:16世紀初頭のフィンランド北部のスウェーデン王国への帰属意識


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

トルニオの住民が皇帝に書いたとき:16世紀初頭のフィンランド北部のスウェーデン王国への帰属意識

ランバーグ、マルコ(フィンランド、ユヴァスキュラ大学)

MIRATORKESÄKUU/ JUNI / 6月(2000)

概要

11世紀から12世紀にかけて、フィンランド語を話す部族が住んでいた地域は、東カレリアを除いてスウェーデンの領域に組み込まれました。スウェーデンとノヴゴロド(ロシア)の間の最初の既知の平和条約が1323年にこれらの勢力間の境界を定義したとき、東カレリアだけでなく北フィンランドもロシア人に任されました。しかし、フィンランド人入植者は1323年に定義された国境をすでに越えており、平和条約後もそうし続けました。後者はボスニア湾の東海岸の北部をロシアの領土の一部と見なしていたため、これは15世紀の間に入植者とカレリア-ロシアの商人の間で時折激しい紛争を引き起こしました。したがって、フィンランド人入植者は中央当局から遠く離れた危険な無人地帯に住んでいました。

この研究は、1514年3月6日付けのNaantali(FMU VII 5711)にさかのぼる1つの独特な文書に焦点を当てています。この文書は、フィンランド北部のトルニオの大衆が、ロシア人またはカレリア人の略奪遠征中に教会から持ち去られた貴重品を取り戻すために皇帝に送った手紙について述べています。手紙の内容はストックホルムの商人によって口述されており、その手紙はスウェーデンの摂政、スウェーデンの大司教、そしてスウェーデンの枢密院全体の名前で書かれたという意味で偽造でした。偽造は、ロシア人に対する野蛮で信頼できない人々としての現代の見方と矛盾するため、興味深いものです。フィンランドの入植者は、異なる信仰を固守しているにもかかわらず、皇帝がスウェーデンの王と同じくらい正しいことを明らかに信じているか、少なくとも望んでいました。摂政はそう信じられていた。同時に、この文書は、彼らの代わりに行動する彼ら自身の政府の能力に対するこれらの人々の不信を私たちに告げています。


ビデオを見る: Scandinavian life Autumn in Sweden. Fathers birthday gift. Tea time with Japanese sweets (かもしれません 2022).