記事

中世後期の教区委員会の説明と教区政府:ロンドンとブリストルの先を見る

中世後期の教区委員会の説明と教区政府:ロンドンとブリストルの先を見る


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

中世後期の教区委員会の説明と教区政府:ロンドンとブリストルの先を見る

ビートクミン

英語の歴史的レビュー、Vol。 119 No.480(2004)

要約:この寄稿は、中世後期の英国教区の歴史学において争われている多くの問題をレビューしています。このジャーナルの最近の記事でCliveBurgessが表明した見解とは対照的に、Churchwardensのアカウントの信頼性は一般的な方法で判断することはできず、歴史家が答えたい特定の質問に依存すると主張されています。教区委員会が彼らの小教区に代わって行う通常の金融取引について信頼できる洞察を提供する一方で、彼らは地元の宗教生活の歴史全体にはまったく不十分です。機能、文脈、記録の編集を詳しく調べることは、定量分析が可能であるだけでなく、教区体制の情報に基づいた議論のための必須の前提条件であることを示唆しています。地域社会の複雑さと比較の視点の望ましさは、複数のアプローチを必要とします。最後に、「教区全体」のさまざまな(宗教的、政治的、行政的)構成における教区委員の中心的な役割が再確認されます。


ビデオを見る: 頑固亭異聞日本は自主防衛しかないR21214 (六月 2022).