記事

中世イスラームの薬局と麻薬中毒の歴史

中世イスラームの薬局と麻薬中毒の歴史


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

中世イスラームの薬局と麻薬中毒の歴史

サミ・ハマーネ

病歴: Vol.16:3(1972)

概要

特にケシ(Papaver somniferum Linn。)と麻(Cannabis sativa Linn。)の使用による薬物中毒は、この論文の主な関心事です。中世のイスラム教におけるこれらの2つの植物の使用は広範でしたが、医学と薬理学の歴史家によってこのタイムリーな主題について書かれたものはほとんどありません。現代の元の情報源を参考にして、それらの普及と消費の歴史、およびそれらの誤用の社会的、経済的、政治的、医学的影響をスケッチすることが私の希望です。当時も広く使用されていた他の中毒薬については、詳細に扱われません。

ポピーと麻の原産地を想定しています。しかし、ポピーは小アジアとメソポタミア北部、ペルシャ、インド、ポピーがまだ栽培されている地域に固有のものであった可能性があります。これらの地域の古代の人々が痛みを和らげ、喜びや睡眠を誘発するための治療法としてそれを使用したことは間違いありません。これらのアジア諸国から、ポピーは18王朝の間にエジプトに持ち込まれました。そこで知られている2つの密接に関連する品種、PapaversomniferumとP.rhoeasのうち、最後のものはファラオの庭で栽培され、装飾品で表され、古代の絵画に描かれていると報告されています。ギリシャローマ時代には、エジプト、特に上エジプトのテーベ(ルクソール)地域は、ポピーを栽培し、ギリシャの島々や地中海世界にオピウム(opium thebaicum)を輸出する有名な中心地になりました。商業海路とミノアクレタ島を経由して、ポピーとその効果的なラテックス(ジュース)であるアヘンが古代ギリシャ人によって運ばれ、使用されました。クリティコス
パパダキは、ホメロスのイリアスとオデッセイで2つの伝説を報告しました。1つは、デメテルがプルートによる娘のペルセポネの押収に絶望し、アヘンまたはポピー(ギリシャ語でネペンテス)を食べて眠り、彼女の悲しみの意識を失ったことです。ヘレンがテレマコスと彼の同志に彼らの悲しみを忘れるためにそれを与えたもう一つ。とても広範囲
ポピーカプセルは古代ギリシャの神々の彫像の装飾のために表され、発掘された置物、浅浮き彫り、花瓶、墓石、硬貨、宝飾品で発見されたポピー文化でした。


ビデオを見る: 073 アフリカのイスラーム化教科書114世界史話プロジェクト第08話 (六月 2022).