記事

1266年の日本に対するモンゴルの意図:モンゴルの手紙から宋への証拠

1266年の日本に対するモンゴルの意図:モンゴルの手紙から宋への証拠


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

1266年の日本に対するモンゴルの意図:モンゴルの手紙から宋への証拠

ケネス・W・チェイス

Sino-日本研究ジャーナル、Vol.9:2(1990)

はじめに:モンゴル帝国の皇帝クビライは、1265年に日本に使節を派遣することを最初に決定しました。 元シー モンゴル人が日本について聞いたのはこれが初めてであり、少なくとも日本とのコミュニケーションが可能であると聞いたのは初めてだったことを意味します。「[治世]の2年目に人民元の人民元-tsu [Khubilai]、韓国のCho Yiらが日本の国と通信できると言ったので、使節を送ることができると決定されました。」

1266年8月に2人の使節、ヘイティとインフンがモンゴルの宮廷から手紙を持って出発した。彼らは3か月後に韓国の首都カンドに到着し、翌月2人のガイドを続けた。 1267年の最初の月に巨済島に到着した後、彼らは日本への横断をすることに吠え、彼らは任務を完了せずに戻った。

1267年の8か月目に、同じ2人の使節が再びモンゴルの宮廷を離れて韓国に向かい、そこで彼らはパンプという韓国の役人に手紙を託しました。パンプは1268年の最初の月に博多に到着し、 守護 モンゴルの手紙、韓国の王からの手紙、そして彼自身の手紙の3つの手紙で、Chikuzen、ShoniSukeyoshiの。ザ・ 守護 翌月、閏の最初の月に、3通の手紙すべてを鎌倉に送った。


ビデオを見る: モンゴル軍の巧妙な侵略と対する北条時宗の偉大な功績動画で語る世界の歴史ゆっくり解説神風台風ワールシュタットの戦い元寇対馬宋源氏鎌倉幕府執権高麗モンゴル帝国 (六月 2022).