記事

中世の英国の村における家族、経済、消費、c。 1300

中世の英国の村における家族、経済、消費、c。 1300


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

中世の英国の村における家族、経済、消費、c。 1300

フィリップ・スコフィールド(アベリストウィス大学)

中世の農村世界における消費パターンと生活水準、9月18〜20日、バレンシア大学(2008)

概要

中世イギリス経済の最近の歴史学の特徴の1つは、その商業化、市場の役割、そして家族を超えた経済活動に低個人でさえ引き込まれた度合いに重点を置いていることです。その意味で、かつては中世の英国農民の議論の中心であった家族は、少なくとも私たちの商業的および経済的取引の執筆における強い存在感と比較して、かなり自信を持って経済的にそして準政治的に統合された農民。

とはいえ、言い換えれば、家族の議論は、生産と消費の個別の単位としての家族の考察から、家族とそのメンバーがより広い経済に不可欠であると認識されるものへと移行しました。たとえば、個人や家族がより広い経済の生産者として、または自分たちの創造物だけでなく資源の消費者として従事する程度において。


ビデオを見る: 世界史 中世各国史 イギリスフランス史 分 (六月 2022).


コメント:

  1. Dolkree

    この問題の助けをありがとう。あなたに注目すべきフォーラム。

  2. Reaves

    間違える。

  3. Aziz

    それは私には、あなたは間違っていたようです

  4. Maulrajas

    申し訳ありませんが、それは干渉しました...しかし、このテーマは私に非常に近いです。助ける準備ができています。



メッセージを書く