記事

夫婦の借金と中世の教会法

夫婦の借金と中世の教会法


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

夫婦の借金と中世の教会法

マコウスキー、エリザベスM。

同様に神の像:中世の女性、 編集、ジュリア・ボルトン・ホロウェイ、ジョアン・ベクトルド、コンスタンス・S・ライト(ピーター・ラング、1990)

概要

法学は中世のキリスト教教会に浸透しており、その法家が中世の制度に与える影響は、いくらか十分に調査されていない現象であるとしても、争われていません。結婚の制度は、それが何世紀にもわたって所有し続けるであろうカノン弁護士の手によって定義と性格を受け取りました。中世の結婚慣行を規制する彼らの努力が完全に成功しなかった場合、教会法学者は結婚と人間のセクシュアリティに対する西洋の態度に影響を与えることに失敗しませんでした。

このエッセイは、12世紀から14世紀半ばまでの期間、つまり科学法学が成熟した時代の結婚における性的関係についての規範的な教義を扱っています。その具体的な焦点は、夫婦の借金の概念、つまり、夫と妻の両方が彼らの配偶者の要求に応じて性的に実行する義務があるという概念です。

もともとはコリントの信徒への手紙第1章7.3-6のパウロから派生したこの機会均等の概念は、夫婦間のセックスについての規範的な議論の礎石を形成しました。弁護士たちは、この理想を他のより制限的であるが権威のある宣言とともに教会法の発展に同化させようとしました。独創的で折衷的な教義は、教会法学者が、排他的ではないが、2つの著名な権威であるポールとオーガスティンに頻繁に依存する結果となった。


ビデオを見る: 実話借金地獄になったギャンブル依存症のリアルどっぷりハマった夫婦が10年で1,500万以上の借金でお手上げ状態に (かもしれません 2022).