記事

精神障害としてのせん妄の歴史の簡単なレビュー

精神障害としてのせん妄の歴史の簡単なレビュー


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

精神障害としてのせん妄の歴史の簡単なレビュー

DIMITRIOS ADAMIS(Oxleas NHS Trust、英国)、ADRIAN TRELOAR(Oxleas NHS Trust、英国)、FINBARR C. MARTIN(Guy’s and St Thomas’NHS Foundation Trust、ロンドン)、ALASTAIR J. D. MACDONALD(精神医学研究所、ロンドン)

精神医学の歴史, 18(4): 459–469 (2007)

概要

古代から20世紀までのせん妄に関する最も重要な概念を確認します。また、これらの概念が予後と結果によって引き起こされる特定の問題にどのように対処してきたかという問題にも焦点を当てています。さまざまな用語が使用されていますが、せん妄の確固たる説明は古代から存在していました–ある時は症状として、ある時は症候群として。何千年もの間、せん妄は非常に致命的な症候群であり、今もなおそうであることは明らかです。生存者の精神的転帰が悪いことがしばしば指摘された。せん妄は生存者の完全な回復によって特徴づけられると考えられたのは20世紀になってからであり、これはおそらく認知症との明確な区別を望んでいたためでした。

「せん妄研究の3千年」にもかかわらず、せん妄は定義するのが難しく、研究するのが難しいままです。せん妄は通常、身体の病気によって引き起こされる急性、変動、一過性、可逆性の状態であると想定されています。急性エピソードが寛解すると、病前の機能レベルに再び到達し、性格は損なわれずに再び現れます。しかし、経験と調査によると、これが常に当てはまるとは限りません。せん妄は、特に高齢者や認知症の既往のある人では、しばしば不可逆的です。 2つの国際分類(ICD、DSM)は、専門家間の診断の同時有効性を高め、専門家間のコミュニケーションを促進することができますが、両方のシステムはせん妄の定義に関して批判されています。 ICDとDSMは、せん妄を障害として定義しますが(病因がわかっている場合でも)、せん妄を症候群として特徴付けます。 2つのシステムは結果に従ってせん妄を定義しないため、(少なくとも生存者では)せん妄は認知の可逆性に従って定義されるべきであると主張されてきました。


ビデオを見る: せん妄 認知症とせん妄の違い (かもしれません 2022).