記事

中世後期における魔法の女性化と女性魔女の新たなアイデア

中世後期における魔法の女性化と女性魔女の新たなアイデア


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

中世後期における魔法の女性化と女性魔女の新たなアイデア

マイケル・D・ベイリー

中世学のエッセイ、第19巻(2002)

はじめに:魔女の姿は、中世の終わり頃にヨーロッパで最初に登場しました。つまり、魔術のすべての個別のコンポーネント(有害な魔術や邪悪、悪魔主義、異端のカルト活動、夜行性の飛行のアイデアなどの一般的な民間伝承から引き出された要素)は、中世のほとんどの期間にのみ存在すると広く信じられていました。 15世紀には、これらのコンポーネントが悪魔の魔術の単一の概念に統合されました。また、15世紀には、少なくとも多くの現代人にとって、おそらく最も印象的で説得力のあるステレオタイプの要素である魔術の側面が現れました。魔術と男性ではなく女性との顕著な関連性です。この関係は、1486年にドミニカ人の異端審問官ハインリヒ・クラーマーによって書かれた、魔術を扱った中世後期の最も有名なテキストである魔女狩りのマニュアル、マレウス・マレフィカルムで最も完全かつ冷酷に発展しました。魔術を、彼が女性の精神的な弱さと彼らの自然な悪の傾向と見なしたものに完全に結び付けました。とりわけ、彼は魔術をおそらく制御されていない女性のセクシュアリティに関連付け、「すべての魔術は肉欲から来ており、女性では飽くなきものである」と有名に結論付けました。それでも、女性の魔女の考えはクレイマーにとって目新しいものではありませんでした。 15世紀を通じて、魔術と魔術を試みた女性の数は男性の数よりも大幅に多く、魔術と女性の特別な関係は、マレウスの出版の完全に50年前に権威ある文献に登場しました。 1437年頃に書かれた彼のフォルミカリウスでは、ドミニカの神学者であり宗教改革者であるヨハンネスニーダーは、女性は男性よりも魔女になりやすいと主張した最初の聖職者でした。実際、この問題の彼の扱いは後のツチ骨に非常に影響を及ぼし、クレイマーはニダーのテキストのセクション全体を事実上逐語的に、女性の悪に対する傾向の彼自身のより広範な分析に取り入れました。


ビデオを見る: 異世界漫画魔族の世界を征服目前にしてなぜか人間界に堕ちてしまった!! 1 15マンガ動画 (かもしれません 2022).