記事

汚れた本:濃度計を使用した中世の写本での使用パターンの定量化

汚れた本:濃度計を使用した中世の写本での使用パターンの定量化

汚れた本:濃度計を使用した中世の写本での使用パターンの定量化

キャサリン・M・ルディ

オランダ美術史家誌、vol 2、no。 1-2(2010)

はじめに:中世の過去に住んでいた人々の習慣、私的な儀式、感情的な状態を研究することはしばしば困難ですが、中世の写本は、これらのとらえどころのない現象のいくつかの記録を提供する表面に使用と摩耗の兆候を示しています。写本のカテゴリーであるミサ典書が使用の兆候を示す最も明白な方法の1つは、ミサ典文の開口部によく見られる損傷です。司祭はミサ典書の正典のページに繰り返しキスをし、唇、鼻、額から分泌物をページに堆積させました。 15世紀の最初の10年間にユトレヒトで作られたハーレムリネンウィーバーズギルドのミサ典書では、照明器具は、はりつけを描いた全ページのミニチュアの下部に振動プラークを提供しました。このプラークは、司祭が繰り返しキスをしたときの損耗に耐えるように設計されています。照明器具は、他の場所で唇をそらすことができなければ、司祭が絵画に損傷を与えることに気づきました。このミサ典書を使用したハーレムの司祭は、時々振動プラークにキスをしましたが、彼の唇も上向きに、ミニチュアのフレームに、十字架の下の地面に、十字架のシャフトを上って、時々の足にキスをしましたキリスト。

ミサ典書は摩耗や使用の習慣を明らかにするという考えを前提として、この記事では、こすられて取り扱われた他の原稿、特に祈祷書をまとめます。これらの例は、中世の人々がどのように本を操作したかを明らかにし、彼らの習慣や期待の一部を明らかにし、最終的には中世の読者の感情的な生活の側面を明らかにします。私は最初に、特定の画像、または画像の特定の領域に向けられた、あるいは時々テキストに向けられた献身的なキスや摩擦によって画像がどのように磨耗したかを考えます。次に、取り扱いによって原稿に誤って資料が追加されることがよくあったことを考えます。ユーザーは、本に献身的なオブジェクトを貼り付けるために糸と接着剤を使用し、ユーザーがベラムの繊維にページをすりつぶすと、指紋と汚れがページを暗くしました。読者が本の特定のセクションをより激しく使用するほど、それらのフォリオはより激しく変色します。読者の反応に関するこの議論への私の貢献は、反射面の暗さを測定する装置である濃度計を使用してこの摩耗を定量化することです。濃度計により、摩耗を客観的に測定することができました。これは、ベラム(または紙)の原稿サポートの黒ずみと正の相関があります。結果は、特定の読者が彼の本をどのように扱ったか、彼が扱った本のどのセクション、そして彼が無視したかを明らかにします。これらについては、以下の一連のケーススタディとして説明します。

s


ビデオを見る: 京都大学 化学実験操作法操作法 1: 19. 器具の洗浄法 (1月 2022).