会議

王子、公園、そして獲物:14世紀と15世紀のミラノとその周辺での狩猟

王子、公園、そして獲物:14世紀と15世紀のミラノとその周辺での狩猟

王子、公園、そして獲物:14世紀と15世紀のミラノとその周辺での狩猟

CristinaArrigoni-Martelli著

で与えられた紙 中世研究に関する第47回国際会議 (2012)
セッション:中世の環境III:動物資源の活用と管理

ヨーク大学のCristinaArrigoni-Martelliは、中世ヨーロッパの貴族の最も人気のある活動の1つである狩猟に参加するために中世後期にミラノ公国が行った努力を調べています。ヴィスコンティとスフォルツァの支配者は頻繁に狩猟に参加し、運動は彼らをリラックスさせてリフレッシュさせたと言いました。しかし、Arrigoni-Martelliは、これらの狩猟を実行するために、多くの管理作業を実行する必要があることも指摘しています。

ミラノ公国には、山岳地帯(クマやレッドディアが生息する場所)から平野や森まで、さまざまな風景が含まれていました。公国はさまざまな地域の行政パッチワークであり、これらの狩猟の組織には、犬や猛禽類の飼育を担当する可能性のある監視員、鷹狩り、地方公務員など、常に多くの役人が関与していました。

これらの地元の人々は、狩猟動物についても知る必要がありました。どこで狩りをし、動物の個体数がどれだけ残っているかを知る必要がありました。また、地元の人々が自分たちでゲームを密猟していないことを確認するために、これらの土地を警備する必要がありました。公国の中央部での狩猟は、木材の伐採と同様に厳しく規制されていました。

ミラノ公国はまた、公爵とその家族が自由に狩りをすることができる鹿を飼うことができる、地域にフェンスで囲まれた特別な狩猟公園を作りました。これらの狩猟公園は、1360年頃に公園が作られたパヴィアなどの公爵の宮殿に接続されることがよくありました。この狩猟公園は長さ7.4 kmで、自然と人工の水路、魚のいる池、庭園、鳥小屋、道路、小さな建物。公園の一部は農業に使用されていましたが、北半分は狩猟に使用される厳密に森林に覆われた土地で、通常は鹿でした。チーターなどのよりエキゾチックなゲームもこれらの公園に輸入され、ミラネーゼには船で到着したこれらの動物のいずれかを購入する役割を持つ男性がヴェネツィアにいました。狩猟公園は高官の娯楽にも使用され、殺害地帯は法廷の女性のような狩猟以外の人々にも見える可能性があります。

Arrigoni-Martelliはまた、地方公務員に課せられた狩猟要求がどのように憤慨を引き起こす可能性があるかについても言及しています(しかし他の人にとっては公爵に満足する方法かもしれません)。もう1つの問題は、病気やオオカミの犠牲になる可能性のあるゲームの個体数、特にシカを維持することでした。


ビデオを見る: 17世紀イギリスで起きたエヤムの疫病とは (1月 2022).