会議

アイリッシュ海地域の飢饉と疫病、西暦500〜800年

アイリッシュ海地域の飢饉と疫病、西暦500〜800年

アイリッシュ海地域の飢饉と疫病、西暦500〜800年

ミシェル・ジーグラー(セントルイス大学)

で与えられた紙 中世研究に関する第47回国際会議 (2012)

ミシェル・ジーグラーは、なぜ中世に疫病がそれほどひどく見えたのかという質問を調べます。なぜ中世の人口はそれほど頻繁に死ぬのですか?栄養失調のせいですか?

Zieglerは、適切な食物が不足すると免疫系が抑制され、人々が病気にかかりやすくなるため、栄養失調とエピデミックの間に相関関係が見られることが多いと述べています。この状況は、ペストが発生すると悪化する可能性があります。これは、生産性の低下を引き起こし、難民を生み出し、それがさらに栄養失調の一因となる可能性があるためです。彼女は、中世の人々が疫病や食糧不足のために他の地域に逃げることはめったにないと付け加えました。

彼女の研究は、中世初期のイギリスとアイルランドに焦点を当てており、アルスター年代記、アドムナンのコロンバの生涯、ベーダの作品など、数多くの書物を利用できます。これらの情報源は質が不均一であり、アルスター年代記などのいくつかは他の作品よりも詳細な情報を提供しています。

この調査に基づいて、ジーグラーは、アイリッシュ海地域が536、538-、670、675-8、685、699-701、708、737、748、760、764-5年に飢饉に見舞われたと結論付けています。 773、778-9、793、および799。彼女はまた、飢饉のエントリの多くが、大雪や685年の「赤い雨が降った」などの気象イベントに関連していることを発見しました。8世紀にはいくつかの出来事がありました。大雪に関連した牛の死亡数。

牛が失われると、牛乳、チーズ、ホエイ、乳製品が失われるため、人間が利用できる食品が大幅に削減される可能性があります。冬に飼育された唯一の牛が繁殖に使用されたため、冬の牛の死亡は特に厳しく、この損失は今後数年間在庫を枯渇させるでしょう。

Zieglerは次に、「blogachを伴うハンセン病」(おそらく天然痘)および「血の流れ」(764、768、770、773、774、777、および778年に発生した赤痢様疾患)である可能性のある疫病のエピソードを調べます。病気の最悪のエピソードの中には、545年にビザンチウムからアイルランドにペストが到着したことが含まれます。アルスターの年報はこれを「出血」と呼びました。この疫病のために赤痢の。

別の特に強いペストは、アイルランドが殺された子供たちの病気に襲われた683-684年に発生しました。アイルランドの断片的な年報は、「すべての首長とほぼすべての若いアイルランドの貴族が死んだ若者の疫病」について報告しています。

ジーグラーは、中世初期のアイルランドの海域に関する彼女の研究で、飢餓とペストの間に有意な相関関係を見つけていませんが、人間の血の流れにつながる牛のムレインの間に相関関係を見つけています。

ミシェル・ジーグラーと彼女の研究分野については、彼女のWebサイトで詳しく知ることができます。 伝染病–歴史的な感染症についての考え


ビデオを見る: キリスト教キリスト教のダークサイド序 (1月 2022).