記事

中世初期の「Heretics」と教会の必需品としての宗教運動

中世初期の「Heretics」と教会の必需品としての宗教運動

中世初期の「Heretics」と教会の必需品としての宗教運動

StephenEperjesy著

星座、Vol.3:2(2012)

要約:ヨーロッパにおける「キリスト教中世」の性質とフランス国内で活動する「異端グループ」の相互作用は、「キリスト教」ヨーロッパと「異端」という用語を聞いたときに私たちが思い浮かぶ単純なモデルではありません。教会によって具現化された権力のジャガーノートは、何にも屈せず、貧しくて知性のない「異端者」を根絶します。この論文は、教会と「異端者」グループの間の非常に複雑な関係に読者を啓発するために冒険します。さらに、「異端者」のメンバーシップ、彼らの産業、および主要な歴史家からの現代の貢献を調べることで、読者は、教会が「異端者」に向けた適応の方針をどのように実施し、積極的に採用しようとしたかを見ることができますが、必ずしもこれらを根絶する必要はありません異端のグループ、教会自体に投資し、その権力基盤を強化するために。


ビデオを見る: FGOx刀語 MAD英霊剣豪七番勝負亡霊達よ野望の果てに眠れ (1月 2022).