記事

キエフ大公国とピャスト朝のキリスト教化

キエフ大公国とピャスト朝のキリスト教化

キエフ大公国とピャスト朝のキリスト教化

StephenSzypulski著

トロイカジャーナル、第1巻第2号(2011)

はじめに:10世紀のピャスト朝とキエフ大公国の指導者たちは、時代の政治的および社会的変化に直面したため、それぞれの土地の指導者たちは、自分たちの利益を保証する手段として宗教を求めることを選択しました。ウラジミールとミェシュコの役割と特徴は、彼らの個人的および政治的関係が彼らの統治社会の未来を形作ったので重要です。どちらも異教と民族的にスラブの背景から来ましたが、リーダーはそれぞれ選択したキリスト教の部門で分岐しましたが、両方の回心は同じ時間枠内で各地域で行われました。これらの新しい宗教的思想や文化の注入による影響はゆっくりと現れ、それぞれの土地が直面した独特の社会的および政治的経験に起因する可能性があります。

キリスト教は、公式の印心が行われる前の約1世紀の間、キエフ大公国に最小限の形で存在していたと考えられています。ルーシのキリスト教の家長と見なされているウラジミールの祖母、オルガは、ビザンチン帝国の皇帝コンスタンティノス7世から「奴隷、ワックス、蜂蜜」を求められ、それによってコンスタンティノープルへの旅行を促し、そこで洗礼を受けました。 、おそらく954年か955年頃。政治的には、バプテスマを受けた後、彼女の地位は上昇した可能性がありますが、後に彼女が959年にザクセンのオットー1世に要求したため、ルーシの使命を受けるという彼女の意図はコンスタンティノープルで計画どおりに進みませんでした。司教の使命を彼女の土地に送ってください。


ビデオを見る: ゆっくり解説オーストリア帝国 (1月 2022).