ビデオ

中世の目を通して宇宙

中世の目を通して宇宙

中世の目を通して宇宙

ロバートバートレット(セントアンドリュース大学)による講演

2012年5月にアダムスミス大学で与えられた

抜粋:800年前の教育を受けた人が世界について考える方法。彼らは宇宙についてどう思いましたか?彼らは世界が何でできていると思いましたか?世界にはどんな生き物が住んでいましたか?

セントアンドリュース大学のロバートバートレット教授は、中世の人々が世界をどのように認識していたか、さまざまな土地や動物、太陽系、占星術などについてどのように感じたかについて語っています。これは愚かさではなく情報の欠如によるものでしたが、歪められました。話は幅広く、有益で、しばしば非常に面白いものです。

上の画像:天体の図—ポルトガルの宇宙誌学者および地図製作者バルトロメウヴェーリョによるプトレマイオスの天動説の図解、1568年


ビデオを見る: 光は粒子なのか波なのかノーベル物理学賞全解説19211940 (1月 2022).