会議

Qui facit adulterium、frangit fidem et promissionem suam:Adultery and the Church in Medieval Sweden

Qui facit adulterium、frangit fidem et promissionem suam:Adultery and the Church in Medieval Sweden

XIV:第14回中世教会法国際会議

2012年8月5日〜11日(カナダ、トロント)

Qui facit adulterium、frangit fidem et promissionem suam:Adultery and the Church in Medieval Sweden

ミア・コルピオラ

この論文は、中世スウェーデンの姦淫と教会に焦点を当てました。 1442年、女性は姦淫と夫の殺害で告発されました。彼女はなんとか両方の告発の告発から自分自身を解放することができました。彼女が有罪とされた場合、彼女は朝の贈り物を失うでしょう。 11年後、彼女の夫も彼女をそのように非難したことがなかったので、無罪の評決は裁判所によって支持されました。姦淫に関するテキストを入手するのは非常に困難です。スウェーデンでは、スウェーデンが約1000人のキリスト教化され、裁判所が性犯罪を管轄したとき、姦淫はすでに犯罪でした。

誰が非難することが許されましたか?姦淫の最初の言及は13世紀の前半にさかのぼります。姦通はこの時点で教会の領域に属し、姦通の罰金は司教に支払われました。東ゴシアでは、法律は両方の法域に属し、世俗的および教会論的システムが混在しており、罰金は国王と司教に課せられました。 1345年、成人は教会に追加の罰金を支払わなければなりませんでした。田舎では、何人かの司教が姦淫事件を聞いて裁きました。 1522-1527年の間に:64件の事件が司教の前に持ち込まれ、12件だけが性的犯罪でしたが、その結果については何も記録されていません。いくつかの結婚紛争は不貞と近親相姦の告発を含み、教区のプロヴォストはこれらの事件を聞いた。

古い教会法の手続きは明確でした。裁判所は主張を調査し、提案がなされましたが、12世紀までに、尋問手続きが告発手続きに取って代わりました。人は疑惑や噂に基づいて誰かを告発する可能性があり、誰もが告発者になる可能性があります。夫は疑惑だけで告発することができ、彼が間違っていることが証明されたとしても名誉毀損の罪に問われることはありませんでした。しかし、告発が虚偽であることが証明された場合、妻は彼を去ることができた。夫がその行為で妻と彼女の恋人を捕まえた場合、彼は彼らを殺すことができ、彼らの無実を証明できない政党は公の罰を受ける必要がありました。スウェーデン社会は、侵襲的であったため、この新しい尋問手続きに嫌悪感を抱きました。スウェーデンの人々は、姦淫は家族の中で秘密にされるべきものであると信じていました。これらの新しい法律はそれに挑戦し、教会にあまりにも多くの権力を与えました。

14世紀半ばの町の法律では、配偶者がお互いを非難することしか許可されていませんでした。他の人は罰金を科せられます。町民が侵入し、その行為で成人を捕まえた例がありますが、彼らが彼女を非難するためには、これは明白でなければなりませんでした。スウェーデン当局は、姦通の事件を直接判断することはめったにありません。地方の学部長が性犯罪の判断を担当していました。米国聖公会の検察官は、夫が最初に妻を非難しない限り、または子供が不法な組合から生まれたか、成人した人が恋人と一緒に引っ越さない限り、妻を非難することはできませんでした。スウェーデンの妻が夫を姦淫で非難することはめったにありません。中世後期にかけて時間が経つにつれて、スウェーデンではこれらの「職権上の」手続きの増加と死刑執行の増加により悪化します。


ビデオを見る: Medieval Christian Church (1月 2022).