会議

中世後期の北フランスにおける姦淫

中世後期の北フランスにおける姦淫

XIV:第14回中世教会法国際会議

2012年8月5日〜11日(カナダ、トロント)

中世後期の北フランスにおける姦淫

サラ・マクドゥーガル(CUNY)

中世の教会法学者は、婚外性交渉を明確に非難しました。人々はこれらの法律で何をしましたか?この論文では、性別と、これらの法律が妻と夫をどのように扱っているかを検討しました。マクダガルは、2つの標準的な規則について説明し、次にそれらをフランス北部で見つかった事例に関連付けることから始めました。最初の標準的なルール:成人の罰としての修道院の囲い込み。これは、16世紀以前のフランスでは認識できる役割を果たしていませんでした。 2番目のルール:夫は浮気妻を捕まえたとしても殺すことはできません。

姦淫の女性に対する一般的な罰–鞭打ち、頭を剃る、そして姦淫者を通りでパレードすることは、囲い込み前の入場手続きに似ています。夫は彼女を連れ戻すか、彼女を永久に閉じ込めたままにすることができました。教会法学者はまた、姦淫には男性が含まれることに同意し、夫の浮気はもっと悪いとさえ意見を述べました。しかし、実際には、ほとんどの教会法学者は主に女性に焦点を当てており、浮気をしている夫には焦点を当てていませんでした。南フランスでは、男性と女性が姦淫のために鞭打ちされました。

15世紀、議会は不倫の妻を囲い込みで罰していませんでしたが、夫を囲い込みで殺害した人々には罰を求めました。 16世紀以前に、女性が姦淫の罪と殺人を複合していなかった場合、彼女は封じ込められませんでした。これに反する例はまだ見つかっていません。

姦淫は配偶者の殺害ほど悪ではなかったので、姦淫の妻を殺すことはできませんでした。男性が妻を殺害した場合、夫は追放されるか、妻の財産と再婚する能力を失ったか、再婚するために調剤を必要とします。教会法学者は、妻が夫を殺すよりも夫が妻を殺すことに関心があり、これは以前の文化的規範と法律のために理にかなっています。クリスチャン時代以前は、夫には姦淫の妻を殺す権利がありました。これが、教会法学者がこの行動にもっと関心を持っていた理由です。王室の寛解を求めた殺人の夫は、悔い改めない妻を明らかに正そうとした「注意深く作られた物語」を提供しなければなりませんでした。多くの場合、これらの物語があっても、それらは依然として王室の役人によって処刑されました。結婚するための調剤は非常にまれであり、イタリアからは1つの例しか見つかりませんでした。夫婦殺人の規範的な禁止は行動に影響を及ぼし、代わりに夫が恋人を追いかけました。


ビデオを見る: 西洋画概論第8回マニエリズムベネチア派 (1月 2022).