人類の歴史の中で動物を見る

人類の歴史の中で動物を見る

人類の歴史の中で動物を見る

リンダ・カロフ

ロンドン:Reaktion Books、2007年

内容

1)先史時代、紀元前5000年以前

新しい関係

2)古代、紀元前5000年〜西暦500年

手つかずの自然、都市、戦争–家畜化–狩猟–スペクタクルとしての虐殺–メナジェリーとエキゾチック

3)中世、500〜1400

関係の変化–動物、道徳と性別–動物と価値の低い人間–家畜化–動物、人間と疫病–狩猟–恐怖–公の行列と儀式–動物裁判–娯楽–中世の動物園

4)ルネッサンス、1400〜1600

死、病気、死んだ動物–狩猟–社会的障害と動物虐殺–動物の餌付け–動物の餌付けの文化的分析–儀式と儀式–角、男らしさと名誉–動物福祉に向けて

5)啓蒙主義、1600〜1800

死んだ動物の肖像–生きている動物の肖像–儀式としての動物虐殺–娯楽としての展示–エキゾチックとペット–犬と狂犬病–教育としての展示–残酷さへの反対の高まり–残酷さを見る

6)近代性、1800〜 2000年

ドッグカート、狂犬病、セックス–博物学と狩猟–狩猟のスペクタクル–動物園のスペクタクル–テーマパークのスペクタクル–儀式としての闘牛–ポストモダンの動物を見る

抜粋:中世の農業と技術の革新はまた、自然に対する態度に大きな変化をもたらしました。リン・ホワイトによれば、人間はスクラッチプラウと四角い畑に限定され、家族単位を維持するのに十分な土地で働いていたとき、自然の一部でした(自給自足農業)。北ヨーロッパでの重い鋤の開発に伴い、中世の農民は動物をプールして一緒に耕し、協力的な鋤チームを作りました。現在、土地は農民のチームへの貢献に応じて分配され、協同組合の耕作は、家族の自給自足の必要性ではなく、土壌を耕す能力に応じた土地の分配を奨励しました。ホワイトは、自然界に対する態度もキリスト教の宗教的熱意によって変化したと主張し、それは自然が精神的であるという仮定を解体し、人間が自然界を利用することを奨励した。

中世後期までに、ヨーロッパの人と動物の関係は根本的に変化しました。ますます多くの土地が耕作されるにつれて、荒野は後退し、森の大きさはそれが支えることができる豚の数に基づいて推定されなくなり、囲いは田舎の広大な土地に取って代わり、動物は村の近くに飼われました。動物はまた、皮膚、羊毛、肉のためにひどく搾取されており、これらの搾取条件下で羊は特に重要になりました。羊毛の価格は、1人か2人の男性が数百頭の羊を簡単に飼育できるため、耕作地から牧草地への広範な転換を促進したと考えられています。羊は食肉処理される前に、何十億ポンドもの高品質の羊毛を何年にもわたって輸出することができ、14世紀半ばまでに、王冠の収入の5%は羊毛の輸出税から得られました。

中世を通して、特にフランスでは、馬肉がヨーロッパ人の食事のかなりの部分を占めていましたが、馬を食べることはイギリス人には人気がありませんでした。馬は高価すぎて食べ物を育てることができず、古くて使い古された馬の肉は丈夫で農民の食卓にしか適していませんでした(そして農民は裕福な人々によって拍車をかけられた食べ物に憤慨しました)が、最も重要なことは、馬は高貴で近すぎると考えられていました人間に食べさせます。さらに、農民ではなく聖職者と貴族に適用された馬を食べることの禁止は、乗馬馬と農場馬に対する異なる態度の反映であった違いでした。乗馬は、人間を動物と密接に接触させます。これは、農夫と彼の使役動物には経験されない親密さです。馬はしばしば擬人化され、豚や去勢牛よりも「人間」と見なされていました。動物はしばしば食肉処理されていました。

中世の動物は一般的に擬人化され、精神的な特徴を備えていました。たとえば、バイエルンでは馬のミサを開催するのが一般的で、フランス人は最初に教会を通り、次に町を通り抜けてロバをパレードすることでロバの饗宴を祝いました。農民は病気の馬を聖水で治そうとしました、そして避妊手段として女性は彼らの性器を無菌のラバから燃えている蹄の煙にさらしました。


ビデオを見る: 恐竜を越える恐ろしい生物選 (1月 2022).