特徴

販売のための城:ミオランの要塞、サボイ

販売のための城:ミオランの要塞、サボイ

ミオランの要塞

サンピエールアルビニー、サヴォイ、フランス
300万から400万ユーロの売値

この印象的な中世の城は、サヴォイ渓谷の中心部にあり、フランス東部のサンピエールアルビニーの小さな町の一部であるミオランの集落の200メートル(550フィート)上にある戦略的な場所にあります。

この場所は西暦4世紀から占領されており、要塞への言及は1083年にさかのぼります。14世紀の後半までに、ミオランの領主は2番目の塔で要塞を拡張し、3番目の塔が追加されました。 16世紀初頭に。

1523年に城の所有権はサヴォイア伯国に渡され、次の200年間は刑務所として機能しました。アルプスのバスティーユとして知られるようになった要塞には、200人以上が収容できました。そのダンジョンの名前には、地獄、浄化、楽園、財務省が含まれていました。その最も有名な「ゲスト」の中には、1792年に脱出するまで、マルキ・ド・サドがいました。フランス革命中にすべての囚人が解放され、城は廃墟になりました。現在、ほぼ6世代にわたって同じ家族に属しており、要塞全体が1944年にフランス歴史記念碑協会から完全なリストに登録されました。

現在の建物の売却には、要塞の唯一の「オートクール」(高等裁判所)が含まれます。これは、敷地全体を統治し、サンピエトロの塔と砦の間の2つのレベルにまたがる不動産の主要で最も古い部分です。いくつかの大きな建物が、庭とテラスで構成された約3,500m²(0.86エーカー)の表面積の周りに点在しています。

  • 高さ23m(75.5フィート)は約160m²(1,722平方フィート)。城のこの主要な四角形の部分には、3つの砲塔があります。らせん階段を介してアクセスする6階建ての部屋を保護するテラスがあり、その重要な歴史的過去と谷を見下ろす切り立った崖の印象的な建設により、それだけでサイトの中心を形成しています。
  • 「サンピエトロの塔」として知られる南西の塔。 70m²(753 sq ft)、テラスがあり、3つのアーチ型のレベルを保護しています。モンブランからヴェルコール山脈までの印象的なパノラマビューを提供する要塞の支配的なセクションであるこの塔は、もともとは生活目的や荘園の問題に使用されていました。
  • 司法高等法院の北東側に設置された司令官の宿舎と厨房は、もともとはセニョールの応接室と宿泊施設として使用されていました。
  • 主に警備室、城壁、カーテンウォール、地下通路、アーチ型のギャラリーなど、さまざまな建物や別館の建造物。

「廃墟」の状態であるため、実際に物件全体を住むことはできません。ただし、定期的なメンテナンスと重要な構造化修復作業による枝肉全体の品質と修理状態の良さを指摘する必要があります。このサイトは現在一般に公開されており、年間を通じてさまざまな制度的に有名な文化イベントが開催されています。

ビデオ


大きな地図を見る

詳細については、PatriceBesseのWebサイトにアクセスしてください。


ビデオを見る: Clifford Brown - Stompin at the Savoy (1月 2022).