教育リソース

中世の生活– 8年生のユニットプラン

中世の生活– 8年生のユニットプラン

ユニットタイトル:「瓦礫からの台頭:中世の新興社会」

この単元計画は、8年生の社会科を対象としています。この単元の主な目標は、中世の生活を紹介し、次に学生に中世の時代を日常生活に関連付けさせることです。この入門ユニットは、最高のセクションとして機能することを目的としています。いくつかの重要な概念を挙げて、教会、経済、文化、十字軍の役割などのさまざまなトピックをカバーするには、中世へのさらなる探求が必要です(文明のパターン、第4章)。学生は批判的思考に関与し、彼らの生活と歴史の出来事を解釈することの間のつながりを描き、中世の時代と彼らの日常生活の間の重要なつながりを作る方法を学びます。

中世の生活を紹介するために、さまざまな活動や教授法が使用されます。学生は、書面および口頭のプレゼンテーションを計画、改訂、および提供するとともに、グループのプレゼンテーションおよびプロジェクトを協力して計画および実施する必要があります。この単元の多くのレッスンは、学習へのインタラクティブなアプローチに焦点を当てています。そこでは、学生はさまざまな比較および対比活動を完了することによって過去を批判的に評価する必要があります。ダイナミックなアクティビティ、レッスン、プロジェクトをいくつか紹介することで、すべての生徒の興味をそそることを願っています。私は、ビデオ、ゲーム、創造的な個人の執筆、アートプロジェクト、プレゼンテーションの使用など、さまざまな活動を促進することによって、あらゆるスタイルの学習にアピールしようと試みました。この単元では、さまざまなテーマを通じて、グループ活動、クラスディスカッション、プレゼンテーションへの共同学習と積極的な参加も強調されます。

この単元の終わりまでに、学生は中世に関連する興味のある分野やトピックを探求することが奨励されます。このトピックは、新しい資料の範囲を提供し、すでに検討したいくつかのテーマを確認するために、8番目のレッスンで提示されます。この単元を通して、生徒はブレインストーミング活動、個々の考察の書き方、独自の邸宅の作成、クラスで関心のある分野のグループでのプレゼンテーションを通じて理解を深めることが奨励されます。この単元全体を通して、さまざまな学習ツールとアクティビティを使用して、中世への学生の興味を捉え、有意義な学習体験を生み出します。


ビデオを見る: もし中世に生きていたら (1月 2022).