記事

中世の悪魔学の源

中世の悪魔学の源


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

中世の悪魔学の源

ダイアナ・リン・ウォルゼル

ライス大学研究、第60巻、第4号(1974)

はじめに:私たちのほとんどが今日悪魔について考えるとき、私たちがそれらについて考えるならば、いくつかの中世のインプが間違いなく思い浮かびます。中世の悪魔の血統とその現代の概念は、4つの主要な情報源にたどることができ、それらはすべて初期の人間の文明に関連しています。ギリシャの哲学、ユダヤ人の黙示録文学、聖書の教義、異教徒のゲルマンの民間伝承はすべて、中世の終わりに男性の心の中で栄えた悪魔に要素をもたらします。私の目的は、これらの情報源のそれぞれの悪魔学を簡単に描写し、それらの相互関係を示すことです。

ホーマーは悪魔を神と同一視し、大門とテオを同義語として使用していました。後の作家は、大門という言葉に異なるニュアンスと定義さえ与えましたが、悪魔と神々の間の密接な関係が完全に見えなくなることはありませんでした。中期プラトニズムの思想家では、神と悪魔の同一性が復活し、この方程式はキリスト教の作家に常に存在しています。

ヘシオドスは、悪魔を神以外のものと見なした最初の人物であり、黄金時代に生きる男性の魂を離れたと考えていました。さらに一歩進んで、ピタゴラスは、体から離れると、どんな人の魂も悪魔になると信じていました。ですから、悪魔は単に肉体のない魂でした。プラトニズムの思想では、悪魔と人間の魂の間に大きな混乱がありました。プラトンでは実際に両者の違いがあったようですが、今ではその違いを識別することは不可能です。彼が悪魔を個人的な存在であると信じていたかどうかは定かではありません。


ビデオを見る: キリスト教中世カトリック教会 ありえない性の規定贖罪規定書 (かもしれません 2022).