記事

フォッサカロライナ:中央ヨーロッパ分水帯を橋渡しする最初の試み

フォッサカロライナ:中央ヨーロッパ分水帯を橋渡しする最初の試み


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

フォッサカロライナ:中央ヨーロッパ分水帯を橋渡しする最初の試み—レビュー、新しい発見、および地質考古学的課題

Eva Leitholdt、Christoph Zielhofer、Stefanie Berg-Hobohm、Katharina Schnabl、Britta Kopecky-Hermanns、Jens Bussmann、Joachim W. Hartling、Klaus Reicherter、Katrin Unger

地質考古学:国際ジャーナル、Vol。 27(2012)

要約:中央ヨーロッパの流域は、ドイツのバイエルン州にあるフランコニア南部のジュラを通過します。この主要な流域は、ライン/メイン流域とドナウ川流域を分けています。中世初期、船が重要な輸送手段であったとき、シャルルマーニュは、フォッサカロライナとして知られる運河の建設によってこれらの集水域を接続することを決定しました。この論文では、初めてFossaCarolinaフィルからの14Cデータを提示し、カロリング朝およびカロリング朝後のトレンチ充填の高解像度層序記録を文書化します。私たちの結果は、トレンチ充填のさまざまなレベルの泥炭層の明確な証拠を提供し、池の連鎖を示唆しています。ただし、これらの泥炭層の大部分は、中世中期以降の年齢を生み出します。主要な泥炭の成長期は、中世の気候最適期でした。したがって、私たちの予備的な結果は、カロリンギアン時代のトレンチの使用を証明していません。しかし、カロリング朝の塹壕底の再建からの最初の結果は、フォッサが連続した運河としてではなく、主に航行可能な池の連鎖として計画されたという仮説を支持しています。塹壕の東部には、以前の研究でカロリング朝の運河に水を供給するための弾幕の一部であると仮定されていたダムがあります。新しい14Cデータは、はるかに若い年齢を示しており、カロリング朝の弾幕の概念をサポートしていません。


ビデオを見る: 円筒分水見てきた編 (六月 2022).