ポッドキャスト

ジャン・フロワサールのクロニクルのブルゴーニュ写本における平和と戦争の都市のイメージ

ジャン・フロワサールのクロニクルのブルゴーニュ写本における平和と戦争の都市のイメージ

ジャン・フロワサールのクロニクルのブルゴーニュ写本における平和と戦争の都市のイメージ

ピーター・エインスワース(リバプール大学)

言語学と歴史の歴史を復習:トメ78ファスク。 2000年2月。中世の歴史。 moderne:et contemporaine – Middeleeuwse、modhrnf en hedendaagsegeschiedenis。 pp。295-314。

概要

近年、学者たちは、ジャン・フロワサールのクロニクルの現存する写本に見られる照明と装飾のスキームに新たな関心を持ち始めています。 19世紀後半にベルギーとフランスで出版されたクロニスタの全国版のオープニングボリュームの責任者(それぞれ、ジョセフ・カーヴィン・デ・レテンホーブ男爵とシメオン・リュス)にとって、原稿は何よりもまず、クロニスタのテキストの1つの特定の状態に対する重要な証人。加えて、写本の研究は、後援に関連する写本的または芸術的な証拠を生み出し、ナンスと歴史を証明する可能性があり、それは次に、編集または写本の家族の年代測定に光を当てるのに役立つ可能性があります。時々(特にKervyn de Lettenhoveの場合)、コーデックスはそれ自体のためにコメントを集めました。なぜなら、本質的に、実際には魅力的に多様なコーパスであることに注意を向けるのが驚くほど遅いからです。

この相対的で説明のつかない関心の欠如とは対照的に、バンド・デシネからデジタル化された故郷の時代まで、あらゆる種類の画像とテキストの関連付けの調査に使用された現在の世代の批評家は、海の変化をもたらし始めています。クロニクルの原稿に取り組んでいる批評家は、テキストと画像の間で得られる関係にこれまで以上に夢中になっています。このエッセイは、1997年7月にリーズの国際中世会議で開催された「地域と風景」をテーマにしたコロキウムから生じた巻で2000年に出版される予定の研究を補足するものであり、この作品に基づいて構築しようとしています。