ポッドキャスト

購買力平価は中世ヨーロッパで維持されましたか?

購買力平価は中世ヨーロッパで維持されましたか?


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

購買力平価は中世ヨーロッパで維持されましたか?

エイドリアンR.ベル、クリスブルックス、トニーK.ムーア(ICMAセンター、ヘンリービジネススクール、レディング大学)

ヘンリービジネススクールディスカッションペーパーシリーズ、 2014年1月)

概要

このペーパーでは、5つの主要通貨(バルセロナのリラ、イングランドの英ポンド、フランダースの池の根、フィレンツェのフローリン、フランスのトゥールポンド)の為替レートの独自の手作業で収集されたデータセットを使用して、 14世紀後半から15世紀初頭にかけてヨーロッパで開催された一物一価の法則と購買力平価。 1383年から1411年までの10の実際の為替レートで、単一シリーズとパネル単位根および定常性テストを使用して、英ポンドといくつかのフィレンツェフローリンシリーズを個別に、および調査するほぼすべてのグループでパリティ関係が保持されていることを示します。私たちの調査結果は、取引および裁定取引が通貨の公正価値からの恒久的な逸脱を阻止し、中世の金融市場が十分に機能していたという証拠の重みを増しています。これは、現代の経済理論の多くの要素がヨーロッパで700年以上さかのぼることができることを示す他の最近の研究で報告された結果を裏付けています。

一般的な概念とは異なり、中世には需要と供給の法則がよく知られていました。 14世紀の神学者サンバーナーディーノによれば、公正な価格は、「市場の推定によれば、ある時点でたまたま普及している、つまり、販売されている商品が特定の場所で一般的に価値があるもの」でした(deルーバー、1967)。英国の神学者リチャード・オブ・ミドルトン(d.1302)は、穀物が豊富で安価であるがワインが不足して高価である国と、ワインが豊富で穀物が不足している国の両方が彼らの余剰を交換することから利益を得る。さらに、この取引を仲介した商人は、一方の国ではより低い市場価格で購入し、もう一方の国ではより高い市場価格で販売することで正当に利益を得ることができます(de Roover、1963)。


ビデオを見る: 購買力平価から予測する今後のドル円レート (六月 2022).