ポッドキャスト

ヴェネツィアのキツネ

ヴェネツィアのキツネ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

ヴェネツィアのキツネ

コンコルディア大学マルコ・ダミコ著

真実が歴史の中心であるならば、記憶とrelazioniは情報源として使用することができます。 [1] –セバスティアーノ・フォスカリーニ、コレッジョ、il 29 luglio 1684

歴史家は、ベネチア外交の発展の触媒として1455年のイタリアリーグに焦点を合わせてきました。最も顕著なのは、アンバサダーの役割と目的の開発です。マイケル・マレットのような歴史家によると、戦争を制限し、友好的に違いを解決し、イタリアへの外国の介入を挫折させるためにイタリアの5大国が集まった瞬間、イタリア外交の新時代が始まりました。[2] 15世紀後半にヨーロッパの主要な海事大国の1つとして浮上し、このような小さな共和国がどのようにしてこのような印象的なレベルの国際的名声を獲得できたかについては多くの議論があります。歴史家のドナルド・ワインスタインは、他の歴史家の中でも、ヴェネツィアの「理想的な地理的位置」と「広範な貿易ネットワーク」を、当時の他の勢力がしなかった方法でサンマルコ共和国が繁栄することを可能にした要因として認めています。[3]オスマン帝国によるコンスタンティノープル陥落とスペインやポルトガルなどの海事大国の出現により、ヴェネツィアは崩壊の危機に瀕しました。その結果、同業他社ほど多くの天然資源や領土を持っていなかったサンマルコ共和国は、急速に縮小する海の世界で繁栄したいのであれば、外交慣行を洗練し、新しい形の資源を作り出すことを余儀なくされました。 。国内外の勢力均衡をめぐる絶え間ない闘争により、元々は海外での良好な地位を確保することを任務としていた大使の責任は、情報収集のための最初の国家機関に発展しました。

外国の知識がヴェネツィア共和国の重要な資源になるにつれて、情報の種類とそれが記録された方法は、ヴェネツィア上院によって規制され始めました。ヴェネツィア上院がイタリア戦争の厳しさによって目立つようになると、15世紀半ばまでに課され始めた大使館の法律を通じて、情報への渇望、国家技術の重要なリソースが明らかになりました。 15世紀後半から16世紀にかけて、大使とその派遣がより洗練され、ベネチア上院の管理下に集中するようになると、1560年代に公式に起こった大使の責任の真の重要な変化が、大使の職業の専門化につながりました。このペーパーでは、ベネチア大使の派遣の進展を追って、 デレガート そして 1560年代のアンバシアトリあたりのリコルディ そして、その後の大使の慣行に続いた変化。これらの有益な派遣は、単純なものから進化しています リコルディ(組織化されていない回想) 有益な relazioni(上院派遣)、ベネチアの国家建設慣行に大きな影響を与えたため、ますます重要になりました。したがって、大使の責任と報告の変化は、大きな不確実性、秘密、発見の時代を表しています。大使が収集または開示した情報が州全体の方向性に影響を与える可能性がある時代。このペーパーでは、ベネチア上院の政治的優先事項の変化を示す手段として、大使館関係と派遣の専門化につながったプロセスに焦点を当てます。これは、外国の知識の継続的かつ定期的な流入を必要とし、実施したためです。

このプロセスの成果は、1560年代までに明らかになりました。ヴェネツィア上院は、その大使の役割を、情報収集者に「自分の州の保存と拡大に最も役立つと思われるものは何でも助言し、考える」べき人物から再定義することに成功しました[4]。コレクターは「あらゆる方面からニュースを集めることに熱心でなければならない」[5]。大使館の慣習の変化は、ヴェネツィアの政治的現実の変化によるものであり、オスマン帝国と西側諸国の間のヨーロッパの勢力均衡にとらわれていた。 (スペイン、ポルトガル、フランス)。このように、上院が国家技術や他の勢力との対外関係の目的で大使によって収集された情報を収集、保存、参照しようとしたため、情報は切望されたベネチアのリソースになりました。 デレガート そして AmbasciatoriあたりのRicordi これらの著作が大使館生活の優先順位と行動規範を指示したので、改革された大使館の職業を適切にカプセル化した上院議員によって発行された2つの作品でした。

1566年に書かれ、 デレガート 外国での任務中の大使の優先順位を示した。この文書は、上院が切望する社会情報の種類について大使に指示したように、外国での情報収集に百科事典的なアプローチを課しています。このような大規模な情報収集とその後の改訂は、 relazioni 海外の大使から、論理的な方法で行動する上院の能力を促進すると同時に、外国に関して欠けていると見なされた行政的または社会的側面(健康慣行、経済慣行、政府慣行、軍事慣行など)の内部改革を促進しました。)。言い換えれば、大使が特定の任務のために外国に派遣されたとしても、大使はその地域に関するできるだけ多くの情報を収集し、参照可能な方法で彼の発見を文書化するという任務も負っていました。たとえば、このガイドは、大使に訪問を委託された外国の土地の町、人々、支配者について説明するように要求しましたが、土地の天然資源、政治的または軍事的弱点、気候、およびその他の「 [6]この二国間で情報を収集することは、かつて外国の国家の代表として利用されていた職業が16世紀の時点で同時に利用されていたため、ベネチア外交の進化を示しています。ベネチアのアーカイブとなった知識の増大するライブラリのための情報コレクター。

と同様に デレガートAmbasciatoriあたりのRicordiも1560年代に書かれ、アンバサダーとして成功するためのステップバイステップのガイドラインの14段落を示しています。アンバサダーに「疑惑を避け、ホストの信頼を得る」こと、そして「すべての四半期からのニュース」を入手する際に「時間を無駄にしない」ことを奨励することで、アンバサダーが果たすよう求められていたのは明らかです。[7]外国の外交官の情報の隣に情報を収集する責任を並置することは、大使に、より洗練された派遣を書き始めることを強制しました。 relazioni、 同時に、秘密と非シミュレーションの必要性を高めています。[8]その結果、アンバサダーが情報を収集、漏えい、隠蔽する方法は、「他のエージェントやアンバサダーに何も伝えることができず」、何よりも「嘘につかないようにし、疑わしい情報を渡したり、情報源を伝えたりする必要があるため、より困難になりました。 [9]この文書の文言は、ベネチア外交の現実の変化だけでなく、情報収集に関する上院の方針と、それを国内および国内および権力の手段として処理および利用する方法についても多くを語っています。海外。 「他の人が聞いたことを彼に伝えたいと願う人は誰でも、彼が聞いたことを彼らに伝えなければならない」というマキアヴェリの理想に従い、ヴェネツィア人は情報の使用を国内の政策決定と外国の政治的影響力の両方の形として組み合わせることができました。情報を得るための最良の方法はそれを与えることです。」[10]最終的に、大使館議定書のこの変更は、ヴェネツィアの国内政治情勢の変化なしには、特にヴェネツィア上院の名声の高まりを通じて起こり得なかったでしょう。この論文はベネチアの政治的現実の進化を彼らの外国の外交的アプローチのそれと平行しているので、そのような主張は15世紀と16世紀のベネチアの政治の以下の分析を通して明らかになるでしょう。

13年のベネチア大使の本来の役割th 世紀は単に外国における共和国の利益を代表することでした。[11]アンバサダーは通常、ヴェネツィアの親戚に情報を伝える、古くて経験豊富な商人でした。通常は共和国の支配階級の一部であった親戚。 1240年から1425年の間に、大使は派遣を中継しました(リコルディ) ヴェネツィア大評議会に戻りましたが、政治目的で分類、アーカイブ、参照されたものはありませんでした。歴史家のドナルド・ケラーは、大使とその大使との間にこれらの派遣の「書面による証拠」がないことを立証しました。その結果、大使から州に中継されている証拠が残っていないことをほのめかしています。実際、ずる賢く裕福な商人であったベネチア大使によって明らかにされた情報と富の多くは、州に中継されるのではなく、彼ら自身に保管されていました。大評議会は、さまざまなインセンティブと罰金の実施を通じて潜在的な利益相反を抑制しようとしましたが、1400年代までに、これらのイニシアチブのほとんどは敷物の下で一掃されました。ほとんどの大使が60年代と70年代の高齢商人であったという事実は、ヴェネツィア共和国の支配が世代を超えて主張されるようになったため、彼らに国家からの一種の政治的免除を与えました。歴史家のロバート・フィンレイによれば、年齢に基づくこの世代の名声は、最終的には「戦時中のヴェネツィアの頻繁な不幸を説明する」[12]。15世紀半ばまでに、戦争の費用のために、ヴェネツィア上院は若い世代の外交官を許可した。 、として知られている改革者 ジョバンニ (青年)、上院への道を買うために。この若者の流入は上院の完全なリストラにつながり、若い外交官は個人の金銭的利益よりも州ベースの情報銀行と社会統制を支持しました。

大評議会は利益相反の可能性に関して複数の警告を発しましたが、今や若者が後援する新しい改革を染み込ませた上院が多数の法律の使用に介入することを決定したのは15世紀のことでした。 1444年までに、上院は、他のイタリアの都市国家との現在の権力闘争に照らして、大使の手綱を引き締め始めていた。[13]永続的な戦争の現実のために、ベネチア上院はより頻繁に会い、戦争の時に、大使の「共和国はサービスの特別な必要性を持っていた」と嘆きました。それでも、州の規制が増えているため、かなりの数の市民が大使を拒否し始めていました。 [14]上院は、15世紀の初めまでにヴェネツィアでトップダウンの外交改革を開始した。それは、国家元首である総督の活動を外国の外交官に制限し始めた。 1441年に、上院は、外国大使館がどのように扱われ、質問されるかに関する一連の規則を確立しました。これは、外国および国内の知識の流れそのものを独占することを意味しました。 [15]給与、福利厚生、政治的利点の制限により、ベネチア大使は州の従業員になりました。特定の「ニーズ」に合うように雇用主によって成形されたもの。最終的に、ヴェネツィア共和国の顔のない寡頭制は、彼らの大使からの絶え間ない知識の流入で彼らの存在を維持しながら、幻想的な嫉妬と秘密でその力を守りました。

ギチャルディーニが観察したように、16世紀の最初の数十年はヴェネツィア人に「防御の技術をよく知っている」ことは「敵を戦闘に参加させるよりも」優れていることを教えました。[16] 15世紀半ばまでに、これに対する最善の防御海事共和国は、国家技術と政策立案の目的で知識を絶えず収集し、利用することにありました。その結果、派遣は1425年に定期的に作成され、1524年までに法的に施行されました。大使は定期的かつ簡潔な情報の中継を上院に定期的に送り返すことが期待されていた。[17]これらの派遣は上院によって読まれ、検閲され、保管されましたが、これらの派遣に含まれるものは、大使と彼の外国政府との個人的な関係によって異なりました。 15世紀の外交官の焦点は、外国の指導者との関係と彼らが住んでいた外国の国家の一般的な活動について報告することでした。[18]イタリアの都市国家とオスマン帝国の間の競争のため、外国の外交官がマルチタスクの情報収集者に進化することを余儀なくされたため、適切でタイムリーな知識に対するベネチア上院のニーズの高まりは、最終的に大使の役割の多様化を余儀なくされました。

大使館は維持するのに費用のかかる企業だったので、大使は特定の政治的および経済的利益のために特定の場所に派遣されました。ベネチア派遣の初期の形態の一例は、ポルトガルの王マヌエル1世と会った後、1501年に上院に返事を書いたピエトロパスクアリゴ大使の手紙にあります。大使は上院が捕まった後にポルトガルに派遣されました。ポルトガルの新世界の発見と植民地化の風。上院は、アドリア海でのオスマン帝国の脅威が差し迫っているため、新興の海上帝国との和解を戦略的に模索した。[19] 1世紀の大部分の間ポルトガルを無視していたヴェネツィアは、マヌエル1世の新世界での意図を知るために、すぐにピエトロパスクアリゴをポルトガルに送りました。また、彼らの友好関係を再確認し、ヴェネツィアの差し迫った戦争で同盟を結ぶことを試みました。オスマン帝国。カブラルのポルトガルの航海を聞いた上院は、「トルコ戦争や起こり得るいかなる戦争よりも航海を重視する」ことを確立した。[20]上院のポルトガルに対する見方が切望された知識を宿していた政治的競争相手との潜在的な政治的同盟国。上院によると、ヨーロッパの現実の構造そのものを変える可能性があるという知識。上院による外国の知識の優先順位付けは、15世紀後半から16世紀初頭の現実を示す変化を示しています。情報の重要性を示した現実。特に、貴重な知識を抽出して隠す大使の能力を通じて。

彼のどの記録が回収されたのか relazione 上院に、パスクアリゴの王との話し合いは、非常にまとまりのないアイデアの爆発を示しました。[21]新世界や「トルコの脅威」などのトピックを含むこのスピーチは、リスボンの狡猾なベネチアの聖域を与えるためにポルトガルの王を称賛する手段として使用されました。狐がライオンの巣の秘密を無意識のうちに明らかにすることを許可した。[22]ベネチア大使は、お世辞と非難を巧みに操り、国家の覇権者との関係を確保すると同時に、情報提供者を通じて君主制によって秘密にされていた情報を明らかにした。または船員。パスクアリゴはマヌエル1世から新世界の問題に光を当てるような返答を受け取ったことはありませんでしたが、大使は賄賂、知人、そして場合によっては、リスボン港の船員との交流を通じてほとんどの情報を得ることができました。情報の取引。分析すると relazioni ワインスタインは、パスクアリゴについて、ポルトガルが彼らの時間を投資する価値のある力であるとは考えていなかったため、ヴェネツィアの崩壊はポルトガルでの大使館の存在の欠如であったと述べています。前述のポルトガルの使命、ヴェネツィアなどのシナリオに関連して、1400年代後半までには、外国との絶え間ない関係と外国の情報の絶え間ない流入を確保するために常設大使館の設立を開始しました。これは、以前は評議会とヴェネツィア上院によって反駁されていました。[23]したがって、16世紀には、ヴェネツィアの国際的および大使館の政策に急速な変化が見られました。大使が別の方法で選ばれ、上院の都合に基づいて派遣され、調査結果を書くことを余儀なくされ、スパイを促され、場合によっては、外国の知識と引き換えに特定の情報を漏らしたり、国際的な仲間を食い止めたりしたもの。 [24]

パスクアリゴの派遣と同様に、未知の大使を代表するこの報告書は、この論文の目的上、1500の派遣と呼ばれ、16世紀の初めに書かれました。未知の大使は、パスクアリゴと同じプロ意識を共有していませんでした。彼の派遣は、詳細な報告よりも批判的であるように思われるからです。それは情報と誤った情報の異常な組み合わせを含んでいます。しかし、ベネチア外交にとって価値のある情報は含まれていませんでした。[25]英国の女性を非常に「情熱的で暴力的な恋人」と表現し、男性を「控えめな恋人」と表現します。 relazione 1500年以降は、上院に利益をもたらす可能性のある実践的または戦略的な知識ではなく、人々に関する一般的でありながら無関係な意見を示しています。 [26] 1500の派遣は英国市民の愛の生活についての情報を伝えたが、海外での大使の優先順位の標準化が即座に起こったものではなかったことは明らかである。そのような標準化プロセスは、ベネチア人に授けられた名声に到達するために時間と洗練を必要としました relazioni; 大使の分析を通して明らかになる何か:セバスチャン・ジュスティニアン。

上院による大使館の職業の標準化が進むにつれ、 relazioni ベネチア大使によって派遣されることは、はるかに詳細になりました。本質的に、これらの派遣は、参照可能な知識のウェブを作成する上院の試みであり、それを利用して、現在の国際的および国内の喧嘩を文脈化し、それに基づいて行動することができます。その結果、 relazioni ヘンリー8世(1509-1547)の治世中のロンドン大使であるセバスチャンジュスティニアンの人物は、パスクアリゴや1500の派遣よりもはるかに簡潔で有益です。 relazioni、 1517年に書かれた、上院に対する大使の反応にはかなりの量の文脈が含まれていたため、構造に大きな違いが見られます。[27] 1517年は重要ではありませんが、 relazione それ自体、1517の使用により、内容の大幅な変更を認めることができました。 relazione 以前大使によって含まれていたものから。たとえば、Giustinian’s relazione 上院に、彼が英国裁判所から隠蔽することを選択した情報を述べ、彼の「目的」に「適していないように見える」事実上「そのような部分を省略」した。[28]英国裁判所によると、ジュスティニアンはその後ヘンリー7世に送られた。両方の海事帝国間の関係を和解させるための努力におけるロンドンとヴェネツィアの間の誤解。しかし、快楽が記録されると、ロンドンでのジュスティニアンの目的が明らかになりました。 relazioni 彼が裁判所の役人や他の大使から得た「知性」に焦点を合わせた。[29]彼は英国社会や英国政治の詳細な分析を提供しませんでしたが、ジュスティニアンは他のヨーロッパの大国(スペイン、ポルトガル、神聖ローマ帝国)とより小さな州(フランダース、トゥルネー、スコットランド)との取引に関する内部情報を入手することに長けていました。 )。[30]したがって、この切望された情報により、上院は、新しい外国勢力の出現によって制限されていた制限的な政治的制限をすり抜けることができ、将来の政策立案に使用できる知識の参照可能な大要としても機能しました。

PasqualigoとGiustinianの比較を通して relazioni、 外国の国家指導者との大使関係よりも、秘密の知識の収集が重要視されていたことが読者に明らかになります。ジュスティニアンが20を書いている relazioni 1517年だけでも、 relazioni 年間2、3の通常の基準から増加していました。さらに、Giustinian’s relazioni また、個々の手紙にはさまざまな追記が含まれていました。外国勢力の「好戦的な準備」、「キリスト教世界のすべての王子間の同盟」の可能性、秘密の「結婚同盟」の可能性などのトピックについて話し合う。[31]これらの追記は、上院に役立つ可能性のある秘密情報に非常に深い焦点を当てていることを示した。国が切望していた情報の種類の変化を示しています。パスクアリゴの relazioni マヌエル1世との関係を簡潔に描写していますが、彼は切望された情報の多様で絶え間ない流れを好むようには見えません。パスクアリゴとは対照的に、ジュスティニアンは英国裁判所との彼自身の個人的な関係、英国の国家問題への有益な洞察、そして最も重要なことに、ベネチアの国家技術と政策立案に役立つであろう外国の国家問題(英語またはその他)の液滴を記録します。この証拠は、Giustinianの1つにあります。 relazioni 彼は「あなたの知識に値するものは何も起こらなかった」と主張し、27日間何も報告しなかったことを上院に謝罪した。[32]ジュスティニアンの言葉の選択は、上院が大使の責任に及ぼした影響力の高まりをさらに確固たるものにしている。大使の貴重な知識の認識は、最終的に上院によって彼らの目的を果たし、国家の技術で彼らを支援するために定義されました。

Quellerは、「完全に開発されたベネチア人 relazione 16世紀以降の報告は、任務の遂行と結果に関する最終報告とはかなり異なっていた」そして「彼らは広く包括的な統合を提供するだろう」[33]ケラーはまた、「ベネチア大使は彼らの任務を非常にうまく遂行した」と信じている。 」そして後に、この外交効率の向上は、上院が大使を支配していることに起因すると考えている。[34]その結果、アンバサダーの役割は、そのような文書の作成を通じて専門化されました。上院が独自の情報バンクを作成し、それを独自の政治目的に利用しようとしたため、大使はより幅広い情報を収集する任務を負いました。次の一節は、 AmbasciatoriあたりのRicordi 文書は、上院が収集するのに興味を持った種類の情報を表示します:

1)アンバサダーは、土地とその境界について説明する必要があります。その州、主要都市、港、要塞。司教と大司教は主要な川、村の山、森と峠です。

2)気候、水、繁殖力、鉱山、動物などの天然資源について話し合う必要があります。国が山、森、平野または沼地で構成されているかどうか、そしてどこで。どの部分がより人が住んでいますか。そして他の自然の顕著な効果。

3)彼は住民、彼らの習慣や習慣について話し合う必要があります。彼らの色、身長、気質;彼らの宗教;陸と海による戦争への準備。彼らの芸術と商業;貴族、その富、貴族、そして従うこと。庶民の性質と状態。

4)最後に、支配者に来る必要があります:彼の祖先、人、生活、習慣、彼の主題による彼の様子。彼の収入と支出;彼の警備員。彼の法廷とその支配者と彼は友情と敵意を持っています。[35]

Quellerによれば、この文書は「非常に体系的で、形式的で、人道的でさえある」[36]。 relazione 歴史家は、「訪問した国の組織化されたエッセイ」として、この新しい構造化された大使館派遣へのアプローチの実施を、注目すべき「人道的影響」を伴う「経験的データ」の収集を通じて「ヴェネツィアの利益に情報を提供する」手段と見なしています。 [37]したがって、この文書は、大使が国が求めるすべての経験的データを適切に構成し、含める手段としてこの文書を利用し始めたため、16世紀のヴェネツィアの権力の本質を表しています。このような実践の変化の証拠は、GianfrancescoMorosiniとGirolamoLippomanoの分析を通じて可能になります。 relazioni マドリッドとイスタンブールから、そしてハプスブルク-オスマン戦争の前夜にヴェネツィアの政策を形作る上でのそれらの重要性。

モロシーニは、彼が仕えた国の社会構造を描くのが好きでした。彼の派遣の要約によると、歴史家のジェームズC.デイビスは、モロシーニの派遣を「スペインにおける富の分配、その支配者の素晴らしさと政治的無力、そして国王の支配における地域の違い」の簡潔な要約として説明しています。次の relazione 20年前にベネチア上院によって設置された構造では、モロシーニの専門的なアプローチをすぐに観察できます。彼は次の文章で派遣を開始します。「この国の男性のほとんどは身長が小さく、顔色が暗く、高慢です。彼らが上流階級に属しているか、一般の人々である場合は慎重に謙虚であり、あらゆる種類の仕事に適していない場合。」[39]によって課された概要に従う AmbasciatoriあたりのRicordi、アンバサダーの主な焦点は、外国の土地の構造化された社会分析を中継することです。大使は、軍事目的ではなく、家系とそのすべてのメンバーを個別に理解するために、王室について話し合うことによって彼の説明を続けています。次に、フェリペ2世を「別の州」の王として説明し、大使は町から州、州に至るまでの政府の構造について説明します。[40]貴族、専門家、都市居住者の生活を説明し続けると、フェリペ2世の下でのモロシーニのスペインの説明は、エッセイ形式で書かれ、によってもたらされた4つのサブカテゴリに分けられます。 AmbasciatoriあたりのRicordi 資料。

彼の最初の包括的な後 relazione 1581年、アドリア海でのオスマン帝国の脅威のためにモロシーニがイスタンブールに移されたため、モロシーニはジロラモリッポマノに引き継がれました。イスタンブールでのモロシーニの作品に注意を向ける前に、リッポマノの作品を観察することが不可欠です。モ​​ロシーニの作品に基づいて、スペインのすべての側面を説明し続けたからです。 1586年に執筆したリッポマノは、スペインの住民、フェリペ2世、王室について詳しく説明し、同時に王の「友情と敵意」についてもかなりの時間をかけて話し合いました。興味深いことに、あらゆる形式の情報がきちんと整理されていましたが、1581年から1586年の間にスペインで発生した大きな変更は、妄想的な君主の疑いを避けるために暗号で書かれていました。次の一節は、モロシーニのすべてを読んだリッポマノとしての前述の現象を示しています relazioni マドリッドに向けて出発する前に、特定の真実を修正しようとしました。「この王の生き方、スペインでの滞在をどのように楽しんでいるか、問題に不本意に取り組んでいることを熟考する人は誰でも、彼ができるとき、王は平和にとどまると結論付けるはずです。みんなと戦いの騒音から遠ざけてください。彼が誰かと戦いを始めた場合、それは異教徒(トルコ人)との戦いになります。なぜなら、彼は直接行かなくても彼らを攻撃できるからです。彼の兵士はすべての危険を冒すだろう。」[41]リッポマノは彼の3番目のセクション、君主と王室について議論するセクションを利用し、モロシーニの「強力な指導者」としての王の描写に直接反論し、代わりにスペインの記録や他の大使を通じた情報の収集。スペインの王は実際には以前考えられていたよりも臆病でした。 [42]

リッポマノの relazione スペインの社会構造と国際関係に対するヴェネツィアの理解の高まりを見ることができます。その結果、すべてのアンバサダーは、で提供されている大量の情報を調査した後、対象地域に旅行することができます。 relazioni モロシーニなどの大使の, また、上院が政治的行動方針を決定しようとするときに、これらの「金のアーカイブ」を利用できるようにします。 1588年、5年後にオスマンハプスブルク戦争に参加するスペインがオスマン帝国を攻撃するために軍隊を編成し始めたと聞いて、上院は次の派遣をリッポマノに送りました。数と勝利でのアルマダの成功。 [43]オスマン・ハプスブルク戦争は、主にカトリックのハプスブルク帝国とイスラム教徒のオスマン帝国の間で宗教目的で戦われたため、ヴェネツィアはこの問題に立ち向かうことを余儀なくされた。ヴェネツィアは最終的にハプスブルク家との調整を選択しましたが、それは relazioni それはLippomanoとMorosiniによって書かれました。マドリッドとイスタンブールの両方で。

モロシーニのイスタンブール滞在は、神秘的なオスマン帝国の社会的進行に関する切望された情報を提供する上でも同様に重要な役割を果たしました。ジェームズ・C・デイビスは、モロシーニがこの帝国(オスマン帝国)を西洋人よりもよく知っていると信じていました。彼らはベネチアの代表として何年も直接観察しただけでなく、商人としてその海域を旅し、政治家として外交政策を模倣したからです。モロシーニは、上院が20年前に課したのと同じ主題構造を示しているため、結論は的確です。 relazioni。 マドリッドでの任命が終わった直後にイスタンブールに駐留している。モロシーニは、これらの異国の土地について可能な限り多くを収集する任務を負っていました。モロシーニは彼の任務の重要性を認め、次の文章で派遣を開始します。「この優れた評議会が議論できるすべての主題の中で、トルコの偉大なスルタン、彼の帝国、彼の人々、彼の人々ほど重要で注目に値するものはありません。軍隊、彼の富、そして彼の政府の形態。」[45]モロシーニは、オスマン帝国の複雑な社会構造に飛び込むのに時間を無駄にしませんでした。 AmbasciatoriあたりのRicordi 手紙に、彼が観察したすべての詳細な情報を提供しました。

たとえば、モロシーニは「世界の3つの地域(アフリカ、ヨーロッパ、アジア)にまたがり」、国の「地方大臣」として行動した「王子」によって統治された「37の王国」について詳細に説明しています。[ 46]さらに、モロシーニはオスマン帝国軍の安全と軍隊の人物について説明しています。 Morosini describes the Turkish army through the following passage: “The sultan always had about 280,000 well-paid men in his service. This includes 80,000 high militants called janissaries and 200,000 cavalry called timariots. However, according to witnesses who saw them in earlier times, they are not as good as they used to be. Nonetheless, they are well-made men who are accustomed to hardship and insist on guarding the person of the sultan of Turkey.”[47] Displaying a similar methodology as his relazione of Spain in 1581, Morosini’s 1586 relazione of Turkey provided the necessary bank of information the Venetian Senate needed to begin developing a response to the threat of Turkish invasion, as the Senate was able to use this new information on state administration and military forces for the purposes of international policy and internal reform. Such a claim is confirmed by the Senate’s 1588 response to Girolamo Lippomano in Madrid, as they elected to side with the stronger Spaniards, rather than the “economically-driven and ill-prepared Ottomans.”[48] Morosini’s belief that the Ottomans, who were military centered specifically in Istanbul, left them vulnerable to attacks on its three vast fronts (Africa, Europe and Asia).

ザ・ relazioni written by the ambassadors prior to the De Legato and Ricordi per Ambasciatori, as seen through the dispatches of 1501 and Pasqualigo, were mostly glorified gossip reports from arbitrary ambassadors. Without much structure or future purposes, mostly all dispatches were disposed of by the Doge and the pre-reform Senate from 1425 to 1560. Sebastien Giustinian, who was stationed in London during the reign of Henry VII , displayed a certain structure in his analysis, and represented the first instances of the professionalization of the ambassadorial profession. Providing a plethora of referenceable information to the Senate, Giustinian was one of the first ambassadors to weave what would become a web of information banks; ultimately becoming known as the Venetian state archives. The collection of information on such a large scale, and the ensuing revisions made possible through the constant influx of relazioni from ambassadors abroad, facilitated the Senate’s ability to act in a logical manner and simultaneously facilitated administrative or societal reforms in instances where the Senate deemed itself to be lacking in respect to foreign nations . As the Senate’s control over the ambassadorial profession became complete by the 1560s, it released two documents that would ensure that future ambassadors would follow the same approach to the collection of empirical data with a hint of humanist methodology.

ザ・ De Legato and Ricordi per Ambasciatori, which were released in 1560 and 1566 respectively, acted as the “how to” guide to being an ambassador. As it detailed the structure, types of information and maximum time lapse between dispatches, the Senate had ensured the constant influx of empirical data into Venice. Having access to these information banks allowed Venice to keep its head above water during the flooding of European powers in the Mediterranean. Ultimately, as seen through Morosini and Lippomano, the professionalized essay-styled approach to writing relazioni presented a more scientific form of foreign diplomacy; the dual purpose of assisting in state building and foreign policy. Ultimately, Venice’s rise to dominance in the sixteenth century can largely be attributed to its penchant for information and its reform of ambassadorial responsibilities. Due to the disastrous consequences of ignoring the on-goings of their Mediterranean neighbors, such as their ignorance of Portugal prior to the rise of Manuel I, the Venetian Senate fostered, reformed and sustained a professional approach to foreign relations and information collecting; a methodology that would fascinated intellectuals such as Jean-Baptiste Colbert and Francis Bacon. In the end, Venice’s rise as both an economic and military power during the sixteenth century can be, in part, related to the professionalization of the ambassadorial profession. In his book Della Ragion di Stato, Giovanni Botero cements such a claim through the following passage: “And since counselors and ambassadors are those who deal most often with secret matters, they should be selected for their acute minds, for their taciturnity, and there foresight.”[49] Such a passage, written by a Venetian in 1598, mirrors the Senate’s choice to value knowledge and information over wisdom and age; a shift in political activity that served the small city-state quite well during the sixteenth century. Venice was simply a city-state that sought to create an information bank that would serve the present and the future, as a means to ensure the sustainability of one of the most intriguing states in European history.

My name is Marco D’Amico and I’m a graduate student in history at Concordia University. My interests in history lie in the production and consumption of knowledge and culture in contemporary China. However, being of Italian descent, I became extremely interested in applying the same methods in my current research to something a little closer to home. Hope you enjoy!

Bibliography

Primary Sources:

1501, October 18 “Espionage letter of Pietro Pasqualigo from Lisbon to the Doge of Venice,” in Donald Weinstein, Ambassador From Venice, pp 43-51.

A Relation, or rather a True Account, of the Island of England; with sundry particulars of the customs of these People, and of the royal revenues under King Henry the Seventh. about the year 1500 , Camden Old Series Vol. 37 ( April 1847), pp 7 – 54 , 5. DOI: http://dx.doi.org/10.1017/S2042169900003862 ( last accessed April 9, 2014)

Botero Giovanni, Della Ragion di Stato: Libri Dieci con Tre Libri delle Cause della Grandezza e Magnificenza della Cita, https://archive.org/stream/dellaragiondista00bote#page/n9/mode/2up. ( Last Acessed April 4, 2014)

Pursuit of Power: Venetian Ambassadors’ Reports on Spain, Turkey and France in the Age of Philip II, 1560-1600, trans. James C. Davis ( New York: Harper Torchbooks, 1970).

“Despatches of Sebastian Giustinian From the Court of Henry VIII,” in Four Years at the Court of Henry VIII, Vol. II ( London: Smith, Elder & Co, 1854) pp 132-163.

Macchiavelli Niccolo, Memoriale a Rafaello Girolami quando ai 23 ottobre parti per Spagna all’imperatore,” in Donald E. Queller, Medieval Diplomacy and the Fourth Crusade( London: Valorium Reprints, 1980), pp 655-671.

Ottaviano Maggi. De legato; libri dvo。 1566. http://books.google.ca/books?id=f2uIm8DIiO0C&printsec=frontcover&source=gbs_ge_summary_r&cad=0#v=onepage&q&f=false ( last accessed April 9, 2014).

“Ricordi per Ambasciatori: con un epilogo breve di quelle cosec he si ricercano per fare una Relazione,” reproduced in full in, Donald E. Queller, Medieval Diplomacy and the Fourth Crusade ( London: Valorium Reprints, 1980), pp 655-671.

Secondary Sources:

Berchet & Barozzi, Le relazioni degli stati europei lette al Senato dagli ambasciatori veneti nel secolo decimosettimo, serie II, vol. III (Nabu Press, Venezia, 2012).

Brown, Rawdon, Four Years at the Court of Henry VIII, Vol. II ( London: Smith, Elder & Co, 1854) pp 132-163, 132.

Finlay, Robert, “The Venetian Republic as a gerontocracy: age and politics in the Renaissance,” in Journal of Medieval and Renaissance Studies、Vol。 8, no 2, pp 157-178, 167.

Hardy McNeill, William, Venice the Hinge of Europe, 1081-1797 (Chicago: University of Chicago Press, 1986).

Mallet, Michael, Ambassadors and their audiences in Renaissance Italy, Renaissance Studies Vol. 8 (1994), p 229-243.

Mattingly, Garret, Renaissance Diplomacy ( New York: Cosimo Classics, 2009), 109.

Queller, Donald E., Medieval Diplomacy and the Fourth Crusade ( London: Valorium Reprints, 1980), pp 655-671.

Queller, Donald E,, “The Development of Ambassadorial Relazioni,” in J.R.Hale, Renaissance Venice (London: Faber and Faber, 1974), pp 174-196, 186.

Queller, Donald E., Early Venetian Legislation on Ambassadors (Geneva, Travaux D’Humanisme et Renaissance, 1966), 36.

Weinstein, Donald, Ambassador From Venice: Pietro Pasqualigo in Lisbon, 1501 ( Minneapolis, University of Minnesota, 1960).

End Notes

[1] “Se la verità è l’anima della storia, della verità storica le memorie e le relazioni possono dirsi la fonte.” In N. Barozzi & G. Berchet, Le relazioni degli stati europei lette al Senato dagli ambasciatori veneti nel secolo decimosettimo, serie II, vol. III (Nabu Press, Venezia, 2012), 353.

[2] Michael Mallter, Ambassadors and their audiences in Renaissance Italy, Renaissance Studies Vol. 8 (1994), p 229-243, 230.

[3] Donald Weinstein, Ambassador From Venice: Pietro Pasqualigo in Lisbon, 1501 ( Minneapolis, University of Minnesota, 1960), 6.

[4] Garret Mattingly, Renaissance Diplomacy( New York: Cosimo Classics, 2009), 109.

[5]Maggi, Ottaviano. De legato; libri dvo。 http://books.google.ca/books?id=f2uIm8DIiO0C&printsec=frontcover&source=gbs_ge_summary_r&cad=0#v=onepage&q&f=false ( last accessed April 9, 2014).

[6] Ibid.

[7] “Settimo, quando occore di dover ottenere qualche cosa importante da loro non mettere tempo in mezzo a farla espedire, studiarsi per ogni via>“Ricordi per Ambasciatori: con un epilogo breve di quelle cosec he si ricercano per fare una Relazione,” reproduced in full in , Donald E. Queller, Medieval Diplomacy and the Fourth Crusade ( London: Valorium Reprints, 1980), pp 655-671, 667.

[8] Donald E. Queller, Medieval Diplomacy and the Fourth Crusade ( London: Valorium Reprints, 1980), pp 655-671, 661

[9] < Con gli altri Agenti o Ambasciatori sia chi si voglia non si scopri mai del tutto, ma cerchi piu tosto di cavare da loro che lasciarsi torre del suo. Sopra ogni cosa, guardarsi di non esser colto in bugia, massimamente in cose d’importanza, percioche a questo modo presto si perderebe il credito. Loande bisogna havere avvertenza dinon esponere le cose dubbie per certe ne sopra il parlare d’altrui>>“Ricordi per Ambasciatori con un epilogo breve di quelle cosec he si ricercano per fare una Relazione,” reproduced in full in, Donald E. Queller, Medieval Diplomacy and the Fourth Crusade, 669.

[10] Niccolo Macchiavelli, Memoriale a Rafaello Girolami quando ai 23 ottobre parti per Spagna all’imperatore,” in Donald E. Queller, Medieval Diplomacy and the Fourth Crusade, 657.

[11] Donald E. Queller, “The Development of Ambassadorial Relazioni,” in J.R.Hale, Renaissance Venice (London: Faber and Faber, 1974), pp 174-196, 186.

[12] Robert Finlay, “The Venetian Republic as a gerontocracy: age and politics in the Renaissance,” in Journal of Medieval and Renaissance Studies、Vol。 8, no 2, pp 157-178, 167.

[13] Donald E. Queller, Early Venetian Legislation on Ambassadors(Geneva, Travaux D’Humanisme et Renaissance, 1966), 36.

[14] Ibid.

[15] Ibid, 52.

[16]William Hardy McNeill, Venice the Hinge of Europe, 1081-1797 (Chicago: University of Chicago Press, 1986), 25.

[17] Donald E. Queller, “The Development of Ambassadorial Relazioni,” in J.R.Hale, Renaissance Venice, 186.

[18] Ibid, 182.

[19] Weinstein Donald, Ambassador From Venice, 29 `

[20] 1501, October 18 “Espionage letter of Pietro Pasqualigo from Lisbon to the Doge of Venice,” in Donald Weinstein, Ambassador From Venice, pp 43-51, 45.

[21] 1501, October 18 “Espionage letter of Pietro Pasqualigo from Lisbon to the Doge of Venice,” in Donald Weinstein, Ambassador From Venice, 46.

[22] Weinstein Donald, Ambassador From Venice, 66.

[23] Donald E. Queller, “The Development of Ambassadorial Relazioni,” in J.R.Hale, Renaissance Venice, 180.

[24] Ibid, 180.

[25] A Relation, or rather a True Account, of the Island of England; with sundry particulars of the customs of these People, and of the royal revenues under King Henry the Seventh. DOI: http://dx.doi.org/10.1017/S2042169900003862 (About DOI), Published online: 23 February 2010

[26] Ibid.

[27] Rawdon Brown, Four Years at the Court of Henry VIII, Vol. II ( London: Smith, Elder & Co, 1854) pp 132-163, 132.

[28] “Despatches of Sebastian Giustinian From the Court of Henry VIII,” in Four Years at the Court of Henry VIII, Vol. II ( London: Smith, Elder & Co, 1854) pp 132-163, 132.

[29] Ibid, 136.

[30] Ibid, 137.

[31] Ibid, 141-167.

[32] Ibid, 142.

[33] Donald E. Queller, “The Development of Ambassadorial Relazioni,” in J.R.Hale, Renaissance Venice, 175.

[34] Ibid.

[35] “1) L’ambasciatore deve descrivere la terra, i suoi confini; le sue province, principali città, porti e fortezze; vescovi e arcivescovi principali fiumi, villaggi montagne, boschi e passaggi.

2) E ‘necessario discutere delle risorse naturali: il clima, l’acqua, la fertilità, le miniere, gli animali; se il paese è costituito da montagne, boschi, pianure e paludi, e dove; quale parte è più abitato; e qualsiasi altro effetto notevole di natura.

3) Deve discutere gli abitanti, i loro usi e costumi; il loro colore, la statura, la disposizione; la loro religione; la loro preparazione per la guerra per terra e per mare; le loro arti e del commercio; l’aristocrazia, la sua ricchezza, la nobiltà e successivo; la natura e la condizione della gente comune.

4) Infine è necessario venire al sovrano: la sua ascendenza, persona, vita e costumi, come lui è come dai suoi sudditi; il suo reddito e le spese; la sua guardia; la sua corte e che i governanti non ha amicizie e inimicizie” reproduced in full in Donald E. Queller, Medieval Diplomacy and the Fourth Crusade ( London: Valorium Reprints, 1980), pp 655-671, 664

[36] Donald E. Queller, Medieval Diplomacy and the Fourth Crusade ( London: Valorium Reprints, 1980), pp 655-671, 667. 665

[37] Ibid.

[38] Pursuit of Power: Venetian Ambassadors’ Reports on Spain , Turkey and France in the Age of Philip II , 1560-1600, トランス。 Davis( New York: Harper Torchbooks, 1970), 70..

[39] Ibid.

[40] Ibid, 77.

[41] Ibid 83.

[42] Ibid, 75.

[43] Ibid 112.

[44] Ibid 127.

[45] Ibid, 128.

[46] Ibid, 129.

[47] Ibid, 133.

[48] Ibid. 131

[49] “E perche I Consiglieri e gli Ambasciatori sgliono essere ministry ordinary de secreti debbonsi eleggere a cotali office persone, e per natura, e per industria cupe, e di molta accortezza” Giovanni Botero, Della Ragion di Stato: Libri Dieci con Tre Libri delle Cause della Grandezza e Magnificenza della Cita, https://archive.org/stream/dellaragiondista00bote#page/n9/mode/2up. ( Last Acessed April 4, 2014)


ビデオを見る: Rome, Italy - 4K Virtual Walking Tour around the City - Travel Guide (かもしれません 2022).