ポッドキャスト

中世初期の人間と牛のペスト

中世初期の人間と牛のペスト

中世初期の人間と牛のペスト

ティモシー・P・ニューフィールド

学際的歴史ジャーナル、Vol.46:1(2015)

はじめに:この記事では、西暦569〜570年と986〜988年の人間と牛のペスト(急性疾患の大発生)に関する書面によるもっともらしい物理的証拠と、最近の2つの独立した分子時計分析(MCA)からの証拠を組み合わせています。牛疫(RPV)からのはしか(MV)c。西暦1000年には、569〜570年と986〜988年のペストが、牛と人々に大量死を引き起こしたMV–RPVの祖先の発生を証明していると提案しています。言い換えれば、牛の間で広がるとき、現在絶滅したモルビリウイルスは、中世初期の間に突発的にコロニーを形成し、人間の集団に広がりました。

中世初期のヨーロッパ人を苦しめた病気は、過去15年間でかなりの注目を集めてきました。それでも、関係する学者のほとんどは、歴史家や生物考古学者も同様に、ペスト菌以外の病原体や、ユスティニアヌス疫病(中世初期のパンデミックとしても知られる)などの一時的な流行以外の病気の発生と影響についてはほとんど議論していません。中世初期の経済、医学、社会史家は、569-570の非流行性の流行、マラリアの蔓延(または休眠)、およびアイルランドの初期の年代記で報告されたと思われる非イェルシニアのペストに時折いくつかの言葉を捧げてきました。同様に、古微生物学者と古病理学者は、ハンセン病、マラリア、結核など、慢性的で、しばしば非致死的であるが風土病の中世初期の感染症に散発的に注目を集めています。しかし、ほとんどの場合、風土病や獣疫病は言うまでもなく、非ジャスティニアのペストはほとんど注目されていません。

中世初期よりも書面による情報源が豊富な時代の専門家は、風土病のベースラインを却下することは重大な間違いであるとアドバイスしています。彼らは、非殺害病原体の絶え間ない圧力が、ほとんどの流行よりもはるかに長期にわたって人口統計学的および経済的成長を阻害したと主張している。非殺人性疾患はまた、栄養失調および二次感染を介して過剰死亡率に大きく寄与し、欠乏および流行の期間中の死亡者数を悪化させた。中世初期を中心とした一連の研究も増えており、「特に家畜の流行病は、中世初期のヨーロッパのような有機農業経済において、人間の健康と経済にかなりの影響を及ぼしたことがわかりました。牽引力と肥料を牛に依存し、程度は少ないが乳製品と肉を依存している。