ポッドキャスト

ニーダロス大聖堂の壁に刻まれた13世紀の侮辱が発見されました

ニーダロス大聖堂の壁に刻まれた13世紀の侮辱が発見されました


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

「世界最古のゲイの落書き」と呼ばれるものが、ノルウェーの都市トロンハイムにあるニーダロス大聖堂の壁に引っかかれているのが発見されました。

今月初め、Dagbladet Newsは、ラテン語の碑文を見つけた地元の歴史家TerjeBratbergによる発見を報告しました。 LAURENSIUS CELVI ANUS PETRI 中世の教会の南の壁に沿って。英語に翻訳すると、「ラースはピーターのお尻です」という意味です。

ブラットバーグは、大聖堂の地元の聖職者と1288年から1309年までニダロスの大司教であったヨルンドとの間の論争の間に1290年頃に碑文が作成されたと信じています。大司教は彼の信者の1人であるラースカルブソンという男を送りました。ニダロスに、地元の聖職者を伝えるメッセージを届けるために。地元の人々は、ラースを攻撃し、彼を裸にし、鞭打ちし、大司教に忠実な兵士に救出されるまで雪玉を投げつけた。

碑文で言及されているピーターは、ノルウェーの貴族で大司教の支持者であるフサボのピーターを指している可能性があります。

ブラットバーグは、「メッセージは明確ですが、それが2人の男性間の恋愛への言及であるかどうか、または公に彼らを嘲笑することを意図したものであるかどうか。私はそれが愛についてだと信じることを選びます。」