ポッドキャスト

アーサーペンドラゴン、エコウォリアー

アーサーペンドラゴン、エコウォリアー


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

アーサーペンドラゴン、エコウォリアー

ローリー・A・フィンケとマーティン・B・シクトマン

アーサーニュもの、Vol。 23:1(2013)

要約:このエッセイは、「斧を振るう狂ったバイカーの首長」であるジョン・ティモシー・ロスウェルを動機付ける環境アジェンダと野心を探求します。古代イギリスの失われた本来の純粋さを悼む神話に述べなさい。この記事は、彼のエコクリチシズムが尋問すべき権威主義的価値観を振り返ります。 (LAPおよびMBS)

はじめに:「哀悼の忍耐強い労働」とは、英国の中世の起源に関する英国遺産の幻想を、軍の収容所で育てられた英国の兵士、兵士の息子である1人のArtbur Utber Pendragon(ジョンティモシーロスウェル生まれ)の政治的正当化の行為から分けるものです。評議会の地所、真実、執拗な犯罪者、何でも屋、旅行者、斧を振るう狂ったバイカーの首長、彼らは啓示の瞬間に、20世紀のスクワットでポストであると主張します-サッチャーキングアーサーは、その現実を反映(作成)するために名前を変更し、国家に対する彼の政治的闘争を、歴史のずっと前に、常に失われた古代英国の元の純粋さを嘆く神話に結び付けます。人々は、中心としてではなく、より大きな全体の一部として、宇宙での自分の位置を知っていましたか?

これは、で提供されたアーサーペンドラゴンの特徴です アーサーの試練:現代の王の生涯と時代 ペンドラゴンとクリストファーJ.ストーンによって書かれた(自伝)伝記。アーサー王(そしてこのエッセイでアーサー王に言及するときは、この20世紀後半の帰還を指します)は、ドルイドローブ、王冠を身に着け、エクスカリバーを振るい、1990年代後半からそのような飼育係との生態学的紛争に関与してきました。そして、土地の犠牲を取り戻したいという彼の願望において、英国の遺産、議会、さらには君主制としての英国の過去の神話、そして英国の記念碑の維持者。


ビデオを見る: FGOガチャ変態度シールサーティーンディシジョンスタート2300万DL記念ピックアップ召喚 (六月 2022).