ポッドキャスト

12世紀後半のフランス文学における同意の付与と源泉徴収

12世紀後半のフランス文学における同意の付与と源泉徴収

12世紀後半のフランス文学における同意の付与と源泉徴収

ケネス・ヴァーティ

中世学を読む、第2巻、1986

はじめに:フランス北部の12世紀後半の文学におけるレイプの描写と罰に関する私の調査は、フランス北部の初期のいくつかの支部への特別な関心から生じています。 狐物語。これらの初期の物語の1つは、レナートが最初にオオカミの妻であるハーセントと姦淫を犯した方法と、その後すぐに彼女をレイプし、夫のイセンリンによってレイプされたのを見た方法を物語っています。

イセンリンとハーセントが封建的な大君主であるライオンであり動物の王であるノーブルにこの犯罪について不平を言い、彼の手に正義を求めるという、密接に関連した物語、続編もあります。


これらの物語が関連する法的慣行をどの程度反映または歪曲しているかを確認し、著者の芸術のいくつかの側面を評価するための私の努力では、レイプの描写と他の物語での同意の付与と差し控えを調べ、中世の法律を調査しています深刻な性的犯罪。以下は、私がこれらの分野で行った進歩に関する中間報告の性質です。


ビデオを見る: 世界の名作を読み直す心がゆれる文学作品について語り合う夕べ小池昌代芳川泰久中村邦生トークライブ (1月 2022).