ポッドキャスト

中世初期の顔の手入れ

中世初期の顔の手入れ


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

中世初期の顔の手入れ

スティーブン・P・アッシュビー

インターネット考古学、Vol。 42(2016)

要約:ヨーロッパの中世に焦点を当てたあごひげと髪の毛の研究。現代とそれが過去のあごひげとどのように対照的であるかを見て簡単な紹介があります。近東、ローマ、イタリア、アングロサクソンイングランド、ドイツ、スカンジナビアの例を比較します。

抜粋:イギリスでは、スカンジナビアのヘアスタイルをエミュレートするアングロサクソン人の傾向に対するアルクィンの叱責はよく知られていますが、実際には顔の毛に直接言及しています:「異教徒のように髪とあごひげを整える」彼の心の中で、最終的な破滅イングランド。 「髪とあごひげを切る異教の方法をどのようにコピーしたかを確認してください。これらは恐怖が私たちを脅かしている人々ではありませんが、あなたは彼らの髪を真似したいですか?」

もちろん、この時点でシャルルマーニュの宮廷に住んでいたアルクィンが、スカンジナビアのあごひげを見たことがあるのか​​、それともアングロサクソン人がそれを模倣しようとしているのかを知る方法はありません。彼が個人的な外見を「異教の道」の一種の視覚的な速記である比喩として使用していた可能性も同じです。これは潜在的にさらに興味深いものです。なぜ学者は異教のこれらの特定のシンボルを修正するのでしょうか?

上の画像:10世紀のOsebergワゴンから彫られた顔。写真提供:オスロ大学文化歴史博物館/ CCBY-SA 4.0 / Ove Holst