ポッドキャスト

中世の地政学:中世後期の国際システム

中世の地政学:中世後期の国際システム

アンドリュー・レイサム

私の一連のコラムは、中世後期の国際システムの性質に関して何を示唆していますか?そもそも、この制度は実は国際制度だったということです。

中世は「封建的他律」の時代であり、16世紀半ばから17世紀半ばの間にそれに取って代わった近世の国際システムとは根本的に異なっていたというのが一般的な見方でした。この見解によれば、中世後期の秩序は、無政府状態の下で相互作用する主権国家を含まなかったという単純な理由から、適切に理解された国際システムではありませんでした。むしろ、または一般通念にあるように、中世後期の世界には、教会、帝国、王国、町、都市リーグ、封建的血管網など、質的に異なるさまざまなタイプの政治単位が存在していました。さまざまな階層(封建的、法的、宇宙的)内で、非独占的な領土論理に従って運営されています。

この見解では、国家と国家システムの両方の出現の重要な要件である主権は、ゲームの非常に遅い時期に、「マキャヴェッリやボーディン」などの近世の思想家によって「発明」されるまで、歴史的に登場しませんでした。またはホッブズ」。一部の学者、たとえばヘンドリック・スプルイトは、主権国家の起源を13世紀の経済発展にまでさかのぼることをいとわないが、平和条約のウェストファリア(1648)よりずっと前にそれを主張する(あるいは受け入れる)ことをいとわない学者はほとんどいない。アウグスブルク(1555)は、歴史的には異なるが、認識できるほど州間システムがラテンクリストンドム内で機能していた。

しかし、私が見せようとしてきたのは、これは中世後期の世界秩序の深刻な欠陥のある特徴であり、現代の歴史学の文献にはほとんど正当性がないということです。 13世紀半ばまでに、主権、領土、公権力、「王冠」、および政治共同体の新しいまたは復活した言説の収束により、さまざまな規模で制定されていた主権国家の新しい「グローバル文化スクリプト」が生まれました。 、さまざまな社会的勢力の周りで、ラテンクリストンドムの隅々にあるさまざまな制度的形成を通して。地域全体で、帝国、王室、王子、地方自治体を問わず、政治当局は新しい法律を公布し、司法能力を拡大および統合し、税金やその他の収入を引き出すための新しくより効果的な手段を開発し、行政と記録のメカニズムを改善および拡大しました。後援と影響力のこれまで以上に広範なネットワークを維持し、開発しました。

確かに、これらの発展はさまざまな状況で異なって展開され、その結果、いくつかの独特なタイプの国家が出現しました。帝国はスウェーデン、フランス、アラゴンなどの王国とは異なり、これらは互いに異なるだけでなく、ブルターニュ公国などの公国、ベニス、教皇領、バルト海などの都市国家から ordenstaat ドイツ騎士団によって支配されました。しかし、この多様性は、ラテン語のキリスト教世界全体で共通の歴史的に特定の国家の台本が制定されていたという事実を隠すべきではありません。

学術理論の言葉で表現すると、この時代に結晶化していたさまざまな形の状態は構造的に区別されていたかもしれませんが、それらは機能的には形が似ていました(共通の構成的理想とその実用的な表現の点で)。最終的に、それらはすべて州でした–確かに中世後期の州ですが、それでも州です。このラベルをイギリスやフランスなどの王国だけに予約し、他の形態の政体(帝国、公国、都市コミューン)を何らかの形でカテゴリ的に異なるものとして(つまり、州以外のものとして)特徴付けようとする試みは、単に「州の州」を誤解することです。中世後期の「国家」。

もちろん、これは中世後期の国家または国家制度が現代の国家と区別がつかなかったことを示唆するものではありません。まったく逆です。前述の分析では、中世後期の国家の構成的規範の少なくとも6つの特徴が示唆されており、近世の国家とは区別されています。

1.中世後期の国家は、一時的な事柄に関してのみ主権を持っていました。それは霊的な事柄において教会と主権を共有しました。

2.中世後期には、主権は、合法的な暴力を独占するのではなく、支配することに関係していました。

3.中世後期の主権は デファクト と同様 de iure.

4.中世後期には、主権は、現代のように国家ではなく、企業としての政治的共同体に与えられました。

5.中世後期の主権は「不均一に」行使され、実質的な自治権を持った仲介権によって行使されることもありました。

6.中世後期には、主権は必ずしも相互に認識されていませんでした(特に王国とより小さな政体の間で)。

このように、中世後期の主権の規範は、単なるロックではなく、ホッブズとロックの混合システムを生み出しました。

しかし、最終的には、中世後期と近世の国家制度の違いは、種類の違いというよりも、テーマのバリエーションでした。学問の常識に徹底的に浸透し、その時代の実際のアイデア、制度、相互作用を反映する中世の他者と東洋化を乗り越えれば、中世後期の世界の鍵、さらには定義的な要素がはっきりとわかります。秩序は歴史的には異なっていましたが、認識できるほど「国際的な」システムでした。

上の画像:ウィキメディアコモンズ


ビデオを見る: היה היה - פרק 10 - תור הוויקינגים (1月 2022).