ポッドキャスト

中世の地政学:マルクス主義と中世の戦争

中世の地政学:マルクス主義と中世の戦争

アンドリュー・レイサム

マルクス主義者は中世の地政学、特に中世の戦争のダイナミクスにどのように対処しますか?過去20年間に発表されたトピックに関するマルクス主義の最高の作品であると私が考えるものに取り組むことによってこの質問に対処します:社会的財産関係と地政学的システムとの関係に関するベンノ・テシケの2003年の拡張研究— 1648年の神話:クラス、地政学と現代の国際関係の形成.

この研究の主な目的は、テシュケが「1648年の神話」と呼んだものを暴くことでしたが、いくつかの章は中世の地政学的関係の分析に専念していました。これに関連するテシュケの主な議論は2つありました。1つは、「地政学的秩序の憲法、運営、および変革は、その構成単位のアイデンティティの変化に基づいている」ということです。そして第二に、「社会的財産関係…主にこれらの政治単位の憲法とアイデンティティを定義する」。この見解では、中世の地政学的関係は、一方では農民の生産者が追求した社会的再生産の矛盾した戦略と、他方では搾取的な貴族の産物でした。 「これらの戦略」は、「中世の政体の領土的および行政的特性を決定し、強制と(地政学的)政治的蓄積の手段への体系的な再投資によって推進される戦争の文化としての中世の地政学の特徴を明らかにする」と主張した。

より具体的には、テシュケは中世の戦争を次のように特徴づけています。最初に、彼は中世の戦争は「政治的蓄積」の機能であったと主張します。封建的な搾取モードの性質を考えると、ライバルの領主は軍隊を使って富を生み出す土地を取得し、農民にその土地で働き、何でも降伏させましたそれが生み出した経済的余剰。テシュケはその後、中世ラテン語のキリスト教世界における戦争の2つの主要な形態として彼が特定したものを分析します。これらの最初のものは「確執」でした–中世ラテン語キリスト教世界に特有の組織化された暴力の一形態。これは、自治権を最大化しようとする従属領主と、家臣の従順を維持しようとする従属領主との間の不可避で遍在する対立から生じる「法的救済」の一形態であると彼は説明します。

テシュケが取り組む第二の主要な戦争形態は、征服と植民地化の戦争です。これに関連して、彼は、カロリング朝後の中世ラテン語キリスト教徒の暴力的な拡大は、長子相続の発展とそれに続く過剰な高貴な士官候補生の問題の機能であったと主張している。局地的な流用と戦争の文化を背景に、これらの発展は必然的に土地のない戦士をラテンキリスト教世界のフロンティアを越えて彼らの財産を探すように駆り立てたと彼は主張する。その結果、スペインのレコンキスタ、ドイツの東方植民、十字軍、ノーマンの征服という4つの暴力的な征服の波が、カトリックヨーロッパの境界を大きく拡大しました。

テシュケは中世の地政学の研究に重要な社会政治的側面を導入しましたが、最終的に彼の作品は、中世後期の戦争の原因と性格を明らかにする能力を致命的に弱める2つの欠点に苦しんでいます。そもそも、テシュケの説明は、中世の地政学的関係の最も特徴的で重要な要素の1つである「十字軍」について説得力のある説明を提供していません。テシュケは、この地政学的現象を、教会のものと一般の貴族のものという2つの重要な利益の合流点の観点から説明しています。前者の利益は、封建革命の余波で教会論的土地と財宝が増加する主な侵略から保護する必要性から生じたとテシュケは主張します。これらの関心により、聖職者は武装した貴族を鎮圧することを目的としたいくつかの戦略を追求するようになりました。その1つは、主な暴力を「外部の征服」に向け直すことを伴いました。

封建的な社会的財産関係の基礎と「政治的流用手段への高貴なアクセスを制限する長子相続の導入」に続く土地飢餓の激化に由来する後者の利益は、富を生み出す土地を取得する必要性を中心に展開しましたと農民。これらの2つの関心のセットが11世紀に収束したとき、それらは多くの拡大的な地政学的な推進力を生み出しました。そのうちの1つは聖地への十字軍でした。このように見ると、十字軍は封建的な土地のグラブにすぎませんでした–確かに薄い「宗教的なベニヤ」を備えたものです–しかし、土地のグラブはまったく同じです。

このアカウントの問題は2つあります。教会の動機に関して、十字軍は平和運動の進化のさらなる段階であったという考え-すなわち、彼らは主にリダイレクトすることによって教会の物質的な利益を保護したいという教会の役人の願望によって動機付けられたという考え暴力–かつては人気がありましたが、十字軍の歴史家の間ではもはやあまり支持されていません。今日の標準的な見解は、教会の動機は、グレゴリオ暦後の教皇の宗教的に導き出された価値観と利益に探求されなければならないというものです。特に、「改革された」教会は、促進するために世界に積極的に介入する義務があるというその中心的な信念に正義とキリスト教の信仰を広めます。十字軍の動機の彼の扱いに関して、十字軍が土地の飢餓、人口統計学的圧力または「略奪品の分け前」への欲求の産物であったという主張に対する現代の十字軍の歴史学における支持はほとんどありません。確かに、過去20年ほどの特殊な十字軍研究は、十字軍が土地に飢えた高貴な士官候補生または富を求める植民地主義者であるという主張に断固として反論し、代わりに彼らの宗教的動機を強調してきました。

第二に、テシュケはまた、中世ラテン語キリスト教世界の「公の戦争」と呼ばれる可能性のあるものの原因と性格について説得力のある説明を提供していません。つまり、「国家」が権利を擁護し、利益を促進するために戦った戦争です。公平を期すために、テシュケの中世地政学の分析は、実際には中世後期の地政学の研究です。彼は中世後期の分析を提供します(彼は「非独占的な領土無政府状態」の期間として特徴づけます)が、実際には調査していませんこのシステムの論理は、彼が以前の時代と同じように(彼は「個人化された無秩序」と呼んでいます)。もしそうなら、公権力の復活によってもたらされたこの時代の独特の政治論理にもっと注意を払わなければならなかっただろう。おそらく皮肉なことに、彼は政治的マルクス主義の説明であるが、その後の中世の国際関係の分析では、政治自体はあまり目立たない。テシュケは中世後期のラテンキリスト教世界の拡大について多くのことを語り、中世後期に重要な移行が起こったことを明確に認識していますが、中世後期のラテンキリスト教世界における政治的競争と紛争についてはほとんど語っていません。時代。

おそらく皮肉なことに、テシュケの説明は「興味」の問題のある理解に依存しています。一方で、その古典的、構造的、新古典主義の変種の間には重要な違いがありますが、リアリズムは、国家の主要な利益-生存、権力、安全保障、富-が物質的かつ客観的であり、分析的に分離可能であるという仮定を大いに前提としています主観的なアイデア、規範、制度から。これを反映して、現実主義者は、教会の役人や実際に戦いをした一般の戦士のレトリックが何であれ、十字軍は権力と富の(時代を超越した)追求に他ならないことに本当に動機付けられたと主張します。

他方、そして様々なサブ伝統間の重要な違いを排除するリスクを冒して、マルクス主義理論はまた、核となる利益が物質的かつ客観的であるという仮定を前提としている-この場合、無政府状態の構造からではなく、生産/搾取のモード内でのエージェントの場所。十字軍に関するテシュケの政治的マルクス主義の説明では、封建革命の余波での社会的財産関係(バナルロードシップ)の新しいパターンの結晶化は、生産性の獲得を通じて富を最大化することに主な関心がある略奪的な貴族のクラスを生み出しました土地。この「土地の飢餓」は、主な暴力を自らの物質的な所有物から遠ざけるための教会の利己的な努力と相まって、聖地の征服と植民地化に焦点を当てた「政治的蓄積」の戦略を生み出しました。写実主義者の説明と共通して、最終的には、教会と十字軍の動機のこの分析は、客観主義者と唯物論者の仮定に根ざしています。

繰り返しますが、そのようなアカウントには少なくとも2つの問題があります。第一に、物質的利益への欲求が十字軍を支えたという主張には、深刻な経験的挑戦があります。確かに、専門の十字軍の歴史家の間の現在のコンセンサスは、教会も典型的な十字軍もそのような利益によって主に動機付けられていなかったということです。これは、アクターが、物質的な幸福に直接影響を与えない、道徳的、価値論的(規範主導)などのさまざまな関心によって動機付けられることを実証する理論的研究によってサポートされています。

第二に、そしておそらくもっと重要なことに、アクターが実際には「客観的」な利益、つまり人間の思考から独立した利益さえも持つことができるという仮定には、重要な概念上の課題があります。興味は分析的にアイデアから分離することはできませんが、本質的に社会的な解釈プロセスの産物です。つまり、俳優の興味とそれらの興味に対する脅威の両方を構成するものについて、具体的で意味のある理解を生み出すプロセスです。この見方では、利益は単に仮定することはできません。それらは、社会的アクターが世界を理解し、したがって行動することを可能にする知識、意識、「常識」およびアイデンティティの形態を注意深く調べることによって特定されなければなりません。

まとめると、これらの弱点は、後の中世ラテン語キリスト教における戦争は社会的財産関係の機能であったという唯物史観の議論に深刻な挑戦をもたらします。簡単に言えば、現代の最先端の歴史学に基づいた時代の宗教的および公的戦争の綿密な調査は、テシュケがそうであるように、多様で複雑な「国際的」システムを減らすのに十分ではないことを強く示唆しているラテンクリストンドムのように単一のユニットタイプにした後、このユニットタイプの構成論理(社会的財産関係)の観点からシステムダイナミクスを説明します。むしろ、私が議論したように 以前のコラム、 中世の地政学的秩序は、それぞれが独特の構成論理(およびそれに伴う利益と動機)を持つ2つの基本的なタイプの戦争ユニットを構成するものとして理解されなければなりません:教会と国家。与えられた世界秩序の論理を把握しようとするとき、これは、その秩序を構成するユニットタイプのコンステレーションと、各ユニットタイプの社会的に構築された利益の両方をマッピングする必要があることを示唆しています。社会的財産関係は方程式の一部である可能性があります-確かに、ジョンフランスがうまく示したように、中世の「専有戦争」の論理を理解するには、これらの関係に正確に注意を払う必要があります-しかし、それは単に次のことができる一種のマスター変数を構成しません中世ラテン語のキリスト教世界の地政学を説明します。

上の画像:1375年のカタロニアアトラスからのヨーロッパと地中海の地図


ビデオを見る: ריאיון עם פרופ מוטי הייבלום חבר האקדמיה (10月 2021).