ポッドキャスト

中世のウサギの農業

中世のウサギの農業


We are searching data for your request:

Forums and discussions:
Manuals and reference books:
Data from registers:
Wait the end of the search in all databases.
Upon completion, a link will appear to access the found materials.

DanièleCybulskie著

今日のうさぎの幸せな世界で想像するのは難しいかもしれませんが、中世のうさぎは、現在の英国では(重武装かどうかにかかわらず)広範囲にわたる迷惑として自由に走り回っていませんでしたが、毛皮のために意図的に輸入され、飼育されていましたと肉。

ポール・マーフィーの記事「中世のウサギの飼育とバナウ島」によると 中世のウェックスフォード:ビリー・コルファーを偲んでのエッセイ、ウサギは征服後のノルマン人によってイギリスに持ち込まれ、12世紀後半までにアイルランドでウサギの飼育が確立されました。うさぎの毛皮は柔らかく、丈夫で、暖かく、衣類の裏地に適した素材であり、肉もエリート食でした。

それで、ウサギの飼育は儲かるビジネスでした。マーフィーは次のように書いています。「13世紀の1匹のウサギは31 / 2dの価値がありました。そして別の1d。その毛皮は、職人の日給をはるかに上回り、おそらく鶏の5倍の価格であり、子豚の丸焼きと同等の価格でした。」

うさぎは贅沢な食べ物と衣服の両方を提供していたので、テーブルと背中にうさぎを置くだけでなく、ウォーレンを設立するために必要なスペースを与えられて、自分で飼育する余裕があることはステータスの象徴でした。マーフィーによれば、鹿の公園を所有するための富と地位を持っていた領主も彼らの財産に戦士を持っているかもしれません、この特権は時間が経つにつれてより低い貴族の手の届くところに来ます。しかし、特にウサギの飼育が好きだったのは修道院の家でした。マーフィーが指摘するように、ウサギの飼育は、おなじみの聖書のほのめかしである羊飼いに例えられましたが、ウサギはイエスの復活とも密接に関連していました。実際、イースターバニーの伝統が裏付けているように、ウサギは今日でも多くの西洋文化の復活と密接に関連しています。

良いウサギの農場は、ウォーレンを作るのに十分なスペースを必要とし、その多くはウォーレンによって人工的に作られたトンネルを持っていた、とマーフィーは書いています。いくつかの中世の戦士は、マーフィーの研究の焦点であるバナウ島のような場所で、目立つ塚としてまだ発見されています。ウォーレン夫妻自身も小さくはありませんでした。マーフィーが引用する最小のものは「長さ9m [29.5 ']未満」であり、最大のものは「長さ234m [767.7']以上」です。

ウサギの農場には、ウォーレンナーが住むためのロッジがしばしばありました。マーフィーは、これらのロッジはウサギを狩りに来る​​人々にも使用できると述べ、いくつかのロッジは小さな塔に似ていて、ウサギの飼育に関連する富と地位についてもう一度話しました。

ウサギ(と戦士)を暖かく快適な家に建てるだけでなく、ウサギを捕食者から保護する必要もありました。彼らは森の肉食性の生き物を誘惑していたからです。その多くは中世ヨーロッパではより豊富でした。彼らは今日です(たとえば、オオカミとクマは、いくつかの場所で完全に消えるまで狩られていました)。マーフィー氏によると、このため、近くの島々にウォーレンが設置されることが多く、保護と、ウサギ(および人工トンネルを掘っていた農民)の穴を掘りやすくする砂質土壌の両方が提供されました。本土に設立された戦士の場合、人々は、壁、柵、さらには堀など、敵から身を守るために使用したのと同じ技術を使用しました。これはおそらく、城を守るウサギの写本の画像を思い起こさせます。比較はそれほど大げさではありません。バナウ島で研究されたウォーレンマーフィーは、かつては小さな塔のモットーであると考えられていました。

ウサギの戦士は考古学的遺跡の多くを残すタイプの構造ではないため、マーフィーは控えめでありながら効果的な方法を使用して、どこから探し始めるかを見つけました。地名です。中世の人々は場所と人々の両方に名前を付ける方法がかなり文字通りだったので(たとえば、「ウォーレン」という名前を取ります)、マーフィーは場所の名前を使用して、ウサギの農場がどこに設立されたかについての手がかりを与えます。 「コニーガース」や「コニガー」などの名前はウォーレンを指しており、マーフィーは「ウサギの巣穴や小屋を意味するフランス語のクラピアに由来する」とマーフィーが説明する「クラッパー」と呼ばれる場所を指しています。コニーアイランドのように、ウサギの飼育の存在を示す他の名前はよく知られており、私たちの注意を簡単に逃れることができるほど明白です。

中世のウサギは、今日イギリスにいる田舎の害虫であるどころか、肉、毛皮、それに伴う地位が高く評価されている大切​​な生き物でした。動物としての主な地位と、動物を収容して保護するために建てられた城のような防御構造を考えると、犬、カタツムリ、さらには人々などの他の生き物を支配し、中世の傍注で自分たちを非常に高く評価しているように見えるのも不思議ではありません。

中世のウサギの飼育について詳しくは、PaulMurphyの記事「MedievalRabbitFarming andBannowIsland」をご覧ください。 中世のウェックスフォード:ビリー・コルファーを偲んでのエッセイ.

TwitterでDanièleCybulskieをフォローできます @ 5MinMedievalist

上の画像:大英図書館MS追加42130fol。 176v


ビデオを見る: 元JA職員が解説それでもやっぱりJAは必要これからの農業と農家にJAは必要か (かもしれません 2022).